ご訪問ありがとうございます。月刊むし誌上で「近縁種識別」の記事を年に3回ぐらい掲載しています。PC訪問者数532,767-2018.4.8時点


by yoda-1

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新の記事

2018年春の探蝶活動
at 2018-06-21 06:22
「蝶の飛翔」ついに発刊
at 2018-04-07 19:52
蝶類科学学会の公開講演会の案..
at 2018-03-07 05:20
近縁種(16)と春のつどいの案内
at 2018-02-24 08:36
祝図鑑掲載と保全協会の展示会案内
at 2017-12-04 05:19
セセリチョウの触角雌雄差研究..
at 2017-10-28 14:05
活動近況と鱗翅学会関東支部・..
at 2017-09-29 02:51
最近の活動と月刊むし記事案内
at 2017-06-19 22:30
最近の活動と2017年春の推..
at 2017-06-04 14:07
月刊むし2016-4月号の案内
at 2017-03-20 23:07

以前の記事

2018年 06月
2018年 04月
2018年 03月
more...

記事ランキング

検索

ファン

外部リンク

虫のしわざ観察ガイド

虫のしわざ観察ガイド
著者:新開孝
価格:1,944円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


世界のタテハチョウ図鑑

世界のタテハチョウ図鑑
著者:手代木求
価格:32,400円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


ずかんさなぎ

ずかんさなぎ
著者:鈴木知之
価格:2,894円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


◆訪問者カウンター
(設置2011.2.17)
無料


無料

無料

i2i管理
MyRSS
▼ブログ村ランキング参加中▼
/
↑たくさんの昆虫ブログをご覧になれます
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
↑たくさんの野鳥ブログをご覧になれます

◆蝶関係団体
a0146869_13204580.jpg
a0146869_311626.jpg
山口むしの会
群馬の蝶を語る会

◆外部ブログ
青森の蝶たち
てふのネイチャー写心
自然散策雑記帳
デジカメ私流
stroll
北信に舞う蝶たち
Hirokou's Field Notes
虫むしクラブ、蝶、トンボ図鑑
LOVE-BIRDS.NET
Kaze's Photo Blog
受け身の園芸
Akakkoko's自然大好き
暖蝶寒鳥
美撮りに夢中!
四季おりおり
蝶の観察記録-十勝蝶の覚書new
ごん太のブログ
「鳥撮りおやじ」の日記
月夜のくろねこ
Soceer-Boyの写真館
母袋の駱駝山
浅間山麓の蝶
My Favorite Butterflies of Japan
my蝶あるばむ
北の安曇野PHOTO DIARY
a piece of photo work
naoggio写真日記
自然からのたより
あぜみちのチョウチョ日記
Field Notebook
ホタルの独り言
markeeのシマフクブログ2nd
江田慧子の研究ブログ
アキノ隊員の鱗翅体験
そうだ沖縄に行こう!
案山子
Papilio Paradise
里山の蝶と花

フォロー中のブログ

一寸の虫にも五分の魂
シニアネットとともに
登山道の管理日記
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
自然大好き
SHORE BIRDS ...
蝶・チョウ・ゆっくり歩き...
鳥蝶ビデスコ
TSUCHIYA BLOG
フィールドノート
RICKPHOTO Blog
四季彩散歩
葛西臨海公園・鳥類園Ⅱ
生きもの写真家 安田 守...
おてんとうの ちょっとええ感じ
MU's Diary
夫婦でバードウォッチング
小畔川日記
やんばるの風
探蝶逍遥記
蝶&鳥日記 2
Life with Bi...
My Berkeley ++
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
 写道
安曇野の蝶と自然
NATURE DIARY
タイの自然と風景
八重山の自然誌
Yamyam町一丁目
テトだもん!
嗚呼っっ 今日も証拠画像...
鳥平の自然だより(動物編)
N_BIRDERの野鳥b...
ORIXA's BIRD !
Birding in ...
蝶・旅の友
くわがた散歩道
Lycaenidaeの蝶...
麻呂犬写真館  *mam...
Sippo☆のネイチャー...
花蝶風月
蝶と蜻蛉の撮影日記
北海道の野鳥探索/mar...
風任せ自由人
蝶狂人@蝶と里山の浪漫紀行
ヒメオオの寄り道
仲良し夫婦de蝶ブログ
タヒチ ランギロア島暮ら...
ぶらり探蝶記
ひらひら探検隊
Shinne`s pho...
ごっちの鳥日記
蝶・花・山~自然の色使い
くま次郎の”やんばる日記”
NPO法人 日本チョウ類...
自然の中に出かけて・・・
蝶撮日記
たかがヤマト、されどヤマト
花鳥撮三昧
ケンケン&ミントの鳥撮り...
蝶超天国
ぽん太の昆虫ブログ 1
ポータルぢゃないチョウの...
蝶散歩
ぷんたのかあさん Pho...
秩父の蝶
庭日和
超蝶
徒然なるままに  
みき♂の虫撮り友人帖
三鷹の狸のてふてふ交遊録
華蝶の夢
不思議の森の迷い人
世に倦む日日
チョウ!お気に入り
Butterfly & ...
farfalle e u...
ねこきちの自然散策雑記帳

カテゴリ

全体
☆識別検討室☆
図鑑・図書
香港の蝶
香港の野鳥【工事中断中】
☆台湾の蝶
☆探蝶記一般
蝶リスト
☆探鳥記一般
☆蛾
☆トンボ
☆ハチ・アブ
☆セミ・カメムシなど(半翅目)
☆カマキリ・バッタなど
☆甲虫
☆祝☆
☆旅ブログへのリンク
☆展示会等
☆腹部形状差
☆卵・タマゴ・eggs
☆幼虫・イモムシ・蛹
★ゼフ飼育
☆山野草
アイノミドリシジミ
アオタテハモドキ
アオスジアゲハ
アオバセセリ
アカシジミ
アカセセリ
アカタテハ
アカボシゴマダラ
アカマダラ
アゲハ
アサギマダラ
アサヒヒョウモン
アサマイチモンジ
アサマシジミ
アマミウラナミシジミ
イシガケチョウ
イチモンジセセリ
イチモンジチョウ
ウスイロオナガシジミ
ウスイロコノマチョウ
ウスイロヒョウモンモドキ
ウスキシロチョウ
ウスバキチョウ
ウスバシロショウ
ウラキンシジミ
ウラギンスジヒョウモン
ウラギンヒョウモン
ウラギンシジミ
ウラクロシジミ
ウラゴマダラシジミ
ウラジロミドリシジミ
ウラジャノメ
ウラナミアカシジミ
ウラナミシジミ
ウラナミジャノメ
ウラミスジシジミ
エゾシロチョウ
エゾスジグロシロチョウ
エゾミドリシジミ
エゾヒメシロチョウ
エルタテハ
オオイチモンジ
オオウラギンスジヒョウモン
オオウラギンヒョウモン
オオゴマシジミ
オオゴマダラ
オオシロモンセセリ
オオチャバネセセリ
オオヒカゲ
オオミスジ
オオミドリシジミ
オオムラサキ
オオモンシロチョウ
オオルリシジミ
オキナワビロードセセリ
オナガアゲハ
オナガシジミ
カバイロシジミ
カバマダラ
カラスアゲハ
カラスシジミ
カラフトセセリ
カラフトタカネキマダラセセリ
カラフトヒョウモン
カラフトルリシジミ
キアゲハ
キタアカシジミ
キタキチョウ
キタテハ
キバネセセリ
ギフチョウ
キベリタテハ
キマダラセセリ
キマダラモドキ
キマダラルリツバメ
キリシマミドリシジミ
ギンイチモンジセセリ
ギンボシヒョウモン
クジャクチョウ
クモガタヒョウモン
クモマツマキチョウ
クモマベニヒカゲ
未分類
クロアゲハ
クロコノマチョウ
クロシジミ
クロセセリ
クロツバメシジミ
クロヒカゲモドキ
クロマダラソテツシジミ
クロミドリシジミ
ゴイシシジミ
コキマダラセセリ
コジャノメ
コチャバネセセリ
コツバメ
コノハチョウ
コヒオドシ
コヒョウモン
コヒョウモンモドキ
ゴマシジミ
ゴマダラチョウ
コムラサキ
サカハチチョウ
サトキマダラヒカゲ
シータテハ
ジャコウアゲハ
ジャノメチョウ
ジョウザンシジミ
ジョウザンミドリシジミ
シルビアシジミ
シロオビアゲハ
シロオビヒメヒカゲ
スギタニルリシジミ
スジグロシロチョウ
スジグロチャバネセセリ
スジボソヤマキチョウ
スミナガシ
タカネキマダラセセリ
タカネヒカゲ
ダイセツタカネヒカゲ
ダイミョウセセリ
チャバネセセリ
チャマダラセセリ
チョウセンアカシジミ
ツバメシジミ
ツマキチョウ
ツマグロキチョウ
ツマジロウラジャノメ
ツマベニチョウ
ツマムラサキマダラ
テングチョウ
トラフシジミ
ナガサキアゲハ
ナミエシロチョウ
バナナセセリ
ハヤシミドリシジミ
ヒオドシチョウ
ヒカゲチョウ
ヒサマツミドリシジミ
ヒメアカタテハ
ヒメイチモンジセセリ
ヒメウスバシロチョウ
ヒメウラナミジャノメ
ヒメキマダラヒカゲ
ヒメギフチョウ
ヒメキマダラセセリ
ヒメシジミ
ヒメシロチョウ
ヒメジャノメ
ヒメチャマダラセセリ
ヒメヒカゲ
ヒョウモンチョウ
ヒロオビミドリシジミ
フタオチョウ
フタスジチョウ
フジミドリシジミ
ベニシジミ
ベニモンカラスシジミ
ヘリグロチャバネセセリ
ホシチャバネセセリ
ホシミスジ
ホソオチョウ
ホソバセセリ
ミズイロオナガシジミ
ミスジチョウ
ミドリシジミ
ミドリヒョウモン
ミナミキチョウ
ミヤマカラスアゲハ
ミヤマカラスシジミ
ミヤマシジミ
ミヤマシロチョウ
ミヤマセセリ
ミヤマモンキチョウ
ムモンアカシジミ
ムラサキシジミ
ムラサキツバメ
メスアカミドリシジミ
メスグロヒョウモン
モンキアゲハ
モンキチョウ
モンシロチョウ
ヤマキチョウ
ヤマキマダラヒカゲ
ヤマトシジミ
ヤマトスジグロシロチョウ
リュウキュウアサギマダラ
リュウキュウウラボシシジミ
リュウキュウウラナミジャノメ
リュウキュウヒメジャノメ
リュウキュウミスジ
リュウキュウムラサキ
リンゴシジミ
ルーミスシジミ
ルリシジミ
ルリタテハ
コゲラ
トモエガモ
ライチョウ
★ヒメウタイムシクイ
★チャキンチョウ
★マヒワ
★エゾビタキ
★タゲリ
★サバクヒタキ
★オオマシコ
★ハギマシコ
★オジロビタキ
★コミミズク
★キガシラシトド
★ベニマシコ
★ヤマシギ
★トラツグミ
★クロジ
★アカハシハジロ
★カヤクグリ
★キレンジャク
★ギンムクドリ
★ウソ
★タゲリ
★カラフトムシクイ
★ハチジョウツグミ
★ヒレンジャク
★コクマルガラス
★ルリビタキ
★アオジ
★エナガ
☆コサメビタキ
★ジョウビタキ
★ヤマガラ
☆セキレイ科
☆カモ科
☆ツル科
☆ムクドリ科
☆ムナグロ科
☆シギ科
☆カラス科
☆カイツブリ科
☆カモメ科
☆ヒタキ科
☆ツグミ科
☆キツツキ科
☆アトリ科
☆シジュウカラ科
☆ホオジロ科
☆ウグイス科
☆タカ科
☆レンジャク科
☆ハヤブサ科
☆モズ科
☆チドリ科
☆コウノトリ科
☆ハト科
☆トキ科
☆サギ科
☆ヒヨドリ科

タグ

(48)
(38)
(37)
(34)
(26)
(25)
(25)
(25)
(23)
(23)
(21)
(21)
(21)
(20)
(20)
(19)
(19)
(19)
(18)
(18)

最新のトラックバック

ウラジロミドリシジミ
from ホタルの独り言
白馬のゼフィルス
from ホタルの独り言
越冬クロコノマチョウ
from Field Notebook.
「フィールドガイド 日本..
from Field Notebook.
多摩動物公園-昆虫生態園
from Field Notebook.
花はなぜ美しいのか?
from 哲学はなぜ間違うのか?

ライフログ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ブログジャンル

自然・生物

画像一覧

タグ:ヒメアカタテハ ( 15 ) タグの人気記事

ヒメアカタテハ飼育記 ・・終齢幼虫から。  採幼・飼育@蓮田市

昨日の朝、自宅近くのヨモギにいたヒメアカタテハの幼虫を拉致して、飼育していたものが無事羽化しました。
出勤前に気が付き、慌てて撮影しました。
YODAの書斎兼寝室の窓辺に、蛹化したプラケースを置いてモニターしていたのですが、なかなか羽化シーンそのものに立ちえませんです。

#1-2・ ヒメアカタテハ♂雄・羽化直  2013.11.05-07:13 
a0146869_5122120.jpg
a0146869_5143666.jpg
 どうも6時前後に羽化した模様で、部屋の中は明るい状態でした。
羽化に気づいたのは2枚目にあるように、羽化後の体液をプラケース内に垂らしていたからです。
しかしこの体液は鮮やかに紅いですね。

以下、採幼時からに戻って紹介です。
本個体は10/19のコカマキリを撮影した場所のヨモギに日光浴のように出てきておりました。そのときはコンデジが電池切れで撮影しておりませんが、今から思うと望遠デジイチでもよいので撮影すべきでした。
その辺のヨモギとともにプラケースの中に入れていると、翌日の帰宅時の観察では、周囲のヨモギを集めて巣作りしておりました。

#3-4・ ヒメアカタテハ・終齢幼虫 2013.10.20夜 
a0146869_5224040.jpg
a0146869_5225697.jpg
 なかなかの建築家であります。

#5-6・ 同上 2013.10.23朝 
a0146869_5251031.jpg
a0146869_5252544.jpg
 もう巣を作る余裕もなく、食草が底をついておりました。
これはいかんと、翌朝出勤前にヨモギ採集に行ってきました。
戻って、よしよし新鮮なヨモギをあげるよと、プラケースを覗くと、なんと蛹化を始めておりました。

#7-9・ ヒメアカタテハ・前蛹、蛹台座部分(2枚) 2013.10.24朝 
a0146869_5285776.jpg
a0146869_5292152.jpg
a0146869_5293852.jpg
 幼虫はかように、自分が蛹化する場所に思い切り糸を吐き、蛹の固定部分には糸山を作ってしっかり固定します。
撮影当時はなんでこんなに広く糸を広げる必要があるのかと疑問に感じましたが、先の#1の羽化直画像を観て納得しました。
自分が羽化した際の足場でもあったのですね。
(この糸座がなくても、樹脂底面に止まれる可能性大ですが)

#10-11・ ヒメアカタテハ・蛹化直、蛹化時の抜け殻 2013.10.24夜
a0146869_5345517.jpg
a0146869_535827.jpg
 同日帰宅してみると、さすがにもう蛹になっておりました。
でもこの色合いはやけに黒いと健全なのかやや心配しました。
2枚目は終齢幼虫時の衣服を抜いた跡です。

今季、寄生バエのために羽化ができなかったウラナミシジミの飼育もありましたが、この蛹化時の幼虫衣服脱ぎ捨てシーンは、ウラナミでしっかり目撃できました。蛹になった体をくの字に激しく変形させて、徐々に脱げていく感じでした。(撮影はできませんでしたが)

#12-13・ ヒメアカタテハ・蛹 2013.10.25-28 
a0146869_5422385.jpg
a0146869_5423365.jpg
 蛹化後二日目でいい感じの色合いになりました。五日目でも余り変化ありません。

***この後、羽化直前のものを撮影しようと思い、まだまだと高をくくっておりました(-_-;)

それでトップ画像に戻ります。
蛹化日を初日とすると、羽化日は13日目になりました。
室内で夜は屋外より暖かいので、この時季屋外では蛹化期間はもっと長いのかもしれません。

#14-15・ ヒメアカタテハ♂雄・羽化直 2013.11.05朝 ・・・・画像クリックで長辺方向1500ピクセルに。 
a0146869_5463842.jpg
a0146869_547437.jpg
 10/24に採ってきたヨモギに止まってもらいました。

もう出勤のために時間的余裕なしですが、おとなしくしているので、卵撮影用のレンズでも撮影しました。

#16-18・ ヒメアカタテハ♂雄・羽化直 2013.11.05出勤直前 ・・・画像クリックで拡大できます。 
a0146869_5511969.jpg
a0146869_5514526.jpg
a0146869_5521950.jpg
 #16は複数枚を繋いで作っています。
卵撮影用の改造レンズでは全身が入らないのです。
たぶん今季購入のEF24-70mmF4.0のマクロモードで全身マクロ撮影できたのでしょうが、絞って撮影するには外部ストロボも必要でその時間的余裕がなくて残念した。

せっかくなので、#16の画像を切り出して縦長に紹介します。
#19・ 同上#16の切り出し 
a0146869_5572042.jpg
 一度このようなことをやってみたかったのです(笑)
しかし、蝶の鱗粉はかくも鮮やかで、観ていて飽きがきません。

本個体は、昨日出勤前に自宅庭に放置していたら、さすがに帰宅時その姿なしです。
天気もよい日だったので、どこかに飛び立ったのでしょうが、この北関東で越冬までできるのかどうか、少し気になりますね。将来はマイクロチップを成虫に着けて、その移動状況や棲息情報をモニターできる日が来るのでしょうね。たぶん。
by yoda-1 | 2013-11-06 05:58 | ヒメアカタテハ

湘南の残りの蝶+ナツアカネ・連結 2013.9.21神奈川県④

どんな平凡な蝶でもできるだけ記録していきたいので、紹介です。

#1-3・ ヤマトシジミ♀雌 
a0146869_029308.jpg
a0146869_0294123.jpg
a0146869_0301885.jpg
 少なくとも#1-2は同一個体でしたが、日向と日陰での撮影では、写り具合が全然違ってきます。
日向での撮影も、この辺のシジミチョウの♀雌は光線具合でいろいろな色合いになるのが楽しいですよね。

#4・ ウラナミシジミ 
a0146869_0375729.jpg
 個体数は少なかったです。
今年はなかなかいい感じの翅表撮影の機会に恵まれません。

#5・ ベニシジミ♂雄 
a0146869_039978.jpg
 幻光を少しだけ楽しみました。

#6-7・ ヒメウラナミジャノメ♀雌 
a0146869_033202.jpg
a0146869_0332613.jpg
 これも同一個体を日向と日陰で撮影です。
上のヤマトの場合もそうですが、日陰で撮影すると翅裏透け画像になりやすい印象です。

#8-9・ ヒメウラナミジャノメ♀雌、♂雄 
a0146869_036622.jpg
a0146869_0361750.jpg
 #6は西日本に多い、丸い翅形の個体です。

#10・ アカボシゴマダラ 
a0146869_0411327.jpg
 2年前もいましたが、しっかり定着しています。湘南海岸の方にもいて、何か海を渡りたがっている感じでした。
ちょっと見に、アサギマダラのように感じることがあるのはYODAだけでしょうか。

#11・ チャバメセセリ♀雌 
a0146869_0434529.jpg
 本種よりイチモンジセセリの方が圧倒しておりました。2年間はチャバネの個体数も多かったのに不思議です。

#12・ ハチの仲間 
a0146869_0442410.jpg
 このかわいい蜂はなんというものでしょうか?
★ みき♂さんのヒントで、「イワタギングチバチ」と判明しました。

#13・ 繭かな? 
a0146869_0451995.jpg
 この綺麗な感じのするものは何なのでしょうか?

#14・ ナツアカネ・タンデム飛翔 
a0146869_046391.jpg
 夏の間、山地や高所はアキアカネだらけですが、ナツアカネはどこで避暑しているのでしょうか。

この後は野鳥観察で、その後移動して都内の河川公園にチョウセンカマキリを探しに訪問するもの時間切れでした。
その代わり、休眠に入った蝶を観察できました。

#15-16・ ヤマトシジミ、ヒメアカタテハ 都内18時前後 
a0146869_0491473.jpg
a0146869_049205.jpg
 ヒメアカタテハは背景にリバーフロントのマンション群を置きました(笑)
こんなには暗くないのですが、ストロボを焚くとこうなってしまいます。
by yoda-1 | 2013-09-26 00:51 | ☆探蝶記一般

アカタテハ  後翅基部に赤みの載る個体  2013.9.1札幌市②

北大キャンパスでは、シジミチョウの仲間は観察できずに、タテハチョウ科が数種いました。

#1ー3・ アカタテハ♀雌 
a0146869_21444973.jpg
a0146869_21445584.jpg
a0146869_2145287.jpg
 ♀雌個体だと思いますが、後翅基部というか胴部周辺での赤い産毛が目立ちます。
新鮮個体ではいつもこうなるのでしょうか?
またアカタテハの前翅の内縁側模様の一部は、後翅と同じような色合い(言い換えると、斑紋喪失エリア)になるように協力しているのですね。
今までよく認識していませんでした。

#4・ ヒメアカタテハ♂雄 
a0146869_21491398.jpg
 ヒメアカの前翅ではそのような模様喪失エリアは控えめですね。

#5・ エルタテハ 
a0146869_2150451.jpg
 学舎の壁面で休止していました。
このままここで越冬場所を探すのでしょうか。

#6-7・ メスグロヒョウモン♂雄、ミドリヒョウモン♂雄 
a0146869_21515911.jpg
a0146869_2152742.jpg
 彼らも長生きするタイプでしょうか。

◇トンボの仲間
#8-10・ マユタテアカネ♀雌(2枚)、♂雄  
a0146869_2153406.jpg
a0146869_21534815.jpg
a0146869_21535446.jpg
 今期初撮影ですが、やはり年に一回はこの太眉を撮影しないといけません。

#11ー12・ アキアカネ♀雌、ウスバキトンボ♂雄
a0146869_215598.jpg
a0146869_21554591.jpg
 このうちウスバキトンボはヤゴで越冬できないそうですが、図鑑を見るとそれはもうほぼ日本全国で越冬不能ではありせんか。
彼らの北進力に驚嘆ですが、そのうち越冬できる突然変異も生じるのですかね・・・。

#13・ アオイトトンボ♂雄 
a0146869_220782.jpg
 惜しいことに、エゾアオイトトンボではありませんでした。

もっと天気さえよければですが、仕事の合間の観察なので、欲張りはいけませんね。
by yoda-1 | 2013-09-03 22:02 | アカタテハ

早朝のチョウ達 チャバネセセリなど  2012.10初旬・栃木県

赴任先の早朝の蝶たちです。

#1-2・ヒメアカタテハ♂雄・・・#1のみ画像クリックで1500×1000。 
a0146869_13304625.jpg
a0146869_13305423.jpg
 朝日が昇れば、もう蝶たちは活動開始のようでした。
この個体は右後翅に孔空き損傷がありますが、なにかバラの刺でにもひかかったのでしょうか。

#3-4・ウラギンシジミ♀雌、♂雄 
a0146869_13363721.jpg
a0146869_13365223.jpg
 早朝はウラギンシジミも地面を這うように移動していましたが、♂雄は早々にテリ張りポジションに。

#5-6・ヤマトシジミ♀雌、♂雄 
a0146869_1338488.jpg
a0146869_13392094.jpg
 この♀雌個体にはまだ青色鱗粉なしでした。
#6の画像は触角によくピントが合っていたので、丸窓で拡大しております。
ここの蝶の触角棍棒部分の画像コレクションも面白そうですが、なかなか接写できないですよね。

#7-8・キタキチョウ(別個体) 
a0146869_13462913.jpg
a0146869_13463931.jpg
 2枚目はジョロウグモに捕らわれてしまったもの。
キタキチョウもまだまだ場所によって羽化シーンがあるのでしょう。

今回多かったのが、チャバネセセリ(さすがにこれをナミチャバネと呼び人はいないみたいです)
#9-14・チャバネセセリ♂雄(複数個体) 
a0146869_13535667.jpg
a0146869_1354996.jpg

a0146869_13543811.jpg
a0146869_13544982.jpg
a0146869_1355350.jpg
a0146869_1355152.jpg
 やはり開翅画像では♂雄の性標がしっかり写っているのがよいのでしょうね。
関東の多くの地域でそうですが、関東南端以外では越冬できないので、この秋に春以降北上してきた個体を観察していることになります。しかしよく考えると、♀雌の撮影を逃しておりました。

この蝶を撮影する度に、はやく八重山諸島にいって、トガリチャバネセセリを撮影して、比較図を作成したいものです。

#15-16・ヒメクロホウジャク 
a0146869_1414378.jpg
a0146869_1415486.jpg
 よく夕方も活動していますが、早朝も活動するのですね。

#17・セイヨウミツバチ 
a0146869_144117.jpg
 なかなか、Sippo☆さんのようにかわゆく撮影できません。
by yoda-1 | 2012-10-08 14:05 | チャバネセセリ

キタキチョウ  産卵ラッシュ  2012.9.2栃木県①

この日曜日は、土曜日は東信地区だったので、栃木県の方へ小遠征しました。
前回、8/7に訪問して、その後基本3種(シルビアシジミ、ツマグロキチョウ、ミヤマシジミ)がどのような状況であるか、少し心配でありました。
結果その3種は最初の訪問場所では、どれも見当たらなかったのですが、キタキチョウ・アゲハの産卵があったので紹介します。

#1-3キタキチョウ  産卵@メドハギ
a0146869_7372.jpg
a0146869_734260.jpg
a0146869_74697.jpg
図鑑でも食草として、このメドハギが真っ先に登場しますが、いろいろ食性は幅広いのはご存じのとおりです。
#3は蝶本体が欠けているのですが、雌♀腹部形状のサンプルとして紹介です。

#4-6・キタキチョウ・別個体+産卵卵
a0146869_752573.jpg
a0146869_755483.jpg
a0146869_764388.jpg
産卵中はいろいろと飛翔画像が撮影しやすいのは指摘するまでもありません。
これも#5の画像は胴部へのピントがやや甘いのですが、雌♀の形状例で紹介です。

ツマグロキチョウは昨年たくさん見れたと思いましたが、食草のカワラケツメイもたくさんあるのに、その姿なしでした。
同時にこの春は観察できたミヤマシジミ(食草:コマツナギ)も見当たりません。

#7-10・アゲハ♀雌 産卵+卵 @サンショウ類
a0146869_775556.jpg
a0146869_781574.jpg
a0146869_712438.jpg
a0146869_7122494.jpg
アゲハが産卵していたので、卵も撮影すると、新旧の卵があったみたいです。(二つ目の#8の中央に新卵一つ・その両端に白い卵がそれぞれ一つずつ写っています)
#9が産みたてで黄色く、#10は時間経過して、卵内部で初齢幼虫が形成されている感じです。

#11-12・アゲハ♀雌・別個体 
a0146869_7131717.jpg
a0146869_7133875.jpg
 #11が産卵シーンをつかまえた個体で、#12は近くを飛翔していた別個体。
この時期、アゲハ雌♀はかなり黄色っぽいです。

#13・ヒメアカタテハ♀雌 
a0146869_7145396.jpg
ヒメアカタテハも近くのヨモギに産卵していましたが、こちらはうまく卵発見にいたりませんでした。

次の場所に転戦すると、基本3種のうち、次のツマグロキチョウとミヤマシジミが観察できました。

#14・ツマグロキチョウ♂雄・秋型 
a0146869_7161344.jpg
もう秋型になってくるのですね。
今年はたぶんこのポイントが、ツマグロフィーバーの場所になるのでしょうか。
(以降は、次回に紹介します)

#15・虹
a0146869_717181.jpg
この日はいつ雨になるか分からない天気だったので、傘を持ってので撮影でした。
帰路ではところどころに虹がかかっていました。
 
by yoda-1 | 2012-09-03 12:34 | キタキチョウ

エコプロダクツ展での自然観察会下見 2011.12.10葛西臨海公園

今週後半には、日経新聞社主催のエコプロダクト2011展が東京ビックサイトであり、そこの行事として「自然観察会」があります。
そのガイド補佐を初日にすることになり、先週末土曜日は葛西臨海公園の下見会でした。

海辺で育つ樹木、どのような野鳥が冬に来るか、冬でも活動中の生き物、生き物たちの連携などが観察テーマですが、まあ皆さんの樹木名とかに詳しいこと。
YODAもハマユウを食草にしているハマオモトヨトウの幼虫、カマキリの卵鞘形状からのどの種類なのか、蓑虫の種類、イスノキにある虫こぶなどを勉強させてもらいました。

#1-2・オオミノガのお住まい@ヌルデ 
a0146869_6374853.jpg
a0146869_638111.jpg
 他の樹種も春の新芽の吹いているものがあり、気候の不順さを象徴しておりました。

#3・チャミノガのお住まい@??? 
a0146869_6384760.jpg
 チャミノガはこのように葉に似せて横向き付くとか。(このコニファーの種名が言えないとは情けないです)
一度蓑虫がエッサ・エッサと住まい作りしているシーンを目撃したいものです。

◆野鳥・・・・・詳細は、公園公式ブログをご参照ください。
#4・ホシハジロ 
a0146869_6401724.jpg
 観察者の近くの池では各種カモ類がいましたが、この種類が圧倒しておりました。

#5・スズガモ 
a0146869_6403246.jpg
 海の方では、スズガモの群れが近くにいたり、遠くに見えたりでした。
この辺が日本最大の越冬地だそうです。

#6・セグロカモメ 
a0146869_6404960.jpg
 カモメ系はほとんどがユリカモメですが、一羽のセグロが混じっていました。

#7-11・ユリカモメ 
a0146869_641544.jpg
a0146869_641271.jpg
a0146869_6414599.jpg
a0146869_642877.jpg
a0146869_6422682.jpg
 #11は、誰かの投げたポップコーンに反応しているシーンです。

#12・ハジロカイツブリ 
a0146869_643292.jpg
 いまだにミミカイツブリに逢えません。

#13・コサギ 
a0146869_6434865.jpg
 海っぺりもダイサギとかよく散歩していますよね。

◆昆虫・・・他にカマキリ類はよく観察できました。
#14・アキアカネ♂雄 
a0146869_6445228.jpg
 トンボも頑張って生きていますね。

#15・ヒメアカタテハ♂雄 
a0146869_645666.jpg
 日光浴していましたが、こちらは頑張って越冬しなくては。

エコプロダクツ展の自然観察会は、特に平日はまだまだ空きがあるそうで、展示会では日本チョウ類保全協会などの各種自然保護系団体のブースも目白押しだそうで、是非ご来場ください。
by yoda-1 | 2011-12-13 06:47 | ☆探鳥記一般

ムラサキシジミ  3匹の越冬場所発見  2011.12.4神奈川県

鈴木さんを偲んだムラサキツバメの場所では、当然のようにムラサキシジミの方もしっかりいました。

こちらの方が通年で観察できる機会も多いより普通種ですが、同じ成虫越冬でも、ムラサキツバメほどには集結しないそうです。

#1・ムラサキシジミ♂雄 
a0146869_6551755.jpg
 まずまず綺麗な♂雄がいて、それを追っていくと、banyanさんが塒を発見しました。

#2・ムラサキシジミ 3匹の塒 
a0146869_656757.jpg
 3匹までの集まりは珍しいそうです。
広角撮影はコンデジを近づけ過ぎたようで、飛散してしまいました。
じっくり休んでいるようで、外敵には結構敏感になっているのでしょう。

#3ー7・ムラサキシジミ♀雌 ・・・撮影順に紹介。 
a0146869_6562957.jpg
a0146869_656447.jpg
a0146869_65749.jpg
a0146869_6572342.jpg
a0146869_6574430.jpg
 特に最後の画像が、ルーミスブルーになっていていいのですよね。

この日の他の蝶を紹介です。

#8・クロコノマチョウ♂雄 
a0146869_658271.jpg
 ムラサキシジミの塒撮影時に斜面で動くので発見できました。

#9組・ウラナミシジミ 求愛・・・横1600ピクセル 
a0146869_6553858.jpg
 吸蜜中の♀雌個体に、♂雄が飛来してきました。
3つ目の画像で、心なし♀雌は腹部をあげて交尾拒否のような姿勢です。
なるほど、これでは♂雄が腹部を曲げ込んでも♀雌の腹端はそこにない訳ですね。
成就せずに、♂雄はすぐにあきらめました。

#10・ヒメアカタテハ♂雄 吸蜜@タンポポ 
a0146869_6583125.jpg
 こちらは越冬組(成虫越冬もある)ですが、春先にアカタテハは見ても、ヒメアカタテハの越冬個体は、YODAの関東での活動経験では見たことがありません。
ただ経験不足なのかも・・・・。
by yoda-1 | 2011-12-07 06:58 | ムラサキシジミ

ヒメアカタテハ  腹部の雌雄差はこれから。  2011.10.16埼玉県

秋の旬の蝶その2はヒメアカタテハです。
比較図検証は行ったばかりですが、懲りずにまた作成しました。

#1・ヒメアカタテハ 雌雄翅形比較図 ・・・画像クリックで拡大へ。
a0146869_6542710.jpg
 こうやって並べると、雌雄での翅形差は大きいと感じますが、フィールドで単体で見るとそれはそれはどっちだろうと悩むわけです。
腹端の特徴が、例えばヤマトシジミ(♀雌の方が尖る)とは真逆のようなので、今後この辺の画像のコレクションに努めてまいりたいです。

当日のヒメアカタテハ・その他の河川敷にいた蝶の紹介です。

#2・ヒメアカタテハ♂雄 吸蜜@センダングサ 15:46
a0146869_655363.jpg
 センダングサ畑にはキタテハ、ヒメアカタテハ、ツマグロヒョウモンの順に個体数が多かったです。

#3-5・ヒメアカタテハ♂雄 路上 16:34・・・比較個体 
a0146869_6551835.jpg
a0146869_65729100.jpg
a0146869_656324.jpg
 河川敷の堤防上道路で寝入り前の日光浴でしょうか。
#4の画像の腹部だけを見ると、この膨らみ具合は♀雌ですね。と誤判定しそうです。

#6・ヒメアカタテハ♂雄 日光浴 16:41・・・比較個体 
a0146869_6561583.jpg
 こちらは目立たない場所で日光浴でした。
どのような場所なのか、広角構図でも撮影すべきでした。
 
by yoda-1 | 2011-10-21 06:57 | ヒメアカタテハ

ヒメアカタテハの雌雄判別法Ver.1.0

蝶の雌雄判別は、クジャクチョウに続きますが、クジャクチョウ以上に難解な感じがしてきます。

でも蝶の雌雄差全般の特徴(♂雄は翅が尖り、♀雌は丸みを帯びる。前後翅比較では、♀雌で後翅長が長くなるなど)は残るので、全く不可能でもないのが面白いです。

#1・ヒメアカタテハ 翅表による雌雄比較図・・・画像クリックで拡大へ。 
a0146869_6464059.jpg
 やはり翅形は、人間の男女差なみに違っておりますですね。
日頃十分に運動しているメタボでない人間男性は逆三角形の体形で、まだウエストに脂肪分がたまる前の女性は下半身は横に膨らみ、全体に丸みのある体形です。

例示個体♂雄2は、やや翅面が傾斜している模様。
♂雄1はちょうど丘上でテリ張り中でよく開翅しましたが、♀雌の場合吸蜜時を狙うしかないようで、なかなか全開翅になりません。

翅の形状に雌雄差があり、♀雌の方が外縁部分が広がるので、内部の斑紋もそれにつられて大きめになったりしますが、その点だけで比較するとエラーしそうなので、あえて言及しておりません。

#2・ヒメアカタテハ 翅裏による雌雄比較図 
a0146869_646567.jpg
 翅表画像でも翅形の議論なので、比較点①1~⑥6は同一です。
ただ、後翅の広がり具合がしっかり比較できます。

この♀雌3個体は、前翅先端の付近の折れ点部分が少し丸みが弱い感じではあります。(識別点②2)
また♂雄3の画像は、やや後方からの撮影になっていて、♂雄の尖る具合を強調してしまうものになっています。♂雄翅裏の正対画像が得られれば、差し替えする予定です。

腹部が同じように膨らむので苦労しますが、よく見ると雌雄での腹端形状の尖る具合が違うようであります。まだ産卵していない♀雌では腹部の太さが顕著になるのでしょう。
by yoda-1 | 2011-10-13 18:30 | ☆識別検討室☆

ヒメアカタテハ  産卵シーン他  2011.9.10-24

今期のヒメアカタテハを少々、紹介です。

まずは横浜軍団と一緒だったときの撮影個体です。

◆2011.9.10栃木県
#1ー2・ヒメアカタテハ♀雌 産卵@ヨモギ(キク科)+卵 
a0146869_6334048.jpg
a0146869_6335527.jpg
 このシュンギクによく似ている野草は何という名称でしょうか??
子供時分からよく見ていると思うのですが、しばらく調べても分かりません。
(追記:ヨモギと教えていただきました。
図鑑では、小さな花の付いている部分の絵しかなくて、思い出せませんでした。
困ったものです)

しかし、卵撮影は早く上達したいものです。

#3・ヒメアカタテハ♀雌 吸蜜@アカツメグサ 
a0146869_634174.jpg
 これは♀雌の特徴がよく分かります。

#4-6・ヒメアカタテハ♀雌 吸蜜@アカツメグサ・・・#2とは別個体 EOS7D
a0146869_6343719.jpg
a0146869_6344862.jpg
a0146869_635411.jpg
 #4で♀雌の腹端を激写です。♂雄個体を探して、同じような構図で撮影しないといけません。

次に、banyanさんと一緒だった湘南方面で撮影。

◆2011.9.24神奈川県
#7-9・ヒメアカタテハ たぶん♀雌 吸蜜@???キクイモ CX5
a0146869_6372137.jpg
a0146869_6373539.jpg
a0146869_6385221.jpg
 #7のように翅表面の毛毛が写ると標本画像では表現できないだけでにうれしく感じます。
この黄色の花は何なのでしょうか?? 知らない花が多すぎですね。これから通勤時には、花の図鑑を見るようにしたいですが、だいたい立ったままでも寝てしまうのです。
(麻呂さんにご教示いただきました。ありがとうございます)

ヒメアカタテハは雌雄での腹部長さとかに違いがなく、腹部での識別が少し難しい印象を持ちます。
一般に♂雄でもまだ交尾が終わっていない個体は、精嚢がある分ふっくらする感じがあるし、♀雌でも産卵をかなり経ている個体は、卵のストックも減って、腹部も細目になるような気がしています。
それでも腹部長さや腹端形状の違いで識別できる種類が多いのですが、このタテハチョウ亜科タテハチョウ族(アカタテハ、キタテハなど)は腹部形状が似ているのですよね。

雌雄比較は次の機会として、今回は(昔作成していた)近縁種のアカタテハとの比較図掲載です。
#10・アカタテハ×ヒメアカタテハ 翅裏比較図 
a0146869_6232698.jpg
後翅の明るさが全く違うのですが、それはそれでフィールドでは悩むことがありますよね。
ご存じのように翅表側では、アカタテハは後翅に模様がなくなる感じで迷うことはありません。  
by yoda-1 | 2011-10-12 18:30 | ヒメアカタテハ