ご訪問ありがとうございます。月刊むし誌上で「近縁種識別」の記事を年に3回ぐらい掲載しています。PC訪問者数532,767-2018.4.8時点


by yoda-1

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

最新の記事

「蝶の飛翔」ついに発刊
at 2018-04-07 19:52
蝶類科学学会の公開講演会の案..
at 2018-03-07 05:20
近縁種(16)と春のつどいの案内
at 2018-02-24 08:36
祝図鑑掲載と保全協会の展示会案内
at 2017-12-04 05:19
セセリチョウの触角雌雄差研究..
at 2017-10-28 14:05
活動近況と鱗翅学会関東支部・..
at 2017-09-29 02:51
最近の活動と月刊むし記事案内
at 2017-06-19 22:30
最近の活動と2017年春の推..
at 2017-06-04 14:07
月刊むし2016-4月号の案内
at 2017-03-20 23:07
2016年12月の行事、推薦図書
at 2016-11-30 04:12

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
more...

記事ランキング

検索

ファン

外部リンク

虫のしわざ観察ガイド

虫のしわざ観察ガイド
著者:新開孝
価格:1,944円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


世界のタテハチョウ図鑑

世界のタテハチョウ図鑑
著者:手代木求
価格:32,400円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


ずかんさなぎ

ずかんさなぎ
著者:鈴木知之
価格:2,894円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


◆訪問者カウンター
(設置2011.2.17)
無料


無料

無料

i2i管理
MyRSS
▼ブログ村ランキング参加中▼
/
↑たくさんの昆虫ブログをご覧になれます
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
↑たくさんの野鳥ブログをご覧になれます

◆蝶関係団体
a0146869_13204580.jpg
a0146869_311626.jpg
山口むしの会
群馬の蝶を語る会

◆外部ブログ
青森の蝶たち
てふのネイチャー写心
自然散策雑記帳
デジカメ私流
stroll
北信に舞う蝶たち
Hirokou's Field Notes
虫むしクラブ、蝶、トンボ図鑑
LOVE-BIRDS.NET
Kaze's Photo Blog
受け身の園芸
Akakkoko's自然大好き
暖蝶寒鳥
美撮りに夢中!
四季おりおり
蝶の観察記録-十勝蝶の覚書new
ごん太のブログ
「鳥撮りおやじ」の日記
月夜のくろねこ
Soceer-Boyの写真館
母袋の駱駝山
浅間山麓の蝶
My Favorite Butterflies of Japan
my蝶あるばむ
北の安曇野PHOTO DIARY
a piece of photo work
naoggio写真日記
自然からのたより
あぜみちのチョウチョ日記
Field Notebook
ホタルの独り言
markeeのシマフクブログ2nd
江田慧子の研究ブログ
アキノ隊員の鱗翅体験
そうだ沖縄に行こう!
案山子
Papilio Paradise
里山の蝶と花

フォロー中のブログ

一寸の虫にも五分の魂
シニアネットとともに
登山道の管理日記
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
自然大好き
SHORE BIRDS ...
蝶・チョウ・ゆっくり歩き...
鳥蝶ビデスコ
TSUCHIYA BLOG
フィールドノート
RICKPHOTO Blog
四季彩散歩
葛西臨海公園・鳥類園Ⅱ
生きもの写真家 安田 守...
おてんとうの ちょっとええ感じ
MU's Diary
夫婦でバードウォッチング
小畔川日記
やんばるの風
探蝶逍遥記
蝶&鳥日記 2
Life with Bi...
My Berkeley ++
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
 写道
安曇野の蝶と自然
NATURE DIARY
タイの自然と風景
八重山の自然誌
Yamyam町一丁目
テトだもん!
嗚呼っっ 今日も証拠画像...
鳥平の自然だより(動物編)
N_BIRDERの野鳥b...
ORIXA's BIRD !
Birding in ...
蝶・旅の友
くわがた散歩道
Lycaenidaeの蝶...
麻呂犬写真館  *mam...
Sippo☆のネイチャー...
花蝶風月
蝶と蜻蛉の撮影日記
北海道の野鳥探索/mar...
風任せ自由人
蝶狂人@蝶と里山の浪漫紀行
ヒメオオの寄り道
仲良し夫婦de蝶ブログ
タヒチ ランギロア島暮ら...
ぶらり探蝶記
ひらひら探検隊
Shinne`s pho...
ごっちの鳥日記
蝶・花・山~自然の色使い
くま次郎の”やんばる日記”
NPO法人 日本チョウ類...
自然の中に出かけて・・・
蝶撮日記
たかがヤマト、されどヤマト
花鳥撮三昧
ケンケン&ミントの鳥撮り...
蝶超天国
ぽん太の昆虫ブログ 1
ポータルぢゃないチョウの...
蝶散歩
ぷんたのかあさん Pho...
秩父の蝶
庭日和
超蝶
徒然なるままに  
みき♂の虫撮り友人帖
三鷹の狸のてふてふ交遊録
華蝶の夢
不思議の森の迷い人
世に倦む日日
チョウ!お気に入り
Butterfly & ...
farfalle e u...
ねこきちの自然散策雑記帳

カテゴリ

全体
☆識別検討室☆
図鑑・図書
香港の蝶
香港の野鳥【工事中断中】
☆台湾の蝶
☆探蝶記一般
蝶リスト
☆探鳥記一般
☆蛾
☆トンボ
☆ハチ・アブ
☆セミ・カメムシなど(半翅目)
☆カマキリ・バッタなど
☆甲虫
☆祝☆
☆旅ブログへのリンク
☆展示会等
☆腹部形状差
☆卵・タマゴ・eggs
☆幼虫・イモムシ・蛹
★ゼフ飼育
☆山野草
アイノミドリシジミ
アオタテハモドキ
アオスジアゲハ
アオバセセリ
アカシジミ
アカセセリ
アカタテハ
アカボシゴマダラ
アカマダラ
アゲハ
アサギマダラ
アサヒヒョウモン
アサマイチモンジ
アサマシジミ
アマミウラナミシジミ
イシガケチョウ
イチモンジセセリ
イチモンジチョウ
ウスイロオナガシジミ
ウスイロコノマチョウ
ウスイロヒョウモンモドキ
ウスキシロチョウ
ウスバキチョウ
ウスバシロショウ
ウラキンシジミ
ウラギンスジヒョウモン
ウラギンヒョウモン
ウラギンシジミ
ウラクロシジミ
ウラゴマダラシジミ
ウラジロミドリシジミ
ウラジャノメ
ウラナミアカシジミ
ウラナミシジミ
ウラナミジャノメ
ウラミスジシジミ
エゾシロチョウ
エゾスジグロシロチョウ
エゾミドリシジミ
エゾヒメシロチョウ
エルタテハ
オオイチモンジ
オオウラギンスジヒョウモン
オオウラギンヒョウモン
オオゴマシジミ
オオゴマダラ
オオシロモンセセリ
オオチャバネセセリ
オオヒカゲ
オオミスジ
オオミドリシジミ
オオムラサキ
オオモンシロチョウ
オオルリシジミ
オキナワビロードセセリ
オナガアゲハ
オナガシジミ
カバイロシジミ
カバマダラ
カラスアゲハ
カラスシジミ
カラフトセセリ
カラフトタカネキマダラセセリ
カラフトヒョウモン
カラフトルリシジミ
キアゲハ
キタアカシジミ
キタキチョウ
キタテハ
キバネセセリ
ギフチョウ
キベリタテハ
キマダラセセリ
キマダラモドキ
キマダラルリツバメ
キリシマミドリシジミ
ギンイチモンジセセリ
ギンボシヒョウモン
クジャクチョウ
クモガタヒョウモン
クモマツマキチョウ
クモマベニヒカゲ
未分類
クロアゲハ
クロコノマチョウ
クロシジミ
クロセセリ
クロツバメシジミ
クロヒカゲモドキ
クロマダラソテツシジミ
クロミドリシジミ
ゴイシシジミ
コキマダラセセリ
コジャノメ
コチャバネセセリ
コツバメ
コノハチョウ
コヒオドシ
コヒョウモン
コヒョウモンモドキ
ゴマシジミ
ゴマダラチョウ
コムラサキ
サカハチチョウ
サトキマダラヒカゲ
シータテハ
ジャコウアゲハ
ジャノメチョウ
ジョウザンシジミ
ジョウザンミドリシジミ
シルビアシジミ
シロオビアゲハ
シロオビヒメヒカゲ
スギタニルリシジミ
スジグロシロチョウ
スジグロチャバネセセリ
スジボソヤマキチョウ
スミナガシ
タカネキマダラセセリ
タカネヒカゲ
ダイセツタカネヒカゲ
ダイミョウセセリ
チャバネセセリ
チャマダラセセリ
チョウセンアカシジミ
ツバメシジミ
ツマキチョウ
ツマグロキチョウ
ツマジロウラジャノメ
ツマベニチョウ
ツマムラサキマダラ
テングチョウ
トラフシジミ
ナガサキアゲハ
ナミエシロチョウ
バナナセセリ
ハヤシミドリシジミ
ヒオドシチョウ
ヒカゲチョウ
ヒサマツミドリシジミ
ヒメアカタテハ
ヒメイチモンジセセリ
ヒメウスバシロチョウ
ヒメウラナミジャノメ
ヒメキマダラヒカゲ
ヒメギフチョウ
ヒメキマダラセセリ
ヒメシジミ
ヒメシロチョウ
ヒメジャノメ
ヒメチャマダラセセリ
ヒメヒカゲ
ヒョウモンチョウ
ヒロオビミドリシジミ
フタオチョウ
フタスジチョウ
フジミドリシジミ
ベニシジミ
ベニモンカラスシジミ
ヘリグロチャバネセセリ
ホシチャバネセセリ
ホシミスジ
ホソオチョウ
ホソバセセリ
ミズイロオナガシジミ
ミスジチョウ
ミドリシジミ
ミドリヒョウモン
ミナミキチョウ
ミヤマカラスアゲハ
ミヤマカラスシジミ
ミヤマシジミ
ミヤマシロチョウ
ミヤマセセリ
ミヤマモンキチョウ
ムモンアカシジミ
ムラサキシジミ
ムラサキツバメ
メスアカミドリシジミ
メスグロヒョウモン
モンキアゲハ
モンキチョウ
モンシロチョウ
ヤマキチョウ
ヤマキマダラヒカゲ
ヤマトシジミ
ヤマトスジグロシロチョウ
リュウキュウアサギマダラ
リュウキュウウラボシシジミ
リュウキュウウラナミジャノメ
リュウキュウヒメジャノメ
リュウキュウミスジ
リュウキュウムラサキ
リンゴシジミ
ルーミスシジミ
ルリシジミ
ルリタテハ
コゲラ
トモエガモ
ライチョウ
★ヒメウタイムシクイ
★チャキンチョウ
★マヒワ
★エゾビタキ
★タゲリ
★サバクヒタキ
★オオマシコ
★ハギマシコ
★オジロビタキ
★コミミズク
★キガシラシトド
★ベニマシコ
★ヤマシギ
★トラツグミ
★クロジ
★アカハシハジロ
★カヤクグリ
★キレンジャク
★ギンムクドリ
★ウソ
★タゲリ
★カラフトムシクイ
★ハチジョウツグミ
★ヒレンジャク
★コクマルガラス
★ルリビタキ
★アオジ
★エナガ
☆コサメビタキ
★ジョウビタキ
★ヤマガラ
☆セキレイ科
☆カモ科
☆ツル科
☆ムクドリ科
☆ムナグロ科
☆シギ科
☆カラス科
☆カイツブリ科
☆カモメ科
☆ヒタキ科
☆ツグミ科
☆キツツキ科
☆アトリ科
☆シジュウカラ科
☆ホオジロ科
☆ウグイス科
☆タカ科
☆レンジャク科
☆ハヤブサ科
☆モズ科
☆チドリ科
☆コウノトリ科
☆ハト科
☆トキ科
☆サギ科
☆ヒヨドリ科

タグ

(48)
(38)
(37)
(34)
(26)
(25)
(25)
(25)
(23)
(23)
(21)
(21)
(21)
(20)
(20)
(19)
(19)
(19)
(18)
(18)

最新のトラックバック

ウラジロミドリシジミ
from ホタルの独り言
白馬のゼフィルス
from ホタルの独り言
越冬クロコノマチョウ
from Field Notebook.
「フィールドガイド 日本..
from Field Notebook.
多摩動物公園-昆虫生態園
from Field Notebook.
花はなぜ美しいのか?
from 哲学はなぜ間違うのか?

ライフログ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ブログジャンル

自然・生物

画像一覧

タグ:展示会 ( 11 ) タグの人気記事

祝図鑑掲載と保全協会の展示会案内

あっという間に今年も12月に入りました。50歳代最後の年ですが、まあ一年の過ぎるのが年々早くなります。一年間での活動において覚えている(思い出せる)内容が若い時分より希薄だから短いのか、短いから希薄なのかよく分かりませんが、残された年数で何をやっていくのか、徐々に自覚していくようになります。

a0146869_03571668.jpg
この画像は、当ブログでも紹介しており、さらに月刊むしの近縁種識別のオオミドリシジミ属7種前編(翅表)2015年7月号でも掲載しました。それが九州大学名誉教授の平嶋義宏博士の眼に止り、博士編集の「図説 日本の珍虫 世界の珍虫」に載ることになりました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

図説日本の珍虫世界の珍虫 その魅惑的な多様性 [ 平嶋義宏 ]
価格:35640円(税込、送料無料) (2017/12/4時点)

送ってこられた本を拝見してその分量と価格にビックリでありました。
国内外の珍しい昆虫が写真・解説・学名解読のセットで原則各種1ページ使用が総数550頁以上で紹介されております。チョウや甲虫類などもありますが、博士の専門がハチ類なのか、ハチ類・ハエ類の充実ぶりが凄まじい感じでした。

同じく最近出版された平嶋博士編集(広渡俊哉博士との共同編集)のものに「教養のための昆虫学」があります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

教養のための昆虫学 [ 平嶋 義宏 ]
価格:3240円(税込、送料無料) (2017/12/4時点)

こちらは各種の専門誌で書評がよいので、自費購入してみると確かに今の昆虫学の進展と昆虫の基礎を分かりやすく説明されています。これなど10年おきぐらいに改訂版を出してくれるといい感じになるではと期待しています。

さらに、保全協会の月例に行った際に、目にしたのが次の図書です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

チョウの斑紋多様性と進化 統合的アプローチ [ 関村 利朗 ]
価格:4752円(税込、送料無料) (2017/12/4時点)

これはチョウの斑紋をいろいろ分析しているアマチュア研究者としても、その生物学的な背景や先端の研究内容を少しは理解しておく必要があり、購入を決意しました。
ちょうど昨年8月に、中部大学で膨大な藤岡コクレクション収蔵を記念して、世界各地から一流の研究者を招きチョウの斑紋についての国際研究集会が開催されましたが、その講演内容の日本語版だそうです。
海外研究者の担当箇所は、日本の研究者が翻訳しており、その中に若き日本チョウ界のホープである岩田大生博士が担当した部分もありました。たまたま今年の蝶類学会の大会でお会いしたので、翻訳の苦労話しもお伺いできました。
岩田博士は蛹における羽化前の翅の形成を詳しく研究されており、この方面でブレークしそうな勢いです。

◆保全協会での展示会の案内
案内の写真は、吉田正樹さんの撮影ですが、3匹のチョウがいい感じで並んで奇跡的なショットですよね。このような画像を拝見すると、昔の週末毎にフィールドでの撮影に明け暮れていた頃が懐かしく、また戻りたくなってきます。(今は執筆・研究作業が増えていきて・・・)
a0146869_05155262.jpg

◇◇企画展「チョウが消えてゆく~絶滅の危機にあるチョウを守る~◇◇

 毎年、新宿御苑にて開催しております企画展を、今年は、下記の日程で開催いたします。

チョウの生態写真(約65点)のほか、絵、保全に関するパネルなどの展示を行います。

土日(16-17日)には、ミニ講演会も開催されます。

ぜひお友達とお誘いあわせの上、ご来場くださいますようにお願いいたします。

日 時:201712 12 日(火)~ 12 17 日(日)

      9:00 16:30(最終日は15:00 まで)

場 所:新宿御苑インフォメーションセンター1F(新宿門左側)

     「アートギャラリー」

     ※入場無料

     http://www.env.go.jp/garden/shinjukugyoen/3_event/201712.html

アクセス:JR・京王・小田急線:新宿駅南口 より徒歩10

        東京メトロ副都心線:新宿三丁目駅より徒歩5

        東京メトロ丸の内線 ・都営地下鉄新宿線:新宿御苑前駅より徒歩5

     http://www.env.go.jp/garden/shinjukugyoen/index.html

内 容:チョウの生態写真・絵画・工芸品・チョウの保全に関するパネル、ほか

<ミニ講演会:1617日(土・日)に開催>  ※申込は不要です

 16日(土)  1 回目 11:00 11:30

          「絶滅危機のチョウを守る」 中村康弘(日本チョウ類保全協会事務局)

        2 回目13:00 13:30

          「フランスのチョウと自然」 永幡嘉之(自然写真家)

        3 回目15:00 15:30

          「チョウの写真・動画撮影を楽しむ」 佐々木幹夫・清水晶(日本チョウ類保全協会会員)

 17日(日)  1 回目 11:00 11:30

          「絶滅危機のチョウを守る」 中村康弘(日本チョウ類保全協会事務局)

        2 回目13:30 14:00

          「フランスのチョウと自然」 永幡嘉之(自然写真家)

以上、皆さまのご来場をお待ちしております。



by yoda-1 | 2017-12-04 05:19 | 図鑑・図書

写真展「生き物たち」3/14~22のご案内(横浜市舞岡)

蝶友の活動を案内します。

昨年に続き、横浜市戸塚区舞岡の虫撮り精鋭による3回目となる写真展「生き物たち」が開催されます(主催:舞岡 探蝶団)。

チョウのほか野鳥や哺乳動物などの生態写真も登場します(100~120枚予定)。会場は横浜市郊外の長閑な場所です。お立ち寄りいただければ幸いです。



★場所:舞岡ふるさと村「虹の家」(もちろん入場無料)
 〒244-0813 横浜市戸塚区舞岡町2832(以下のMapを参照してください)
 TEL 045-826-0700

★交通:横浜市営地下鉄「舞岡駅」より徒歩5分。駐車場あり。

★期間:2014年3月14日~22日(開館時間:9:00~17:00)
ただし、初日の3月14日は13:00から、
     3月17日(火)は休館、
     最終日の3月22日(日)は15:00までです。

★出展メンバー:「暖蝶寒鳥」のごまさん、<「Akakokkoのゆっくりのんびり行きましょう!」のAkakokkoさん、「美撮りに夢中!」のmidoriさん、横浜市在住のUさん、Sさん、Mさんの6名です。

★ごまさんの出展作品(未確定)の一例(トリミングしてします)を紹介します。
展示サンプル9枚


★会場の地図
以下のリンクから、yahoo Mapへ
   ⇒舞岡ふるさと村虹の家
〒244-0813 神奈川県横浜市戸塚区舞岡町2832
by yoda-1 | 2015-03-08 19:10 | ☆展示会等

宮城秋乃さんの講演会と小松孝英さんの個展案内

a0146869_1774835.jpg
◇トップ画像:リュウキュウウラボシシジミ  


◇宮城秋乃さんの講演スケジュール
宮城秋乃さんが東京方面に来られます。
頼まれたのではありませんが、6月の沖縄遠征でお世話になったので紹介します。

秋乃さんや沖縄・高江の昆虫に会いたい方々は是非ご参加ください。
http://akinotaiinnorinshitaiken.ti-da.net/e6636887.html

(概要)
●8月16日(土) 14:00~16:00
 原爆の図丸木美術館(埼玉)
 「アキノ隊員の高江報告 高江の昆虫たちと米軍ヘリパッド計画」
 参加自由(美術館入館料別途)
 原爆の図丸木美術館HP(チラシがダウンロードできます)
 http://www.aya.or.jp/~marukimsn/

●8月17日(日) 19:00~21:00
 新宿イレギュラー・リズム・アラサイム
 ゆんたく高江主催「アキノ隊員に聞きたい! 高江の虫と生き物 映像&トーク@新宿」
 投げ銭制
 ゆんたく高江HP
 http://helipad-verybad.org/modules/d3blog/details.php?bid=427

●8月19日(火) 18:30~
 グループ多摩虫(東京都の昆虫同好会)8月例会
 「沖縄のチョウの珍生態」
 会員と入会希望者のみ参加可能。参加無料。
 グループ多摩虫HP
http://www.tama-64.sakura.ne.jp/


◇小松孝英さんの個展の予告
保全協会のI氏から、ブログ掲載の依頼がありました。
別に私がPRしなくてもよいぐらい若手ホープの高名な画家だそうです。
蝶をモチーフにした作品が多いとのことで、私も鑑賞しに行ってみたいです。

以下、I氏作成文の転載です。

日本画家小松孝英さんの個展を紹介します。

「水」と題し、9月13日(土)~23日(火祝)まで、東京田園調布
みぞえ画廊で開催されます。
http://blog.livedoor.jp/takahidekomatsu11/

画家小松孝英さんの中心テーマは、父孝寛氏の影響を受け
たチョウ。琳派初め多彩な技法を駆使され作品を世に送り
出されている、現代日本画のホープです。曽祖叔父は日本
画家羽田桂舟。海外からの評価も高い。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%9D%BE%E5%AD%9D%E8%8B%B1

これまでの代表作は、HPのトップにある「外来種群蝶図」で
す。2010年名古屋で開催された、生物多様性条約第10回締
約国会議COP10に特別展示され、2011年にはカナダの国連
生物多様性条約記念ミュージアムに永久コレクションをされ
ています。制作風景等が小松孝英「宮崎熱時間」として2回
にわたりテレビ放映され、YOU TUBE にアップされています。
http://www.takahidekomatsu.com/
https://www.youtube.com/watch?v=avxpp-Y6uUI
https://www.youtube.com/watch?v=7chZZiELGII

以上です。
by yoda-1 | 2014-08-14 17:06 | ☆展示会等

自慢のチョウ生態写真が新宿御苑に集結!!!  土日はチョウと仲良くなるミニ講演会も.。

12/21までブログトップに置きます。
ご不自由おかけしますが、その間、最新記事はこの下にあります。

今年も表記作品展示会が、新宿御苑で開催されますので、
是非ご参集ください。
(レベルが高く、YODA応募作品は落選しました・・・号泣?)

a0146869_22233569.jpg
a0146869_2223464.jpg


【チョウに親しむ展示 写真・絵・パネル】
        チョウが消えていく ~絶滅の危機にあるチョウを守る~

□期間:2013年12月17日(火) ~ 12月23日(月)
□時間:9:00~16:30 (最終日は15:00まで)
□場所:新宿御苑インフォメーションセンター 「アートギャラリー」(新宿門近く)

yahoo map で場所紹介:   →こちら


・入場料: 無料

・内容:  チョウ類のパネル、会員によるチョウの生態写真、絵画、グッズ、絵本、
      「フィールドガイド日本のチョウ」、「ブックカバー」、「ピンバッチ」の見本展示
     (***館内での物品販売は禁じられていますのでご了承ください***)
                  

◆講演は土日のみ
・ミニ講演会:① 「チョウと仲良くなるには?」 (井上A尚氏 本会会員)
        ② 「絶滅危機のチョウを守る」  (中村康弘氏 本会事務局) 
        ③ 「チョウの舞う風景」      (鶴藤俊和氏 本会会員)

 12/21(土)①11:00~11:30 ②13:30~14:00 ③15:00~15:30
 12/22(日)①11:00~11:30 ②13:30~14:00 ③15:00~15:30


・会場アクセス:JR、京王、小田急線:新宿駅南口より徒歩10分
         東京メトロ副都心線:新宿三丁目より徒歩5分
         東京メトロ丸の内線、都営地下鉄新宿線:新宿御苑駅より徒歩5分
by yoda-1 | 2013-12-21 22:24 | ☆展示会等

2013.11.2-3 展示会に行ってきました! ・・・バードフェスティバル、北杜夫展など

この文化の日の連休は、展示会巡りとなりました。

◆2013.11.2(土) ・・・・家内と一緒に。
・ジャパン・バード・フェスティバル2013 @手賀沼
a0146869_513976.jpg
a0146869_5164460.jpg
 上が鳥くん?の司会で、鳴き声イントロクイズとかろいろ行事をやっておりました。
下は傘に野鳥の絵を描く教室の風景です。
いろいろ出店もあって、たとえば小笠原母島からも、オーストラリア・ケアンズからも自然ガイドの方がPRに来られていて、いろいろお話を伺うことができて楽しかったです。
野鳥写真のコンテストがあり、その作品群を眺めるだけでも、かなり勉強になりました。
これは、日本自然科学写真協会のSSP展のように、写真集を発刊して欲しいですよね。

来年も見に行きたいです。
      →ジャパン・バード・フェスイバルの公式サイト
来年は11/1-2の開催とのことで、場所も千葉県の手賀沼親水公園がメイン会場になるようですね。

◆2013.11.3(日)
・北杜夫展 @おごせ昆虫と自然の館 2013年10月 5日(土)~2014年 2月22日(土)
a0146869_5352411.jpg
a0146869_5353348.jpg
a0146869_5354566.jpg
 これは見ごたえのある展示で、「どくとるマンボウ昆虫記」を読んでから観るか、観てから読むか、角川映画の宣伝文句のようになりますが、たぶん読んでから行くのがモアベターなのでしょう。

本館は、越生町の廃校となっている施設を有効活用して、埼玉昆虫談話会の拠点になっているようでした。
当日も諸先輩のお会いでき、なんとも刺激を受けました。

     ⇒おごせ昆虫と自然の館・サイト   
土日の10時~16時のみオープンのようで、よく確認してお出かけください。

この日は、秩父方面への足を伸ばしました。
・ツメレンゲ 
a0146869_5444773.jpg
 花が咲き始めておりました。
でも晴れていないためか、クロツバメシジミの姿はなしでした。
卵は各所にあったので、卵撮影をしましたが、2年前の蛹の賑わいは今年も再現するのかどうか、ちょっと気になります。
そういえば、tefteffさんの「クロツバメ、なぜ真冬に羽化?」の講演詳細が決まったようです。
a0146869_559572.jpg
 非会員は2千円が微妙ですね(笑)

さてクロツのいなかった場所をあとにして、観光地で有名な長瀞にある埼玉県立・自然の博物館に寄ってみました。茨城県の自然史博物館に比較するとこじんまりとしていますよね。
特設展で「埼玉の太古の海の恵み展」を開催しており、埼玉も昔は海底のあったのかと、秩父セメントがなぜここまで産業になったのか、太古の地殻変動のお蔭なのかと誠に勉強になります。
    ⇒埼玉県立自然の博物館

この博物館で、アポイ岳のポスターを発見です。
a0146869_6103262.jpg
 来年の6月初旬前後はここにいる予定でがんす。
by yoda-1 | 2013-11-07 06:11 | ☆展示会等

保全協会の展示会+ミニ講演会@新宿御苑2012.11.27-12.2(日)

お知らせ: 保全協会主催の新宿御苑企画展「チョウが消えてゆく」のご案内 

今年も、保全協会会員が出展している蝶のフィールド画像展が本日から下記要領で開催されます。
45枚の画像が展示してあり、今年は12~13名の新人(初出品)の作品もあるとか。
今年はなんとか45枚並べたものの、これ以上の展示スペースはないとかで、来年からは応募者全員の作品展示が難しくなるとのこと。
その際は、常連の作品から順に展示を見送るそうです(笑)


◆新宿御苑企画展「チョウが消えてゆく」:日本チョウ類保全協会主催
・日時:11月27日(火)~12月2日(日)9:00~16:30(最終日は15:00まで)
・会場:新宿御苑インフォメーションセンター 「アートギャラリー」
 会場へのアクセス方法: JR、京王、小田急線: 新宿駅南口より徒歩10分
                 東京メトロ副都心線: 新宿三丁目より徒歩5分
                 都営地下鉄新宿線: 新宿御苑駅より徒歩5分

・内容:
★チョウ類の保全のパネル展示
★チョウ類の生態写真展(45点)
★ミニ講演会(土日のみ)
 ①巨大津波は生態系をどう変えたか(永幡嘉之氏)
 ②チョウの写真撮影法(鶴藤俊和氏)・・・PPT50枚の力作(らしい)
 ③絶滅危機のチョウを守る(中村事務局長)
  [12月1日(土)①+②の3回 11:00 ~ 11:45、13:00 ~ 13:45、15:00 ~ 15:45]
  [12月2 日(日)③+②の2回 11:00 ~ 11:45、13:30 ~ 14:15]
by yoda-1 | 2012-11-27 05:57 | ☆展示会等

新宿御苑・保全協会の企画展に行ってきました。 2011.12.17

土曜日は、家内と一緒に新宿御苑で散歩でありました。
YODA自身は08年の探鳥開始以来、4・5回目の訪問ですが、家内は学生時代以来のことだったそうです。

散策時の紅葉の状況を 旅ブログに掲載しました。(久々です)

  PC用 →「2011.12.17 新宿御苑は、紅葉の盛りでした。
  モバイル用はこちらです。

新宿御苑の新宿門に、「インフォメーションセンター」があるので入ってみると、保全協会の写真展示があり、ミニ講演会に多数の人が集まっていました。

#1・写真展示状況 
a0146869_4155550.jpg
 展示してある一画です。
賑わっていないのではなく、ちょうどミニ講演会の最中のときのものです。

#2ー#7・作品例 
a0146869_5164690.jpg
a0146869_5172543.jpg
a0146869_51809.jpg
a0146869_5185959.jpg
a0146869_5193760.jpg
a0146869_5211414.jpg
#2:今回、蝶撮影方法の講師をされていた佐々木さんの作品。よく蝶を富士山と一緒に写しますが、これからはツリー蝶も増えてきそうです。
#3:dragonbutterさんによるコヒョウモンだらけの画像。
画面内に5匹目の個体がいると言うものの、よく発見できず。
#4:ごまさんの熊本遠征時に出逢った20匹いたアオスジアゲハの集団吸水の一コマ。
#5:益永さん撮影のベニヒカゲ。これだけ集まっているのは、何か匂いのするものがあったのでしょうか。
#6:佐伯さん撮影の大雪山の高山植物などを背景にした、豪華な飛翔画像。
#7:YODAの出品したカラスアゲハ。黒いけど、カラスのように真っ黒ではありません(笑)

#8・ミニミニ講演会の状況その1 
a0146869_523917.jpg
 佐々木講師が、蝶の画像は複眼にピントが来ていることが基本であると、楽しいパワーポイントで説明されていました。
蝶のブログの半分は複眼にピントが来ていない画像を掲載していると論評されており、YODAも肩身の狭い思いをしました。(笑)

#9・ミニミニ講演会の状況その2 
a0146869_5241079.jpg
 2つ目の講演は、保全協会の中村さんによる、いかに蝶が少なくなってきたかの解説がありました。
欧米のセンサスマップの紹介事例もあり、すごく参考になりました。

その後、保全協会の忘年会があるというので、YODAも参加してみることにしました。
はるばる宮崎の方から、「宮崎の昆虫」で有名なKomatsuさんもお見えで、大変賑やかな会になりました。

企画展は本日までですが、企画展・忘年会準備の保全協会事務局の方々、ありがとうございました。
by yoda-1 | 2011-12-18 05:24 | ☆展示会等

エコプロダクツ展に行ってきました。

昨日はエコプロダクツ展での自然観察会のガイド補佐をした後に、展示場での各種展示を楽しみました。

#1・日本チョウ類保全協会のブース 
a0146869_6534580.jpg
 小さいブースながら、いろいろと関心を惹くように工夫されていました。1枚目の画像で、熱心にヒメギフチョウの保全を話しされている方がお見えになりましたが、なんと「ぐんま昆虫の森」園長の矢島稔さんでした。
いろいろと苦労話をされていました。

#2:お手伝いされている井上さんの作品。
a0146869_6543329.jpg

 なんとも楽しいデザインです。
井上さんは、自宅に蝶ガーデンを設営し、その様子を「◇◇バタコんち◇◇」というブログで紹介されています。


事務局の高久さん、笹井さん、井上さん、お疲れ様です。

本展示会は先端企業の取り組みを多く紹介されているので、是非寄ってみてください。
12月17日(土)17:00まで開催中です。
by yoda-1 | 2011-12-16 06:54 | ☆展示会等

新宿御苑でチョウ写真40点・展示中です。

すでに当ブログではアナウンス済ですが、
本日より開催中です。なので、再掲示します。
開催期間中、このページがトップに来ますので、
YODAの急速に頻度が落ちているブログアップは、新規があったとしてもこの次に表示されます。
(2011.12.18編集 本来の日付に戻しました)

◆新宿御苑における、日本チョウ類保全協会メンバーによる蝶写真展開催中2011.12.13-18
a0146869_2024077.jpg
a0146869_2025183.jpg
 YODAは土曜日に訪問予定です。
皆さんの選りすぐりの画像が楽しみですね。

◆事務局からの案内転載
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

企画展・写真展(日本チョウ類保全協会主催)

『チョウが消えてゆく~絶滅の危機にあるチョウを守る~』

1.日時・会場
 ・12月13日(火)~12月18日(日)9:00~16:30 (最終日は15:00まで)
 ・新宿御苑インフォメーションセンター内「アートギャラリー」
  (新宿御苑新宿門近く)
   http://www.env.go.jp/garden/shinjukugyoen/2_guide/access.html
 ・入場無料

2.内容
 ・チョウ類の保全に関するパネル展示
 ・東日本大震災による昆虫への影響に関するパネル展示
 ・会員によるチョウ類の生態写真展
 ・ミニ講演会
  「チョウの写真撮影法」   (佐々木幹夫氏)
  「絶滅危惧のチョウを守る」 (中村康弘氏)
  12月17日(土) 1回目 11:00 ~ 11:45 2回目 13:00 ~ 13:45 
          3回目 15:00 ~ 15:45
  12月18日(日) 1回目 11:00 ~ 11:45 2回目 13:30 ~ 14:15
        各講演 定員 先着30名まで

 チョウの保全やチョウの生態写真の撮影などに関心のある方は、ぜひご来場く
ださい。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
by yoda-1 | 2011-12-13 12:00 | ☆展示会等

速報★ムラサキツバメ成虫 + 群馬・蝶の版画と写真展に行ってきました。 2011.10.15

本日は明日に地元の体育祭をひかえながら、午前は県内の公園で各種幼虫を観察し、午後は群馬県高崎市で開催中の蝶の写真展にいくことにしました。

幼虫観察はもちろん、YODAのイモラー先輩である「自然散策雑記帳」のねこきちさんの御世話になりました。
これは後日報告で、ムラサキツバメの幼虫・蛹をチェックしていると、抜け殻の蛹があったので、周囲の樹木をチェックすると3匹程度の♂雄個体がいました。
でも、午前中が雨のち曇りの天気で、樹木を上を飛ぶだけで、低い位置に来てくれません。
仕方ないので一脚使用でCX5によるインターバル撮影となりました。

#1・ムラサキツバメ♂雄 2011.10.15埼玉県
a0146869_2059156.jpg
 画像に入ってるかどうか、コンデジの裏モニターをねこきちさんに見てもらっての撮影でした。

その後、高崎市の展示会に向かいました。
ブログで交流されていただいている「花蝶風月」のbuttfflowさん、「あぜみちのチョウチョ日記」のあぜみちさんに、展示内容の説明をしてもらい、群馬県の蝶趣味層の厚さを再実感しました。

その中で、特にその昔「世界のパルナシュウス ニュ-・サイエンス社」をしたためた小出雄一さんの世界の美蝶・美蛾の標本コレクションに感銘を受けました。

#3-5・小出コレクションの一部 
a0146869_20593520.jpg
a0146869_20595494.jpg
a0146869_210928.jpg
 世界には綺麗な種類がたくさんですね。特に#3の金色のゼフィルスをフィールドで開翅状態で観察できたら、過剰なドーパミンで卒倒しそうです。
#4、5の蛾のコレクションにはサツマニシキなのの国内産もありますが、蛾も本当に美種がいるものだと実感できました。
実際に小出さんが展示会にいらっしゃたので、解説していただきました。

さらに、次のギフチョウ・ヒメギフチョウの展示標本も解説していただきありがたいことです。
#6・各国のギフチョウ・ヒメギフチョウ 
a0146869_2133451.jpg
 斑紋が変化しいく様子は、いつまで見ていても飽きません。
本展示は、新部公亮さんの制作による「ギリシャ神話の中の虫達」の一画にあるものでしたが、新部さんはあの栃木県矢板市にある栃木県民の森・マロニエ昆虫館を主導された方だとか。
いや、素晴らしい方々がいるのですね。

#7・「蝶の版画と写真展」案内ポスター 
a0146869_2125454.jpg
 詳しくは先のbuttfflowさんのリンクをご覧ください。

ねこきちさん、展示会での皆さん、大変御世話になりました。
by yoda-1 | 2011-10-16 06:00 | ☆展示会等