ご訪問ありがとうございます。北海道産Pieris属3種の形態比較論文partⅠ掲載の論文集がようやく発刊されました。PC訪問者数404,948-2016.11.30時点


by yoda-1

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新の記事

月刊むし2016-4月号の案内
at 2017-03-20 23:07
2016年12月の行事、推薦図書
at 2016-11-30 04:12
2016.10月22日・23..
at 2016-10-16 06:44
ウラキンシジミ♀雌のアオキ型..
at 2016-07-10 20:40
2016年7月の推薦図書(7..
at 2016-07-06 05:17
ウラギンヒョウモンを探して
at 2016-07-02 00:09
2016年4-6月の推薦図書
at 2016-06-22 06:44
ようやくのフジミドリ♂雄・開..
at 2016-05-30 05:07
この一月間(4月・5月)の活..
at 2016-05-23 04:08
ギンイチモンジセセリなど 埼..
at 2016-04-14 21:53

以前の記事

2017年 03月
2016年 11月
2016年 10月
more...

記事ランキング

検索

ファン

外部リンク

虫のしわざ観察ガイド

虫のしわざ観察ガイド
著者:新開孝
価格:1,944円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


世界のタテハチョウ図鑑

世界のタテハチョウ図鑑
著者:手代木求
価格:32,400円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


ずかんさなぎ

ずかんさなぎ
著者:鈴木知之
価格:2,894円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


◆訪問者カウンター
(設置2011.2.17)
無料


無料

無料

i2i管理
MyRSS
▼ブログ村ランキング参加中▼
/
↑たくさんの昆虫ブログをご覧になれます
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
↑たくさんの野鳥ブログをご覧になれます

◆蝶関係団体
a0146869_13204580.jpg
a0146869_311626.jpg
山口むしの会
群馬の蝶を語る会

◆外部ブログ
青森の蝶たち
てふのネイチャー写心
自然散策雑記帳
デジカメ私流
stroll
北信に舞う蝶たち
Hirokou's Field Notes
虫むしクラブ、蝶、トンボ図鑑
LOVE-BIRDS.NET
Kaze's Photo Blog
受け身の園芸
Akakkoko's自然大好き
暖蝶寒鳥
美撮りに夢中!
四季おりおり
蝶の観察記録-十勝蝶の覚書new
ごん太のブログ
「鳥撮りおやじ」の日記
月夜のくろねこ
Soceer-Boyの写真館
母袋の駱駝山
浅間山麓の蝶
My Favorite Butterflies of Japan
my蝶あるばむ
北の安曇野PHOTO DIARY
a piece of photo work
naoggio写真日記
自然からのたより
あぜみちのチョウチョ日記
Field Notebook
ホタルの独り言
markeeのシマフクブログ2nd
江田慧子の研究ブログ
アキノ隊員の鱗翅体験
そうだ沖縄に行こう!
案山子
Papilio Paradise
里山の蝶と花

フォロー中のブログ

一寸の虫にも五分の魂
シニアネットとともに
登山道の管理日記
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
自然大好き
SHORE BIRDS ...
蝶・チョウ・ゆっくり歩き...
鳥蝶ビデスコ
TSUCHIYA BLOG
フィールドノート
RICKPHOTO Blog
四季彩散歩
葛西臨海公園・鳥類園Ⅱ
生きもの写真家 安田 守...
おてんとうの ちょっとええ感じ
MU's Diary
夫婦でバードウォッチング
小畔川日記
やんばるの風
探蝶逍遥記
蝶&鳥日記 2
Life with Bi...
My Berkeley ++
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
 写道
安曇野の蝶と自然
NATURE DIARY
タイの自然と風景
八重山の自然誌
Yamyam町一丁目
テトだもん!
嗚呼っっ 今日も証拠画像...
鳥平の自然だより(動物編)
N_BIRDERの野鳥b...
ORIXA's BIRD !
Birding
蝶・旅の友
くわがた散歩道
Lycaenidaeの蝶...
麻呂犬写真館  *mam...
Sippo☆のネイチャー...
花蝶風月
蝶と蜻蛉の撮影日記
北海道の野鳥探索/mar...
風任せ自由人
蝶狂人@蝶と里山の浪漫紀行
ヒメオオの寄り道
仲良し夫婦de蝶ブログ
タヒチ ランギロア島暮ら...
ぶらり探蝶記
ひらひら探検隊
Shinne`s pho...
ごっちの鳥日記
蝶・花・山~自然の色使い
くま次郎の”やんばる日記”
NPO法人 日本チョウ類...
自然の中に出かけて・・・
蝶撮日記
たかがヤマト、されどヤマト
花鳥撮三昧
ケンケン&ミントの鳥撮り...
蝶超天国
レンズ越しの I Lov...
ぽん太の昆虫ブログ 1
ポータルぢゃないチョウの...
蝶散歩
ぷんたのかあさん Pho...
秩父の蝶
庭日和
超蝶
徒然なるままに  
みき♂の虫撮り友人帖
三鷹の狸のてふてふ交遊録
華蝶の夢
不思議の森の迷い人
世に倦む日日
チョウ!お気に入り
Butterfly & ...
farfalle e u...
ねこきちの自然散策雑記帳

カテゴリ

全体
☆識別検討室☆
図鑑・図書
香港の蝶
香港の野鳥【工事中断中】
☆台湾の蝶
☆探蝶記一般
蝶リスト
☆探鳥記一般
☆蛾
☆トンボ
☆ハチ・アブ
☆セミ・カメムシなど(半翅目)
☆カマキリ・バッタなど
☆甲虫
☆祝☆
☆旅ブログへのリンク
☆展示会等
☆腹部形状差
☆卵・タマゴ・eggs
☆幼虫・イモムシ・蛹
★ゼフ飼育
☆山野草
アイノミドリシジミ
アオタテハモドキ
アオスジアゲハ
アオバセセリ
アカシジミ
アカセセリ
アカタテハ
アカボシゴマダラ
アカマダラ
アゲハ
アサギマダラ
アサヒヒョウモン
アサマイチモンジ
アサマシジミ
アマミウラナミシジミ
イシガケチョウ
イチモンジセセリ
イチモンジチョウ
ウスイロオナガシジミ
ウスイロコノマチョウ
ウスイロヒョウモンモドキ
ウスキシロチョウ
ウスバキチョウ
ウスバシロショウ
ウラキンシジミ
ウラギンスジヒョウモン
ウラギンヒョウモン
ウラギンシジミ
ウラクロシジミ
ウラゴマダラシジミ
ウラジロミドリシジミ
ウラジャノメ
ウラナミアカシジミ
ウラナミシジミ
ウラナミジャノメ
ウラミスジシジミ
エゾシロチョウ
エゾスジグロシロチョウ
エゾミドリシジミ
エゾヒメシロチョウ
エルタテハ
オオイチモンジ
オオウラギンスジヒョウモン
オオウラギンヒョウモン
オオゴマシジミ
オオゴマダラ
オオシロモンセセリ
オオチャバネセセリ
オオヒカゲ
オオミスジ
オオミドリシジミ
オオムラサキ
オオモンシロチョウ
オオルリシジミ
オキナワビロードセセリ
オナガアゲハ
オナガシジミ
カバイロシジミ
カバマダラ
カラスアゲハ
カラスシジミ
カラフトセセリ
カラフトタカネキマダラセセリ
カラフトヒョウモン
カラフトルリシジミ
キアゲハ
キタアカシジミ
キタキチョウ
キタテハ
キバネセセリ
ギフチョウ
キベリタテハ
キマダラセセリ
キマダラモドキ
キマダラルリツバメ
キリシマミドリシジミ
ギンイチモンジセセリ
ギンボシヒョウモン
クジャクチョウ
クモガタヒョウモン
クモマツマキチョウ
クモマベニヒカゲ
未分類
クロアゲハ
クロコノマチョウ
クロシジミ
クロセセリ
クロツバメシジミ
クロヒカゲモドキ
クロマダラソテツシジミ
クロミドリシジミ
ゴイシシジミ
コキマダラセセリ
コジャノメ
コチャバネセセリ
コツバメ
コノハチョウ
コヒオドシ
コヒョウモン
コヒョウモンモドキ
ゴマシジミ
ゴマダラチョウ
コムラサキ
サカハチチョウ
サトキマダラヒカゲ
シータテハ
ジャコウアゲハ
ジャノメチョウ
ジョウザンシジミ
ジョウザンミドリシジミ
シルビアシジミ
シロオビアゲハ
シロオビヒメヒカゲ
スギタニルリシジミ
スジグロシロチョウ
スジグロチャバネセセリ
スジボソヤマキチョウ
スミナガシ
タカネキマダラセセリ
タカネヒカゲ
ダイセツタカネヒカゲ
ダイミョウセセリ
チャバネセセリ
チャマダラセセリ
チョウセンアカシジミ
ツバメシジミ
ツマキチョウ
ツマグロキチョウ
ツマジロウラジャノメ
ツマベニチョウ
ツマムラサキマダラ
テングチョウ
トラフシジミ
ナガサキアゲハ
ナミエシロチョウ
バナナセセリ
ハヤシミドリシジミ
ヒオドシチョウ
ヒカゲチョウ
ヒサマツミドリシジミ
ヒメアカタテハ
ヒメイチモンジセセリ
ヒメウスバシロチョウ
ヒメウラナミジャノメ
ヒメキマダラヒカゲ
ヒメギフチョウ
ヒメキマダラセセリ
ヒメシジミ
ヒメシロチョウ
ヒメジャノメ
ヒメチャマダラセセリ
ヒメヒカゲ
ヒョウモンチョウ
ヒロオビミドリシジミ
フタオチョウ
フタスジチョウ
フジミドリシジミ
ベニシジミ
ベニモンカラスシジミ
ヘリグロチャバネセセリ
ホシチャバネセセリ
ホシミスジ
ホソオチョウ
ホソバセセリ
ミズイロオナガシジミ
ミスジチョウ
ミドリシジミ
ミドリヒョウモン
ミナミキチョウ
ミヤマカラスアゲハ
ミヤマカラスシジミ
ミヤマシジミ
ミヤマシロチョウ
ミヤマセセリ
ミヤマモンキチョウ
ムモンアカシジミ
ムラサキシジミ
ムラサキツバメ
メスアカミドリシジミ
メスグロヒョウモン
モンキアゲハ
モンキチョウ
モンシロチョウ
ヤマキチョウ
ヤマキマダラヒカゲ
ヤマトシジミ
ヤマトスジグロシロチョウ
リュウキュウアサギマダラ
リュウキュウウラボシシジミ
リュウキュウウラナミジャノメ
リュウキュウヒメジャノメ
リュウキュウミスジ
リュウキュウムラサキ
リンゴシジミ
ルーミスシジミ
ルリシジミ
ルリタテハ
コゲラ
トモエガモ
ライチョウ
★ヒメウタイムシクイ
★チャキンチョウ
★マヒワ
★エゾビタキ
★タゲリ
★サバクヒタキ
★オオマシコ
★ハギマシコ
★オジロビタキ
★コミミズク
★キガシラシトド
★ベニマシコ
★ヤマシギ
★トラツグミ
★クロジ
★アカハシハジロ
★カヤクグリ
★キレンジャク
★ギンムクドリ
★ウソ
★タゲリ
★カラフトムシクイ
★ハチジョウツグミ
★ヒレンジャク
★コクマルガラス
★ルリビタキ
★アオジ
★エナガ
☆コサメビタキ
★ジョウビタキ
★ヤマガラ
☆セキレイ科
☆カモ科
☆ツル科
☆ムクドリ科
☆ムナグロ科
☆シギ科
☆カラス科
☆カイツブリ科
☆カモメ科
☆ヒタキ科
☆ツグミ科
☆キツツキ科
☆アトリ科
☆シジュウカラ科
☆ホオジロ科
☆ウグイス科
☆タカ科
☆レンジャク科
☆ハヤブサ科
☆モズ科
☆チドリ科
☆コウノトリ科
☆ハト科
☆トキ科
☆サギ科
☆ヒヨドリ科

タグ

(48)
(38)
(37)
(34)
(26)
(25)
(25)
(25)
(23)
(23)
(21)
(21)
(21)
(20)
(20)
(19)
(19)
(19)
(18)
(18)

最新のトラックバック

ウラジロミドリシジミ
from ホタルの独り言
白馬のゼフィルス
from ホタルの独り言
越冬クロコノマチョウ
from Field Notebook.
「フィールドガイド 日本..
from Field Notebook.
多摩動物公園-昆虫生態園
from Field Notebook.
花はなぜ美しいのか?
from 哲学はなぜ間違うのか?

ライフログ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ブログジャンル

自然・生物

画像一覧

カテゴリ:クロアゲハ( 7 )

クロアゲハ 後翅外縁の赤が発達して。 2014.6.20-23・沖縄25 

南西諸島の方にくると、クロアゲハの後翅の赤い斑紋列もかなり発達してくるのが楽しみです。

#1-2・クロアゲハ♀雌 2014.6.22沖縄北部 
a0146869_6461384.jpg

a0146869_6461985.jpg
 沖縄の♀雌にしてはやや控えめな赤さでしょうか。
二つ目は、オオシロモンセセリの食草である、ゲットウで。

#3-4・ジャコウアゲハ♂雄、幼虫 2014.6.23、6.20 沖縄北部 
a0146869_6495417.jpg
a0146869_6495978.jpg
 成虫は最終日の朝に杉並Mさんの言う、アゲハ蝶類が多いという場所で撮影。うまく撮影できず。
二つ目は初日の雨の合間を、横浜Uさんが渓流沿いの山道で見つけました。

#5・オキナワカラスアゲハ♂雄 2014.6.21 沖縄北部(フタオチョウの丘) 
a0146869_6524573.jpg
 証拠画像が並びますが、これもなにか極め付けであります。
今回、本種がどこかに止っている光景は一切なしでした。
ぶんぶん横を横切る♂雄たちも、結構痛んでいたものが多かったような印象です。

沖縄本島のアゲハチョウ類は、ミカドアゲハもあるし、春の出始めを狙っての訪問が必要なようです。

リュウキュウムラサキに続く。
by yoda-1 | 2014-09-12 06:56 | クロアゲハ

クロアゲハ・オナガアゲハ  極端にブロークンな個体 2014.5.10埼玉県

5/10(土)の最終回は、埼玉県比企郡でのウスバシロチョウ以外の蝶の紹介です。

#1-2・ クロアゲハ♂雄 
a0146869_5244519.jpg
a0146869_5242217.jpg
 黒系アゲハには赤いツツジがよく似合います。

#3・ クロアゲハ♀雌 
a0146869_525555.jpg
 たぶん春型♀雌は初めての撮影ですが、やや損傷している個体でした。

#4・ クロアゲハ♂雄・ブロークン 
a0146869_527817.jpg
 片方の後翅の尾状突起が残っているので、クロアゲハと識別できますが、そうでないとオナガアゲハおどちらか悩んだでしょう。
まあ、片方の後翅がなくなっても飛翔に問題ない模様です。

#5・ オナガアゲハ♂雄 吸汁@腐食物? 
a0146869_53013.jpg
 小川中央の砂地でなにか有機質の塊(獣糞?)をほおばっていました。

#6・ オナガアゲハ♀雌・ブロークン 
a0146869_53144100.jpg
 これは両後翅の大半が損失しております。
後翅の基部側が残っているからこれでも飛翔が可能なのか、後翅をまるきりとってしまうと、飛翔不能になるのか、いつか実験してみたくなります。
このようなことを記載すると、アニマル・ライツの団体からクレームが来そうですが(笑)
活動できるのであれば、懸命に生き抜いている姿は美しいと感じます。

#7-8・ カラスアゲハ♂雄、♀雌 
a0146869_53734.jpg
a0146869_537931.jpg
 どちらもいい構図で撮影したいものですが、今回その機会なしでした。

モンキアゲハ、ナガサキアゲハ、ミヤマカラスアゲハには遇えず。
この日、昨年banyanさんがオナガアゲハの幼虫を撮影し、その後同じ場所でオナガアゲハの幼虫がクロアゲハに変身していることがありました(笑) そのカラタチの場所で黒系アゲハ♀雌の飛来を少し待ちましたが、その姿なしです。産卵タイムとかあったですかね。

その他の蝶です。
#9-10・ クモガタヒョウモン♂雄 
a0146869_5415111.jpg
a0146869_5415777.jpg
 ヒョウモン類の中で早く羽化するので、この時期スポットライトを浴びます。
卵・幼虫を撮影しなくては。

#11・ トラフシジミ♀雌・春型 @トチノキ 
a0146869_5444664.jpg
 本種は多くの植物の花穂・蕾を食しているので、トチノキにも産卵したかもですが、じっくり観察する余裕なしです。

#12-15・ サカハチチョウ♂雄 @ウツギ 
a0146869_5481221.jpg
a0146869_5481721.jpg
a0146869_5482294.jpg
 小川の向こう岸にあるウツギに飛来してきた個体。
この場所では激減しているようで、この日もこの一個体のみの確認でした。
数年前は余裕で複数個体がウツギに来ていたような印象があります。

この小川にあるウツギ群落には、アオバセセリがYODA滞在中に一匹だけ飛来してきましたが、ごく短時間止っただけでよい画像になりませんでした。しかも飛翔時で写っているの翅表の感じは♂雄のようでした。
いつになったらアオバン♀雌を撮影できるのでしょうか。
by yoda-1 | 2014-05-15 05:52 | クロアゲハ

クロアゲハ ようやく覚えた幼虫の特徴。 2013.9.14-10.27埼玉県② 

日曜日のねこきちさんによる幼虫探しレッスンで、これがクロアゲハの幼虫だと示されて、ようやく9月中旬にbanyanさんに教えてもらった場所で撮影した幼虫が2匹ともオナガアゲハではなく、クロアゲハであったことを確認できました。
言われた場所に大小2匹いるので、撮影時にはこれがオナガアゲハの幼虫かと思っておりました。でも自宅でいろいろ見るとどうもオナガよりはクロアゲハの幼虫に似ており、今まで悶々としておりました。
念のためですが、banyanさんはしっかりオナガアゲハの幼虫を撮影されています。
違いとしては眼玉模様を繋ぐハチマキ部分の濃さが違うところなどでしょうか。一旦覚えると顕著に違いを実感できるのですが、今期まではアゲハ類幼虫はもう全部同じに見えたのです。(笑)

全く事前学習もなく現地に乗り込むのはこれを最後に反省しないといけません。
ミカン類に付くくアゲハ系幼虫は、もうそれは多様であり、昨日見たオナガアゲハの幼虫の場所にはクロアゲハがいるかもしれません。

◇比企丘陵 2013.9.14
#1-3・ クロアゲハ・終齢幼虫(大) @カラタチ 
a0146869_4153450.jpg
a0146869_4154282.jpg
a0146869_4155874.jpg
 当地で最初に見つけた幼虫はかなりデカいものでした。

#4-6・ クロアゲハ・終齢幼虫(小) @カラタチ 
a0146869_417928.jpg
a0146869_4171724.jpg
a0146869_4173385.jpg
 先の個体に比べるとかなり小さ目でした。
食草となるカラタチの葉はごまんとあるのに、小さくて終齢になってしまうこともあるのですね。
この辺の遺伝子レベルの多様性でしょうか。

場所は教えてもらったので、オナガアゲハの幼虫はまた来期の楽しみになりました。(苦笑)

◇イモムシランド 2013.10.27
#7-8・ クロアゲハ・終齢幼虫 @ユズ 
a0146869_4235591.jpg
a0146869_4241794.jpg
 当地ではねこきちさんにこの木にいると教えてもらってあとは自分で探せるための訓練でしたが、見えたときのアハ体験はいつも刺激になります。

ねこきちさんの案内で、樹高のあるカラスザンショウの個体も観察できました。
#9-10・ クロアゲハ・終齢幼虫 別個体@カラスザンショウ 
a0146869_4272099.jpg
a0146869_4272997.jpg
 カラスザンショウでは当然のようにカラスアゲハの幼虫を探しますが、こちらは見当たりませんでした。

先の#7-8個体のいたユズには大きな蛹もありました。
これは帰宅後のねこきちさんの検証で、ナガサキアゲハの蛹と判明です。
#11-12・ ナガサキアゲハ・蛹 @ユズ 
a0146869_4303199.jpg
a0146869_4304098.jpg
 これもお探しレッスンでしたが、なかなか自力発見できずにヒントを要求してようやく見えてきました。
逆光部位での暗い場所だし、なにかユズの葉に紛れていたのでしょうか。本当に確認した後では、これは蛹と分かりますが、見つけるまでは葉の一部でしかありません。
まだまだ修行不足を実感できました。(笑)

成虫の画像が一つもないのも寂しいので、先の比企丘陵でのナガサキアゲハを紹介です。
#13・ ナガサキアゲハ♂雄 2013.9.14 
a0146869_435356.jpg
 先のサトキマランドでの蛹は越冬しての羽化が確認できれば、ナガサキアゲハの土着例として貴重だったのですが、ねこきちさんによると、寄生された跡があるそうで、なんとも自然界は厳しいものです。

クズの花穂から採幼し、自宅で飼育していたルリシジミ・ウラナミシジミも蛹から寄生バエが出てきて蛹となりました。(涙)
その寄生バエの幼虫の出てくるシーンは目撃できずが、すぐに蛹になり、最近「ハエ」として羽化してきました。
頑張って育てて蝶の代わりにハエが出てくると、なんとも腹立たしい感じもしますが、これも生物多様性の一片なのでしょうね。(苦笑)
by yoda-1 | 2013-10-29 04:45 | クロアゲハ

クロアゲハ  やはりヒガンバナが似合う。 2013.9.21神奈川県①

この連休初日は、連休中の一番よい天気なので、長野県へ鷹の渡りを観察にいくか、この湘南地方にいくかで悩みましたが、ひょっとしてチャバネセセリの産卵シーンでも奇跡的にあるかもしれないと、まだアオバトも観ていないし、こちらに行くことにしました。

朝はいろいろ収穫放棄のミカン畑で、アゲハ類の幼虫を探しますが、nullでした。
そのようななか、新鮮なクロアゲハ♀雌が樹木に留まったのが分かり撮影しました。

#1・ クロアゲハ♀雌  08:11 
a0146869_1856239.jpg
 近くのヒガンバナで吸蜜してくれるかと期待しましたが、むなしく飛び去りました。

ヒガンバナの背景の抜ける場所で、アゲハ類の飛来を待つことにしました。
すると、午前10時になってようやく堰を切ったように、アゲハ類が4~5匹飛来してきました。
その中で新鮮だったのがクロアゲハ♀雌でした。
帰宅後に、#1の個体と比較すると、どうも同じ個体のようです。
はるばる埼玉から来たYODAの気持ちを汲んで、しばし被写体になってくれました。

#2-6・ クロアゲハ♀雌 
a0146869_1902082.jpg
a0146869_1902675.jpg
a0146869_1903127.jpg
a0146869_1903732.jpg
a0146869_1904826.jpg
 クロアゲハは黒だけで、ヒガンバナは赤色だけなので、赤と黒で、なんとも絵になる気がしてきます。(厳密には、クロアゲハには赤い斑紋がありますが、この色合いもヒガンバナレッドに近いような…)
最後の#6は、自分が思う今回のお気に入りショットで、画像クリックで1600×1200になります。

カラスアゲハ♂雄がちょっかいを出しにきて、飛び上がるも、またヒガンバナ吸蜜に戻るシーンです。
#7-9・ 同上クロアゲハ♀雌 
a0146869_1932173.jpg
a0146869_1933185.jpg
a0146869_1934090.jpg
 最後の#9では少なくとも触覚まで入ればよかったです。

#10-11・ 同上クロアゲハ♀雌 
a0146869_1954397.jpg
a0146869_1955093.jpg
 背景に青空が入ればよいのですが、なかなかそのような場所がないですよね。
でも久々の新鮮クロアゲハ♀雌との出会いは、その後の移動を気軽にしてくれました。
蝶の神様に感謝です。

蝶観察のあとは、アオバト観察へ。飛来を待つ間は塩水に触れてリフレッシュです。
その後、水盤のある野鳥観察場所へ。キビタキ♀雌ぐらいしか撮影できませんでしたが、近くでサンコウチョウの幼鳥を撮影された方がいて、水盤にも来るかもというこで、ここでやや長居をしてしまいました。
都内に急いで、shippo☆さんより教えてもらったチョウセンカマキリの場所にいくも、その近傍での渋滞で到着が17時半となり、30分で暗くなりよく探せませんでした。
その後122号を通って蓮田市に向かうも、新荒川大橋以降えらく渋滞しておりました。
連休はやはり人出が多いことを実感しました。

その他の蝶・アオバトは機会をみて紹介予定です。
by yoda-1 | 2013-09-22 19:14 | クロアゲハ

クロアゲハ  白と黒の競演  2012.5.19埼玉県⑤ 

トチノキランドの黒系アゲハには、他にクロアゲハがいましたが、モンキアゲハ、ナガサキアゲハはやってきませんでした。
これら南方系2種は2年前には近くで目撃しているので、いないことはないのでしょうが、個体数はまだ少ないのでしょう。

クロアゲハ♂雄① 09:52 
a0146869_7422084.jpg
a0146869_742865.jpg
a0146869_7424571.jpg
 最初に出会った個体は残念ながら、尾状突起の先端が少し切れていました。
なにかの難を逃れたのでしょうが、これほど微細な破損も珍しい方なのでしょうか。

クロアゲハ♂雄② 10:05 
a0146869_7445643.jpg
a0146869_7451124.jpg
a0146869_7452316.jpg
 しかし、クロアゲハは真っ黒ですが、その分翅表面にいるいろ明色系の鱗粉が散布されてりうようで、なかなか味わいを感じます。

このときは♀雌に遇えませんでしたが、豪華な紅斑の発達した♀雌個体を撮影できるのが目標です。
by yoda-1 | 2012-05-26 07:48 | クロアゲハ

クロアゲハ  ♂の白いマークは何のため?  2011.6.19山梨県

山梨県編をこれを含めてあと三回、おつき合いください。

今回は、オオミスジの交尾・孵化発見につながったモンキアゲハが主役のはずですが、YODA個人はモンキ♀の吸蜜シーンは撮影済みで、クロアゲハ♂の吸蜜シーンの方が初めてだったので、そちらを主役扱いすることにしました。

◆モンキアゲハ♀
#1~5・モンキアゲハ♀ 吸蜜・吸蜜飛翔@ムシトリナデシコ10:34-7D・280mm~98mm
a0146869_6275631.jpg
a0146869_6281257.jpg
a0146869_6282644.jpg
a0146869_6284166.jpg
a0146869_6291871.jpg
 このようなシーンでは、複眼へのピントに注意して連写あるのみですね。
#3は横画像を縦に切り出したものですが、それ意外はトリミングなし(=原画)ですが、私の場合300mmの単焦点での撮影よりは、ズームレンズ使用の方が、いろいろな状況に即応できて楽しいです。
#5は、まだ吸蜜したいのに、見えない糸で無理矢理花から引き離されているようですね。

◆クロアゲハ♂
#6~8・クロアゲハ♂ 吸蜜・吸蜜飛翔@ムシトリナデシコ10:36-7D・280mm~98mm
a0146869_6293941.jpg
a0146869_6295891.jpg
a0146869_6302521.jpg
 しばらくしてクロアゲハも吸蜜に参加です。
特に小さく感じた個体で、モンキと一緒に写る画像があればよかったのですが。

クロアゲハはモンキアゲハ同様、関東では西日本ほど個体数が多くない感じです。
子供時代は田舎が下関市だったもので、モンキアゲハやクロアゲハがなじみのアゲハチョウで、カラスアゲハ・ミヤマカラスアゲハがいると、胸が高鳴ったものですが、こちら関東では立場が逆転するので、面白いものですね。
クロアゲハとオナガアゲハの♂の後翅前縁には、#7のように目立つ横白斑があるので、雌雄の識別も容易になっていいですね。
モンキアゲハの場合、その黄色くない白紋は雌雄共通で、前後翅をずらすことで外敵を威嚇する効果があるかもしれませんが、このクロアゲハ♂の横白斑がこのような機能を持つとは想像できません。
たぶん求愛シーンとかで、雄は雌の前方に来て、この白い部分を誇示しているのかもしれません。
(おなじ仲間であることを♀に視覚的にも伝達できる??)
 オナガアゲハでの求愛飛翔の例はこちらです。

#9・クロアゲハ♀ 飛翔14:58 
a0146869_6304524.jpg
 これはウラクロシジミ観察時に、みんなの前に飛んできた後翅の紅斑の発達の顕著な♀個体でした。
留まっているシーンをじっくり撮影してみたいものです。

◆その他
#10・ナガサキアゲハ♂ 吸蜜@ウツギ11:16原画 
a0146869_631317.jpg
 オオミスジの交尾を見に戻ったときのもの。
このナガサキは前2種よりもさらに関東では個体数が少なく、YODAはまだまともに撮影できておりません。(まともな撮影=破損がほとんどない個体の撮影)

#11-#12・ジャコウアゲハ♂(別個体のよう) 吸蜜@ウツギ13:18原画,16:03
a0146869_6311851.jpg
a0146869_632121.jpg
 翅形はオナガアゲハに似るので、YODAの場合近づいて腹部の毒々しい赤色を見るまではよく識別できないのです。
これはウラクロシジミの舞う渓流沿いですが、ジャコウは人里に多い種類ですよね。

使用カメラ:
・望遠系 Canon EOS7D+EF70-200mmF4-IS-USM+1.4×使用=98~280mm
by yoda-1 | 2011-06-29 06:32 | クロアゲハ

クロアゲハ  赤い中での黒は引き立ちます。  2010.10.2栃木県

欲張りな週末におけるクロアゲハの個別紹介です。

クロアゲハは、モンキアゲハよりは北関東に多いのでしょうが、アゲハやキアゲハ、カラスアゲハ、ミヤマカラスアゲハに比べると、見る機会は少ない方でしょうか。
すべて同一の クロアゲハ♀ です。

写真1☆ クロアゲハ♀ 微開翅・吸蜜@彼岸花09:27・・少し暗めに補正。
(EOS7D+70-200F4+×1.4 193mm 1/2000 F8-0.0EV ISO2000 切り出し)
a0146869_6355090.jpg
 まずは遠くから撮影です。背景の緑、花の赤、本体の黒でいい配置と思いますが、頭部が花に隠れ気味になりました。

写真2☆ クロアゲハ♀ 小開翅・吸蜜@彼岸花09:27 7D 161mm 1/2000 F8-0.0EV ISO1000 切り出し
a0146869_6435288.jpg
 ズームがテレ端(280mm)になっていないのは、飛翔を狙っていたからです。結局、いい飛翔画像は得られませんでした。

写真3☆ クロアゲハ♀ 半開翅・吸蜜@彼岸花09:28 7D 280mm 1/2000 F8-0.0EV ISO1250 切り出し
a0146869_6442010.jpg
 この画像は、向こう側の前翅表の質感が出ていて採用です。
クロアゲハの前翅は表も裏も、このように真っ黒ではないのですが、特に模様がないので、黒アゲハになりましたです。

写真4☆ クロアゲハ♀ 半開翅・吸蜜@彼岸花09:28 7D 280mm 1/2000 F8-0.0EV ISO1000
a0146869_6444331.jpg
 赤い中での黒一点。向こう側の後翅表の様子がもっと分かるアングルであればよかったです。

写真5☆ クロアゲハ♀ 小開翅・吸蜜@彼岸花09:28 7D 280mm 1/2000 F8-0.0EV ISO1600
a0146869_6451998.jpg
 蝶本体に露出があって周辺が飛び気味ですが、がつがつしていない側面画像として採用です。

写真6☆ クロアゲハ♀ 微開翅・吸蜜@彼岸花09:28 7D 280mm 1/2000 F8-0.0EV ISO800
a0146869_6461119.jpg
 側面近接画像。 こちらの方が本来の露出ですが、翅裏の様子は写真5の方が明瞭です。

写真7★ クロアゲハ♀ 小開翅・吸蜜@彼岸花09:29 7D 235mm 1/2000 F8-0.0EV ISO1000切り出し
***画像クリックで拡大画像へ***
a0146869_6462999.jpg
 今回の自分で思うベストショットです。
元画像の高さそのままに縦画像に切り出しました。手前側の前翅に向こう側の影が落ちているのが、独自の縁模様となりました。
(翅裏面のピントは絶ピンではないのですが、複眼にはよく合いました)

写真8☆ クロアゲハ♀ 半開翅・吸蜜@彼岸花09:30 7D 98mm 1/2000 F8-0.0EV ISO1250
a0146869_6464951.jpg
 撮影場所の彼岸花群生が少し分かるシーンで。

組写真9☆ クロアゲハ♀ 開翅・吸蜜@彼岸花09:30 7D 98mm 1/2000 F8-0.0EV ISO800
a0146869_647371.jpg
 背面からの開翅画像も撮れましたが、ピントが合わなかったので、まとめて掲載です。

この後、青空と太陽を入れての広角写真にトライしようとしましたが、小川のある方へ遠くに飛んでいきました。そこには前回紹介したモンキアゲハがいたわけで、たくさん接写させてくれたし、YODAにとっては女神のようなクロアゲハ嬢でした。
by yoda-1 | 2010-10-06 06:47 | クロアゲハ