ご訪問ありがとうございます。北海道産Pieris属3種の形態比較論文partⅠ掲載の論文集がようやく発刊されました。PC訪問者数404,948-2016.11.30時点


by yoda-1

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新の記事

月刊むし2016-4月号の案内
at 2017-03-20 23:07
2016年12月の行事、推薦図書
at 2016-11-30 04:12
2016.10月22日・23..
at 2016-10-16 06:44
ウラキンシジミ♀雌のアオキ型..
at 2016-07-10 20:40
2016年7月の推薦図書(7..
at 2016-07-06 05:17
ウラギンヒョウモンを探して
at 2016-07-02 00:09
2016年4-6月の推薦図書
at 2016-06-22 06:44
ようやくのフジミドリ♂雄・開..
at 2016-05-30 05:07
この一月間(4月・5月)の活..
at 2016-05-23 04:08
ギンイチモンジセセリなど 埼..
at 2016-04-14 21:53

以前の記事

2017年 03月
2016年 11月
2016年 10月
more...

記事ランキング

検索

ファン

外部リンク

虫のしわざ観察ガイド

虫のしわざ観察ガイド
著者:新開孝
価格:1,944円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


世界のタテハチョウ図鑑

世界のタテハチョウ図鑑
著者:手代木求
価格:32,400円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


ずかんさなぎ

ずかんさなぎ
著者:鈴木知之
価格:2,894円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


◆訪問者カウンター
(設置2011.2.17)
無料


無料

無料

i2i管理
MyRSS
▼ブログ村ランキング参加中▼
/
↑たくさんの昆虫ブログをご覧になれます
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
↑たくさんの野鳥ブログをご覧になれます

◆蝶関係団体
a0146869_13204580.jpg
a0146869_311626.jpg
山口むしの会
群馬の蝶を語る会

◆外部ブログ
青森の蝶たち
てふのネイチャー写心
自然散策雑記帳
デジカメ私流
stroll
北信に舞う蝶たち
Hirokou's Field Notes
虫むしクラブ、蝶、トンボ図鑑
LOVE-BIRDS.NET
Kaze's Photo Blog
受け身の園芸
Akakkoko's自然大好き
暖蝶寒鳥
美撮りに夢中!
四季おりおり
蝶の観察記録-十勝蝶の覚書new
ごん太のブログ
「鳥撮りおやじ」の日記
月夜のくろねこ
Soceer-Boyの写真館
母袋の駱駝山
浅間山麓の蝶
My Favorite Butterflies of Japan
my蝶あるばむ
北の安曇野PHOTO DIARY
a piece of photo work
naoggio写真日記
自然からのたより
あぜみちのチョウチョ日記
Field Notebook
ホタルの独り言
markeeのシマフクブログ2nd
江田慧子の研究ブログ
アキノ隊員の鱗翅体験
そうだ沖縄に行こう!
案山子
Papilio Paradise
里山の蝶と花

お気に入りブログ

一寸の虫にも五分の魂
シニアネットとともに
登山道の管理日記
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
自然大好き
SHORE BIRDS ...
蝶・チョウ・ゆっくり歩き...
鳥蝶ビデスコ
TSUCHIYA BLOG
フィールドノート
RICKPHOTO Blog
四季彩散歩
葛西臨海公園・鳥類園Ⅱ
生きもの写真家 安田 守...
おてんとうの ちょっとええ感じ
MU's Diary
夫婦でバードウォッチング
小畔川日記
やんばるの風
探蝶逍遥記
蝶&鳥日記 2
Life with Bi...
My Berkeley ++
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
 写道
安曇野の蝶と自然
NATURE DIARY
タイの自然と風景
八重山の自然誌
Yamyam町一丁目
テトだもん!
嗚呼っっ 今日も証拠画像...
鳥平の自然だより(動物編)
N_BIRDERの野鳥b...
ORIXA's BIRD !
Birding
蝶・旅の友
くわがた散歩道
Lycaenidaeの蝶...
麻呂犬写真館  *mam...
Sippo☆のネイチャー...
花蝶風月
蝶と蜻蛉の撮影日記
北海道の野鳥探索/mar...
風任せ自由人
蝶狂人@蝶と里山の浪漫紀行
ヒメオオの寄り道
仲良し夫婦de蝶ブログ
タヒチ ランギロア ナヴ...
ぶらり探蝶記
ひらひら探検隊
Shinne`s pho...
ごっちの鳥日記
蝶・花・山~自然の色使い
くま次郎の”やんばる日記”
NPO法人 日本チョウ類...
自然の中に出かけて・・・
蝶撮日記
たかがヤマト、されどヤマト
花鳥撮三昧
ケンケン&ミントの鳥撮り...
蝶超天国
レンズ越しの I Lov...
Bird Focus
ぽん太の昆虫ブログ 1
ポータルぢゃないチョウの...
蝶散歩
ぷんたのかあさん Pho...
秩父の蝶
庭日和
超蝶
徒然なるままに  
みき♂の虫撮り友人帖
三鷹の狸のてふてふ交遊録
華蝶の夢
不思議の森の迷い人
世に倦む日日
チョウ!お気に入り
Butterfly & ...
farfalle e u...
ねこきちの自然散策雑記帳

カテゴリ

全体
☆識別検討室☆
図鑑・図書
香港の蝶
香港の野鳥【工事中断中】
☆台湾の蝶
☆探蝶記一般
蝶リスト
☆探鳥記一般
☆蛾
☆トンボ
☆ハチ・アブ
☆セミ・カメムシなど(半翅目)
☆カマキリ・バッタなど
☆甲虫
☆祝☆
☆旅ブログへのリンク
☆展示会等
☆腹部形状差
☆卵・タマゴ・eggs
☆幼虫・イモムシ・蛹
★ゼフ飼育
☆山野草
アイノミドリシジミ
アオタテハモドキ
アオスジアゲハ
アオバセセリ
アカシジミ
アカセセリ
アカタテハ
アカボシゴマダラ
アカマダラ
アゲハ
アサギマダラ
アサヒヒョウモン
アサマイチモンジ
アサマシジミ
アマミウラナミシジミ
イシガケチョウ
イチモンジセセリ
イチモンジチョウ
ウスイロオナガシジミ
ウスイロコノマチョウ
ウスイロヒョウモンモドキ
ウスキシロチョウ
ウスバキチョウ
ウスバシロショウ
ウラキンシジミ
ウラギンスジヒョウモン
ウラギンヒョウモン
ウラギンシジミ
ウラクロシジミ
ウラゴマダラシジミ
ウラジロミドリシジミ
ウラジャノメ
ウラナミアカシジミ
ウラナミシジミ
ウラナミジャノメ
ウラミスジシジミ
エゾシロチョウ
エゾスジグロシロチョウ
エゾミドリシジミ
エゾヒメシロチョウ
エルタテハ
オオイチモンジ
オオウラギンスジヒョウモン
オオウラギンヒョウモン
オオゴマシジミ
オオゴマダラ
オオシロモンセセリ
オオチャバネセセリ
オオヒカゲ
オオミスジ
オオミドリシジミ
オオムラサキ
オオモンシロチョウ
オオルリシジミ
オキナワビロードセセリ
オナガアゲハ
オナガシジミ
カバイロシジミ
カバマダラ
カラスアゲハ
カラスシジミ
カラフトセセリ
カラフトタカネキマダラセセリ
カラフトヒョウモン
カラフトルリシジミ
キアゲハ
キタアカシジミ
キタキチョウ
キタテハ
キバネセセリ
ギフチョウ
キベリタテハ
キマダラセセリ
キマダラモドキ
キマダラルリツバメ
キリシマミドリシジミ
ギンイチモンジセセリ
ギンボシヒョウモン
クジャクチョウ
クモガタヒョウモン
クモマツマキチョウ
クモマベニヒカゲ
未分類
クロアゲハ
クロコノマチョウ
クロシジミ
クロセセリ
クロツバメシジミ
クロヒカゲモドキ
クロマダラソテツシジミ
クロミドリシジミ
ゴイシシジミ
コキマダラセセリ
コジャノメ
コチャバネセセリ
コツバメ
コノハチョウ
コヒオドシ
コヒョウモン
コヒョウモンモドキ
ゴマシジミ
ゴマダラチョウ
コムラサキ
サカハチチョウ
サトキマダラヒカゲ
シータテハ
ジャコウアゲハ
ジャノメチョウ
ジョウザンシジミ
ジョウザンミドリシジミ
シルビアシジミ
シロオビアゲハ
シロオビヒメヒカゲ
スギタニルリシジミ
スジグロシロチョウ
スジグロチャバネセセリ
スジボソヤマキチョウ
スミナガシ
タカネキマダラセセリ
タカネヒカゲ
ダイセツタカネヒカゲ
ダイミョウセセリ
チャバネセセリ
チャマダラセセリ
チョウセンアカシジミ
ツバメシジミ
ツマキチョウ
ツマグロキチョウ
ツマジロウラジャノメ
ツマベニチョウ
ツマムラサキマダラ
テングチョウ
トラフシジミ
ナガサキアゲハ
ナミエシロチョウ
バナナセセリ
ハヤシミドリシジミ
ヒオドシチョウ
ヒカゲチョウ
ヒサマツミドリシジミ
ヒメアカタテハ
ヒメイチモンジセセリ
ヒメウスバシロチョウ
ヒメウラナミジャノメ
ヒメキマダラヒカゲ
ヒメギフチョウ
ヒメキマダラセセリ
ヒメシジミ
ヒメシロチョウ
ヒメジャノメ
ヒメチャマダラセセリ
ヒメヒカゲ
ヒョウモンチョウ
ヒロオビミドリシジミ
フタオチョウ
フタスジチョウ
フジミドリシジミ
ベニシジミ
ベニモンカラスシジミ
ヘリグロチャバネセセリ
ホシチャバネセセリ
ホシミスジ
ホソオチョウ
ホソバセセリ
ミズイロオナガシジミ
ミスジチョウ
ミドリシジミ
ミドリヒョウモン
ミナミキチョウ
ミヤマカラスアゲハ
ミヤマカラスシジミ
ミヤマシジミ
ミヤマシロチョウ
ミヤマセセリ
ミヤマモンキチョウ
ムモンアカシジミ
ムラサキシジミ
ムラサキツバメ
メスアカミドリシジミ
メスグロヒョウモン
モンキアゲハ
モンキチョウ
モンシロチョウ
ヤマキチョウ
ヤマキマダラヒカゲ
ヤマトシジミ
ヤマトスジグロシロチョウ
リュウキュウアサギマダラ
リュウキュウウラボシシジミ
リュウキュウウラナミジャノメ
リュウキュウヒメジャノメ
リュウキュウミスジ
リュウキュウムラサキ
リンゴシジミ
ルーミスシジミ
ルリシジミ
ルリタテハ
コゲラ
トモエガモ
ライチョウ
★ヒメウタイムシクイ
★チャキンチョウ
★マヒワ
★エゾビタキ
★タゲリ
★サバクヒタキ
★オオマシコ
★ハギマシコ
★オジロビタキ
★コミミズク
★キガシラシトド
★ベニマシコ
★ヤマシギ
★トラツグミ
★クロジ
★アカハシハジロ
★カヤクグリ
★キレンジャク
★ギンムクドリ
★ウソ
★タゲリ
★カラフトムシクイ
★ハチジョウツグミ
★ヒレンジャク
★コクマルガラス
★ルリビタキ
★アオジ
★エナガ
☆コサメビタキ
★ジョウビタキ
★ヤマガラ
☆セキレイ科
☆カモ科
☆ツル科
☆ムクドリ科
☆ムナグロ科
☆シギ科
☆カラス科
☆カイツブリ科
☆カモメ科
☆ヒタキ科
☆ツグミ科
☆キツツキ科
☆アトリ科
☆シジュウカラ科
☆ホオジロ科
☆ウグイス科
☆タカ科
☆レンジャク科
☆ハヤブサ科
☆モズ科
☆チドリ科
☆コウノトリ科
☆ハト科
☆トキ科
☆サギ科
☆ヒヨドリ科

タグ

(48)
(38)
(37)
(34)
(26)
(25)
(25)
(25)
(23)
(23)
(21)
(21)
(21)
(20)
(20)
(19)
(19)
(19)
(18)
(18)

最新のトラックバック

ウラジロミドリシジミ
from ホタルの独り言
白馬のゼフィルス
from ホタルの独り言
越冬クロコノマチョウ
from Field Notebook.
「フィールドガイド 日本..
from Field Notebook.
多摩動物公園-昆虫生態園
from Field Notebook.
花はなぜ美しいのか?
from 哲学はなぜ間違うのか?

ライフログ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ブログジャンル

自然・生物

画像一覧

カテゴリ:☆甲虫( 6 )

沖縄の甲虫 オオミドリサルハムシなど 2014.6.20-23沖縄37 

沖縄編、これを含めてあと二つにしました。

鱗翅学会・関東支部で発表するスライドの構成がほぼ決まり、作業が見えてきたので、
沖縄編終了に向けての息抜きタイムになりました。

#1-2・オオミドリサルハムシ #1:2014.6.21沖縄北部、#2:2014.6.23沖縄中部
a0146869_3375950.jpg
 
a0146869_338481.jpg
 これは綺麗なハムシで、別の場所で2回も撮影しておりました。
サルハムシ亜科というのに属しますが、このサルは前脚の感じが枝にぶら下がる猿をイメージさせるからなのでしょうか?

#3・オキナワイチモンジハムシ 2014.6.23沖縄中部 
a0146869_3453997.jpg
 本土にいる「イチモンジハムシ」とは別種とか。
一文字に並ぶ胸部黒斑がなかなか目立つのです。

#4・オキナワハンミョウ 2014.6.21沖縄北部 
a0146869_3474319.jpg
 本土産ハンミョウの沖縄亜種とか。
どこの模様が違うのか検証したいが、時間なしです。

#5・ミドリナガボソタマムシ 2014.6.23沖縄中部 
a0146869_350734.jpg
 おおこれは玉虫の仲間だったのか。コメツキムシの仲間かと思っていました。
これもフォットジェニックです。

#6・リュウキュウツヤハナムグリ 2014.6.22沖縄北部 
a0146869_3535826.jpg
 艶はあるものの、表面には小さい窪みがたくさんです。

以下のハナムグリは、よく同定できませんでした。
#7-8・ハナムグリの仲間 2014.6.20-22沖縄北部 
a0146869_3543573.jpg

a0146869_3544596.jpg
 シロテンハナムグリに似てはいるのですが…。

#9・オキナワキボシカミキリ? 2014.6.22沖縄北部 
a0146869_3563981.jpg
 この和名で合っているのでしょうか?
本土のキボシカミキリ未見です。

#10・クワガタムシの仲間 2014.6.21沖縄北部 
a0146869_4113732.jpg
 この画像で種名判定しろというのが無謀でしょうか。
当時コノハチョウ撮影に没頭しましたが、今から思うと、クワガタぐらいはしっかり撮影すべきでした。(-_-;)

鱗翅目・蜻蛉目・甲虫目以外で撮影した昆虫は、セミ一種のみでした。

#11・リュウキュウアブラゼミ 
a0146869_4135071.jpg
 他にニイニイゼミもいたような。これも本土産アブラゼミとの比較図を作成したいです(笑)

沖縄2014・最終回 野鳥などに続く。
by yoda-1 | 2014-10-12 04:15 | ☆甲虫

道東での甲虫、その他生き物  2013.7.11-13北海道25

北海道遠征前半の道東での甲虫などの紹介です。

◇初日・紋別郡 
#1・ なにかの甲虫  
a0146869_2133059.jpg
 なにか、触覚の先端が三又になるのは、ごく有名種だったような気がしますが、名前が出ません。

#2・ モンスズメ →モモスズメ (Uさんのご指摘) 
a0146869_2135056.jpg
 何か全身赤味の強い個体でしょうか。

#3・ 灯火に来る蛾 
a0146869_21353528.jpg
 層雲峡の宿泊先では、灯火にわんさか蛾が来ておりました。


◇二日目・ カラフトルリシジミのいる山
#4-5・ カラカネハナカマキリ・交尾 
a0146869_21375782.jpg
a0146869_2138786.jpg
 なかなか渋いメタリック色ではないでしょうか。
いろいろな色合いがあるのだとか。

#6-7・ シロトラカマキリ 
a0146869_21385979.jpg
a0146869_2139439.jpg
 なかなかフォトジェニックな感じです。

#8・ 苔  
a0146869_2140170.jpg
 山腹にある苔の緑になんとも癒されます。
やはり下草も生えないほどに密生させている人工林は異常です。

以下山から下りてきて、その麓で撮影です。
#9・ アオジ♂雄 
a0146869_214282.jpg
 アオジも夏は高原で繁殖ですが、囀りもかなり綺麗な印象でした。

#10-12・ カラフトモモブトハバチ 
a0146869_2143421.jpg
a0146869_21434746.jpg
a0146869_21435232.jpg
 ハバチの仲間はなんとも原始的な感じが好きであります。

移動するレンタカーの内部にいました。
#13-14・ キンメアブ 
a0146869_21485578.jpg
a0146869_2149115.jpg
 図鑑によると全国に普通とかありますが、初見でした。
こんなに触覚の長い双翅目がいるのかと少し驚きます。
新和名のキンメですが、なるほど怪しい光り具合で、次回は複眼をしっかり接写してみたいです。

◇3日目
宿泊先の出発前
#15・ ニューナイスズメ 03:57 
a0146869_21524532.jpg
 野鳥も本当に早起きであります。

#16-17・ ミヤマクワガタ♀雌 
a0146869_21532612.jpg
a0146869_21533476.jpg
 北海道ではこの辺の大型甲虫も普通に観れるようです。

#18・ エゾトンボの仲間 
a0146869_21544430.jpg
 沢林道を行き交っておりましたが、同定できうるほどに鮮明に撮影できずでした。

このオオイチモンジの新沢を引き上げる際に、エゾライチョウの親子連れに出会いましたが、これまた車窓越しの撮影でうまく撮影できずでした。

他の昆虫類・野鳥も楽しい道東へ是非お越しください。
by yoda-1 | 2013-11-16 21:58 | ☆甲虫

灯火に集まる甲虫  ゲンゴロウなど。 2013.9.7長野県

灯火に集まる昆虫の3回目は、甲虫類です。

なんと子供時代に図鑑でみながら、ちっとも生で見ることのなかったゲンゴロウが2匹飛来しておりました。
その大きさに感動やら、微妙な色合いに感動やらでした。
この並ゲンゴロウは、ゲンゴロウ一般の概念と区別するために、オオゲンゴロウと呼ぶこともあるとか。
長野県は多産地だそうですが、なかなか一般には観れないですよね。

#1-6・ ゲンゴロウ 
a0146869_2121960.jpg
a0146869_2125441.jpg
a0146869_213944.jpg
a0146869_2132060.jpg
a0146869_2133934.jpg
a0146869_2141182.jpg
 なかなかひょうきんな表情ではありませんか。
最後の画像は大きさを見てもらうためにPETボトルのキャップと一緒に撮影です。
持ち帰って家の水槽で飼いたい衝動を抑えるのが大変でした(笑)

その他の甲虫は残り2種という少なさです。
#7・ ミヤマクワガタ・小型♂雄 
a0146869_2163849.jpg
 クワガタも小さい頃はよく実家の灯火によく飛んできました。カブトムシやカナブンもそうでしたが。

#8・ シギゾウムシsp. 
a0146869_2184150.jpg
 これはなんともフォトジェニックではありませんか。
どんぐりなどの実に奥深く産卵するための野鳥のシギ類のように長い器官を持つことになったのだとか。
植物と昆虫の進化は誠に驚異です。


さて、埼玉県での昨日2013.9.16の台風一過では夕陽が綺麗でした。
a0146869_21125284.jpg
a0146869_21125821.jpg
a0146869_2113546.jpg
a0146869_21132561.jpg
a0146869_21133514.jpg
a0146869_2113561.jpg

by yoda-1 | 2013-09-17 21:15 | ☆甲虫

ミヤマクワガタ  略奪婚を目撃。  2013.7.16福島県

7/16(水)の最終報告は、ジョウザンミドリシジミ♂雄の吸樹液場所にいたミヤマクワガタです。
ここには大中小の♂雄がいて、♀雌は上方で中型の♂雄に囲われていました。
それを観て、やがて下の方にいる大型♂雄に奪われそうだとは予感しておりました。
他の場所を巡って、その場に戻ってくると、ちょうどその略奪シーンだったので、あわててコンデジで動画撮影しました。

撮影順にこの経緯を紹介します。

まず眼に入ったのはジョウザンと一緒のシーンにいる大型♂雄でした。
#1-2・ ミヤマクワガタ・大型♂雄 
a0146869_1941573.jpg
a0146869_19411588.jpg
 ゼフの吸樹液にも感動ですが、このミヤマクワガタの巨体にも感動しました。

#3・ ミヤマクワガタ・小型♂雄 
a0146869_19421399.jpg
 その下で隠れるようにいた小型の♂雄。
昨年はノコギリクワガタの小型を観てビックリでしたが、ミヤマクワガタにも小型がいるのですね。

#4・ ミヤマクワガタ・中型♂雄+♀雌 
a0146869_19435123.jpg
 大型♂雄の上方にこのカップルがいました。
大型♂雄に見つかるもの時間の問題かな・・・と感じました。

#5・ ミヤマクワガタ・ 大型♂雄による略奪シーンの動画 


咄嗟のことと、日頃動画を使い慣れていないので、ピンぼけをご容赦ください。
YODAとしてはよくTVとかでやっているカブトムシVSクワガタムシの格闘シーンが蘇りましたが、フィールドで実物を観るのもなかなかでした。

その後の大型♂雄による交尾までのショットは静止画で。
#6-9・ ミヤマクワガタの交尾 
a0146869_1952128.jpg
a0146869_1952688.jpg
a0146869_19521162.jpg
a0146869_19521685.jpg
 こうやって昆虫の世界でも、強い♂雄の遺伝子が優先されていくのでしょうか。
by yoda-1 | 2013-07-31 19:53 | ☆甲虫

ノコギリクワガタ 大中小の雄♂ 2012.8.18山梨県

8/18(土)は長野県から山梨県へ移動して、山梨県のクロヒカゲモドキの産地を探ったが、
そこにはヒメジャノメがいるだけで、全く外れてしまいました。
当地のノコギリクワガタの見れたので、紹介します。

#1-3・ノコギリクワガタ 小型・中型・大型
a0146869_727201.jpg
a0146869_728324.jpg
a0146869_7273124.jpg
YODAの子供時分では大型個体しか見たことなかったので、おおこれはという感じで眺めました。

#4・サトキマダラヒカゲ
a0146869_7274848.jpg
夏型はかように後翅亜外縁の蛇の目模様が大きくなる個体が多いみたいですね。

#5・ヒメジャノメ雌♀
a0146869_7275735.jpg
いろいろ林縁部の暗い中を見ても、出てくるのはこのジャノメチョウだけでした。

#6・キマダラツバメエダシャク
a0146869_7273933.jpg
この蛾はよく見るので、しつこく追跡して撮影です。

#7-8・ヤママユガ雌♀
a0146869_728968.jpg
a0146869_7282362.jpg
日頃灯火で観察するtこが多いので、自然にいると思わず撮影です。
#7では巨大な腹部が見るだけなので、反転させると翅をばたばたさせておりましたが、雌♀は飛翔できるのすかね??
ヤママユガとかの日中飛翔画像を撮影できれば、群馬昆虫の森・コンテストにも入選しやすいと想像しますが、なかなかそのような機会はないですよね。
(今年、応募できる画像がなくて、少し焦っております)

この日の夜は、高校の同窓会が健全にあって、翌日は山梨県北部を探蝶し、アサギマダラ・ヒメキマダラヒカゲ・クジャクチョウと少数のキベリタテハを観察しました。ポイントアドバイスのごまさんありがとうございました。
山梨県北部から奥多摩方面に抜けることで、高速道路の渋滞回避と、奥多摩でのアオバセセリ・夏型観察になる予定でしたが、蝶友に教えてもらったポイントはやや季節が過ぎていたのか、その姿なしでありました。

少し消化不良になったので、翌日月曜日も休みにして、栃木県の高所へ家族を連れて避暑にいくことにしました。
by yoda-1 | 2012-08-22 12:42 | ☆甲虫

ミヤマクワガタ ♀を守っているのか独占しているのか  2010.7.4群馬県

7月初旬の群馬県高所に戻って、ミヤマクワガタの紹介です。

写真1(再掲)☆ ミヤマクワガタ♂♀ ジャノメチョウの仲間と共に9:16
(EOS7D+70-200F4+×1.4 254mm 1/2000 F8 ISO1600 切り出し)
a0146869_645010.jpg
 ウラジャノメを追って発見した、ミヤマクワガタのいる樹木。

写真2☆ 同上ミヤマクワガタ♂♀ ♂による♀占有行為?9:17 7D 257mm 1/250 F7.1-0.0EV 強制発光 ISO400切り出し
a0146869_652637.jpg
 誰にも渡さないという強い意志を感じます。

写真3☆ 同上ミヤマクワガタ♂♀ ♂による♀占有行為?9:17 7D 261mm 1/250 F8-0.0EV 強制発光 ISO400切り出し
a0146869_654362.jpg
 微妙に位置がずれますが、渡さないぞ~の姿勢は一緒です。この後、両者は交尾をするのか、翌日も同じような姿勢なのか、いろいろ気になります。

写真4☆ ミヤマクワガタ♂② 吸汁@サクラ?9:23 7D 208mm 1/250 F6.3-0.0EV 強制発光 ISO400
a0146869_655874.jpg
 同じ樹木に4個体の♂がいましたが、これは二個体目で近いので望遠で大きく撮影できました。

写真5☆ 同上ミヤマクワガタ♂② 吸汁@サクラ?9:23 7D 208mm 1/250 F6.3-0.0EV 強制発光 ISO400
a0146869_66865.jpg
 顎(あご)の部分を大きくなるように写すと迫力も増す感じです。

写真6☆ ミヤマクワガタ♂③ 吸汁@サクラ?9:25 7D 129mm 1/250 F6.3-0.0EV 強制発光 ISO400切り出し
a0146869_662580.jpg
 こちらの撮影三個体目は、クロヒカゲと仲良く?吸汁でした。

写真7☆ ミヤマクワガタ♂② 吸汁@サクラ?10:03 7D 135mm 1/250 F6.3-0.0EV 強制発光 ISO400切り出し
a0146869_664182.jpg
 戻ってみてもそれぞれ同じ場所でした。この♂②はヤマキマダラヒカゲと仲良くしていました。

写真8☆ サクラの一種? 
a0146869_665559.jpg

 これがクワガタとジャノメチョウの仲間が吸汁していた樹木の葉ですが、ヤマザクラに似ているものの、幹の樹皮模様は横に縞が入るというから、違うように思えるし、何なのでしょうか?
by yoda-1 | 2010-07-17 06:07 | ☆甲虫