ご訪問ありがとうございます。北海道産Pieris属3種の形態比較論文partⅠ掲載の論文集がようやく発刊されました。PC訪問者数404,948-2016.11.30時点


by yoda-1

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新の記事

月刊むし2016-4月号の案内
at 2017-03-20 23:07
2016年12月の行事、推薦図書
at 2016-11-30 04:12
2016.10月22日・23..
at 2016-10-16 06:44
ウラキンシジミ♀雌のアオキ型..
at 2016-07-10 20:40
2016年7月の推薦図書(7..
at 2016-07-06 05:17
ウラギンヒョウモンを探して
at 2016-07-02 00:09
2016年4-6月の推薦図書
at 2016-06-22 06:44
ようやくのフジミドリ♂雄・開..
at 2016-05-30 05:07
この一月間(4月・5月)の活..
at 2016-05-23 04:08
ギンイチモンジセセリなど 埼..
at 2016-04-14 21:53

以前の記事

2017年 03月
2016年 11月
2016年 10月
more...

記事ランキング

検索

ファン

外部リンク

虫のしわざ観察ガイド

虫のしわざ観察ガイド
著者:新開孝
価格:1,944円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


世界のタテハチョウ図鑑

世界のタテハチョウ図鑑
著者:手代木求
価格:32,400円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


ずかんさなぎ

ずかんさなぎ
著者:鈴木知之
価格:2,894円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


◆訪問者カウンター
(設置2011.2.17)
無料


無料

無料

i2i管理
MyRSS
▼ブログ村ランキング参加中▼
/
↑たくさんの昆虫ブログをご覧になれます
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
↑たくさんの野鳥ブログをご覧になれます

◆蝶関係団体
a0146869_13204580.jpg
a0146869_311626.jpg
山口むしの会
群馬の蝶を語る会

◆外部ブログ
青森の蝶たち
てふのネイチャー写心
自然散策雑記帳
デジカメ私流
stroll
北信に舞う蝶たち
Hirokou's Field Notes
虫むしクラブ、蝶、トンボ図鑑
LOVE-BIRDS.NET
Kaze's Photo Blog
受け身の園芸
Akakkoko's自然大好き
暖蝶寒鳥
美撮りに夢中!
四季おりおり
蝶の観察記録-十勝蝶の覚書new
ごん太のブログ
「鳥撮りおやじ」の日記
月夜のくろねこ
Soceer-Boyの写真館
母袋の駱駝山
浅間山麓の蝶
My Favorite Butterflies of Japan
my蝶あるばむ
北の安曇野PHOTO DIARY
a piece of photo work
naoggio写真日記
自然からのたより
あぜみちのチョウチョ日記
Field Notebook
ホタルの独り言
markeeのシマフクブログ2nd
江田慧子の研究ブログ
アキノ隊員の鱗翅体験
そうだ沖縄に行こう!
案山子
Papilio Paradise
里山の蝶と花

フォロー中のブログ

一寸の虫にも五分の魂
シニアネットとともに
登山道の管理日記
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
自然大好き
SHORE BIRDS ...
蝶・チョウ・ゆっくり歩き...
鳥蝶ビデスコ
TSUCHIYA BLOG
フィールドノート
RICKPHOTO Blog
四季彩散歩
葛西臨海公園・鳥類園Ⅱ
生きもの写真家 安田 守...
おてんとうの ちょっとええ感じ
MU's Diary
夫婦でバードウォッチング
小畔川日記
やんばるの風
探蝶逍遥記
蝶&鳥日記 2
Life with Bi...
My Berkeley ++
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
 写道
安曇野の蝶と自然
NATURE DIARY
タイの自然と風景
八重山の自然誌
Yamyam町一丁目
テトだもん!
嗚呼っっ 今日も証拠画像...
鳥平の自然だより(動物編)
N_BIRDERの野鳥b...
ORIXA's BIRD !
Birding
蝶・旅の友
くわがた散歩道
Lycaenidaeの蝶...
麻呂犬写真館  *mam...
Sippo☆のネイチャー...
花蝶風月
蝶と蜻蛉の撮影日記
北海道の野鳥探索/mar...
風任せ自由人
蝶狂人@蝶と里山の浪漫紀行
ヒメオオの寄り道
仲良し夫婦de蝶ブログ
タヒチ ランギロア ナヴ...
ぶらり探蝶記
ひらひら探検隊
Shinne`s pho...
ごっちの鳥日記
蝶・花・山~自然の色使い
くま次郎の”やんばる日記”
NPO法人 日本チョウ類...
自然の中に出かけて・・・
蝶撮日記
たかがヤマト、されどヤマト
花鳥撮三昧
ケンケン&ミントの鳥撮り...
蝶超天国
レンズ越しの I Lov...
Bird Focus
ぽん太の昆虫ブログ 1
ポータルぢゃないチョウの...
蝶散歩
ぷんたのかあさん Pho...
秩父の蝶
庭日和
超蝶
徒然なるままに  
みき♂の虫撮り友人帖
三鷹の狸のてふてふ交遊録
華蝶の夢
不思議の森の迷い人
世に倦む日日
チョウ!お気に入り
Butterfly & ...
farfalle e u...
ねこきちの自然散策雑記帳

カテゴリ

全体
☆識別検討室☆
図鑑・図書
香港の蝶
香港の野鳥【工事中断中】
☆台湾の蝶
☆探蝶記一般
蝶リスト
☆探鳥記一般
☆蛾
☆トンボ
☆ハチ・アブ
☆セミ・カメムシなど(半翅目)
☆カマキリ・バッタなど
☆甲虫
☆祝☆
☆旅ブログへのリンク
☆展示会等
☆腹部形状差
☆卵・タマゴ・eggs
☆幼虫・イモムシ・蛹
★ゼフ飼育
☆山野草
アイノミドリシジミ
アオタテハモドキ
アオスジアゲハ
アオバセセリ
アカシジミ
アカセセリ
アカタテハ
アカボシゴマダラ
アカマダラ
アゲハ
アサギマダラ
アサヒヒョウモン
アサマイチモンジ
アサマシジミ
アマミウラナミシジミ
イシガケチョウ
イチモンジセセリ
イチモンジチョウ
ウスイロオナガシジミ
ウスイロコノマチョウ
ウスイロヒョウモンモドキ
ウスキシロチョウ
ウスバキチョウ
ウスバシロショウ
ウラキンシジミ
ウラギンスジヒョウモン
ウラギンヒョウモン
ウラギンシジミ
ウラクロシジミ
ウラゴマダラシジミ
ウラジロミドリシジミ
ウラジャノメ
ウラナミアカシジミ
ウラナミシジミ
ウラナミジャノメ
ウラミスジシジミ
エゾシロチョウ
エゾスジグロシロチョウ
エゾミドリシジミ
エゾヒメシロチョウ
エルタテハ
オオイチモンジ
オオウラギンスジヒョウモン
オオウラギンヒョウモン
オオゴマシジミ
オオゴマダラ
オオシロモンセセリ
オオチャバネセセリ
オオヒカゲ
オオミスジ
オオミドリシジミ
オオムラサキ
オオモンシロチョウ
オオルリシジミ
オキナワビロードセセリ
オナガアゲハ
オナガシジミ
カバイロシジミ
カバマダラ
カラスアゲハ
カラスシジミ
カラフトセセリ
カラフトタカネキマダラセセリ
カラフトヒョウモン
カラフトルリシジミ
キアゲハ
キタアカシジミ
キタキチョウ
キタテハ
キバネセセリ
ギフチョウ
キベリタテハ
キマダラセセリ
キマダラモドキ
キマダラルリツバメ
キリシマミドリシジミ
ギンイチモンジセセリ
ギンボシヒョウモン
クジャクチョウ
クモガタヒョウモン
クモマツマキチョウ
クモマベニヒカゲ
未分類
クロアゲハ
クロコノマチョウ
クロシジミ
クロセセリ
クロツバメシジミ
クロヒカゲモドキ
クロマダラソテツシジミ
クロミドリシジミ
ゴイシシジミ
コキマダラセセリ
コジャノメ
コチャバネセセリ
コツバメ
コノハチョウ
コヒオドシ
コヒョウモン
コヒョウモンモドキ
ゴマシジミ
ゴマダラチョウ
コムラサキ
サカハチチョウ
サトキマダラヒカゲ
シータテハ
ジャコウアゲハ
ジャノメチョウ
ジョウザンシジミ
ジョウザンミドリシジミ
シルビアシジミ
シロオビアゲハ
シロオビヒメヒカゲ
スギタニルリシジミ
スジグロシロチョウ
スジグロチャバネセセリ
スジボソヤマキチョウ
スミナガシ
タカネキマダラセセリ
タカネヒカゲ
ダイセツタカネヒカゲ
ダイミョウセセリ
チャバネセセリ
チャマダラセセリ
チョウセンアカシジミ
ツバメシジミ
ツマキチョウ
ツマグロキチョウ
ツマジロウラジャノメ
ツマベニチョウ
ツマムラサキマダラ
テングチョウ
トラフシジミ
ナガサキアゲハ
ナミエシロチョウ
バナナセセリ
ハヤシミドリシジミ
ヒオドシチョウ
ヒカゲチョウ
ヒサマツミドリシジミ
ヒメアカタテハ
ヒメイチモンジセセリ
ヒメウスバシロチョウ
ヒメウラナミジャノメ
ヒメキマダラヒカゲ
ヒメギフチョウ
ヒメキマダラセセリ
ヒメシジミ
ヒメシロチョウ
ヒメジャノメ
ヒメチャマダラセセリ
ヒメヒカゲ
ヒョウモンチョウ
ヒロオビミドリシジミ
フタオチョウ
フタスジチョウ
フジミドリシジミ
ベニシジミ
ベニモンカラスシジミ
ヘリグロチャバネセセリ
ホシチャバネセセリ
ホシミスジ
ホソオチョウ
ホソバセセリ
ミズイロオナガシジミ
ミスジチョウ
ミドリシジミ
ミドリヒョウモン
ミナミキチョウ
ミヤマカラスアゲハ
ミヤマカラスシジミ
ミヤマシジミ
ミヤマシロチョウ
ミヤマセセリ
ミヤマモンキチョウ
ムモンアカシジミ
ムラサキシジミ
ムラサキツバメ
メスアカミドリシジミ
メスグロヒョウモン
モンキアゲハ
モンキチョウ
モンシロチョウ
ヤマキチョウ
ヤマキマダラヒカゲ
ヤマトシジミ
ヤマトスジグロシロチョウ
リュウキュウアサギマダラ
リュウキュウウラボシシジミ
リュウキュウウラナミジャノメ
リュウキュウヒメジャノメ
リュウキュウミスジ
リュウキュウムラサキ
リンゴシジミ
ルーミスシジミ
ルリシジミ
ルリタテハ
コゲラ
トモエガモ
ライチョウ
★ヒメウタイムシクイ
★チャキンチョウ
★マヒワ
★エゾビタキ
★タゲリ
★サバクヒタキ
★オオマシコ
★ハギマシコ
★オジロビタキ
★コミミズク
★キガシラシトド
★ベニマシコ
★ヤマシギ
★トラツグミ
★クロジ
★アカハシハジロ
★カヤクグリ
★キレンジャク
★ギンムクドリ
★ウソ
★タゲリ
★カラフトムシクイ
★ハチジョウツグミ
★ヒレンジャク
★コクマルガラス
★ルリビタキ
★アオジ
★エナガ
☆コサメビタキ
★ジョウビタキ
★ヤマガラ
☆セキレイ科
☆カモ科
☆ツル科
☆ムクドリ科
☆ムナグロ科
☆シギ科
☆カラス科
☆カイツブリ科
☆カモメ科
☆ヒタキ科
☆ツグミ科
☆キツツキ科
☆アトリ科
☆シジュウカラ科
☆ホオジロ科
☆ウグイス科
☆タカ科
☆レンジャク科
☆ハヤブサ科
☆モズ科
☆チドリ科
☆コウノトリ科
☆ハト科
☆トキ科
☆サギ科
☆ヒヨドリ科

タグ

(48)
(38)
(37)
(34)
(26)
(25)
(25)
(25)
(23)
(23)
(21)
(21)
(21)
(20)
(20)
(19)
(19)
(19)
(18)
(18)

最新のトラックバック

ウラジロミドリシジミ
from ホタルの独り言
白馬のゼフィルス
from ホタルの独り言
越冬クロコノマチョウ
from Field Notebook.
「フィールドガイド 日本..
from Field Notebook.
多摩動物公園-昆虫生態園
from Field Notebook.
花はなぜ美しいのか?
from 哲学はなぜ間違うのか?

ライフログ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ブログジャンル

自然・生物

画像一覧

カテゴリ:ゴイシシジミ( 3 )

ゴイシシジミ  フルステージ撮影。  2013那須塩原市その4

・トップ画像  ゴイシシジミ♂雄 2013.6.13那須塩原市
a0146869_2551558.jpg
 
那須塩原の最終回は、ササに付くアブラムシまたはその分泌物を食べているゴイシシジミです。
長らく、卵や幼虫を観ることができずに、コンプレックスをいただいておりました(笑)が、いい場所に棲息しているのが発見できて、なんども再訪しました。

なかなかあの独自形状の卵が見つからずに卵の画像撮影は最後の方での観察なのですが、2013.6.11~7.24に撮影できたものをステージ順に紹介します。
よって、同一個体をモニターしているわけではありません。

#1-2・ ゴイシシジミ・卵 
a0146869_2583623.jpg
a0146869_22332639.jpg
 1枚目に2つの卵ですが、下の方は何か元気ない感じです。2枚目は健全な方のスーパーマクロ画像ですが、何故ゴイシシジミの卵はこのように扁平なのか、考えると夜も眠れなくなります。

#3-4・ ゴイシシジミ・初齢幼虫 
a0146869_344449.jpg
a0146869_35195.jpg
a0146869_353376.jpg
 3つめの画像は、幼虫が糸を吐いて巣を作って、そこで隠れながら近くを通るアブラムシを捕食するようです。

#5-6・ ゴイシシジミ・2齢幼虫、3齢幼虫 
a0146869_3123312.jpg
a0146869_3124394.jpg
 2齢幼虫はやや緑色味のある単色系ですが、3齢から背中の模様が独自になってくるようです。

#7-8・ ゴイシシジミ・4齢幼虫 
a0146869_3203419.jpg
a0146869_3204299.jpg
 前後に対である黒斑が目立ちます。

#9-11・ ゴイシシジミ・5齢=終齢幼虫 
a0146869_324933.jpg
a0146869_3242111.jpg
a0146869_3243191.jpg
 終齢になると、なにか腰部分に幅が出てきて貫禄十分になります。

#12-13・ ゴイシシジミ・前蛹 
a0146869_3272296.jpg
a0146869_327304.jpg
 何か寄生蜂が来ているようです。
この日は土曜日だったので、今から思うとどのように寄生卵を産み付けるのか観察すればよかったです。

#14-16・ ゴイシシジミ・蛹 
a0146869_3324018.jpg
a0146869_3325328.jpg
a0146869_3331691.jpg
 幼虫ステージのササの葉で蛹化するようで、タイミングがあえばあそこにもここにもの感じで見つかりました。

・羽化シーンには巡り会えず。

#17-18・ ゴイシシジミ・成虫♂雄 ・・・・トップ画像と同一個体。
a0146869_337122.jpg
a0146869_3371352.jpg
 このゴイシ模様の斑点の数が、幼虫時代に食べたアブラムシの油分が染み出てこうなるそうです。(ウソです)

#19-20・ ゴイシシジミ・成虫♀雌 
a0146869_3402791.jpg
a0146869_3403881.jpg
 ♀雌は前翅にぐっと丸みがあって、雌雄識別は容易だとされます。

#21-22・ ゴイシシジミ 成虫の食餌風景 ・・・2♂雄 
a0146869_3425029.jpg
a0146869_343157.jpg
 成虫になってもアブラムシの分泌物を舐めて栄養補給しているのだとか。

#23・ ゴイシジミ 飛翔 
a0146869_3445561.jpg
 たまにササからササに場所変えも必要なようです。

・交尾シーンは観察できず。

同様に、何故か♀雌の産卵シーンも観察できなかったですが、これは過去画像から掲載します。
#24-25・ ゴイシジミ♀雌・産卵 2012.8.28埼玉県嵐山町 
a0146869_3502874.jpg
a0146869_3503717.jpg
 2枚目にはあの円盤卵が2つ見つかります。
このとき画像整理をしておらず、卵が写っているのは今になって気が付いた次第です。
つまり撮影時は卵があると意識しての撮影ではありませんでした。(少しなさけないでしょうか)


ちょうど昨年末の蝶類学会・テングアゲハの大会では、加藤義臣博士がゴイシシジミの幼虫観察を動画で紹介されていました。この1月に発行された季刊・ゆずりはNo.60号にも、浜祥明さんのステージ画像集が記事になっております。

YODAの那須塩原市への単身赴任は、蝶観察における数々のコンプレックスを解消してくれるものでした。

余談ですが、
・フルステージ撮影:卵、幼虫、蛹、成虫
の最低4枚はあることでしょうか。
これに産卵シーンや交尾シーンがあるとよりよいのは間違いないですが、特に交尾シーンは蝶の種類によってはすごくハードルが高いですよね。
幼虫の各齢を全部フィールドで撮影するのもまあ大変であります。でも成虫は雌雄の表裏揃えたいような気もします。
そこで、
・フルステージ成虫雌雄:卵、幼虫、蛹、成虫(雌雄表裏)
・スーパーフルステージ:卵、(孵化)、幼虫・各齢、前蛹、蛹、(羽化)、成虫(雌雄裏表、季節型、亜種)、飛翔、食餌、求愛、交尾、産卵シーン.
と定義したいです(笑)  ・・・Akakokkoさんのご指摘で少し修正しました。
孵化と羽化をフィールドで撮影するのはごく希になるので、必須からはずす意味で括弧を付けました。


キタテハなどの成虫越冬する場合は、その越冬シーンも必要でしょうか。
このゴイシシジミの場合には、羽化、求愛、交尾シーンが課題です。
by yoda-1 | 2014-01-17 06:28 | ゴイシシジミ

ゴイシシジミ  開翅頻発  2012.10.14-21埼玉県

これは週末地元に帰宅しての、ゴイシシジミの撮影記録です。
今期、多くの方がゴイシシジミの卵や幼虫を撮影されており、YODAも我慢できなくなって出陣しましたが、惨敗でありました。
成虫のいる場所を教えてもらって訪問しても、なかなかアブラムシの湧いている笹が見つかりません。
でもよく開翅してくれた感じでもあるので、紹介します。

◆2012.10.14 埼玉県中央北部
#1-3・ゴイシシジミ雄♂
a0146869_731458.jpg
a0146869_7311763.jpg
a0146869_7314175.jpg
この日は、当地到着早々に「オオセイボウ」を見つけて撮影していたら、二人の撮影者が来て、ゴイシシジミのいる場所を教えてくれました。
もう午後がたいぶ回っている時刻ですが、雄♂がテリ張りする度に開翅するのですようね。
一時、180度近い全開翅もありましたが、そのときはうまく撮影できなかったのが残念です。
別の雄♂が来ると上空へもつれるように2匹が急上昇していきますが、この日は持参しているカメラのレンズが300mm×1.4で、望遠飛翔のトライもできなくて寂しい思いをしました。、
(今期、群馬昆虫の森・フォトコンテストへの出品もほぼ絶望であります。
ちなみに締め切りは10月31日(水) ⇒こちら

#4-6・ゴイシシジミ雌♀(2)、雄♂
a0146869_733154.jpg
a0146869_7333439.jpg
a0146869_733456.jpg
#5,6は、前玉外しで撮影したものです。
ゴイシシジミの雌雄差は、翅の形も違えば、頭部と腹部のプロポーションも差異が顕著で、迷うことがなくていいですね。

#7・ベニシジミ・・・前玉はずし
a0146869_7341185.jpg
折角なので、近所にいたベニシジミも追っかけては接写しましたが、全身が入らないのがやや残念です。
別途、より広角になる前玉外しを改造しましたが、フィルター径が大きすぎて、外部フラッシュをいい感じでスレーブ発光できません。(本体内蔵フラッシュのレンズ端による影が勝ってしまいます)
やがては、リングフラッシュも揃えていきたいものですが、いつになることやら。

#8・サクラ・・・十月桜(Sippo☆さんのご教示)
a0146869_7342435.jpg
その中北公園で、この時季に咲いているのが、なんとも早いですね。

ゴイシシジミの卵・幼虫をあきらめきれないYODAは翌週も出陣です。
といっても全く同じ場所ではなくて、今期目撃された「ツマグロキチョウ」の発生源があるかもと、その上流の方を散策しました。

◆2012.10.21埼玉県中央北

#9-12・ゴイシシジミ雄♂・・・#9@コナラ、#10@ササ、#11-12飛翔(原画)
a0146869_7401429.jpg
a0146869_7403657.jpg
a0146869_7405477.jpg
a0146869_7411994.jpg
小山を散策していると、結構いろいろな場所にいるものですね。
小さい銀色の点滅で、ああいるなとすぐに分かるのですが、肝心のアブラムシの付着している笹は見つかりません。
飛翔画像はこんな感じの場所でしたということで、あえて切り出し表示しておりません。(どこに写っていうのでしょう?)

#13-14・ゴイシシジミ雄♂(上と別個体)
a0146869_7415282.jpg
a0146869_7421477.jpg
あきらめてその場を離れていく帰路で、別個体がテリ張りしておりました。
もう少し鮮度がよくて、ピントもバッチリだとよかったのですが。

ゴイシシジミは、毎年この場所にいけば必ず観れるということも少ないらしく、YODAにとっては普通種でありながら、課題山積のチョウであります。
そういえば、ゴイシシジミの交尾画像も滅多に撮れないような気がしますが、どうなのでしょう。
by yoda-1 | 2012-10-25 18:27 | ゴイシシジミ

ゴイシシジミ ゴイシ模様はアブラムシの染み?  2010.7.11山口県

山口県帰省探蝶編その3では、残りの蝶たちを中心に紹介です。

写真1☆ カラスアゲハ♂ 吸水@湿めった地面16:30 2010.7.10下関市
(EOS7D+70-200F4+×1.4 185mm 1/2000 F8 ISO3200 RAW補正・切り出し)
a0146869_2225059.jpg
 短時間の秋吉台でのオオウラギン探蝶から、家内の実家で待っている母を拾って、YODAの実家へ帰る途中の山道で。
急に車を止める息子に母はあきれ顔でした。

写真2☆ 同上カラスアゲハ♂ 吸水飛翔@湿めった地面16:31 7D 98mm 1/2000 F8 ISO3200 RAW補正・切り出し
a0146869_22252259.jpg
 飛翔時にぶれないように、また被写界深度をかせぐために、1/2000-F8のマニュアル撮影です。暗がりだったので、原画は思い切り暗くなり、その暗い画像をRAW編集ソフトで修正しています。

写真3☆ 同上カラスアゲハ♂ 吸水@湿めった地面16:31 7D 98mm 1/2000 F8 ISO3200 RAW補正・切り出し
a0146869_22254397.jpg
 結構綺麗な個体ですが、もう夏型なのでしょうね。

写真4☆ ゴイシシジミ 産卵@ササ9:09 2010.7.11山陽小野田市 7D 141mm 1/250 F10 強制発光 ISO400 
a0146869_2226293.jpg
 なんと今期初見なのです。

写真5☆ ゴイシシジミ♀ 産卵@ササにいるアブラムシ9:11 
(DMC-GH1+Sigma105mmマクロF2.8 1/60 F14-1.0EV強制発光 ISO160)
a0146869_22263448.jpg
 図鑑にはアブラムシの種類が数種記載されますが、さすがに分かりませぬ。ゴイシ模様は食べられたアブラムシが作る滲みだったのですね。

写真6☆ 同上ゴイシシジミ♀ 産卵@ササにいるアブラムシ9:13 GH1-105mm 1/125 F7.1 ISO800
a0146869_22265290.jpg
 目線より上にあり、明るかったので自然光撮影も。

写真7☆ 同上ゴイシシジミ♀ 産卵@ササにいるアブラムシ9:13 GH1-105mm 1/160 F7.1 ISO640
a0146869_22271042.jpg
 自然光その2。この画像ではでかいアブラムシと小さいアブラムシがいるようですが・・・。

写真8☆ キタキチョウ♂ 吸蜜飛翔14:52 2010.7.11秋吉台 7D 98mm 1/2000 F8 ISO3200 
a0146869_2227327.jpg
 この黄色の濃さは♂です。

写真9☆ 同上キタキチョウ♂ 吸蜜@タムラソウ14:52 7D 241mm 1/400 F8 ISO640 
a0146869_22292343.jpg
 2年前に鳥蝶の写真を撮り始めてびっくりしたのが、キタキチョウの名称です。(キチョウ、ミナミキチョウ)とするか、(キタキチョウ、キチョウ)とするか、日本人の使用頻度を優先すべきと思うのは、わがままでしょうか。
今からでも再変更することを希望します。

野鳥の紹介も少し。
写真10☆ コシアカツバメ 飛翔12:24 2010.7.11長門峡
a0146869_22295339.jpg
 当日の昼食場所で。

写真11☆ ホオジロ幼鳥  休止@地面14:04 秋吉台
a0146869_22301485.jpg
オオウラギンのいた場所で。

写真12☆ アマツバメ 飛翔15:19 秋吉台
a0146869_22303353.jpg
気持ちよさそうに、草原の上空を滑空していました。
by yoda-1 | 2010-07-15 22:30 | ゴイシシジミ