人気ブログランキング |


ご訪問ありがとうございます。月刊むし誌上で「近縁種識別」の記事を年に3回ぐらい掲載しています。PC訪問者数577,200-2019.2.7時点


by yoda-1

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

最新の記事

3月9日・10日は講演会のは..
at 2019-02-13 06:00
2019年2-3月の行事
at 2019-02-07 05:49
キタテハ♂雄の前脚撮影成功と..
at 2018-10-05 06:58
2018年春の探蝶活動
at 2018-06-21 06:22
「蝶の飛翔」ついに発刊
at 2018-04-07 19:52
蝶類科学学会の公開講演会の案..
at 2018-03-07 05:20
近縁種(16)と春のつどいの案内
at 2018-02-24 08:36
祝図鑑掲載と保全協会の展示会案内
at 2017-12-04 05:19
セセリチョウの触角雌雄差研究..
at 2017-10-28 14:05
活動近況と鱗翅学会関東支部・..
at 2017-09-29 02:51

以前の記事

2019年 02月
2018年 10月
2018年 06月
more...

記事ランキング

検索

ファン

外部リンク

虫のしわざ観察ガイド

虫のしわざ観察ガイド
著者:新開孝
価格:1,944円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


世界のタテハチョウ図鑑

世界のタテハチョウ図鑑
著者:手代木求
価格:32,400円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


ずかんさなぎ

ずかんさなぎ
著者:鈴木知之
価格:2,894円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


◆訪問者カウンター
(設置2011.2.17)
無料


無料

無料

i2i管理
MyRSS
▼ブログ村ランキング参加中▼
/
↑たくさんの昆虫ブログをご覧になれます
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
↑たくさんの野鳥ブログをご覧になれます

◆蝶関係団体
a0146869_13204580.jpg
a0146869_311626.jpg
山口むしの会
群馬の蝶を語る会

◆外部ブログ
青森の蝶たち
てふのネイチャー写心
自然散策雑記帳
デジカメ私流
stroll
北信に舞う蝶たち
Hirokou's Field Notes
虫むしクラブ、蝶、トンボ図鑑
LOVE-BIRDS.NET
Kaze's Photo Blog
受け身の園芸
Akakkoko's自然大好き
暖蝶寒鳥
美撮りに夢中!
四季おりおり
蝶の観察記録-十勝蝶の覚書new
ごん太のブログ
「鳥撮りおやじ」の日記
月夜のくろねこ
Soceer-Boyの写真館
母袋の駱駝山
浅間山麓の蝶
My Favorite Butterflies of Japan
my蝶あるばむ
北の安曇野PHOTO DIARY
a piece of photo work
naoggio写真日記
自然からのたより
あぜみちのチョウチョ日記
Field Notebook
ホタルの独り言
markeeのシマフクブログ2nd
江田慧子の研究ブログ
アキノ隊員の鱗翅体験
そうだ沖縄に行こう!
案山子
Papilio Paradise
里山の蝶と花

フォロー中のブログ

一寸の虫にも五分の魂
シニアネットとともに
登山道の管理日記
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
自然大好き
SHORE BIRDS ...
蝶・チョウ・ゆっくり歩き...
鳥蝶ビデスコ
TSUCHIYA BLOG
フィールドノート
RICKPHOTO Blog
四季彩散歩
葛西臨海公園・鳥類園Ⅱ
生きもの写真家 安田 守...
おてんとうの ちょっとええ感じ
MU's Diary
夫婦でバードウォッチング
小畔川日記
やんばるの風
探蝶逍遥記
蝶&鳥日記 2
Life with Bi...
My Berkeley ++
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
 写道
安曇野の蝶と自然
NATURE DIARY
タイの自然と風景
八重山の自然誌
Yamyam町一丁目
テトだもん!
嗚呼っっ 今日も証拠画像...
鳥平の自然だより(動物編)
N_BIRDERの野鳥b...
ORIXA's BIRD !
Birding in ...
蝶・旅の友
くわがた散歩道
Lycaenidaeの蝶...
麻呂犬写真館  *mam...
Sippo☆のネイチャー...
花蝶風月
蝶と蜻蛉の撮影日記
北海道の野鳥探索/mar...
風任せ自由人
蝶狂人@蝶と里山の浪漫紀行
ヒメオオの寄り道
仲良し夫婦de蝶ブログ
タヒチ ランギロア島暮ら...
ぶらり探蝶記
ひらひら探検隊
Shinne`s pho...
ごっちの鳥日記
蝶・花・山~自然の色使い
くま次郎の”やんばる日記”
NPO法人 日本チョウ類...
自然の中に出かけて・・・
蝶撮日記
たかがヤマト、されどヤマト
花鳥撮三昧
ケンケン&ミントの鳥撮り...
蝶超天国
ぽん太の昆虫ブログ 1
ポータルぢゃないチョウの...
蝶散歩
ぷんたのかあさん Pho...
秩父の蝶
庭日和
超蝶
徒然なるままに  
みき♂の虫撮り友人帖
三鷹の狸のてふてふ交遊録
華蝶の夢
不思議の森の迷い人
世に倦む日日
チョウ!お気に入り
Butterfly & ...
farfalle e u...
ねこきちの自然散策雑記帳

カテゴリ

全体
☆識別検討室☆
図鑑・図書
香港の蝶
香港の野鳥【工事中断中】
☆台湾の蝶
☆探蝶記一般
蝶リスト
☆探鳥記一般
☆蛾
☆トンボ
☆ハチ・アブ
☆セミ・カメムシなど(半翅目)
☆カマキリ・バッタなど
☆甲虫
☆祝☆
☆旅ブログへのリンク
☆展示会等
☆腹部形状差
☆卵・タマゴ・eggs
☆幼虫・イモムシ・蛹
★ゼフ飼育
☆山野草
アイノミドリシジミ
アオタテハモドキ
アオスジアゲハ
アオバセセリ
アカシジミ
アカセセリ
アカタテハ
アカボシゴマダラ
アカマダラ
アゲハ
アサギマダラ
アサヒヒョウモン
アサマイチモンジ
アサマシジミ
アマミウラナミシジミ
イシガケチョウ
イチモンジセセリ
イチモンジチョウ
ウスイロオナガシジミ
ウスイロコノマチョウ
ウスイロヒョウモンモドキ
ウスキシロチョウ
ウスバキチョウ
ウスバシロショウ
ウラキンシジミ
ウラギンスジヒョウモン
ウラギンヒョウモン
ウラギンシジミ
ウラクロシジミ
ウラゴマダラシジミ
ウラジロミドリシジミ
ウラジャノメ
ウラナミアカシジミ
ウラナミシジミ
ウラナミジャノメ
ウラミスジシジミ
エゾシロチョウ
エゾスジグロシロチョウ
エゾミドリシジミ
エゾヒメシロチョウ
エルタテハ
オオイチモンジ
オオウラギンスジヒョウモン
オオウラギンヒョウモン
オオゴマシジミ
オオゴマダラ
オオシロモンセセリ
オオチャバネセセリ
オオヒカゲ
オオミスジ
オオミドリシジミ
オオムラサキ
オオモンシロチョウ
オオルリシジミ
オキナワビロードセセリ
オナガアゲハ
オナガシジミ
カバイロシジミ
カバマダラ
カラスアゲハ
カラスシジミ
カラフトセセリ
カラフトタカネキマダラセセリ
カラフトヒョウモン
カラフトルリシジミ
キアゲハ
キタアカシジミ
キタキチョウ
キタテハ
キバネセセリ
ギフチョウ
キベリタテハ
キマダラセセリ
キマダラモドキ
キマダラルリツバメ
キリシマミドリシジミ
ギンイチモンジセセリ
ギンボシヒョウモン
クジャクチョウ
クモガタヒョウモン
クモマツマキチョウ
クモマベニヒカゲ
未分類
クロアゲハ
クロコノマチョウ
クロシジミ
クロセセリ
クロツバメシジミ
クロヒカゲモドキ
クロマダラソテツシジミ
クロミドリシジミ
ゴイシシジミ
コキマダラセセリ
コジャノメ
コチャバネセセリ
コツバメ
コノハチョウ
コヒオドシ
コヒョウモン
コヒョウモンモドキ
ゴマシジミ
ゴマダラチョウ
コムラサキ
サカハチチョウ
サトキマダラヒカゲ
シータテハ
ジャコウアゲハ
ジャノメチョウ
ジョウザンシジミ
ジョウザンミドリシジミ
シルビアシジミ
シロオビアゲハ
シロオビヒメヒカゲ
スギタニルリシジミ
スジグロシロチョウ
スジグロチャバネセセリ
スジボソヤマキチョウ
スミナガシ
タカネキマダラセセリ
タカネヒカゲ
ダイセツタカネヒカゲ
ダイミョウセセリ
チャバネセセリ
チャマダラセセリ
チョウセンアカシジミ
ツバメシジミ
ツマキチョウ
ツマグロキチョウ
ツマジロウラジャノメ
ツマベニチョウ
ツマムラサキマダラ
テングチョウ
トラフシジミ
ナガサキアゲハ
ナミエシロチョウ
バナナセセリ
ハヤシミドリシジミ
ヒオドシチョウ
ヒカゲチョウ
ヒサマツミドリシジミ
ヒメアカタテハ
ヒメイチモンジセセリ
ヒメウスバシロチョウ
ヒメウラナミジャノメ
ヒメキマダラヒカゲ
ヒメギフチョウ
ヒメキマダラセセリ
ヒメシジミ
ヒメシロチョウ
ヒメジャノメ
ヒメチャマダラセセリ
ヒメヒカゲ
ヒョウモンチョウ
ヒロオビミドリシジミ
フタオチョウ
フタスジチョウ
フジミドリシジミ
ベニシジミ
ベニモンカラスシジミ
ヘリグロチャバネセセリ
ホシチャバネセセリ
ホシミスジ
ホソオチョウ
ホソバセセリ
ミズイロオナガシジミ
ミスジチョウ
ミドリシジミ
ミドリヒョウモン
ミナミキチョウ
ミヤマカラスアゲハ
ミヤマカラスシジミ
ミヤマシジミ
ミヤマシロチョウ
ミヤマセセリ
ミヤマモンキチョウ
ムモンアカシジミ
ムラサキシジミ
ムラサキツバメ
メスアカミドリシジミ
メスグロヒョウモン
モンキアゲハ
モンキチョウ
モンシロチョウ
ヤマキチョウ
ヤマキマダラヒカゲ
ヤマトシジミ
ヤマトスジグロシロチョウ
リュウキュウアサギマダラ
リュウキュウウラボシシジミ
リュウキュウウラナミジャノメ
リュウキュウヒメジャノメ
リュウキュウミスジ
リュウキュウムラサキ
リンゴシジミ
ルーミスシジミ
ルリシジミ
ルリタテハ
コゲラ
トモエガモ
ライチョウ
★ヒメウタイムシクイ
★チャキンチョウ
★マヒワ
★エゾビタキ
★タゲリ
★サバクヒタキ
★オオマシコ
★ハギマシコ
★オジロビタキ
★コミミズク
★キガシラシトド
★ベニマシコ
★ヤマシギ
★トラツグミ
★クロジ
★アカハシハジロ
★カヤクグリ
★キレンジャク
★ギンムクドリ
★ウソ
★タゲリ
★カラフトムシクイ
★ハチジョウツグミ
★ヒレンジャク
★コクマルガラス
★ルリビタキ
★アオジ
★エナガ
☆コサメビタキ
★ジョウビタキ
★ヤマガラ
☆セキレイ科
☆カモ科
☆ツル科
☆ムクドリ科
☆ムナグロ科
☆シギ科
☆カラス科
☆カイツブリ科
☆カモメ科
☆ヒタキ科
☆ツグミ科
☆キツツキ科
☆アトリ科
☆シジュウカラ科
☆ホオジロ科
☆ウグイス科
☆タカ科
☆レンジャク科
☆ハヤブサ科
☆モズ科
☆チドリ科
☆コウノトリ科
☆ハト科
☆トキ科
☆サギ科
☆ヒヨドリ科

タグ

(48)
(38)
(37)
(34)
(26)
(25)
(25)
(25)
(23)
(23)
(21)
(21)
(21)
(20)
(20)
(19)
(19)
(19)
(19)
(18)

最新のトラックバック

ウラジロミドリシジミ
from ホタルの独り言
白馬のゼフィルス
from ホタルの独り言
越冬クロコノマチョウ
from Field Notebook.
「フィールドガイド 日本..
from Field Notebook.
多摩動物公園-昆虫生態園
from Field Notebook.
花はなぜ美しいのか?
from 哲学はなぜ間違うのか?

ライフログ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ブログジャンル

自然・生物

画像一覧

<   2013年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

プロも間違えるコヒョウモン

蝶の話題が止まっているので、またまた図鑑ミスの話題を。

キタアカシジミの研究で古い文献を集めているうちに、先輩方の名著とともに、古い図鑑もできるだけ揃えたくなってくるのです。
古い図鑑は当時の生態などの解明程度が分かって、読んでいて楽しいです。

でも掲載されている画像に同定ミスがあれば、指摘せずにおれません(笑)

今回の図鑑は横山光夫さんの保育社・原色日本蝶類図鑑です。
まずは、昭和29年6月初版の昭和35年8月・11刷発行のものを入手しました。
掲載されているコヒョウモンの画像は見るからにヒョウモンチョウです。
解説の部分を観ると、両種の違いの説明がないでの、江崎悌三(ていそ)博士の校閲となっているものの、著者である横山さんは当時よく識別方法を知らないのであろうと推測しました。

次に、昭和40年に若林守男さんによって増補された「増補改訂版」を入手しました。
さすがにこの間に誰かの指摘で、標本画像は差し替えてあると思いましたが、原著のままの画像が継承されておりました。正直ビックリであります。

#1-3・横山図鑑における同定ミス(コヒョウモン♂雄→ヒョウモンチョウ♂雄) 図鑑から転載、翅表における指摘事項、翅裏における指摘事項 
a0146869_6102521.jpg
a0146869_6112361.jpg
a0146869_6113165.jpg
 図鑑における画像は初版のものを使用しており、改訂増補版ではコヒョウモンの通し番号は111になっています。
上のヒョウモンチョウ♀雌の画像は異議なしです。
しかし、下段のコヒョウモンの欄はちょうど、ヒョウモンチョウ♂雄を紹介しております。

詳しくは、YODAの過去の比較図をご参照ください。
・ヒョウモンチョウ×コヒョウモン 翅表比較図2  Ver.1.0  →こちら
・ヒョウモンチョウ×コヒョウモン 翅裏比較図2  Ver.1.0  →こちら

下記は比較図1(最初に作ったもの)に該当するものですが、フィールド画像が掲載されています。
・蝶の識別検討室☆ ヒョウモンチョウ × コヒョウモン Ver.3.1 2011.5.16改訂  →こちら

参考のため、下のMore部分に、図鑑における解説内容も転載しました。


◆アサキマダラの渡りについて
たまたま最近録画していた番組で、間違った解説がされておりましたので、報告します。

・2013年2/14日(日)午後1:00放映 NHK BSプレミアム ハイビジョン特集 「奇跡の山 富士山」
における富士山麓で観察できるアサギマダラの紹介で、
「アサギマダラです。
春になると、一千キロ以上離れた南西諸島から渡って来る蝶です」
とナレーションが入っておりました。
そのような個体は皆無ではないでしょうが、しかし通常に観察できるものでもなく、
まずは「大間違い」の解説でしょう。

アサギマダラは未だに謎だらけのようですが、春から初夏に関東各地で観るアサギマダラの大部分は近傍または本州で発生したものが大半ではと想像します。
詳しくは、下記の図書を参照してください。多くの謎が謎のまま記載されています。
しかしこの本の表題も、すべての個体が海を渡ることが立証されているかのような表現で、誤解を与えるものかもしれませんね。でも、購入者の気を引く題名としては仕方ないものでしょうか。

ちょうど、国内産のモンシロチョウやスジグロシチョウのしかも夏型だけにある♀雌の翅の近紫外線反射による♂雄の探♀雌行動で、「蝶の♂雄は紫外線が見えてそれで♀雌を探している」ということが蝶全体の共通事項に誤解されて世間に流布していることに近いご認識でしょうか。

NHKの番組もそれはしかるべき脚本の監修者がいるのでしょうけど・・・・。


アサギマダラ海を渡る蝶の謎

アサギマダラ海を渡る蝶の謎
著者:佐藤英治
価格:1,680円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



More★ 横山図鑑におけるヒョウモンチョウ、コヒョウモンの解説 
by yoda-1 | 2013-02-28 06:26 | 図鑑・図書

キレンジャク  歌舞伎役者はここにも。  2013.2.9奥日光②

奥日光の後編ですが、アオシギを見れない落胆を三本松の駐車場で出迎えてくれたのは、なんとキレンジャクでした。
結局この日は、シメ、アカウソ、ヒガラ、コガラ、ヤマガラ、ヒヨドリ、マガモ、ヒドリガモ、コガモ、カワカガラス、キバシリ、ゴジュウカラ、キレンジャク、ハシブトガラスの14種でした。
このうちキバシリは本州で見るのは初めてでしたが、人影に慣れていないようで、忍者のごとく姿を消してしまいました。

#1-3・キレンジャク 
a0146869_5311793.jpg
a0146869_531499.jpg
a0146869_5321244.jpg
 これもなにかサクラの仲間のようで、小サクランボのようなものを食べておりました。
全体で10羽ちょいはいたとのことです。

#4-7・キレンジャク 食餌シーン 
a0146869_5344351.jpg
a0146869_535080.jpg
a0146869_5351925.jpg
a0146869_5353746.jpg
 おお垂れ下がるほどの髪の毛がうらやましいです。(笑)

#8・キレンジャク  排尿シーン。2枚組  
a0146869_53756.jpg
 野鳥はしっこもうんちも同じ孔で確か二孔動物とか呼ぶと思いましたが、右側画像でおしりから出た糞尿の落下シーンとなっています。
これが種を含んでいるので、いろいろ樹木が野鳥により拡散していくわけですね。
キレンジャク・ヒレンジャクではヤドリギの実を食べて、それがこの粘っこい糞で、ホスト木の幹にひかかる感じになるのが有名な観察事項でしょうか。

#9-10・キレンジャク  小移動中、日光浴休止 
a0146869_5421639.jpg
a0146869_5423177.jpg
 やはり年に一度は会ってみたい野鳥でしょう。

アオシギに遭えない欲求不満を一気に解消してくれました。
探鳥会の皆さん、お世話になりました。
by yoda-1 | 2013-02-17 05:19 | ☆レンジャク科

アカウソ  赤いお腹がかわいい。  2013.2.9奥日光①

先週の土曜日は、日本野鳥の会・栃木の奥日光での探鳥会に参加しました。
目的は、YODA初見のアオシギに遭うことでしたが、なんと今年は珍しく見つかりませんでした。
でも雪原上でのスノーシュー使用での行進はなかなか楽しいものでありました。

まずは、高所にいかないとなかなか遭えない、コガラ君です。

#1-2・コガラ 
a0146869_2263057.jpg
a0146869_2264436.jpg
 低標高の公園にはヒガラがよくいますが、このコガラは高所で頑張って越冬するみたいです。
シンプルなデザインがかわいいですね。

次に、アカウソ♂雄に出くわした観察隊は歓声をあげました。
(アカウソはウソの一亜種で、亜種ウソが国内繁殖、亜種アカウソは少し北の外国から冬に渡ってくる冬鳥だそうです)

#3・アカウソ♂雄  
a0146869_2211374.jpg
 なにかサクラの仲間の小さいサクランボをついばんでいるようでした。
しばらくここにいて枝被り画像を量産しましたが、飛翔して低い樹木で、若芽を食べているようでした。

#4-8・同上アカウソ♂雄・・・・連続捕食シーン 
a0146869_22135672.jpg
a0146869_22142165.jpg
a0146869_22143942.jpg
a0146869_22151071.jpg
 さすがにこちらの低木の種類まではよくわかりません。
栃木支部の若きエースであるSさんに質問すべきでありました。
蝶の方の食樹で徐々にナラ科中心に徐々に分かるようになってきましたが、野鳥の趣味の場合は、冬の食餌シーンでその樹木名まで気にするのは少数派かもしれません。

#9-11・同上アカウソ♂雄・・・種々の姿勢 
a0146869_22192798.jpg
a0146869_2219399.jpg
a0146869_22195298.jpg
 食べやすい新芽を探しての小ホバリングが多いので、パシャパシャのチャンスでしたが、なかなかいいショットは少なかったです。
この低木を離れて、こちらに向かって飛んできたときに、ガイドのSさんがいいのが撮れたでしょうとYODAのショットを確認しにきましたが、惨敗でありました。

もっと鍛えなおすことが必要であることを痛感しました。(その2に続く)
by yoda-1 | 2013-02-15 22:23 | ☆アトリ科

ハイイロチュウヒ  日没後の灰色出現  2013.2.3群馬県

一週間以上前のことになりますが、羽田沼でヨシガモを近接撮影した後は蓮田市の自宅を目指すも、途中でミコアイサのいる池に立ち寄り、近辺ではルリビタキ♀雌型を見つけるも、うまく撮影できず。
翌日は蓮田市から那須塩原市に戻る途中で、ハイイロチュウヒの塒入りのある葦原に立ち寄ることにしました。
そこには、親切な羽生市在住のOkさんがいらしゃって、いろいろ会話していると、会津の方からはるばる遠征してきた3人衆が合流されてきました。
Okさんの塒入りポイントに移動して、そのときを待つことになりました。

#1-5・ハイイロチュウヒ♀雌 
a0146869_22401849.jpg
a0146869_22403312.jpg
a0146869_224045100.jpg
a0146869_22405687.jpg
a0146869_22411067.jpg
 遠くの山をバックに飛翔していると、なんとも自然を感じますです。
♀雌個体はこのように明るい時分から、近くをいろいろ飛翔して、たまにモグラ探しをしているようでした。

#6・ノウサギ 
a0146869_22421968.jpg
 たまに野性の動物も舗装道路を縦走しておりました。
日本で野性のウサギを見るのは初めてでしたのでビックリしました。

#7・ハイイロチュウヒ♀雌 
a0146869_2244488.jpg
 なかなか近くにこないのですが、この♀雌は超接近してきたので、必死に連射するも、ピントの合ったのはこれだけでした(涙)

#8・オオジュリン 
a0146869_22563568.jpg
  なにか撮影していないと落ち着かないYODAは、近くの葦でもぞもぞしているオオジュリンを撮影して時間をつぶしました。

#9・日没  17:03  
a0146869_22565767.jpg
  ついに西の方角では陽が沈みました。
はるばる会津から遠征して来た3人衆に近寄って、Okさんとともに残念でしたねという感じの会話に入るやいなや、側の方が「反対側!!反対側!!」と叫んでくれて、そこに徳望の♂雄がごく近くを飛翔してきたのです。

#10-14・ハイイロチュウヒ♂雄 
a0146869_22571989.jpg
a0146869_22573074.jpg
a0146869_22574288.jpg
a0146869_22575515.jpg
a0146869_2258836.jpg
  このように近くで観れたのはYODAも初体験で、すごく感激しました。
ほぼあきらめていただけに喜びも倍増で、会津の方々とも成果を分かち合って、那須への帰路につけてよかったです。

ただ、暗い中での撮影で、ピントもいまいちなので、この連休も車で帰って、昨日も寄ってきたのですが、奇跡は再現しませんでした。
なかなか思い通りにいかないのが、探鳥の醍醐味でしょうか。
by yoda-1 | 2013-02-12 22:58 | ☆タカ科

ヨシガモ  ♀雌を撮り忘れ後悔。  2013.2.2那須塩原市・栃木県

今週日曜日で、Sippo☆さんの個展の最終日です。
   是非、ご訪問ください。    詳細は →こちら

先週末は車で単身赴任先から自宅までを往復することにしました。
赴任先の白鳥の名所である羽田沼にまず立ち寄ることにすると、そこではYODAの好きなヨシガモがえらく近い場所にいましたので、パシャパシャしました。

#1-5・ヨシガモ♂雄 
a0146869_22323.jpg
a0146869_2235522.jpg
a0146869_2241114.jpg
a0146869_2242645.jpg
a0146869_2244016.jpg
 「ナポレオン」の愛称はなるほどですが、それにしても頭部は前後に扁平ですね。
#4の画像には、なんと手前に♀雌が写っているではないですか!!  日頃♀雌の識別にうといYODAはこのときに全く気がつきませんでした。
     が~ん!! 
♀雌を大きく撮影できる機会を自ら逃してしまいました。
日頃この辺をよく勉強しておかないといけなかったと、反省しきりです。

ということで、後日出勤前にチェックしてみましたが、早朝すぎて向こう岸で休んでいるのか、ヨシガモは♂雄の姿も見当たらずでした。

以下、他のカモ類はその後日分を含めての紹介です。
マガモが多く、次にオナガガモ、カルガモ、コガモがまずまずの個体数で、いるのはいるなという感じがキンクロハジロ、ホシハジロ、ヒドリガモ、でしょうか。

#6-9・マガモ♂雄、♂雄、♀雌(翼鏡)、淡い♀雌
a0146869_2553238.jpg
a0146869_25847100.jpg
  
a0146869_2591275.jpg
a0146869_305297.jpg
 マガモの♂雄頭部の色はかように2種類あります(笑) #8の翼鏡は本来青色ですが、ここでは光線具合で紫色になっておりました。
最後の#9は、えらく淡い色の♀雌個体で、通常色と同じショットで写せたらよかったです。

#10・カルガモ
a0146869_3201035.jpg
  
カルガモの翼鏡もブルーですが、たぶんマガモとは微妙に違うのでしょう。

#11-12・オナガガモ♂雄 
a0146869_383726.jpg
a0146869_39426.jpg
 オナガ♂雄の頭部も光線具合で部分的に緑に輝きます。

#13・キンクロハジロ♂雄 
a0146869_3205372.jpg
  これは余りよく撮れていませんが、キンクロも光線具合で頭部の眼の後当たりが幻光することがありますよね。

カモ類の羽毛の構造色を楽しむのも面白いと感じますが、その前に基本種の♀雌の模様ぐらいはしっかり覚えたいものです。
この辺の羽毛もなぜ幻光があるのか、蝶の鱗粉と同じように、詳細構造を知りたくなりました。
by yoda-1 | 2013-02-08 03:18 | ☆カモ科

キクイタダキ   ついに捉えた頂   2013.2.1千本松・栃木県 

四日連続で千本松を訪問して、最終日はなにかも収穫なしかとあきめていると、
前日のルリビタキ出現場所ではちゃっかりルリビがいて、そのルリビを撮影しはじめると、
なにかサワラ林の方でもぞもぞ動いている小鳥がいて、なんと久々のキクちゃんでした。

#1-2・キクイタダキ 
a0146869_10301920.jpg
a0146869_1030315.jpg
 せわしく動くので、本当に撮影が難しいです。

#3-6・キクイタダキ 
a0146869_10315026.jpg
a0146869_10315925.jpg
a0146869_1032158.jpg
a0146869_10322776.jpg
 これはほんの少し撮影許可が与えられたもの。
#3はややピントが甘いものの、アイキャッチ(眼に陽光スポット)があるので掲載です。
#6ではその眼が詳しく写っているはずですが、不鮮明なのが課題です。

#7-9・キクイタダキ・・・画像クリックで拡大へ。 
a0146869_10354010.jpg
a0146869_10354833.jpg
a0146869_1036073.jpg
  最後の画像には、キクの紋様を左下に拡大窓を設置しました。

黄色のキクの中に朱色が混じると♂雄のようですが、このようにキクの根元に大きな朱斑を持つ個体もいるのですね。

当地では2羽がいて、それぞれ写しやすい方にレンズを向けたのですが、選出した画像はすべて同一個体かもです。

◆ルリビタキ♂雄・若・・・と思われる。
#10-12・ルリビタキ 
a0146869_10403055.jpg
a0146869_10404010.jpg
a0146869_10404960.jpg
 ルリビタキは夏は国内の高所にいる留鳥(移動がおおきな場合は、漂鳥扱いなのかも)ですが、来期もこの同じ場所に戻ってきてくれたら、雌雄が明確になって楽しそうです。

古い記事ですが、ルリビタキ・♀雌型の雌雄判別方法私論は  →こちら です。

しばらく成鳥♂雄をうまく撮影できておりませんです。
by yoda-1 | 2013-02-03 10:45 | ☆ウグイス科

ウソ、マヒワなど  2013.1.29-31千本松・那須塩原市

少しでも運動するように、平日の早朝は天気が悪くない限り、鳥見散歩することにしました。

◆2013.1.29  ウソに遇えてうれしい。
#1・ 朝焼け  
a0146869_20223326.jpg
 寮の部屋から撮影。
毎日な強烈な朝日に起こされる感じです。

千本松に到着して探鳥開始、まずは樹木の陰を確認しにいきます。
#2・カワラヒワ+カシラダカ 
a0146869_20251122.jpg
 カワラヒワは亜種オオカワラヒワ(冬鳥)かもしれない。

サワラ群生の小径をいくと、ウソが4羽程度 さくらの木にとまって、新芽をついばんでおりました。
#3-5・ウソ 
a0146869_2034763.jpg
a0146869_20342816.jpg
a0146869_20344387.jpg
  順光位置が草むらなので、なかなかいい感じで撮影できませんでした。

帰り際に群れに出会い、なにかと思うとマヒワの群れでした。
#6-7・マヒワ 
a0146869_20364442.jpg
a0146869_20365789.jpg
 一羽が車の横に降りてきたので、車中撮影でした。
マヒワを見ると、北に行ってベニヒワに再会したくなります。

◆2013.1.30・・・・・ウソリベンジのはずが。
このもまずまずの晴れ。千本松を再訪します。
#8・千本松の一角 
a0146869_20414078.jpg
 森に朝日が差し込むと、何か精霊が棲んでいるかの雰囲気になります。
#9-10・ベニマシコ♂雄、♂雄若?♀雌 
a0146869_2044077.jpg
a0146869_20444211.jpg
 なかなか近寄らせてくれないのですが、前日と同じような場所にいました。

#11・カラクグリ 
a0146869_2046299.jpg
 前回紹介とは別の場所ですが、同一個体かもです。

#12・ウソ
a0146869_2049172.jpg
 ようやく2羽がほぼ前日のさくらにやってきましたが、草むらに移動する間飛んでいってしまいました。

リベンジならずであります。

◆2013.1.31・・・・アトリの大群に感動。
この日は遠くの山々もよく見える感じで空気が澄んでいました。
#13-14・男体山(日光)、月 
a0146869_20521530.jpg
a0146869_205247100.jpg
 男体山から右側までずっと山脈が、茶臼岳まで続いており圧巻です。
早くパノラマ自動のコンデジを購入したいものです。

#15-19・アトリ群れ 
a0146869_20552321.jpg
a0146869_20555922.jpg
a0146869_20565487.jpg
a0146869_20573657.jpg
  この二つ目の画面で全体の半分ぐらいでしょうか。
ざっと何羽いるのか、さっと言えるようになりたいです。

この日はウソに遇えず、今季初見のルリビタキ♂雄・幼鳥に遇うもうまく撮影できずでした。

早朝の散歩は気持ちよいです。
by yoda-1 | 2013-02-01 21:00 | ☆探鳥記一般