ご訪問ありがとうございます。月刊むし誌上で「近縁種識別」の記事を年に3回ぐらい掲載しています。PC訪問者数532,767-2018.4.8時点


by yoda-1

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

「蝶の飛翔」ついに発刊
at 2018-04-07 19:52
蝶類科学学会の公開講演会の案..
at 2018-03-07 05:20
近縁種(16)と春のつどいの案内
at 2018-02-24 08:36
祝図鑑掲載と保全協会の展示会案内
at 2017-12-04 05:19
セセリチョウの触角雌雄差研究..
at 2017-10-28 14:05
活動近況と鱗翅学会関東支部・..
at 2017-09-29 02:51
最近の活動と月刊むし記事案内
at 2017-06-19 22:30
最近の活動と2017年春の推..
at 2017-06-04 14:07
月刊むし2016-4月号の案内
at 2017-03-20 23:07
2016年12月の行事、推薦図書
at 2016-11-30 04:12

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
more...

記事ランキング

検索

ファン

外部リンク

虫のしわざ観察ガイド

虫のしわざ観察ガイド
著者:新開孝
価格:1,944円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


世界のタテハチョウ図鑑

世界のタテハチョウ図鑑
著者:手代木求
価格:32,400円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


ずかんさなぎ

ずかんさなぎ
著者:鈴木知之
価格:2,894円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


◆訪問者カウンター
(設置2011.2.17)
無料


無料

無料

i2i管理
MyRSS
▼ブログ村ランキング参加中▼
/
↑たくさんの昆虫ブログをご覧になれます
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
↑たくさんの野鳥ブログをご覧になれます

◆蝶関係団体
a0146869_13204580.jpg
a0146869_311626.jpg
山口むしの会
群馬の蝶を語る会

◆外部ブログ
青森の蝶たち
てふのネイチャー写心
自然散策雑記帳
デジカメ私流
stroll
北信に舞う蝶たち
Hirokou's Field Notes
虫むしクラブ、蝶、トンボ図鑑
LOVE-BIRDS.NET
Kaze's Photo Blog
受け身の園芸
Akakkoko's自然大好き
暖蝶寒鳥
美撮りに夢中!
四季おりおり
蝶の観察記録-十勝蝶の覚書new
ごん太のブログ
「鳥撮りおやじ」の日記
月夜のくろねこ
Soceer-Boyの写真館
母袋の駱駝山
浅間山麓の蝶
My Favorite Butterflies of Japan
my蝶あるばむ
北の安曇野PHOTO DIARY
a piece of photo work
naoggio写真日記
自然からのたより
あぜみちのチョウチョ日記
Field Notebook
ホタルの独り言
markeeのシマフクブログ2nd
江田慧子の研究ブログ
アキノ隊員の鱗翅体験
そうだ沖縄に行こう!
案山子
Papilio Paradise
里山の蝶と花

フォロー中のブログ

一寸の虫にも五分の魂
シニアネットとともに
登山道の管理日記
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
自然大好き
SHORE BIRDS ...
蝶・チョウ・ゆっくり歩き...
鳥蝶ビデスコ
TSUCHIYA BLOG
フィールドノート
RICKPHOTO Blog
四季彩散歩
葛西臨海公園・鳥類園Ⅱ
生きもの写真家 安田 守...
おてんとうの ちょっとええ感じ
MU's Diary
夫婦でバードウォッチング
小畔川日記
やんばるの風
探蝶逍遥記
蝶&鳥日記 2
Life with Bi...
My Berkeley ++
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
 写道
安曇野の蝶と自然
NATURE DIARY
タイの自然と風景
八重山の自然誌
Yamyam町一丁目
テトだもん!
嗚呼っっ 今日も証拠画像...
鳥平の自然だより(動物編)
N_BIRDERの野鳥b...
ORIXA's BIRD !
Birding in ...
蝶・旅の友
くわがた散歩道
Lycaenidaeの蝶...
麻呂犬写真館  *mam...
Sippo☆のネイチャー...
花蝶風月
蝶と蜻蛉の撮影日記
北海道の野鳥探索/mar...
風任せ自由人
蝶狂人@蝶と里山の浪漫紀行
ヒメオオの寄り道
仲良し夫婦de蝶ブログ
タヒチ ランギロア島暮ら...
ぶらり探蝶記
ひらひら探検隊
Shinne`s pho...
ごっちの鳥日記
蝶・花・山~自然の色使い
くま次郎の”やんばる日記”
NPO法人 日本チョウ類...
自然の中に出かけて・・・
蝶撮日記
たかがヤマト、されどヤマト
花鳥撮三昧
ケンケン&ミントの鳥撮り...
蝶超天国
ぽん太の昆虫ブログ 1
ポータルぢゃないチョウの...
蝶散歩
ぷんたのかあさん Pho...
秩父の蝶
庭日和
超蝶
徒然なるままに  
みき♂の虫撮り友人帖
三鷹の狸のてふてふ交遊録
華蝶の夢
不思議の森の迷い人
世に倦む日日
チョウ!お気に入り
Butterfly & ...
farfalle e u...
ねこきちの自然散策雑記帳

カテゴリ

全体
☆識別検討室☆
図鑑・図書
香港の蝶
香港の野鳥【工事中断中】
☆台湾の蝶
☆探蝶記一般
蝶リスト
☆探鳥記一般
☆蛾
☆トンボ
☆ハチ・アブ
☆セミ・カメムシなど(半翅目)
☆カマキリ・バッタなど
☆甲虫
☆祝☆
☆旅ブログへのリンク
☆展示会等
☆腹部形状差
☆卵・タマゴ・eggs
☆幼虫・イモムシ・蛹
★ゼフ飼育
☆山野草
アイノミドリシジミ
アオタテハモドキ
アオスジアゲハ
アオバセセリ
アカシジミ
アカセセリ
アカタテハ
アカボシゴマダラ
アカマダラ
アゲハ
アサギマダラ
アサヒヒョウモン
アサマイチモンジ
アサマシジミ
アマミウラナミシジミ
イシガケチョウ
イチモンジセセリ
イチモンジチョウ
ウスイロオナガシジミ
ウスイロコノマチョウ
ウスイロヒョウモンモドキ
ウスキシロチョウ
ウスバキチョウ
ウスバシロショウ
ウラキンシジミ
ウラギンスジヒョウモン
ウラギンヒョウモン
ウラギンシジミ
ウラクロシジミ
ウラゴマダラシジミ
ウラジロミドリシジミ
ウラジャノメ
ウラナミアカシジミ
ウラナミシジミ
ウラナミジャノメ
ウラミスジシジミ
エゾシロチョウ
エゾスジグロシロチョウ
エゾミドリシジミ
エゾヒメシロチョウ
エルタテハ
オオイチモンジ
オオウラギンスジヒョウモン
オオウラギンヒョウモン
オオゴマシジミ
オオゴマダラ
オオシロモンセセリ
オオチャバネセセリ
オオヒカゲ
オオミスジ
オオミドリシジミ
オオムラサキ
オオモンシロチョウ
オオルリシジミ
オキナワビロードセセリ
オナガアゲハ
オナガシジミ
カバイロシジミ
カバマダラ
カラスアゲハ
カラスシジミ
カラフトセセリ
カラフトタカネキマダラセセリ
カラフトヒョウモン
カラフトルリシジミ
キアゲハ
キタアカシジミ
キタキチョウ
キタテハ
キバネセセリ
ギフチョウ
キベリタテハ
キマダラセセリ
キマダラモドキ
キマダラルリツバメ
キリシマミドリシジミ
ギンイチモンジセセリ
ギンボシヒョウモン
クジャクチョウ
クモガタヒョウモン
クモマツマキチョウ
クモマベニヒカゲ
未分類
クロアゲハ
クロコノマチョウ
クロシジミ
クロセセリ
クロツバメシジミ
クロヒカゲモドキ
クロマダラソテツシジミ
クロミドリシジミ
ゴイシシジミ
コキマダラセセリ
コジャノメ
コチャバネセセリ
コツバメ
コノハチョウ
コヒオドシ
コヒョウモン
コヒョウモンモドキ
ゴマシジミ
ゴマダラチョウ
コムラサキ
サカハチチョウ
サトキマダラヒカゲ
シータテハ
ジャコウアゲハ
ジャノメチョウ
ジョウザンシジミ
ジョウザンミドリシジミ
シルビアシジミ
シロオビアゲハ
シロオビヒメヒカゲ
スギタニルリシジミ
スジグロシロチョウ
スジグロチャバネセセリ
スジボソヤマキチョウ
スミナガシ
タカネキマダラセセリ
タカネヒカゲ
ダイセツタカネヒカゲ
ダイミョウセセリ
チャバネセセリ
チャマダラセセリ
チョウセンアカシジミ
ツバメシジミ
ツマキチョウ
ツマグロキチョウ
ツマジロウラジャノメ
ツマベニチョウ
ツマムラサキマダラ
テングチョウ
トラフシジミ
ナガサキアゲハ
ナミエシロチョウ
バナナセセリ
ハヤシミドリシジミ
ヒオドシチョウ
ヒカゲチョウ
ヒサマツミドリシジミ
ヒメアカタテハ
ヒメイチモンジセセリ
ヒメウスバシロチョウ
ヒメウラナミジャノメ
ヒメキマダラヒカゲ
ヒメギフチョウ
ヒメキマダラセセリ
ヒメシジミ
ヒメシロチョウ
ヒメジャノメ
ヒメチャマダラセセリ
ヒメヒカゲ
ヒョウモンチョウ
ヒロオビミドリシジミ
フタオチョウ
フタスジチョウ
フジミドリシジミ
ベニシジミ
ベニモンカラスシジミ
ヘリグロチャバネセセリ
ホシチャバネセセリ
ホシミスジ
ホソオチョウ
ホソバセセリ
ミズイロオナガシジミ
ミスジチョウ
ミドリシジミ
ミドリヒョウモン
ミナミキチョウ
ミヤマカラスアゲハ
ミヤマカラスシジミ
ミヤマシジミ
ミヤマシロチョウ
ミヤマセセリ
ミヤマモンキチョウ
ムモンアカシジミ
ムラサキシジミ
ムラサキツバメ
メスアカミドリシジミ
メスグロヒョウモン
モンキアゲハ
モンキチョウ
モンシロチョウ
ヤマキチョウ
ヤマキマダラヒカゲ
ヤマトシジミ
ヤマトスジグロシロチョウ
リュウキュウアサギマダラ
リュウキュウウラボシシジミ
リュウキュウウラナミジャノメ
リュウキュウヒメジャノメ
リュウキュウミスジ
リュウキュウムラサキ
リンゴシジミ
ルーミスシジミ
ルリシジミ
ルリタテハ
コゲラ
トモエガモ
ライチョウ
★ヒメウタイムシクイ
★チャキンチョウ
★マヒワ
★エゾビタキ
★タゲリ
★サバクヒタキ
★オオマシコ
★ハギマシコ
★オジロビタキ
★コミミズク
★キガシラシトド
★ベニマシコ
★ヤマシギ
★トラツグミ
★クロジ
★アカハシハジロ
★カヤクグリ
★キレンジャク
★ギンムクドリ
★ウソ
★タゲリ
★カラフトムシクイ
★ハチジョウツグミ
★ヒレンジャク
★コクマルガラス
★ルリビタキ
★アオジ
★エナガ
☆コサメビタキ
★ジョウビタキ
★ヤマガラ
☆セキレイ科
☆カモ科
☆ツル科
☆ムクドリ科
☆ムナグロ科
☆シギ科
☆カラス科
☆カイツブリ科
☆カモメ科
☆ヒタキ科
☆ツグミ科
☆キツツキ科
☆アトリ科
☆シジュウカラ科
☆ホオジロ科
☆ウグイス科
☆タカ科
☆レンジャク科
☆ハヤブサ科
☆モズ科
☆チドリ科
☆コウノトリ科
☆ハト科
☆トキ科
☆サギ科
☆ヒヨドリ科

タグ

(48)
(38)
(37)
(34)
(26)
(25)
(25)
(25)
(23)
(23)
(21)
(21)
(21)
(20)
(20)
(19)
(19)
(19)
(18)
(18)

最新のトラックバック

ウラジロミドリシジミ
from ホタルの独り言
白馬のゼフィルス
from ホタルの独り言
越冬クロコノマチョウ
from Field Notebook.
「フィールドガイド 日本..
from Field Notebook.
多摩動物公園-昆虫生態園
from Field Notebook.
花はなぜ美しいのか?
from 哲学はなぜ間違うのか?

ライフログ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ブログジャンル

自然・生物

画像一覧

<   2012年 05月 ( 24 )   > この月の画像一覧

ウスバシロチョウ  交尾シーン  2012.5.19埼玉県⑦

5/19の観察例が続きます。

トチノキランドには、それはウスバシロチョウがわんさかいました。
先週末に長野県のオオルリシジミ保護地から秩父まで山間道を移動しましたが、各所でウスバシロチョウが溢れていました。
年一回の発生でも、個体数はしっかりある印象です。

#1-3・ ウスバシロチョウ  飛翔 10:54
a0146869_612281.jpg
a0146869_624827.jpg
a0146869_624465.jpg
 狙った訳でもないのですが、太陽が入っておりました。
この日はいい天気でしたね。週末がいつもこうだとうれしいのですが。
太陽を写すと、人間の眼と同じようにカメラの受像部分が損傷してしまうのでしょうか?
瞬間ならいいのか、その辺の許容値を記載したものをみたことがありません。

#4-5・ウスバシロチョウ  通常型と黒化型? 10:49-52 
a0146869_694513.jpg
a0146869_694581.jpg
 ウスバシロチョウはよく白くない個体が、黒化型として紹介されています。
フィールドガイドにも、極端な個体が例示されています.
YODAはこの黒い部分の鱗粉が実際はどうなっているのか、確認してみたいです。
白色鱗粉が粗になっているのか、暗色系の鱗粉があるのかどうか・・・。

#6-7・ウスバシロチョウ♀雌  11:55-57 
a0146869_620299.jpg
a0146869_6217100.jpg
 受胎囊があるので、♀雌と分かっていいですね。
受胎囊(ギフチョウ類ではときに受胎板)と表現していますが、これを交尾囊と言ってしまうと、♀雌の腹端に精胞をストックする場所がすでに交尾囊という正式名称を使用しているので、誤用になります。
ところがどっこい、受胎というと普通受精した胎盤をもつほ乳類に使う言葉だろうし、そもそも交尾したときに、蝶の内部では精胞をもらているだけで、産卵時に初めて精子が産卵菅に移動してきて受精するとかで、交尾=受精(受胎)ではないそうです。
つまり、受胎囊という表現もはなはだ相応しくないと思います。(でもなかなか他の表現を思いつきません。交尾マークでどうでしょう?)

#8 同上ウスバシロチョウ♀雌にアタックする♂雄 4枚組 11:58 
a0146869_638125.jpg
 ♂雄が飛来してきて、少し絡みましたが、この受胎囊を観て♂雄があきらめることがあるのかこれも疑問です。
このときも♀雌が拒否してその場を離れていきました。
受胎囊は、交尾口まで塞いでいるのでしょうか?? そうでない気がしますが、次回機会があればその部分を接写してみたいです。
先に赤城姫の観察にいきましたが、そこでYODAが下山したあとに、保全協会の松村さんが既交尾の雌と雄との交尾シーンを発見されたとのことを後でお伺いしました。う~ん、そのシーンを激写できなくて残念でした。
つまり、受胎囊があると二度と交尾できないというこれまでの定説も疑ってしまいます。
(受胎囊は既交尾のシンボルであり、既交尾の雌は必要がないので、二度目の交尾は拒否している・・・だけ?? ・・・・受胎囊が貞操帯の役割を果たすことはないという主張ですが、間違いかもしれません)
この辺の交尾不能となることを示した論文・報文を紹介していただけるとありがたいです。

#9-14・ ウスバシロチョウ 交尾@トチノキ 13:21-34 ・・・画像クリックで拡大へ。
a0146869_6542925.jpg

a0146869_6544193.jpg
a0146869_655818.jpg
a0146869_655788.jpg
a0146869_6553450.jpg
a0146869_6553133.jpg
 こんなに写真を並べても仕方ありませんが、13:21の発見以降、しばらくしてトチノキの花穂の周囲を動き回りました。常に♀雌が上に位置して主導権を持っていました。
最後の画像の後に記録がないのは、ちょうどアオバセセリ大王の飛来があってそちらに気をとられてしまい、再びその場をみるとばれた後でした。
常々、あの受胎囊がどのように形成するのか観察したかったのですが、発見時にはすでに形成されていたもようです。
しかし、3つ目の#11・組写真コマ②に写っているように、形成直後の受胎囊は透明感がありますね。

ウスバシロチョウの交尾終了間際は、雌♀が早く離れたい感じで動き回っていたように見えたことを説明するために、交尾画像を6枚も掲載してしまいました。
(2つ目の目撃があったら同様なことになるのか確認したいです)
by yoda-1 | 2012-05-31 07:02 | ウスバシロショウ

アオスジアゲハ  雌雄識別は難しい?  2012.5.19埼玉県⑥

再び、5/19の観察に戻ります。
本来、平地性ゼフの出現を紹介すべき季節ですが、撮りに行っていないのです。

トチノキランドの草原では、アオスジアゲハが数匹、ハルジオンで吸蜜しておりました。


#1-4・ アオスジアゲハ♂雄① 11:05 7D-185mm、147mm、118mm、5557mmすべて切り出し
a0146869_021470.jpg
 
a0146869_084387.jpg
a0146869_09998.jpg
a0146869_092789.jpg
  まずは中望遠で狙いました。
忙しく動くだけに、いろいろなポーズが撮影できることも確かです。

次に、別の個体を広角系でも狙ってみました。

#5-9・ アオスジアゲハ♂雄② 11:11-13 60D-21mm(#5)、17mm すべて切り出し 
a0146869_0102755.jpg
a0146869_0104489.jpg
a0146869_011274.jpg
a0146869_0112954.jpg
a0146869_0121425.jpg
 あま広角な分、接近しての撮影になりますが、背景のボケが弱いのがよく分かりますね。
ただアオスジアゲハは、黒い縁取りでなんとか背景に埋もれずに済んでいます。
こうやって、ざっくりと7Dと60Dの画像を比較すると、60Dの方が青色も弱くえらくあっさりしております。カメラ本体の基本設定が違っているのでしょう。(60Dはこの3月の購入で、まだよくいじっておりません)

なかなか♀雌に遇えないのですが、♀雌は過去画像を引き出して雌雄比較図です。

#10・ アオスジアゲハ 雌雄比較図 ・・・画像クリックで拡大へ。
a0146869_0164288.jpg

 全く雌雄同色なので、翅形差・腹部形状差にたよるしかありません。
標本図鑑にある識別点①の後翅内縁のめくれですが、図鑑が余りに♂雄ではめくれ部分の内部に白色長毛があることを強調するので、白色毛があると♂雄かと勘違いしてしまい、少し混乱してしまいます。(フィールドの自然状態ではその内蔵毛毛は見えないもよう)
♂雄では内縁のめくれで、めくれ部分の輪郭がほんのり白くなり、♀雌では少しめくれかかるもののめくれ返っておらず、その部分に白い毛毛があり、遠目にはめくれているかのように見えます。

その♀雌の後翅内縁部分を鮮明に撮影することが今後の課題です。
(フィールドガイドの画像もなんとももの足りません)

このように雌雄差は微妙であるので、飛んでいる個体の雌雄差が分かるまでには時間を要するのか、むしろ不可能に近いことなのでしょう。
by yoda-1 | 2012-05-30 00:26 | アオスジアゲハ

オオルリシジミ  ♀雌の翅模様   2012.5.27長野県・後編

オオルリシジミの後編で、♀雌の模様を接写してみました。

#1・ オオルリシジミ♀雌 
a0146869_2025040.jpg
 食草の品定めに忙しい、新鮮な♀雌がいました。しめしめです。

#2ー4・ 同上オオルリシジミ♀雌 
a0146869_2042086.jpg
a0146869_205385.jpg
a0146869_2054080.jpg
 この翅表の柔らかい感じがいいですね。

さっそく、接写用カメラを取り出しての撮影に。

#5-8・ 同上オオルリシジミ♀雌・・・・画像クリックで拡大へ 
a0146869_2074350.jpg
a0146869_2075922.jpg
a0146869_2081990.jpg
a0146869_2083967.jpg
 #8は#7の画素等倍切り出しです。
意外と鱗粉レベルで写るものですね。
近接させてくれる蝶がいればこれからもトライしてみたいです。

#9-10・ オオルリシジミ♀雌 産卵+卵 @クララ 
a0146869_20113457.jpg
a0146869_20115724.jpg
 実は卵は別のクララの株にあったものを、たまさんに教えてもらいました。
#9は本紹介の♀雌ですが、どうも産卵の練習をしていたのか、この株からは卵発見できずじまいです。

来年は、吸蜜時などの自然な全開翅の画像を撮ってみたいです。

オオルリシジミの観察会はこの日曜日にあるとか。
2年前参加のときはやや小雨もある天気でしたが、オオルリはしっかりいて初見での大きさに感動しました。

昨日はその後、秩父市のtef-teffさんに合流して、テングチョウの蛹などを紹介していただきました。

#11・ テングチョウ 蛹@エノキ  秩父市 
a0146869_2017115.jpg

 初見ですが、幼虫はシロチョウ類や蛾に近いと感じたのに、蛹は少し広義のタテハチョウ科の仲間らしいではないですか。
6月に入ると、新生蝶もどしどし増えてくるのでしょうね。
by yoda-1 | 2012-05-28 20:19 | オオルリシジミ

オオルリシジミ  交尾2組と♂雄の翅表  2012.5.27前編

昨年は訪問していないので、2年ぶりですが、確かにわんさか増えているような印象になりませんでした。

当地で午前中ですが、計7人ぐらいの撮影者でした。もっと賑わうかと予想しておりましたが。
でも、期せずして春日部市のSさん、たまさんが来ていたので、なんとなく心強く撮影に集中できました。

最初新鮮な♀雌を撮影(後編で紹介)した後に、いきなりの交尾シーンでした。
#1-3・オオルリシジミ 交尾① 09:52-57  
a0146869_23323553.jpg
a0146869_233255100.jpg
a0146869_23332310.jpg
 #1はいつものようにピンぼけですが、食草のクララをしっかり撮影したかったのです(ウソ) 基部の青さがよく出ているので採用しました。
#2-3は背景がやけに暗いですが、天気が良すぎてかなりアンダーにしないと蝶が白飛びしてしまうので、やむなしの部分です。(RAWから現像すべきなのでしょう)

一昨年の反省として新鮮な♂雄の開翅画像を撮影することでした。
しかし、新鮮な♂雄が少ないようです。少し散策して・・。

#4・オオルリシジミ♂雄 
a0146869_0204816.jpg
 しめしめ、まずまず新鮮な♂雄です。しかし、この日は朝からの陽気で気温もさほど低くないためか、♂雄も♀雌もなかなか開翅しませんでした。
こうなるとも、全く翅表が撮れなくても困るので、まずはパスト連写にたよりました。

#5-6・同上オオルリシジミ♂雄 FH100のパスト連写 
a0146869_23383890.jpg
a0146869_23385966.jpg
 便利なものでありますが、やや精緻さに欠けるのが惜しいところです。
ということで、7D-中望遠で狙いますが、最近なかなかピントが合いません。

#7・同上オオルリシジミ♂雄 
a0146869_23422386.jpg
 実はタンポポに止まっているときを撮影していたら、タイミングよく飛び出しただけです。
しかし、翅の打ち下ろしはこんなにも歪んでいるのでしょうか。(タンポポのせい?)

この個体も一回だけ、小開翅してくれました。
#8-9・同上オオルリシジミ♂雄 
a0146869_23444462.jpg
a0146869_5391520.jpg
 この全開を撮影したいのですよね。
来年は発生情報後の寒い朝を狙って訪問だ。(土日とタイミングが合うかどうかが問題ですが)

♂雄の全開翅が撮影できないと悶えていると、交尾飛翔に疲れたカップルがいました。
#10-12・オオルリシジミ 交尾飛翔 
a0146869_23481463.jpg
a0146869_23483240.jpg
a0146869_2348567.jpg
 最初いやいやしていた♀雌も、♂雄の熱意にほだされて愛の交尾飛翔に出発です。
その着陸先には、タンポポモドキ(ジシバリ)がありました。(少し演出もあるみたいですが)

#13-14・ オオルリシジミ 交尾② 
a0146869_23521217.jpg
a0146869_23523788.jpg
 無事に成蝶になれて、交尾にいたったカップルを周囲の花が祝福していました。
こうやって希種を阿蘇山にいくまでもなく撮影できるのは、地元の方々の長年の保護・復活活動のおかげであります。

後編では・♀雌の紹介です。

Sさん、たまさん御世話になりました。
by yoda-1 | 2012-05-27 23:55 | オオルリシジミ

ミヤマシジミ  出始めはいつも♂雄  2012.4.26栃木県

昨日は、そろそろミヤマシジミが出ていることだろうと、栃木県訪問でした。

最初の場所では、なんとか♂雄を一匹発見です。

#1ー3・ ミヤマシジミ♂雄 11:03-07
a0146869_5504238.jpg
a0146869_5512480.jpg
a0146869_552852.jpg
 元気に飛び回っておりました。
こちらもいい翅裏画像を撮影しようと、必死に追いかけました。

#4・ ヒバリ♂雄 囀り飛翔 
a0146869_554765.jpg
 頭上をヒバリが飛ぶので、そちらの撮影をしているとミヤマちんを見失いました。
本当に「蝶鳥ウォッチング」は忙しいです。

この後、ねこきちさんのいるウラミスジランドで、ウラミスジシジミの前蛹をみせてもらい、
さらにオオヒカゲランドに移動して、これまた前蛹を発見してもらいました。

YODAはその後、ミヤマシジミの第二ポイントへ移動しました。

ここではなんとか♂雄2匹がいましたが、発生後数日は経っていると思われる個体にモデルになってもらいました。
#5-10・ ミヤマシジミ♂雄 16:10-24
a0146869_558555.jpg
a0146869_5591194.jpg
a0146869_5593032.jpg
a0146869_5595294.jpg
a0146869_601894.jpg
a0146869_603418.jpg

#9だけは黄色のコスモスモドキ?(正式名称は何なのでしょうか?)に吸蜜ですが、残りはシルビアシジミの食草であるミヤコグサが好きなようでした。
特に綺麗になるかどうかは別にして、#8-9では、翅裏模様の透過する画像となりました。

他にいないかと探していると、なにかヒョウモン類の黄色のチョウが最寄りの樹上に上がっていきました。
ツマグロヒョウモンの明るさはないので違うと感じたし、またツマグロは樹上に上がっていくような行動はまずないように思いました。
#11ー12・ウラギンヒョウモン♂雄 
16:28 
a0146869_683686.jpg
a0146869_692230.jpg
 おお銀紋が見えるではありませか。
これでツマグロでないのは決定的です。
その後、YODAの視線に耐えきれないように飛び出しました。
少し距離があるものの追跡しました。

#13-14・同上ウラギンヒョウモン♂雄 
a0146869_6111465.jpg
a0146869_610582.jpg
 おお、これはウラギンヒョウモンではないですか。すぐにまた別の樹上に飛んでいきました。

YODAとしては、5月に観るのは初めてでありました。
ヒョウモン類は、今年もウラギンスジヒョウモンの♂雄をしっかり撮影するのが課題です。
by yoda-1 | 2012-05-27 06:14 | ミヤマシジミ

クロアゲハ  白と黒の競演  2012.5.19埼玉県⑤ 

トチノキランドの黒系アゲハには、他にクロアゲハがいましたが、モンキアゲハ、ナガサキアゲハはやってきませんでした。
これら南方系2種は2年前には近くで目撃しているので、いないことはないのでしょうが、個体数はまだ少ないのでしょう。

クロアゲハ♂雄① 09:52 
a0146869_7422084.jpg
a0146869_742865.jpg
a0146869_7424571.jpg
 最初に出会った個体は残念ながら、尾状突起の先端が少し切れていました。
なにかの難を逃れたのでしょうが、これほど微細な破損も珍しい方なのでしょうか。

クロアゲハ♂雄② 10:05 
a0146869_7445643.jpg
a0146869_7451124.jpg
a0146869_7452316.jpg
 しかし、クロアゲハは真っ黒ですが、その分翅表面にいるいろ明色系の鱗粉が散布されてりうようで、なかなか味わいを感じます。

このときは♀雌に遇えませんでしたが、豪華な紅斑の発達した♀雌個体を撮影できるのが目標です。
by yoda-1 | 2012-05-26 07:48 | クロアゲハ

オナガアゲハ  ♀雌もたくさん。  2012.5.19埼玉県④

トチノキランドでの黒系アゲハは、オナガアゲハが一番多かったでしょうか。
昨年あまり撮影していなかったので、パシャパシャと撮影しました。

#1・黒系アゲハ類の群れ 09:51・・・7D-98mm 
a0146869_542153.jpg
 中央にオナガ♂雄がいて、その上がオナガ♀雌かな?。右端の2匹はカラスアゲハ♂雄でよさそうですが、左上の薄く写っている個体はさすがによく分かりません。

#2-3・オナガアゲハ♂雄 10:07-08 
a0146869_59476.jpg
a0146869_59747.jpg
 ♂雄はこの後翅前縁の白斑で雌雄判別されますが、ここまで大きいと「性標」という表現は使用しないようです。
図鑑により、性標の定義も微妙に違っております。

「フィールドガイド・日本のチョウ2012」 性標:♂雄のみに観られるどくじな特徴。特に♂の翅の斑紋に観られることが多く、この周辺から生フェロモンが抄出されるものも見つかっている。

「学研・標準図鑑2007」 性標:昆虫の♂で、♀にはみられない著しい特徴のある形態があって、それにより一見して♂であることが分かるときに、これを性標という。(以下省略)

性標:♂の発香鱗の集中している場所 (チョウの形態・牧林功S53.11.10など)
(発香鱗は、♂の翅表にみられる特殊形状の鱗粉で、♀雌誘因の独自物質を発散しているとされる) 

たぶんもともともは♂発香鱗のことで、目立つときに性標と呼んでいたものが、徐々に拡大利用されていった模様です。
「標」=mark なので、雌雄異色の♂の翅表模様のことまで指すときりがなくなるので、mark=小さめの印であることが性標のと呼ばれるために必要なのでしょう。
ただカラスアゲハ・ミヤマカラスアゲハの前翅性標はもう十分に大きいですが、通常の鱗粉模様ではないので、性標と呼ぶのはご存じの通りです。

#2-4・オナガアゲハ♀雌① 10:39-41 
a0146869_5472485.jpg
a0146869_547404.jpg
a0146869_5453063.jpg
 フィールドガイド図鑑では、このオナガアゲハ♀雌の翅裏画像がなかなか埋まりませんでした。
一般にアゲハチョウの仲間は翅裏画像を撮るのが難しいことが多いみたいです。

#5-7・オナガアゲハ♀雌② 10:55-11:00 
a0146869_546732.jpg
a0146869_551779.jpg
a0146869_5512489.jpg
 この個体は腹部側面に大きく鱗粉の剥がれている箇所がありますが、どうしたのでしょうか。
紹介している黒系アゲハの画像はほぼすべてEOS7D-70-300mm+1.4×での撮影ですが、#7のみ60D+広角ズームレンズでの撮影。広角飛翔はやはり空とか入って、チョウがそこにいないと、背景に埋もれてしまうだけだけでしょうか。

#8-9・オナガアゲハ♀雌③ 13:15-16 
a0146869_60127.jpg
a0146869_602213.jpg
 #2-4の個体とは斑紋比較で別と判断です。
#8がここでのお気に入りでしょうか。
同じ日に3匹ものオナガ♀雌に遇えて、大変充実しておりました。
by yoda-1 | 2012-05-25 06:07 | オナガアゲハ

カラスアゲハ 執拗な求愛 2012.5.19埼玉県③

トチノキランドでは近くのツツジで、黒系アゲハがわんさか群がっておりました。
今回はカラスアゲハの紹介です。

#1-4・カラスアゲハ雄♂ 9:54
a0146869_72428.jpg
a0146869_732283.jpg
a0146869_733432.jpg
a0146869_73458.jpg
#1-2と#3-4は同時間に撮影ですが、翅の損傷具合の違いで別個体です。
ツツジの色合いと、カラスアゲハの濃い緑がマッチしますね。

#5-8・カラスアゲハ雌♀ #5-9:53、#2-9:59、#3-4-10:07
a0146869_743536.jpg

a0146869_75453.jpg
a0146869_763113.jpg
a0146869_765530.jpg
これはどこまで別個体なのか不明です。
#3-4は同一個体ですが、光線具合でかくも「カラス」色状態になることの例示です。
日頃、雌♀をみることが少ないこともあり、雌♀の後翅外縁の赤班が綺麗なこともあって、雌♀の方がより綺麗に感じることが多いでしょうか。

#9・カラスアゲハ 雄雌の接近遭遇 9:59
a0146869_774131.jpg
雌雄一緒の画像を撮れました。
この中でのお気に入りです。

#10-11・カラスアゲハ 雄雌の求愛飛翔 10:08・・・#11は15枚の組写真
(ピンぼけ多し)
a0146869_781674.jpg
a0146869_785344.jpg
他の種類もそうですが、しょっちゅう雄♂が雌♀にちょっかいを出して、このように求愛飛翔に発展します。
今回、雄♂が雌♀を追いながら、前に入ってそこで雌♀を掴むように翅を閉じる行為が観察できました。
#11の一連の画像において、★の印を入れている画像が、その「羽交い締め」を行っているシーンです。
今回、雌♀はあくまでも逃げておりましたが、この羽交い締めに屈した場合は、雄♂に挟まれて最寄りの場所に急降下するのでしょうか??

黒系アゲハの交尾シーンは未見なだけに、興味をそそります。
by yoda-1 | 2012-05-24 12:33 | カラスアゲハ

ミヤマカラスアゲハ  春型♀雌との邂逅  2012.5.19埼玉県②

この日5/19(土)はアオバセセリ探索の日でしたが、その前にサトキマランドに立ち寄りました。
ほどなく、新生ゴマダラチョウが2匹でたくましく樹木間を飛翔しておりました。

#1-2・ゴマダラチョウ たぶん♂雄 08:05 
a0146869_535451.jpg
a0146869_5364372.jpg
 樹上でテリ張りしている感じで、なかなか翅表が撮影できません。
飛翔を狙うも使えるものが得られませんでした。

この後トチノキランドに向かうと、駐車場にSさんの車と同じものが止まっていたので、電話すると栃木のミスジランドへ移動中とのことでした。この日ねこきちさんもbanyanさんもそっちだったようで、いろいろ成果を上げておられます。
貴重な晴天の日だったので、YODAは昨年よく再訪していなかった埼玉県北部のトチノキランド行きに迷いはありませんでした。

トチノキランド到着後に、その側に今季初見のダイミョウセセリを発見です。
#3-5・ダイミョウセセリ♂雄  09:46 
a0146869_5452429.jpg
a0146869_5452359.jpg
a0146869_5454933.jpg
 撮影しているとトチノキの花での吸蜜を始めました。
この個体は、前翅の白斑部分全体に白い鱗粉が載っています。
自分の過去画像を見ても、古い個体は前翅後縁側の白斑を除いて、この白斑上の少なくとも翅表側の鱗粉がとれてスリガラス状になっていますね。
この辺、ダンダラさんのブログを見るまでは意識しておりませんでした。

トチノキの上の方でなにか黒い紙切れが付いているように感じて、観てみると念願のミヤマン春型♀雌ではないですか!!

#6-9・ミヤマカラスアゲハ春型・♀雌 09:48・・・YODA生涯今季初見 
a0146869_5572027.jpg
a0146869_5573388.jpg
a0146869_5574531.jpg
a0146869_5575739.jpg
 光線具合もあるかもですが、少し黒色が強い個体でしょうか。
次回は、昨年のようにもっと緑味のある明るい個体にも出逢えますように。
余り贅沢なことを願うと、山の神様に愛想尽かされてもいけないですが。
by yoda-1 | 2012-05-23 06:01 | ミヤマカラスアゲハ

世紀の金環食  チラ見観察に。  2012.5.21蓮田市

この日は出勤を一時間遅らせて、家内と一緒に金環食観察です。

朝6:20に食が始まり、7:34に金環食になった模様。
蓮田市は金環蝕のセンターステージラインからは少しはずれていたようです。

#1・金環食 06:20-07:46 の連続画像・・・画像クリックで拡大へ。 
a0146869_7175966.jpg
 実際にプロットすると、結構太陽は小さいのです。

#2・部分食 06:30
a0146869_7194180.jpg
減光フィルターは1/400+1/8の組合せにしました。レンズは300mm+2.0×+1.4×なので、840mm状態でした。
やがて雲がかぶさるときは、暗い分減光フィルター1/8をはずして対応です。

#3-5・雲のかかり具合 06:37、06:57,07:03 
a0146869_7214282.jpg
a0146869_7214411.jpg
a0146869_722973.jpg
 当初快晴でありましたが、徐徐に雲が迫ってくるではありませんか!!
こんなことがあっていいのかと、家内とともに少し落胆です。

#6-7・金環食のフィルターなし撮影 07:35 
a0146869_7233951.jpg
a0146869_723515.jpg
 しかし、雲越しでもなんとか見えるではありませんか。
雲のかかりを不運と思うか、肉眼でも観察できてよかったと思うかですが、これはこれで楽しめました。(もちろん、肉眼での凝視はできませんが)

#8-10・金環食 07:32-37 
a0146869_725218.jpg
a0146869_7254751.jpg
a0146869_7255736.jpg
 5分ぐらいは月がなかにあったようで、結構長く感じました。

#11・部分食 07:46 
a0146869_727157.jpg
 その後、雲は晴れて一気に明るくなったので、再びフィルターを二重にして撮影終了にしました。
黒点も#2の画像同様、かすかに確認できます。

#12・金環食 #1の元画像・・・07:45 広角17mm撮影に太陽貼り付け 
a0146869_7285823.jpg
 地球は宇宙の一部であるのを実感できた日になりました。

次は6/6の金星が太陽にラップするのも、通勤前の撮影になるのでしょうか。

今日は、関東はもう雨模様で、昨日は幸運でありました。
by yoda-1 | 2012-05-22 12:04 | ☆祝☆