人気ブログランキング |


ご訪問ありがとうございます。月刊むし誌上で「近縁種識別」の記事を年に3回ぐらい掲載しています。PC訪問者数577,200-2019.2.7時点


by yoda-1

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

最新の記事

3月9日・10日は講演会のは..
at 2019-02-13 06:00
2019年2-3月の行事
at 2019-02-07 05:49
キタテハ♂雄の前脚撮影成功と..
at 2018-10-05 06:58
2018年春の探蝶活動
at 2018-06-21 06:22
「蝶の飛翔」ついに発刊
at 2018-04-07 19:52
蝶類科学学会の公開講演会の案..
at 2018-03-07 05:20
近縁種(16)と春のつどいの案内
at 2018-02-24 08:36
祝図鑑掲載と保全協会の展示会案内
at 2017-12-04 05:19
セセリチョウの触角雌雄差研究..
at 2017-10-28 14:05
活動近況と鱗翅学会関東支部・..
at 2017-09-29 02:51

以前の記事

2019年 02月
2018年 10月
2018年 06月
more...

記事ランキング

検索

ファン

外部リンク

虫のしわざ観察ガイド

虫のしわざ観察ガイド
著者:新開孝
価格:1,944円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


世界のタテハチョウ図鑑

世界のタテハチョウ図鑑
著者:手代木求
価格:32,400円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


ずかんさなぎ

ずかんさなぎ
著者:鈴木知之
価格:2,894円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


◆訪問者カウンター
(設置2011.2.17)
無料


無料

無料

i2i管理
MyRSS
▼ブログ村ランキング参加中▼
/
↑たくさんの昆虫ブログをご覧になれます
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
↑たくさんの野鳥ブログをご覧になれます

◆蝶関係団体
a0146869_13204580.jpg
a0146869_311626.jpg
山口むしの会
群馬の蝶を語る会

◆外部ブログ
青森の蝶たち
てふのネイチャー写心
自然散策雑記帳
デジカメ私流
stroll
北信に舞う蝶たち
Hirokou's Field Notes
虫むしクラブ、蝶、トンボ図鑑
LOVE-BIRDS.NET
Kaze's Photo Blog
受け身の園芸
Akakkoko's自然大好き
暖蝶寒鳥
美撮りに夢中!
四季おりおり
蝶の観察記録-十勝蝶の覚書new
ごん太のブログ
「鳥撮りおやじ」の日記
月夜のくろねこ
Soceer-Boyの写真館
母袋の駱駝山
浅間山麓の蝶
My Favorite Butterflies of Japan
my蝶あるばむ
北の安曇野PHOTO DIARY
a piece of photo work
naoggio写真日記
自然からのたより
あぜみちのチョウチョ日記
Field Notebook
ホタルの独り言
markeeのシマフクブログ2nd
江田慧子の研究ブログ
アキノ隊員の鱗翅体験
そうだ沖縄に行こう!
案山子
Papilio Paradise
里山の蝶と花

フォロー中のブログ

一寸の虫にも五分の魂
シニアネットとともに
登山道の管理日記
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
自然大好き
SHORE BIRDS ...
蝶・チョウ・ゆっくり歩き...
鳥蝶ビデスコ
TSUCHIYA BLOG
フィールドノート
RICKPHOTO Blog
四季彩散歩
葛西臨海公園・鳥類園Ⅱ
生きもの写真家 安田 守...
おてんとうの ちょっとええ感じ
MU's Diary
夫婦でバードウォッチング
小畔川日記
やんばるの風
探蝶逍遥記
蝶&鳥日記 2
Life with Bi...
My Berkeley ++
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
 写道
安曇野の蝶と自然
NATURE DIARY
タイの自然と風景
八重山の自然誌
Yamyam町一丁目
テトだもん!
嗚呼っっ 今日も証拠画像...
鳥平の自然だより(動物編)
N_BIRDERの野鳥b...
ORIXA's BIRD !
Birding in ...
蝶・旅の友
くわがた散歩道
Lycaenidaeの蝶...
麻呂犬写真館  *mam...
Sippo☆のネイチャー...
花蝶風月
蝶と蜻蛉の撮影日記
北海道の野鳥探索/mar...
風任せ自由人
蝶狂人@蝶と里山の浪漫紀行
ヒメオオの寄り道
仲良し夫婦de蝶ブログ
タヒチ ランギロア島暮ら...
ぶらり探蝶記
ひらひら探検隊
Shinne`s pho...
ごっちの鳥日記
蝶・花・山~自然の色使い
くま次郎の”やんばる日記”
NPO法人 日本チョウ類...
自然の中に出かけて・・・
蝶撮日記
たかがヤマト、されどヤマト
花鳥撮三昧
ケンケン&ミントの鳥撮り...
蝶超天国
ぽん太の昆虫ブログ 1
ポータルぢゃないチョウの...
蝶散歩
ぷんたのかあさん Pho...
秩父の蝶
庭日和
超蝶
徒然なるままに  
みき♂の虫撮り友人帖
三鷹の狸のてふてふ交遊録
華蝶の夢
不思議の森の迷い人
世に倦む日日
チョウ!お気に入り
Butterfly & ...
farfalle e u...
ねこきちの自然散策雑記帳

カテゴリ

全体
☆識別検討室☆
図鑑・図書
香港の蝶
香港の野鳥【工事中断中】
☆台湾の蝶
☆探蝶記一般
蝶リスト
☆探鳥記一般
☆蛾
☆トンボ
☆ハチ・アブ
☆セミ・カメムシなど(半翅目)
☆カマキリ・バッタなど
☆甲虫
☆祝☆
☆旅ブログへのリンク
☆展示会等
☆腹部形状差
☆卵・タマゴ・eggs
☆幼虫・イモムシ・蛹
★ゼフ飼育
☆山野草
アイノミドリシジミ
アオタテハモドキ
アオスジアゲハ
アオバセセリ
アカシジミ
アカセセリ
アカタテハ
アカボシゴマダラ
アカマダラ
アゲハ
アサギマダラ
アサヒヒョウモン
アサマイチモンジ
アサマシジミ
アマミウラナミシジミ
イシガケチョウ
イチモンジセセリ
イチモンジチョウ
ウスイロオナガシジミ
ウスイロコノマチョウ
ウスイロヒョウモンモドキ
ウスキシロチョウ
ウスバキチョウ
ウスバシロショウ
ウラキンシジミ
ウラギンスジヒョウモン
ウラギンヒョウモン
ウラギンシジミ
ウラクロシジミ
ウラゴマダラシジミ
ウラジロミドリシジミ
ウラジャノメ
ウラナミアカシジミ
ウラナミシジミ
ウラナミジャノメ
ウラミスジシジミ
エゾシロチョウ
エゾスジグロシロチョウ
エゾミドリシジミ
エゾヒメシロチョウ
エルタテハ
オオイチモンジ
オオウラギンスジヒョウモン
オオウラギンヒョウモン
オオゴマシジミ
オオゴマダラ
オオシロモンセセリ
オオチャバネセセリ
オオヒカゲ
オオミスジ
オオミドリシジミ
オオムラサキ
オオモンシロチョウ
オオルリシジミ
オキナワビロードセセリ
オナガアゲハ
オナガシジミ
カバイロシジミ
カバマダラ
カラスアゲハ
カラスシジミ
カラフトセセリ
カラフトタカネキマダラセセリ
カラフトヒョウモン
カラフトルリシジミ
キアゲハ
キタアカシジミ
キタキチョウ
キタテハ
キバネセセリ
ギフチョウ
キベリタテハ
キマダラセセリ
キマダラモドキ
キマダラルリツバメ
キリシマミドリシジミ
ギンイチモンジセセリ
ギンボシヒョウモン
クジャクチョウ
クモガタヒョウモン
クモマツマキチョウ
クモマベニヒカゲ
未分類
クロアゲハ
クロコノマチョウ
クロシジミ
クロセセリ
クロツバメシジミ
クロヒカゲモドキ
クロマダラソテツシジミ
クロミドリシジミ
ゴイシシジミ
コキマダラセセリ
コジャノメ
コチャバネセセリ
コツバメ
コノハチョウ
コヒオドシ
コヒョウモン
コヒョウモンモドキ
ゴマシジミ
ゴマダラチョウ
コムラサキ
サカハチチョウ
サトキマダラヒカゲ
シータテハ
ジャコウアゲハ
ジャノメチョウ
ジョウザンシジミ
ジョウザンミドリシジミ
シルビアシジミ
シロオビアゲハ
シロオビヒメヒカゲ
スギタニルリシジミ
スジグロシロチョウ
スジグロチャバネセセリ
スジボソヤマキチョウ
スミナガシ
タカネキマダラセセリ
タカネヒカゲ
ダイセツタカネヒカゲ
ダイミョウセセリ
チャバネセセリ
チャマダラセセリ
チョウセンアカシジミ
ツバメシジミ
ツマキチョウ
ツマグロキチョウ
ツマジロウラジャノメ
ツマベニチョウ
ツマムラサキマダラ
テングチョウ
トラフシジミ
ナガサキアゲハ
ナミエシロチョウ
バナナセセリ
ハヤシミドリシジミ
ヒオドシチョウ
ヒカゲチョウ
ヒサマツミドリシジミ
ヒメアカタテハ
ヒメイチモンジセセリ
ヒメウスバシロチョウ
ヒメウラナミジャノメ
ヒメキマダラヒカゲ
ヒメギフチョウ
ヒメキマダラセセリ
ヒメシジミ
ヒメシロチョウ
ヒメジャノメ
ヒメチャマダラセセリ
ヒメヒカゲ
ヒョウモンチョウ
ヒロオビミドリシジミ
フタオチョウ
フタスジチョウ
フジミドリシジミ
ベニシジミ
ベニモンカラスシジミ
ヘリグロチャバネセセリ
ホシチャバネセセリ
ホシミスジ
ホソオチョウ
ホソバセセリ
ミズイロオナガシジミ
ミスジチョウ
ミドリシジミ
ミドリヒョウモン
ミナミキチョウ
ミヤマカラスアゲハ
ミヤマカラスシジミ
ミヤマシジミ
ミヤマシロチョウ
ミヤマセセリ
ミヤマモンキチョウ
ムモンアカシジミ
ムラサキシジミ
ムラサキツバメ
メスアカミドリシジミ
メスグロヒョウモン
モンキアゲハ
モンキチョウ
モンシロチョウ
ヤマキチョウ
ヤマキマダラヒカゲ
ヤマトシジミ
ヤマトスジグロシロチョウ
リュウキュウアサギマダラ
リュウキュウウラボシシジミ
リュウキュウウラナミジャノメ
リュウキュウヒメジャノメ
リュウキュウミスジ
リュウキュウムラサキ
リンゴシジミ
ルーミスシジミ
ルリシジミ
ルリタテハ
コゲラ
トモエガモ
ライチョウ
★ヒメウタイムシクイ
★チャキンチョウ
★マヒワ
★エゾビタキ
★タゲリ
★サバクヒタキ
★オオマシコ
★ハギマシコ
★オジロビタキ
★コミミズク
★キガシラシトド
★ベニマシコ
★ヤマシギ
★トラツグミ
★クロジ
★アカハシハジロ
★カヤクグリ
★キレンジャク
★ギンムクドリ
★ウソ
★タゲリ
★カラフトムシクイ
★ハチジョウツグミ
★ヒレンジャク
★コクマルガラス
★ルリビタキ
★アオジ
★エナガ
☆コサメビタキ
★ジョウビタキ
★ヤマガラ
☆セキレイ科
☆カモ科
☆ツル科
☆ムクドリ科
☆ムナグロ科
☆シギ科
☆カラス科
☆カイツブリ科
☆カモメ科
☆ヒタキ科
☆ツグミ科
☆キツツキ科
☆アトリ科
☆シジュウカラ科
☆ホオジロ科
☆ウグイス科
☆タカ科
☆レンジャク科
☆ハヤブサ科
☆モズ科
☆チドリ科
☆コウノトリ科
☆ハト科
☆トキ科
☆サギ科
☆ヒヨドリ科

タグ

(48)
(38)
(37)
(34)
(26)
(25)
(25)
(25)
(23)
(23)
(21)
(21)
(21)
(20)
(20)
(19)
(19)
(19)
(19)
(18)

最新のトラックバック

ウラジロミドリシジミ
from ホタルの独り言
白馬のゼフィルス
from ホタルの独り言
越冬クロコノマチョウ
from Field Notebook.
「フィールドガイド 日本..
from Field Notebook.
多摩動物公園-昆虫生態園
from Field Notebook.
花はなぜ美しいのか?
from 哲学はなぜ間違うのか?

ライフログ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ブログジャンル

自然・生物

画像一覧

<   2013年 04月 ( 19 )   > この月の画像一覧

ギフチョウ  奇跡のバトル撮影!!  2013.4.28新潟県

GW前半の二日目は、もうこの時季にしか見られないスプリング・エフェメラルに集中するしかありません。

ポイントに到着後に最大3個体が飛来してきましたが、撮影できたのは2個体で、順にA・Bとします。

#1・ ギフチョウ♂雄A 10:52
a0146869_1684996.jpg
 着くなりいきなりの飛来で幸先のよさを予感しました。

#2-4・ ギフチョウ ♂雄A→♂雄Bのバトル飛翔 11:10  ・・・・中遠使用 
a0146869_1695479.jpg
a0146869_1610135.jpg
a0146869_1610734.jpg
・#4データ EOS7D+70-200mm+1.4×(98mm) SS=1/2000. F8.0 ISO800. 原画を1400×933にリサイズ。
 この#4を自分で勝手に奇跡と呼んでいますが、まずまずのピントと、この画像は原画のままでトリミングしていないのがそう感じました。
欲を言えば、背景が抜けるとか、地面の場合はカタクリいっぱいの場所であるとかでしたら最高でしたが、欲張っては蝶の神様にお仕置きを受けそうです。(笑)
バトルと記載していますが、最初は徳望の♀雌が来たと思って追尾しているのでしょう。たぶん。

#5・ ギフチョウ♂雄B 11;12 ・・・・個体Bは前翅前縁基部側の短条紋が前縁から切れぎみで眼がね状です。 
a0146869_1614499.jpg
 懲りずにこのピークに再来です。

#6ー8・ 個体Aの吸蜜と休止(2枚) 11:14-19 
a0146869_1615273.jpg
a0146869_16153431.jpg
a0146869_16154112.jpg
 また小バトルがあって、個体Aがピークを占拠しました。

しかし次のバトルで見事に、個体Bがこの場所の主になり、以降すべて個体Bです。

#9ー13  個体Bの望遠撮影・・・・EF70-200mmF4L+1.4× 
a0146869_16201073.jpg
a0146869_16205052.jpg
a0146869_1621326.jpg
a0146869_16211630.jpg
a0146869_16214377.jpg
 まあ望遠ズームはその場で画角を調整できるのが便利であります。

#14-15 個体Bの広角撮影・・・・EF24-70mmF4L #12-24mm原画、#13-26mm切り出し 
a0146869_16235915.jpg
a0146869_16241072.jpg
 広角撮影時に被写体へのオートフォーカスが効けばよいのですが、まずは踊るだけで使い物にならないのがことが頻出するのが苦しいですね。

#16ー17 個体Bのマクロ撮影 ・・・・EF24-70mmF4L マクロモード #14-73mm SS=1/2000.F8.0.ISO1600、 #15-77mm SS=1/125.F22.0 ISO2500. 
a0146869_16292513.jpg
a0146869_16294460.jpg
 前も実験したような気がしますが、F22.0とかに絞っても、特に被写界深度が深くなるような感じよりは、低速度シャッターによる手ぶれ、ISO上昇による画質劣化の方が大きいようで・・・。(やはりストロボ使用の場合以外は、F14止まりが無難なのでしょうか)

しかし、この個体はもうすっかりYODAを仲間のように感じて、接近マクロにもこのように逃げないお利口さんでした。

◇その他の蝶
#18-19・ ルリシジミ♂雄、ルリシジミ吸蜜@カタクリ 
a0146869_16335325.jpg
a0146869_1634149.jpg
 やっぱりカタクリの蜜は他の蝶も美味しいのですね。(他にはコツバメも観たような・・・)

#20-21・ ヒオドシチョウ♂雄(別個体) 
a0146869_16351686.jpg
a0146869_16352323.jpg
 よく見ると、開いたときに落ち葉にいるとかなりの保護色ですね。
今年こそは新鮮個体を撮影できますように。

◇広角飛翔画像・・・・2013.5.2削除
#22-23・ ギフチョウ♂雄 飛翔  ・・・広角使用   いろいろと広範囲にギフチョウを採集している人にとっては推測できそうな画像なので掲載画像を削除しました。
この残雪と青空がいい感じなのですが仕方ありません。

コサメビタキに続く。
by yoda-1 | 2013-04-30 16:38 | ギフチョウ

チャマダラセセリ  茨城チャマは今年も健在!! 2013.4.27   

GWの前半の天気は太平洋側はいい感じなので、那須塩原市からは埼玉県蓮田市からよりは近いので、茨城チャマを観に行くことにしました。
現地に着くと、気温の寒さと風があるためかなかなか飛び出しましません。
採集目的の早めに到着組の中に、TTさんご夫婦がいらしゃっていたので、中国での武勇伝などを聞いて蝶の出てこない時間を過ごします。
そのうち神奈川組・埼玉組の撮影部隊がやってくるではないですか。
横浜Iさん、naoggioさん、midoriさん、春日部Sさん、たまさんの5名です。これで採集者と撮影者の数が拮抗し、観察しやすい環境が整えられました(笑)

チャマの登場時間順に紹介です。

#1-5・ チャマダラセセリ♂雄 9:06-19 
a0146869_410328.jpg
 
a0146869_4205674.jpg
a0146869_4211519.jpg
a0146869_4212375.jpg
a0146869_4213574.jpg
 最初に登場してこの♂雄が余りに新鮮で、この場所は本州の他所が一週間前後春の蝶の出現が例年より早いことを無視して、ようやく発生になっているのかと勘違いしました。(前日の発生状況もしっかりあったようですが)

#6-8・ チャマダラセセリ♀雌  10:10-19 
a0146869_4182623.jpg
a0146869_4184282.jpg
a0146869_422699.jpg
 これは♀雌みたいとnaoggioさんが撮影を始めたものですが、ようやく徳望の♀雌が出てくるようになりました。
体が大きい分、体温上昇が遅くなり、♂雄の後に活動開始になるのかもです。
♀雌はこのように前翅前縁付け根側の肩部分が丸く前に跳ね出す感じになります。以前のチャマ記事で雌雄比較図を作成しておりますが、 このときはすっかり忘れておりました(@@;)

#9-10・ チャマダラセセリ♀雌 10:40前後 ・・・今観ると#6-8個体と同一です。 
a0146869_4283898.jpg
a0146869_4293377.jpg
 産卵したり、空中留まりとかで、みんなのよい被写体になりました。

#11-12・ チャマダラセセリ♀雌 11:30前後 
a0146869_432415.jpg
a0146869_4324100.jpg
 YODA個人はなかなか翅裏撮影のチャンスなしでした。
#12は、今期課題の「セセリチョウの正面顔」です。そういえば、ミヤマセセリがまだでありましたでがんす。

#13-14・ チャマダラセセリ♀雌 吸蜜@スミレ、 産卵@ミツバツチグリ 11:37 
a0146869_4345156.jpg
a0146869_4345811.jpg
 今回はタンポポ以外での吸蜜シーンがなかなか撮影できませんでした。
チャマの産卵シーンは数度観察ですが、葉裏の付け根側に産卵するので、なかなか腹端から卵が出るような感じのアングルにできません。
確かこのときに、maedaさんもお見えになりました。

#15・ ミヤマセセリ♂雄 
a0146869_4401351.jpg
 大きめのチャマと思いきや、ミヤマンでした。

今年は交尾シーンが見つからない状況ですが、ここを昼前に切り上げて、YODAは茨城県の蝶図鑑にあったヒメシロチョウの場所へ行ってみることにしました。結果それらしき場所は見つからず、またすでに絶滅している可能性も大でしょうか。

気分を持ち直すために、日本三大瀑布の「袋田の滝」の春の増水時として行ってみることにしました。

#16-18・ 袋田の滝  #16・ZR1000パノラマ #17-18・60D:EF24-70mmF4L+ND400
a0146869_4462544.jpg
a0146869_4454550.jpg
a0146869_4465260.jpg
 う~ん。早くフルサイズを揃えて、もっと広角になるようにしたいです。

#19-20・ マスコットガールとゆるキャラ「たき丸」 
a0146869_450588.jpg
a0146869_4515289.jpg
 GW初日でしたが、さほどは混んでおりませんでした。観光地アピールも懸命ですが、景気がよくなって、いろいろな方面で活況を呈するとよいですね。
(袋田の滝は、¥500で有料駐車場がありますが、滝へのトンネル(入場料300円)入り口近くまでお店の駐車場があり、そこで数百円の買い物をして停めるのが断然お得です)

その他、茨城チャマとセットでは、ひたちなか海浜公園のネモフィラの大群生を観に行くのもお勧めです。

◇チャマ待ち時間の野鳥
#21-23・ ホオジロ♂雄(2枚)、ノスリ 
a0146869_4573273.jpg
a0146869_4572859.jpg
a0146869_4575635.jpg
 朝はやや寒かったものの、この天気はよかったです。
この場所を離れて、オオタカを観るも上空通過で撮影できず、袋田の滝ではなにか大型種のつがいが空中で交歓しているシーンがあったものの、望遠カメラを所持せずなどで、昨年の「マミジロ初見」のようなドラマになりませんでした。

◇カメラ比較 ・・・移動途中の情景 60D v.s. ZR1000.
a0146869_572988.jpg
a0146869_564923.jpg
 まあ画素数の違いはあるのですが、コンデジでは遠景でのつぶれが避けようのないことでしょうか。

チャマの場所での皆さん、お世話になりました。
by yoda-1 | 2013-04-28 05:08 | チャマダラセセリ

類似2☆ イチモンジチョウ × アサマイチモンジ  翅表比較図Ⅱ

まだ、イチモンジチョウの今季撮影をしている人はいないと思いますが、ネタがないので、タイトルの比較を行います。
これはこの2種の比較図としては2回目ですが、自分の識別方法と保全協会・フィールドガイドの識別手法が違うため、どうしたものかと思っていろいろ考えていたら、今回紹介の方がスッキリするのではないかと思い提案するものです。
比較図その1は  →こちら の最後の方にあります。

フィールドガイドの方法は、先に紹介した保育社・自然カラーガイドの「日本の蝶Ⅱ」1973.8.15-p.64で紹介されており、永らくこの方法で識別されてきたのでしょう。
でも、イチモンジの場合の小白斑が消滅することもあるし、なんともスッキリしない印象がありました。

#1-2・ イチモンジチョウ×アサマイチモンジ 翅表比較図Ⅱ、比較表
a0146869_21135070.jpg
 
a0146869_0333546.jpg
前翅の前縁からの第一、第三白斑の基部側に接線となる補助線を引くことで、下の白斑の位置がその線上にあるか、大きく内側にそれるかで一発判定となるものです。
つまり、第2室の白斑が両種で大きく位置が違うのをいろいろな方法で指摘できる感じでしょうか。
それだけでなく、この補助線がアサマではちょうど前翅後角部に延長されるのに対して、イチモンジでは外縁部側に来る違いも寄与しています。


さて、この両種はその昔は同種と思われていたことで有名です。

日本蝶命名史・磐瀬太郎集Ⅰによると、
「アサマイチモンジ  命名は1909(明治42)年になるも1941(昭和16)年、染谷篤弘氏の一文(虫の世界)をもって、イチモンジチョウより完全分離」
となっております。

所持している古い図鑑の画像を掲載します。

#3・ いちもんぢ 宮島幹之助・日本蝶類図説・第二版・成美堂目黒店 明治41年10月5日発行 
a0146869_21413390.jpg
 次の2冊より詳しい説明あり。成虫の記述は絵と同じイチモンジチョウの説明になっています。
ひようたんぼく等を食す。と解説あり。 蛹の特徴の描写も。 

#4・ いちもんじ 岡崎常太郎・通俗蝶類図説・松邑三松堂   大正5年7月8日発行(昭和10年11月5日・十五版発行)
a0146869_2121793.jpg
 幼虫はにんどう等を食らう。 と解説されています。
この図鑑の描画は、アサマイチモンジをモデルにしているのが分かります。

#5・ イチモンジテフ 山川默・原色蝶類図・三省堂  昭和4年4月11日発行(昭和4年4月20日三版発行)
a0146869_21294823.jpg
 幼虫はすひかずら、へうたんぼく等の葉を食す。 と解説しています。
こちらはイチモンジチョウの方でした。

#6・ イチモンジ  プライヤー氏・日本蝶類図説  和訳解説・江崎悌三 1935(昭和10年8月30日)発行
a0146869_21533597.jpg
 これもイチモンジチョウの方ですね。

他に揃えたい古い図鑑はあるものの、高価なので我慢我慢です。

◇図書における混同例
#7-8・ 混同例とその図書 
a0146869_21565476.jpg
a0146869_21572932.jpg
 なんとイチモンジチョウの♀雌をアサマイチモンジと混同しております。
著者の 牧林功さんは、各種啓蒙図書を出されており、埼玉昆虫談話会の会長もされていた方だとか。
弘法にも筆の誤りの類いでしょうか。
図書そのものは、イラストいっぱいで身近な蝶の観察法を説明しており、初心者に最適な良本です。
by yoda-1 | 2013-04-24 22:02 | ☆識別検討室☆

正体不明のアブ??→オドリバエ科  2013.4.10埼玉県

この土日は予想外の極端な冷気で、ブログ更新のためのネタ収穫の予定が全く狂いました(笑)
せっかく体重が下がり始めているのに、土日ほぼ自宅に監禁されたおかげで、少し体重が戻りこれまでの減量の苦労が水の泡に近いです。

4/10の午後もどんよりした曇りで、期待するスギタニルリシジミはもちろんのこと、他の蝶も一切飛び出しませんでした。
仕方ないので、ニリンソウに留まっていた双翅目の昆虫を撮影しました。

#1-5・ 種名不明のアブ ・・・もちろんYODAにはすぐ分からないの意味で種名不明です。 
a0146869_22124520.jpg
a0146869_2213438.jpg
a0146869_22131031.jpg
a0146869_22132728.jpg
a0146869_22133030.jpg
 前半の3枚は、EF24-70mmF4Lのマクロモードで撮影も暗くてISOが高くなり余りいい画質ではありません。
後半の2枚は、卵撮影用の前玉はずしレンズ+外部ストロボ使用です。
この脚にある毛毛というか剛毛の塊はかなり強烈ではありませんか?

これはハエではなくてアブの方だと思いますが、なにか図鑑を見ても両者の違いはよく分かりません。
半月りゅうがあり、触角は3節なのがハエで、半月りゅうがなく、触角は3節以上で、3節目に環節に分かれるのがアブと記載されていますが、イラスト不足なのか、よく分かりません。
口の部分がいかにも突き刺す感じなので、アブと思いますが、ハエにもこのタイプがいるのだとか。

そもそもハエの仲間はもう多種多様で、肉眼で同じに見えても別種であることが多いとか。
詳しくは、こちらのページで、そこの掲示板とかを読むと、その奥の深さにおぼれそうになります。
   → 古田さんのページ
 掲示板はその「一寸の虫にも5分の大和魂?」にありますが、ここに蝶でも有名な三枝九大名誉教授の名前が出てくるのが面白いです。

☆2013.4.23追記
 pontaさんのご指摘で、オドリバエ科の一種で間違いないようです。
これはハエの方になるとのことで、ますます両者の違いをよく勉強しなくてはと痛感いたしました。


目の保養直しに、この場所でのカタクリの画像を2枚です。
#6-7・ カタクリと小川 
a0146869_2226341.jpg
a0146869_22261121.jpg
 2枚目は頑張ってシャッター速度を遅くしました。


◇ハエとアブ  ・・・・過去画像から。
#8-9・ 正体不明のハエ  2008.08.09埼玉県嵐山町
a0146869_22285765.jpg
a0146869_222989.jpg
 このようにうらやしいほど脚の長いハエにはその後遇っていません。

#10-11・ キゴシハナアブ♀雌 2008.10.19埼玉県蓮田市 
a0146869_22305781.jpg
a0146869_2231463.jpg
 この頃はOlympus E-510+70-300mm望遠ズームでの撮影ですが、複眼フェチみたいに撮っておりました。

#12・ ヒラタアブsp.のタンデム飛翔 2008.5.2蓮田市 Panasonic GH-1+105mmマクロレンズ
a0146869_22333530.jpg
 よく昆虫写真家の写真集にも載っていますが、最も撮りやすい類いの飛翔でしょう。

#13-14・ アリスアブ  2009.5.31秋ヶ瀬公園 
a0146869_22355994.jpg
a0146869_223649.jpg
 これまで観た中で、一番綺麗だと思いました。

#15-16・ イヨシロオビアブ 2009.8.11益田市匹見峡 
a0146869_22374518.jpg
a0146869_22374869.jpg
 夏期休暇に島根県まで遠征して渓流沿いを探索したときのもの。
大量のアブが車内に入ってきて、しめしめと複眼接写しました。(GH-1)

それぞれの小虫も、撮影時の状況が蘇ることもあり、なんとも自分アルバムも楽しいものですね。
by yoda-1 | 2013-04-22 22:40 | ☆ハチ・アブ

アサギマダラの渡りについて ・・・・児童図鑑の惨状  

先の「プロも間違えるコヒョウモン」の記事で、NHKの番組で、富士山裾野で初夏に観察されるアサギマダラが「南西諸島から渡って来ている」と紹介されて、憤慨していることを記載しておりました。
     記事は  →こちら  です。

どうしてそうなったのか、少し気にしていたのですが、たまたま最近学研の児童図鑑を見ることがあり、そこにアサギマダラの生態についての解説ページを見て愕然とし、これが日本国民全体に間違ったことを流布させた根源だったのかと想像し、慄然と背筋が寒くなりました。

使命感をになって、さっそく児童図鑑を購入しました。ライバルである小学館の図鑑も一緒に購入して、これまでの経緯もあり、YODA所有の現役の児童図鑑は下記の4冊になりました。

・学研A・ 学研の図鑑 昆虫 2006.6.14改訂版初版発行・2011.11.25第14刷発行
・学研B・ 大自然のふしぎ 増補改訂 昆虫の生態図鑑 2010.6.30改訂新版初刷発行
・小学館C. 小学館の図鑑NEO 昆虫 2002.7.20初版第1刷発行・2012.7.7第20刷発行
・WONDA  ポプラディア大図鑑 WONDA 昆虫 2012.11第1刷発行 

学研Bの生態図鑑は、親交のあった故・鈴木勝さん撮影のヒヨドリによるジャコウアゲハ捕獲シーンが掲載されているので、思わず購入。(他のアサギマダラのページなどは購入時よくみておりませんでした)
WONDAは矢後先生の研究室に積んであったので、義理堅く購入したものです(今は完売しております)

さて問題の箇所を図鑑から転載します。
(出版元の了解をとっているわけではありませんが、批評のための引用なので、違法行為ではありません。)

#1-2・ アサギマダラ解説記事  学研A、学研Bから転載 
a0146869_435636.jpg
a0146869_4352087.jpg
 #1の方では1ページを使用してアサギマダラの渡りの解説があります。
その書き出し部分は「アサギマダラは、渡りをするチョウとしてすっかり有名になりました。アサギマダラは春に南の方から日本にきて子孫をふやします。その子孫は、秋になると南の方にもどっていきます。これを毎年続けているのです。」となっていて、ページ中央にあるイラストの春~夏の部分を切り取って掲載しています。
#2の方も大きく紹介されていますが、これは文章部分を掲載しました。

小学館C.には改訂時期が古いためか、アサギマダラに関する記事はありません。
WONDAには小さく紹介されており、同様の渡りの事実をイラストだけで紹介しています。

学研図鑑A.B.は、関東以南で越冬している個体群を全く無視した記載であり、日本全国の児童に間違った認識を与えるゆゆしき内容ではないでしょうか。

#3・ アサギマダラの越冬可能範囲  保全協会・フィールドガイドから拝借 
a0146869_450274.jpg
 このように広い範囲で幼虫越冬しており、5月中旬以降に関東で観られる個体のほとんど(あるいは、大半)はこの本州越冬個体ではないでしょうか。(たぶんほとんどの表現で合っている気がしますが、正確にはその比率は誰も検証していなのでしょうか?)
それが近年盛んになったアサギマダラのマーキング追跡調査で、台湾や南西諸島からの個体が本州で見つかると、もうアサギマダラの初夏の個体はすべて南の島生まれで、関東や関東以北で観察する個体もすべてそこからの渡り個体であると、日本全体が大いなる勘違いをしている状況です。

アサギマダラの長期観察者である佐藤英治さんの著作「アサギマダラ海を渡る蝶の謎 山と渓谷社2006.7」が慎重で科学的な記述であるのは先のブログ記事でも言及しましたが、再度ここで記載内容を検証してみます。

◇「アサギマダラ海を渡る蝶の謎」からの引用
p.49 海を越えて北上する個体がいる。
p.50  5月になると、・・・、これらのアサギマダラは、再捕獲例が示すように南から移動してきた蝶と、各地の冬を幼虫などの姿ですごし、春になって羽化した蝶の両方(越冬世代)だと思われます。
p.54  (夏休み)高原をにぎわしているアサギマダラのなかには、台湾からの移動例が示すように、南から移動してきた蝶がいます。また、春に生み付けられた卵がら成長して、そこで羽化した蝶(第一世代)もいます。・・・6月下旬に台湾で放されたアサギマダラが、7月と8月に日本で再捕獲されたので、北上は真夏まで続いているのかもしれません。


これが正しい認識でしょう。ただこの本の書き出し部分は下記のようにやや正確さに欠ける表現であるのが、残念です。

p.12 これまでの調査で、日本に生息しているアサギマダラは、春から初夏にかけて沖縄や九州の島じまから北上し、夏を本州の高原などで過ごしたのち、秋には新しい世代が南を目ざして移動することがわかってきました。

正確にするには、「春から初夏にかけては、関東以南で幼虫越冬した個体に、沖縄や九州の島じまから北上した個体も部分的に交じり、夏を・・・」とすべきだったでしょう。

この3月9日にあった鱗翅学会・関東支部の春のつどいでも、富士山麓でのマーキング活動をされている方の発表がありましたが、あまりに長距離移動を強調する内容であり、例えば初夏に観る個体がどこで生まれたものであるかの言及は一切ありませんでした。
野鳥の世界でもダイサギやカワラヒワなど、国内繁殖の留鳥グループに、冬は大陸から越冬のため飛来してくるグループがいますが、渡りの個体があるからといって、留鳥組を渡り個体であると解説するようなことはありません。

日本本土で生まれた個体も、その後は適切な食草を求めて、冷涼な場所へ移動していくことは確かでなのでしょう。それは大きくは北上していることですが、ただ単に近場の標高の高い場所へ移動しているだけの個体もいるかもしれません。あるいは土着種もほぼ全数が北上していく習性のものかもしれません。
本州で秋に産卵する♀雌は、その産卵場所で寿命がくるのか、産卵する卵を残して、南の島に渡ろうとするのか、解明されていない部分は山のようにあるのでしょうが、この児童図鑑のアサギマダラが全部渡りをするかのような記述にはだまっておれない感じです。
マーキング調査も、長距離移動記録に歓喜するだけではなく、本土での渡り個体と土着個体の比率がどのようなものなのかの検証にも力をさいて欲しいものです。(難しいことなのかもしれませんが)

この図鑑は長く発行されてきているので、もうフィールドでは初夏のアサギマダラを観て、「ほらここに南西諸島の方から渡ってきた蝶がいるわよ!!」と歓喜する関東方面のハイカーも今後多くなってくることでしょう。

次回の増刷において、修正されることを祈るばかりです。

☆追記 2013.4.23  
本ブログを作成すると同時に、出版社にメールで連絡しておりましたが、昨晩出版社の担当者からメールが来て、次回の配本には間に合わないものの、次々回(第16刷かな)からこの部分を修正してくれるとのご返事でした。
めでたし、めでたし・・・です。
(大手出版社の真摯な対応に感謝です)
by yoda-1 | 2013-04-20 05:29 | 図鑑・図書

ギフチョウⅡ  振り返る誤認♂雄  2013.4.14新潟県

先週末のしめくくりとして、羽化直♂雄に飛来してきた誤認♂雄との絡み具合の紹介です。

いきなり絡みシーンから始まるのは、絡んでいるから羽化直個体の場所が分かったからに他なりません。

#1・ 羽化直♂雄に絡む♂雄① 10:02
a0146869_0364255.jpg
 これが最初の一枚で、原画(トリミングしていない)です。
続けての連写分は、絡んでいる部分を切り出して、6枚をまとめて紹介です。

#2・ 同上 同性絡みシーン6枚組 
a0146869_038528.jpg
 ぐるぐる回転しており、どちらがどっちなのか紛らわしいので、図中に羽化直個体を引き出しました。
♀雌探索中の♂雄は、相手頭部にめいっぱい近づいて、♀雌のフェロモンを確認しようとしているのでしょうか。
6つ目の画像では、こりゃ~間違えたと一目散に去っていく感じでした。

#3・ 羽化直♂雄 10:06 
a0146869_0443084.jpg
 何事もなかったかように、翅が乾くのをじっと待っている♂雄です。

#4・ 羽化直♂雄に絡む♂雄②と直後の羽化直♂雄 10:08 
a0146869_0464055.jpg
 この2匹目のちょっかいはごく短時間で終わりました。
絡まれると思わず、翅を広げてしまう羽化直個体ですが、翅を開くことで♀雌でないことをアピールできるのかもしれません。

#5-6・ 羽化直個体に絡む♂雄③ 10:12 ・・・連写11枚を2組に分けて。 
a0146869_0511248.jpg
a0146869_0513599.jpg
 これは17枚連写の中から選択して、#5は前半の6コマを、2列3段で紹介し、#6は後半の5枚を縦に1列に並べて紹介しています。
このときは構えているので、接近するシーンから撮れていますが、今回相手の頭部に接近するだけでは物足りず、後ろに回って再確認しているような感じです。
面白いのは、#6の方の誤認に気づいて離れるシーンで、一度羽化直個体の方を振り返っています。
あきらめきれなかったのか、今度は間違えないようにしようと、同性の姿をもう一度焼き付けたのか、定かではありませんが、なんとも人間くさい行動ではないでしょうか。

異性を探して活動する生き物の、健気な、かつ感情移入できる行動に感動した一日でした。

使用しているEOS7Dは、ファームウエアがVer.2.0になり、YODAも数ヶ月前に更新しましたが、このときにRAW+JPEG撮り設定での連写枚数が、約6枚から約17枚へと飛躍的に向上しました。
その17枚連写を今回初めて実践して、その通りの枚数だったので少しビックリしましたでがんす。
(それまでは過去の経験則で、自分から6枚連写時のシャッター押し時間でやめていました)


バックの抜けない画像ばかりなので、広角飛翔画像を一枚追加します。

#7・ ギフチョウ♂雄 飛翔 
a0146869_101987.jpg
 左端に写っているのは誰かの下半身の一部には違いありません(笑)

現地でご一緒だった皆様、お世話になりました。
誠に往復600km近い遠征に値するものでありました。
by yoda-1 | 2013-04-19 01:01 | ギフチョウ

セグロセキレイ  海辺も心地よい。  2013.4.14新潟県

4/14は新潟ギフ観察日だった訳ですが、何しろ前の日から移動しているので、早朝になにか観察しないと、交通費がもったいないではありませんか。
そこで、新潟県の海岸線を少しチェックしましたでがんす。

#1-3・ セグロセキレイ  
a0146869_1534410.jpg
a0146869_1535846.jpg
a0146869_1541481.jpg
 ちょっと砂浜を歩いただけで2組のカップルがいました。
日頃河川の中流・上流で観ることが多いのですが、海にもたまにいますよね。
これで少なくとも2回目ですが、前回は愛知県だったか、千葉県だったか記憶があいまいです。
ネイチャーガイド図鑑によると、「冬は海岸にいることもある」とありますが、この新潟では夏にも観察できるかもしれません。

#4・ ハクセキレイ 
a0146869_20360.jpg
 海岸沿いに建つ建物屋根には、本家であろうハクセキレイの姿もありました。

#5-6・ イソヒヨドリ♂雄、♀雌 
a0146869_205141.jpg
a0146869_205999.jpg
 しばらく♂雄の輝かしい青色を撮影していないのですが、今回もその機会なしでした。
もっと観光地の海岸にいくと、人慣れしていてよいのかも。

#7・ ウミネコ 
a0146869_225078.jpg
 ウミネコは列島周囲の離島各所で繁殖しているので、なんともジャパニーズに感じます。

#8-12・ ハマシギ群れ  ・・・北極海沿岸・カムチャッカ半島へ帰省中。 
a0146869_25967.jpg
a0146869_251662.jpg
a0146869_252225.jpg
a0146869_253278.jpg
a0146869_254285.jpg
 砂浜から少し沖にある岩礁でなにか海草あたりをついばんでおりました。
このときの潮が遠浅であったので、長靴のYODAは近づいていきましたが、この一連の画像のように飛んでいってしまいました。
やはり野性は警戒心旺盛であります。なぜ遠くからの観察で我慢しないのだと、「日本野鳥の会」に叱責されそう(@@;)
飛翔画像からも、夏羽の黒いお腹が確認できます。
(しかし、警戒心旺盛という日本語はOKなのですかね??)

◇ZR1000のバカチョンぶり。
a0146869_2162236.jpg
 釣り桟橋の暗い裏面が黒くつぶれずに、明るく処理しているのは素晴らしいです。
この桟橋の先端では数名が早朝から釣りにいそしんでおりましたが、先端に行くには入場料が必要だと言われて、どのような海水魚が釣れるのか確認できませんでした。

新潟ギフ・Ⅱに続く。
by yoda-1 | 2013-04-18 06:35 | ☆セキレイ科

スズガモ  帰省中   2013.4.13猪苗代湖

土曜日は、那須塩原市の公園探索のあとに、新潟方面へ前泊移動でした。
カーナビは、磐越道経由を選択するので、そのまま高速に乗りましたが、途中から急ぐわけでもないので、高速代節約のために、高速を降りることにしました。
猪苗代湖になにかいるかもとの思いもあった訳です。

#1・ コハクチョウ 
a0146869_5324375.jpg
 餌付け場所があって、コハクチョウ数羽、オナガガモ多数、スズガモ少数、さらにユリカモメが集まっていました。

#2-5・ スズガモ ペア、♂雄(2枚)、♀雌 
a0146869_5355348.jpg
a0146869_536347.jpg
a0146869_5361188.jpg
a0146869_5361937.jpg
 日頃臨海部の海・汽水湖・淡水沼で観るので、内地の湖沼での観察はやや新鮮でした。
しかも、餌付け場に寄ってくるとは、近接撮影のチャンスではないですか。
♂雄の頭部はかように、緑色の幻光を放すことが多く、この辺も近縁種のキンクロハジロとの相違点でしょうか。(キンクロは基本紫色幻光ですが、図鑑によるとスズガモも光線具合で紫になることもあるとか・・・)
まあ両種は見慣れてくると迷うことないですが、探鳥趣味開始時はよく戸惑いましたでがんす。

#6-7・ オナガガモ ♂雄、♂雄の尾羽 
a0146869_5411415.jpg
a0146869_5411139.jpg
 オナガガモの後頭部もうまく撮影すると、緑色幻光がありますが、これはやや不出来でありました。
尾羽をこのように開くのはどのようなときなのですかね?
言葉が通じるといろいろポーズをとってくれるかもしれません(笑)

#8-9・ ユリカモメ群れ 
a0146869_5454110.jpg
a0146869_5453411.jpg
 訪問当初はこのように岸からやや離れておりました。

#10-11・ 同上ユリカモメ群れ 
a0146869_5465688.jpg
a0146869_547557.jpg
  観察者が少なくなったのを見計るように、岸にも接近しておりました。
#11は、ここの群れの全数が入ったような感じです。
4/9に訪問した上野・不忍池でもすでに夏羽個体がいましたが、ユリカモメの集団は部分的に夏羽(頭部の前半分が黒くなる)に変身しての繁殖地への渡りになるようです。
確実かどうか不明ですが、#8の飛翔画像を見ると、冬羽の頭部模様の個体は尾羽先端が黒いので、昨年生まれの若鳥ですが、若鳥では夏羽への換羽が遅れるのかも。
第一回夏羽が、成鳥夏羽とどの程度違うのかも興味津々ですが、いつかは繁殖地にも行ってみたいものです。

繁殖地
・ユリカモメ  ユーラシア大陸中緯度部 (バイカル湖の高さ)
・ススガモ  ユーラシア大陸高緯度(ツンドラ地帯)+北米高緯度
参考・キンクロハジロ 大陸中高緯度(高緯度ではススガモとラップ部分あり)
・オナガガモ  大陸+北米:中緯度~高緯度

◇カメラ比較
#12-13・ 猪苗代湖 
a0146869_61592.jpg
a0146869_611370.jpg
 これは片方がZR1000、他方が60D+EF24-70F4L ですが、まあ撮像素子の大きさによる画質確保は避けようがないことでしょうか。
いつかはフルサイズカメラを手に入れたいような、これ以上カメラ本体を増やしても持ち歩きが大変になるだけのような・・・・。
それ以前に、フルサイズで撮る価値のある写真をそもそも撮れる技量があるのかが大問題ですね。(笑)

新潟海岸に続く。
by yoda-1 | 2013-04-17 06:08 | ☆カモ科

ルリシジミ これもブルーだね~。 2013.4.13那須塩原市

土曜日の午後すぎに那須から磐越道周りで新潟へ日曜日のギフチョウ観察のために前泊のため遠征開始だったのですが、土曜日の昼のゴールデンタイムは単身先の公園を散策しました。

#1・ チューリップ  
a0146869_583274.jpg
 花は昆虫を惹き付けるものですが、人間の眼ににもなんとも心地よく入ってきます。

たくさんアセビがあるので、もしやと思うと、しっかりコツバメが飛来してきました。
#2-3・ コツバメ♂雄 
a0146869_513468.jpg
a0146869_513228.jpg
 他の場所にもそこそこいて頼もしいです。
トラフシジミもこれから出てくるのかも??

ルリシジミが各所にいて目立ったので、これを主役にします。

#4-5・ ルリシジミ♂雄(別個体) 
a0146869_5153594.jpg
a0146869_516237.jpg
 鮮度で別個体であるは明白ですが、今回久々の新鮮♂雄開翅に、気分はルンルンでありました。

#6-7・ ルリシジミ♀雌(同一か別か不明) 
a0146869_518084.jpg
a0146869_5182088.jpg
 #7の個体は確か♀雌だったと思いますが、ルリシジミの翅裏画像からの雌雄判定は、日頃必要ないだけに、余り研究しておりませんでした。
でもルリシジミはやはりこの白さが可憐な森の妖精のようでいいですね。(もちろん平地にもいますが)

#8-10・ ルリシジミ@アセビ 
a0146869_5215074.jpg
a0146869_5221769.jpg
a0146869_5223389.jpg
 最後の画像は、なんとか縁毛幻光を出そうとして、悪あがきの画像調整をしているので、余り参考になりませんでがんす。

#11-12・ ベニシジミ♀雌(別個体) 
a0146869_5254832.jpg
a0146869_52649.jpg
 全国(屋久島以北)どこでもいるのですが、ここにもしっかりいました。

#13・ カエデ類の花 ・・・たぶんイロハモミジ 
a0146869_5293887.jpg
 この花を目ざとく食べている鱗翅目がいても面白いと思いましたが、余りに短い花期なのかな?

猪苗代湖の野鳥に続く。
by yoda-1 | 2013-04-16 05:31 | ルリシジミ

ギフチョウ 今年は新潟で初見  2013.4.14新潟県

この週末は、特に日曜日が気温も高くなるので、ギフチョウの初見を新潟で行うことにしました。
現地には、なじみの方(U氏)が先に着いていたので、しばらく歓談していると、「小畦川日記」のダンダラさん夫婦が来られ、「naoggioの写真日記」のnaoggioさん夫婦も先に来られているとのことで、初めてとなる奥様にご挨拶。前日も来ていて、交尾を目撃されたとのこと。
ほどなく、「てくてく写日記」banyanさん、「ヘムレンのNature Photo」のヘムレンさんもこられて、公園の開園に合わせて入場です。
しばらく経って、「蝶の玉手箱」のcactussさんや「花蝶風月」buttflowさんとそのご友人も来られて、各自の思いで分散しての観察や少し群れたりしての撮影会になりました。
開園前に集合した形の7名は、正午前にはその場を離れて、その後ダンダラさん、naoggioさんの案内でギフチョウの里巡りへと転戦しました。(というか、YODAが6名団体さんに便乗させてもらったのでがんす)
結果、交尾シーンは観察できず、産卵シーンも撮影できませんでしたが、お仲間とのワイワイの蝶見は楽しいものでした。

時間順に紹介です。

#1,2・ ギフチョウ 2♂雄09:19、09:31 ・・・♂雄の誤認求愛接近? 
a0146869_5472678.jpg
a0146869_6405175.jpg
 じっくり撮影しようとすると、第2の男が邪魔に入りました。
吸密・休止・♀雌探しタイムの開始でしょうか。

#3-4・ ギフチョウ♀雌 09:41 #3・・1400×1400ピクセル 
a0146869_551525.jpg
a0146869_551117.jpg
 この日の最も新鮮な♀雌でした。
#3は別ウインドで開くので是非クリックしてみてください。尾状突起の当たりの背景が暗いのが惜しいです。

#5-8・ ギフチョウ♂雄たち 09:44~09:49 ・・・同一個体も含まれるかも。 
a0146869_6412570.jpg
 
a0146869_5553170.jpg
a0146869_5554665.jpg
a0146869_556720.jpg
 ちょっと待てばどんどん飛来してきます。最大で5匹ぐらいが同じ視野に。

#9・ ギフチョウ♀雌 09:57 ・・・・#3とは別個体。 
a0146869_5594832.jpg
 ようやく2匹目の♀雌でしたが、ヘムレンさんと一緒に尾状突起を隠す邪魔な草をうらみました(笑)

#10-11・ ギフチョウ♂雄・羽化直 10:27 #11は#10の等倍切り出し。  
a0146869_624043.jpg
a0146869_625085.jpg
 別の♂雄が絡んできて、この羽化直個体を発見です。
これが♀雌だったら、交尾初見につながったことでしょう。
ちょっかいを出す♂雄の画像は別途紹介します。

#12-13・ ルリシジミ♂雄 10:41 
a0146869_652997.jpg
a0146869_654578.jpg
 カタクリのある場所ではルリシジミも多いですよね。
前翅外縁の黒縁の目立つ個体ですが、寒冷地仕様なのですかね??

#14-17・ ギフチョウ♀雌 11:15-18 
a0146869_6131581.jpg
a0146869_6133082.jpg
a0146869_6135037.jpg
a0146869_614376.jpg
 右後翅に切り欠きのある個体ですが、よい被写体になりました。後半はcatussさん・buttflowさんらと一緒に撮影でした。

#18・ ギフチョウ♀雌 休止中11:30 
a0146869_6162885.jpg
 明らかに産卵場所を転々としておりましたが、大きな食草(カンアオイ類)が少ないのか、一カ所にとどまることがありせんでした。
(もちろんしっかりと産卵シーンを撮影できて方もいるみたいですが)

◇広角飛翔 
#19-20・ ギフチョウ 10:55~11:37 
a0146869_6212722.jpg
a0146869_6213437.jpg
 もともとの気合い不足なのか、いいのがありませんでした。

次の場所ではまだ雪深く、ギフチョウの出現はまだかのようでした。
#21・ アオゲラ♀雌 12:55 
a0146869_6235586.jpg

 風光明媚な場所で、各自雪山登山を楽しみました。

3つめの訪問地では、一個体が頼もしくカタクリ自生の山肌を滑空しておりました。
#22・ ギフチョウ :13:57 
a0146869_6274780.jpg
 小一時間山の野鳥のさえずりなどを楽しみながら、ギフチョウの再来を待ちますが、念願かなわず。
ここでギフチョウの里巡りもお開きになりました。

ご一緒させていただいた皆さん、お世話になりました。
by yoda-1 | 2013-04-15 06:36 | ギフチョウ