ご訪問ありがとうございます。月刊むし誌上で「近縁種識別」の記事を年に4回ぐらい掲載しています。PC訪問者数445,933-2017.6.4時点


by yoda-1

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新の記事

最近の活動と月刊むし記事案内
at 2017-06-19 22:30
最近の活動と2017年春の推..
at 2017-06-04 14:07
月刊むし2016-4月号の案内
at 2017-03-20 23:07
2016年12月の行事、推薦図書
at 2016-11-30 04:12
2016.10月22日・23..
at 2016-10-16 06:44
ウラキンシジミ♀雌のアオキ型..
at 2016-07-10 20:40
2016年7月の推薦図書(7..
at 2016-07-06 05:17
ウラギンヒョウモンを探して
at 2016-07-02 00:09
2016年4-6月の推薦図書
at 2016-06-22 06:44
ようやくのフジミドリ♂雄・開..
at 2016-05-30 05:07

以前の記事

2017年 06月
2017年 03月
2016年 11月
more...

記事ランキング

検索

ファン

外部リンク

虫のしわざ観察ガイド

虫のしわざ観察ガイド
著者:新開孝
価格:1,944円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


世界のタテハチョウ図鑑

世界のタテハチョウ図鑑
著者:手代木求
価格:32,400円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


ずかんさなぎ

ずかんさなぎ
著者:鈴木知之
価格:2,894円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


◆訪問者カウンター
(設置2011.2.17)
無料


無料

無料

i2i管理
MyRSS
▼ブログ村ランキング参加中▼
/
↑たくさんの昆虫ブログをご覧になれます
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
↑たくさんの野鳥ブログをご覧になれます

◆蝶関係団体
a0146869_13204580.jpg
a0146869_311626.jpg
山口むしの会
群馬の蝶を語る会

◆外部ブログ
青森の蝶たち
てふのネイチャー写心
自然散策雑記帳
デジカメ私流
stroll
北信に舞う蝶たち
Hirokou's Field Notes
虫むしクラブ、蝶、トンボ図鑑
LOVE-BIRDS.NET
Kaze's Photo Blog
受け身の園芸
Akakkoko's自然大好き
暖蝶寒鳥
美撮りに夢中!
四季おりおり
蝶の観察記録-十勝蝶の覚書new
ごん太のブログ
「鳥撮りおやじ」の日記
月夜のくろねこ
Soceer-Boyの写真館
母袋の駱駝山
浅間山麓の蝶
My Favorite Butterflies of Japan
my蝶あるばむ
北の安曇野PHOTO DIARY
a piece of photo work
naoggio写真日記
自然からのたより
あぜみちのチョウチョ日記
Field Notebook
ホタルの独り言
markeeのシマフクブログ2nd
江田慧子の研究ブログ
アキノ隊員の鱗翅体験
そうだ沖縄に行こう!
案山子
Papilio Paradise
里山の蝶と花

フォロー中のブログ

一寸の虫にも五分の魂
シニアネットとともに
登山道の管理日記
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
自然大好き
SHORE BIRDS ...
蝶・チョウ・ゆっくり歩き...
鳥蝶ビデスコ
TSUCHIYA BLOG
フィールドノート
RICKPHOTO Blog
四季彩散歩
葛西臨海公園・鳥類園Ⅱ
生きもの写真家 安田 守...
おてんとうの ちょっとええ感じ
MU's Diary
夫婦でバードウォッチング
小畔川日記
やんばるの風
探蝶逍遥記
蝶&鳥日記 2
Life with Bi...
My Berkeley ++
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
 写道
安曇野の蝶と自然
NATURE DIARY
タイの自然と風景
八重山の自然誌
Yamyam町一丁目
テトだもん!
嗚呼っっ 今日も証拠画像...
鳥平の自然だより(動物編)
N_BIRDERの野鳥b...
ORIXA's BIRD !
Birding
蝶・旅の友
くわがた散歩道
Lycaenidaeの蝶...
麻呂犬写真館  *mam...
Sippo☆のネイチャー...
花蝶風月
蝶と蜻蛉の撮影日記
北海道の野鳥探索/mar...
風任せ自由人
蝶狂人@蝶と里山の浪漫紀行
ヒメオオの寄り道
仲良し夫婦de蝶ブログ
タヒチ ランギロア島暮ら...
ぶらり探蝶記
ひらひら探検隊
Shinne`s pho...
ごっちの鳥日記
蝶・花・山~自然の色使い
くま次郎の”やんばる日記”
NPO法人 日本チョウ類...
自然の中に出かけて・・・
蝶撮日記
たかがヤマト、されどヤマト
花鳥撮三昧
ケンケン&ミントの鳥撮り...
蝶超天国
ぽん太の昆虫ブログ 1
ポータルぢゃないチョウの...
蝶散歩
ぷんたのかあさん Pho...
秩父の蝶
庭日和
超蝶
徒然なるままに  
みき♂の虫撮り友人帖
三鷹の狸のてふてふ交遊録
華蝶の夢
不思議の森の迷い人
世に倦む日日
チョウ!お気に入り
Butterfly & ...
farfalle e u...
ねこきちの自然散策雑記帳

カテゴリ

全体
☆識別検討室☆
図鑑・図書
香港の蝶
香港の野鳥【工事中断中】
☆台湾の蝶
☆探蝶記一般
蝶リスト
☆探鳥記一般
☆蛾
☆トンボ
☆ハチ・アブ
☆セミ・カメムシなど(半翅目)
☆カマキリ・バッタなど
☆甲虫
☆祝☆
☆旅ブログへのリンク
☆展示会等
☆腹部形状差
☆卵・タマゴ・eggs
☆幼虫・イモムシ・蛹
★ゼフ飼育
☆山野草
アイノミドリシジミ
アオタテハモドキ
アオスジアゲハ
アオバセセリ
アカシジミ
アカセセリ
アカタテハ
アカボシゴマダラ
アカマダラ
アゲハ
アサギマダラ
アサヒヒョウモン
アサマイチモンジ
アサマシジミ
アマミウラナミシジミ
イシガケチョウ
イチモンジセセリ
イチモンジチョウ
ウスイロオナガシジミ
ウスイロコノマチョウ
ウスイロヒョウモンモドキ
ウスキシロチョウ
ウスバキチョウ
ウスバシロショウ
ウラキンシジミ
ウラギンスジヒョウモン
ウラギンヒョウモン
ウラギンシジミ
ウラクロシジミ
ウラゴマダラシジミ
ウラジロミドリシジミ
ウラジャノメ
ウラナミアカシジミ
ウラナミシジミ
ウラナミジャノメ
ウラミスジシジミ
エゾシロチョウ
エゾスジグロシロチョウ
エゾミドリシジミ
エゾヒメシロチョウ
エルタテハ
オオイチモンジ
オオウラギンスジヒョウモン
オオウラギンヒョウモン
オオゴマシジミ
オオゴマダラ
オオシロモンセセリ
オオチャバネセセリ
オオヒカゲ
オオミスジ
オオミドリシジミ
オオムラサキ
オオモンシロチョウ
オオルリシジミ
オキナワビロードセセリ
オナガアゲハ
オナガシジミ
カバイロシジミ
カバマダラ
カラスアゲハ
カラスシジミ
カラフトセセリ
カラフトタカネキマダラセセリ
カラフトヒョウモン
カラフトルリシジミ
キアゲハ
キタアカシジミ
キタキチョウ
キタテハ
キバネセセリ
ギフチョウ
キベリタテハ
キマダラセセリ
キマダラモドキ
キマダラルリツバメ
キリシマミドリシジミ
ギンイチモンジセセリ
ギンボシヒョウモン
クジャクチョウ
クモガタヒョウモン
クモマツマキチョウ
クモマベニヒカゲ
未分類
クロアゲハ
クロコノマチョウ
クロシジミ
クロセセリ
クロツバメシジミ
クロヒカゲモドキ
クロマダラソテツシジミ
クロミドリシジミ
ゴイシシジミ
コキマダラセセリ
コジャノメ
コチャバネセセリ
コツバメ
コノハチョウ
コヒオドシ
コヒョウモン
コヒョウモンモドキ
ゴマシジミ
ゴマダラチョウ
コムラサキ
サカハチチョウ
サトキマダラヒカゲ
シータテハ
ジャコウアゲハ
ジャノメチョウ
ジョウザンシジミ
ジョウザンミドリシジミ
シルビアシジミ
シロオビアゲハ
シロオビヒメヒカゲ
スギタニルリシジミ
スジグロシロチョウ
スジグロチャバネセセリ
スジボソヤマキチョウ
スミナガシ
タカネキマダラセセリ
タカネヒカゲ
ダイセツタカネヒカゲ
ダイミョウセセリ
チャバネセセリ
チャマダラセセリ
チョウセンアカシジミ
ツバメシジミ
ツマキチョウ
ツマグロキチョウ
ツマジロウラジャノメ
ツマベニチョウ
ツマムラサキマダラ
テングチョウ
トラフシジミ
ナガサキアゲハ
ナミエシロチョウ
バナナセセリ
ハヤシミドリシジミ
ヒオドシチョウ
ヒカゲチョウ
ヒサマツミドリシジミ
ヒメアカタテハ
ヒメイチモンジセセリ
ヒメウスバシロチョウ
ヒメウラナミジャノメ
ヒメキマダラヒカゲ
ヒメギフチョウ
ヒメキマダラセセリ
ヒメシジミ
ヒメシロチョウ
ヒメジャノメ
ヒメチャマダラセセリ
ヒメヒカゲ
ヒョウモンチョウ
ヒロオビミドリシジミ
フタオチョウ
フタスジチョウ
フジミドリシジミ
ベニシジミ
ベニモンカラスシジミ
ヘリグロチャバネセセリ
ホシチャバネセセリ
ホシミスジ
ホソオチョウ
ホソバセセリ
ミズイロオナガシジミ
ミスジチョウ
ミドリシジミ
ミドリヒョウモン
ミナミキチョウ
ミヤマカラスアゲハ
ミヤマカラスシジミ
ミヤマシジミ
ミヤマシロチョウ
ミヤマセセリ
ミヤマモンキチョウ
ムモンアカシジミ
ムラサキシジミ
ムラサキツバメ
メスアカミドリシジミ
メスグロヒョウモン
モンキアゲハ
モンキチョウ
モンシロチョウ
ヤマキチョウ
ヤマキマダラヒカゲ
ヤマトシジミ
ヤマトスジグロシロチョウ
リュウキュウアサギマダラ
リュウキュウウラボシシジミ
リュウキュウウラナミジャノメ
リュウキュウヒメジャノメ
リュウキュウミスジ
リュウキュウムラサキ
リンゴシジミ
ルーミスシジミ
ルリシジミ
ルリタテハ
コゲラ
トモエガモ
ライチョウ
★ヒメウタイムシクイ
★チャキンチョウ
★マヒワ
★エゾビタキ
★タゲリ
★サバクヒタキ
★オオマシコ
★ハギマシコ
★オジロビタキ
★コミミズク
★キガシラシトド
★ベニマシコ
★ヤマシギ
★トラツグミ
★クロジ
★アカハシハジロ
★カヤクグリ
★キレンジャク
★ギンムクドリ
★ウソ
★タゲリ
★カラフトムシクイ
★ハチジョウツグミ
★ヒレンジャク
★コクマルガラス
★ルリビタキ
★アオジ
★エナガ
☆コサメビタキ
★ジョウビタキ
★ヤマガラ
☆セキレイ科
☆カモ科
☆ツル科
☆ムクドリ科
☆ムナグロ科
☆シギ科
☆カラス科
☆カイツブリ科
☆カモメ科
☆ヒタキ科
☆ツグミ科
☆キツツキ科
☆アトリ科
☆シジュウカラ科
☆ホオジロ科
☆ウグイス科
☆タカ科
☆レンジャク科
☆ハヤブサ科
☆モズ科
☆チドリ科
☆コウノトリ科
☆ハト科
☆トキ科
☆サギ科
☆ヒヨドリ科

タグ

(48)
(38)
(37)
(34)
(26)
(25)
(25)
(25)
(23)
(23)
(21)
(21)
(21)
(20)
(20)
(19)
(19)
(19)
(18)
(18)

最新のトラックバック

ウラジロミドリシジミ
from ホタルの独り言
白馬のゼフィルス
from ホタルの独り言
越冬クロコノマチョウ
from Field Notebook.
「フィールドガイド 日本..
from Field Notebook.
多摩動物公園-昆虫生態園
from Field Notebook.
花はなぜ美しいのか?
from 哲学はなぜ間違うのか?

ライフログ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ブログジャンル

自然・生物

画像一覧

カテゴリ:ミヤマカラスアゲハ( 8 )

ミヤマカラスアゲハ  北海道産は夏も綺麗だ!! 2013.7.11-13北海道10

7月の北海道遠征に戻ります。

北海道での地域差を感じてよいのは、日本の誇る大型美蝶であるミヤマカラスアゲハが夏型でも明色の帯が顕著に目立ち綺麗であることでしょうか。
昨年では新鮮な♀雌との出会いがあり、今年は概要編で報告済みですが、新鮮な夏型♂雄に遇えました。

その他のアゲハ類を含めて、道東での登場順に紹介します。

#1-3・ ミヤマカラスアゲハ♂雄 
a0146869_722770.jpg
a0146869_72366.jpg
a0146869_724123.jpg
 初日のオオイチモンジの旧沢で。
肝心のオオイチモンジは老個体が数匹だけだったの、このミヤマンの登場で、初日の探蝶の有終の美となりました。

#4-5・ キアゲハ♂雄 
a0146869_744142.jpg
a0146869_744757.jpg
 二日目のカラフトルリの棲むお山で。
本州ではごく普通ですが、北海道jはさほど頻繁には出会えないような…。

#6・ カラスアゲハ♀雌 ・・・・3日目のオオイチモンジ新沢で。
a0146869_754831.jpg
 たぶんカラスアゲハの方にも地域的な特徴があると思うのですが、なかなか♂雄新鮮個体とかに遇えません。

次の個体が、オオイチモンジ♀雌が降臨する代わりに、沢の湿地で長らく吸水や飛翔を繰り返して、我々を十分に楽しまさせてくれました。

#7-9・ ミヤマカラスアゲハ♂雄 
a0146869_793542.jpg
a0146869_794212.jpg
a0146869_795187.jpg
 なんとクッキリした後翅裏の白帯でしょうか。
たまに吸水をやめて周囲を飛翔しますが、キベリタテハの越冬個体にしつこく追尾されて、そのまま遠くにいくのではないかとやや不安になりました。
でも、ここの吸水をやめる訳にいきませんでした(笑)

#10-13・ 同上ミヤマカラスアゲハ♂雄 ・・・#11.13は少し大き目の画像数にしています。 
a0146869_7144263.jpg
a0146869_7144764.jpg
a0146869_7145311.jpg
a0146869_7145886.jpg
 特に最後の画像は図鑑スタイルになったので、将来自分のものを出版する際には、これを使用できそうです。
(と、野望ばかりが燃え上っております・・・・・(笑))
by yoda-1 | 2013-10-30 07:16 | ミヤマカラスアゲハ

ミヤマカラスアゲハ  夏型♀雌は綺麗だ!! 2013.8.24長野県

この週末は、土曜日は自宅で家の修理や裏の草刈りで自宅監禁状態、
日曜日は天気は芳しくないものの、今期ほとんど訪問していない信州方面へ繰り出すことにしました。

まずはsippo☆さんから案内の葉書も来ていた、日本自然科学写真協会主催の第34回SSP展を安曇野市の豊科交流学習センターに観に行きました。
#1・ 豊科交流学習センター 
a0146869_20364592.jpg

毎年作品が本になっていますが、本に掲載されているものが全部展示しているわけでないようで、Sippo☆さんの作品もパネル展示がなかったので、本を買いました。ついでに昨年の分も購入です。
ダンダラさんの作品も掲載されていました。
 同時に感動したのは、併設されていた「第4回田淵行雄賞・受賞作品展」の方で、プロのカメラマンの執念のショットはそれはもう素晴らしいものでした。
ここでの開催は9/8(日)までですが、どちらも巡回展示があるので、興味ある方は検索してみてください。

ある小雨のやまない林道をいきました。
#2・ ゴイシシジミ 
a0146869_20412571.jpg
 今期那須への単身赴任でかなり観察できました。

#3-6・ ウラギンスジヒョウモン♀雌・別個体  
a0146869_20451040.jpg
a0146869_20451967.jpg
a0146869_20452867.jpg
 どれも前翅裏翅頂部付近に白斑が見える感じで♀雌のようです。
小雨の中でじっと下草に留まっていました。
それが前の2枚で、3枚目は撮影者の接近で飛んでしまった個体の次の場所での留まり姿勢です。

#7-8・ スジグロシロチョウ♀雌 
a0146869_20473117.jpg
a0146869_20473734.jpg
 ちょっとした小雨は関係ないのが、この辺の蝶でありますよね。
他にオオチャバネセセリ・イチモンジセセリも吸蜜活動しておりました。

小雨模様が改善しそうにないので、昨年の自力発見のスジグロチャバネセセリの場所に行くことしますが、なんとそのポイントをカーナビに記録しておらず、分からなくなりました。この9月に再度探す予定ですが、さすがにもういなくなっている可能性あり。するとスジグロチャバネの正面画像が撮れないわけで、少し残念であります。(そういえば今年もまたアオバセセリ夏型に逢えず、この正面画像も来期に持ち越しのようです)

仕方ないので、ムモンアカシジミの場所を再訪すると、通算で10匹ぐらいは棲息を確認できた印象です。
しかもこの場所はずっと天気がよかったみたいです。

#9-10・ ムモンアカシジミ たぶん♂雄、、♀雌 
a0146869_2056035.jpg
a0146869_20562576.jpg
 前者は前翅のとがり具合や前翅外縁の丸みのなさで♂雄のようです。
後者は透かしての画像で、前翅端の黒斑も見えるようで、また前翅の丸みもあり、♀雌のようです。(腹部も♀雌のそれですね)
閑蝶期に雌雄比較図を作成予定です。

#11・ ムモンアカシジミ♂雄 
a0146869_20593795.jpg
 やや頻繁に開翅してくれるも高い位置でうまく撮影できません。

#12-13・ ムモンアカシジミ♀雌 
a0146869_2103661.jpg
a0146869_2104150.jpg
 こうやって少し開いてくれると、♀雌とよく分かっていいですね。
花への吸蜜でなくて、ストローを伸ばして葉上のなにか美味しいものを探しているのでしょうか。

この場所では、今期未見のヤマキチョウの飛来も期待していたのですが、時刻的遅すぎたようです。
代わりに、破損のないミヤマカラスアゲハ♀雌が、ユリへの吸蜜に飛来してきました。

#14ー19・ ミヤマカラスアゲハ♀雌 吸蜜@コオニユリ 
a0146869_2161295.jpg
a0146869_21163965.jpg
a0146869_216291.jpg
a0146869_2163777.jpg
a0146869_2164761.jpg
a0146869_2165558.jpg
 少しは年末の回顧用にとっておけばよいですが、全部紹介です(笑)
今の望遠システムでは、マニュアルフォーカスにしかならないので、必死にリングを回しました。
最初の方の画像で、いかにユリと大型アゲハチョウが受粉システムでコラボレーションしているか、よく分かりますよね。大型アゲハがいないと、ユリも多様な交配を行えないしくみは、まさに生物多様性の一コマであるかのようです。

#20・ ミヤマカラスアゲハ♂雄  吸蜜@コオニユリ  
a0146869_2195112.jpg
 ♀雌が飛び去った後に、やや古い♂雄もやってきました。
こちらは滞在時間が短くて、夕陽も差さない場所でいい画像は撮れませんでした。

#21・ オギ 
a0146869_21105870.jpg
 夕陽を受けてのオギの穂が、秋の近いことを教えてくれるかのようでした。

ガソリン代も高くになり、遠征代もばかにならないですが、ミヤマン♀雌の飛来で一気に報われた思いになりました。
蝶の神様に感謝です。
・・・・表題に拘わらず、ミヤマンは春型♂雄も春型♀雌も夏型♂雄も♀雌も、全部味わいのある美種であることに変わりありません。 
by yoda-1 | 2013-08-28 21:13 | ミヤマカラスアゲハ

ミヤマカラスアゲハ  春型♀雌との邂逅  2012.5.19埼玉県②

この日5/19(土)はアオバセセリ探索の日でしたが、その前にサトキマランドに立ち寄りました。
ほどなく、新生ゴマダラチョウが2匹でたくましく樹木間を飛翔しておりました。

#1-2・ゴマダラチョウ たぶん♂雄 08:05 
a0146869_535451.jpg
a0146869_5364372.jpg
 樹上でテリ張りしている感じで、なかなか翅表が撮影できません。
飛翔を狙うも使えるものが得られませんでした。

この後トチノキランドに向かうと、駐車場にSさんの車と同じものが止まっていたので、電話すると栃木のミスジランドへ移動中とのことでした。この日ねこきちさんもbanyanさんもそっちだったようで、いろいろ成果を上げておられます。
貴重な晴天の日だったので、YODAは昨年よく再訪していなかった埼玉県北部のトチノキランド行きに迷いはありませんでした。

トチノキランド到着後に、その側に今季初見のダイミョウセセリを発見です。
#3-5・ダイミョウセセリ♂雄  09:46 
a0146869_5452429.jpg
a0146869_5452359.jpg
a0146869_5454933.jpg
 撮影しているとトチノキの花での吸蜜を始めました。
この個体は、前翅の白斑部分全体に白い鱗粉が載っています。
自分の過去画像を見ても、古い個体は前翅後縁側の白斑を除いて、この白斑上の少なくとも翅表側の鱗粉がとれてスリガラス状になっていますね。
この辺、ダンダラさんのブログを見るまでは意識しておりませんでした。

トチノキの上の方でなにか黒い紙切れが付いているように感じて、観てみると念願のミヤマン春型♀雌ではないですか!!

#6-9・ミヤマカラスアゲハ春型・♀雌 09:48・・・YODA生涯今季初見 
a0146869_5572027.jpg
a0146869_5573388.jpg
a0146869_5574531.jpg
a0146869_5575739.jpg
 光線具合もあるかもですが、少し黒色が強い個体でしょうか。
次回は、昨年のようにもっと緑味のある明るい個体にも出逢えますように。
余り贅沢なことを願うと、山の神様に愛想尽かされてもいけないですが。
by yoda-1 | 2012-05-23 06:01 | ミヤマカラスアゲハ

ミヤマカラスアゲハ  今年の出会い  2011.8.6群馬県

小蝶の掲載が続いてので、過去ものですがミヤマカラスアゲハの紹介です。(一部は掲載済みですが)

#1-3・ミヤマカラスアゲハ♂雄(別個体) 吸蜜@イケマ 
a0146869_7175654.jpg
a0146869_7181747.jpg
a0146869_7183425.jpg
 この深い緑に、ミヤマ(深山)に来たという実感が湧いてきます。

#4-6・ミヤマカラスアゲハ♀雌 吸蜜@イケマ 
a0146869_7185350.jpg
a0146869_7191040.jpg
a0146869_7192473.jpg
 ほぼキズのない♀雌個体に感激でした。

アゲハといえば、今期のブータンシボリアゲハのNHKスペシャルは感動的でした。
地球の生物多様性に感謝です。

YODAもできるだけ世界の蝶を生きた実物で見る機会を持ちたいです。
by yoda-1 | 2011-11-15 07:19 | ミヤマカラスアゲハ

ミヤマカラスアゲハ  前週より一気に個体数減少。  2011.5.21埼玉県 

同じような絵が続いて恐縮ですが、先週末の秩父半日探蝶におけるミヤマカラスアゲハです。
前週と比較して個体数は一気に減った感じでありまして、一週間も違うと同じ状況であることの方が希なのかもしれません。

◆ミヤマカラスアゲハ♂
#1・ミヤマカラスアゲハ♂ 吸蜜@ヤマツツジ08:35 
a0146869_3511555.jpg
a0146869_3531073.jpg
 くっきりとあるミヤマカラスアゲハの明色条紋。
ここまで明るいと、色紙の世界に近くなりしっとり感がない感じではあります。
#2はほぼ真っ黒画像ですが、後翅に入る一条の光が捨てがたくて掲載です。

#3・ミヤマカラスアゲハ♂ 吸蜜@ヤマツツジ09:24 
a0146869_3532564.jpg
 ほぼ側面の翅裏画像。♀個体もで狙いましたが、なかなかチャンスがありません。

◆ミヤマカラスアゲハ♀
#4ー6・ミヤマカラスアゲハ♀ 吸蜜@ヤマツツジ09:58 
a0146869_3535357.jpg
a0146869_354685.jpg
a0146869_3542721.jpg
#4:banyanさんの撮影に合流でした。まずまずの新鮮個体も逆光位置が残念です。
#5:今回のお気に入り。YODAは基本的に表も裏も一緒に撮影されている絵が好きです。
#6:上の方で全開翅になるも、脚立がないのが悲しいです。

#7ー9・同上ミヤマカラスアゲハ♀ 吸蜜@ヤマツツジ09:58
a0146869_3565138.jpg
a0146869_35709.jpg
a0146869_357953.jpg
#7-9:高さ的には絶好でしたが、光線具合は芳しくありません。でも浮き出る縁毛は幻想的でした。
アゲハチョウの仲間は垂直位置では自らを支えるために羽ばたくので、連写でこのようにいろいろな翅形になってきます。
随分印象が違ってくるものですね。

順光で緑色の発色のよい春型♀画像は、またまた課題のまま終わってしまいました。
ミヤマカラスアゲハの交尾シーンも見てみたいですね。

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
ただ今のランキング@にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています。一日一回のポチッによる皆様の励まし、よろしくお願いします。
・望遠系 Canon EOS7D+EF70-200mmF4-IS-USM+1.4×使用=98~280mm
by yoda-1 | 2011-05-27 06:15 | ミヤマカラスアゲハ

ミヤマカラスアゲハ  散々撮影を邪魔されました。  2011.5.15埼玉県

赤城姫に小山のスミナガシ・ミヤマセセリを堪能した日に帰宅すると、banyanさんより黒系アゲハのいる場所へのお誘いがありました。
週末車は独占するは、家のことは何もしないわで、非常に機嫌の悪いを家内をなだめる努力をして、前日のアゲハ類をよく撮影できていない自覚のあるYODAは、喜んでお誘いに乗ることにしました。

埼玉県の秩父方面へいき、現地で「蝶と山 てくてく写日記」のbanyanさんに合流し、ツツジのある場所に案内いただくと、三々五々アゲハチョウ類が飛来してきました。

今回は、ミヤカラスアゲハだけを時間順に紹介します。

#1・ミヤマカラスアゲハ♂ 吸蜜飛翔@ヤマツツジ09:08-7D・147mm 
a0146869_22563888.jpg
banyanさんはすでに多く撮影されていましたが、この個体は飛来を待って一緒に撮影した個体です。
その後、banyanさんは前日のアオバセセリが午前中は休止しているかもと、チェックに移動されて一人探蝶になりました。

#2-4・ミヤマカラスアゲハ♂ 吸蜜悲報@ヤマツツジ 9:28-36-7D・280mm原画×2、185mm
a0146869_2257338.jpg
a0146869_22574666.jpg
a0146869_2258168.jpg
かなり長くつき合ってくれた♂個体です。
特に#2は見事に平面状に開翅した瞬間です。

#5・ミヤマカラスアゲハ♀に群がるミヤマ♂・カラス♂ @ヤマツツジ9:47-7D・98mm
a0146869_22592333.jpg
 ツツジのたくさんある場所では最多で6個体のアゲハ類が群れていましたが、このシーンはミヤマ♀ミヤマ♂、カラス♂がアタックしているシーンです。
折角ミヤマ♀を見つけても、すぐにどこかに飛んでいきました。

◆ミヤマカラスアゲハ♀・・・#6~#13まで同一の♀個体です。
#6-10・ミヤマカラスアゲハ♀ 吸蜜飛翔@ヤマツツジ
a0146869_22594139.jpg
 

a0146869_22595238.jpg
a0146869_230843.jpg
a0146869_2303089.jpg
a0146869_2305377.jpg
#6・10:08-7D・257mm ついに念願の春型♀の撮影チャンス到来です。手前のツツジの葉が・・・。
#7・10:09-7D・202mm またすぐにミヤマ♂カラス♂がちょっかいを出しますがこれはなんとかかわします。
        なんとちょっかいを出してきた中にはミヤマセセリ♂もいました!!
#8・10:10-7D・98mm うまく開翅になりましたが、やや明るくなりすぎて緑が薄いのが残念です。
#9・10:11-7D・98mm 翅裏の撮影ですが、真横はなかなか撮れません。
#10・10:11-7D・98mm またまたミヤマ♂がちょっかいを出しに来ます。
 この後、逃げるミヤマ♀をミヤマ♂が追尾していきました。

#11-13・ミヤマカラスアゲハ 求愛飛翔10:11-7D/98mm
a0146869_2315127.jpg
a0146869_232648.jpg
a0146869_2322288.jpg
#11では前の大きい方が♀個体です。
#12の画像はどれにもピントが合っていませんが、左がミヤマ♀で、右がミヤマ♂、さらにカラス♂が参戦しようとしています。
しばらく♂は♀の前方に出てアピールするようです。(#13)
降下していかないミヤマ♀に♂はあきらめて離れていきました。

アゲハチョウ類の♀をじっくり撮影したくても、だいたい求愛してくる♂個体が来て、じっくり撮影できないことが多いみたいです。
しかたないので、♂個体の撮影です。

#14-15・ミヤマカラスアゲハ♂ 吸蜜飛翔@ヤマツツジ10:17-7D・280mm、185mm 
a0146869_23372.jpg
a0146869_2332343.jpg
少し遠い個体を狙って。#15でようやく♂翅裏の紹介です。

#16・ミヤマカラスアゲハ♀・別個体 吸蜜飛翔@ヤマツツジ 10:28-7D・208mm強制発光・原画 
a0146869_2333778.jpg
 そろそろbanyanさんのいるであろう、アオバセセリのテリ張り飛翔のある小山に移動しようとすると、別のツツジに♀個体が来ました。
逆光位置だったので、内蔵フラッシュを使用しますが、そうするとSS=1/250になってしまい、左側の翅が動体ブレしています。
順光撮影でないこともあり、どうも色合いが鈍くなりました。
2匹の♀に遇えてよかったですが、よりよい画像を狙ってリベンジしたくなる気持ちが高まります。
banyanさん、貴重な場所のご教示大変ありがとうございました。

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
ただ今のランキング@にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています。一日一回のポチッによる皆様の励まし、よろしくお願いします。
・望遠系 Canon EOS7D+EF70-200mmF4-IS-USM+1.4×使用=98~280mm
by yoda-1 | 2011-05-21 00:01 | ミヤマカラスアゲハ

ミヤマカラスアゲハ  憧れの♀は夏型の大きな個体でした。  2010.8.21長野県

過去物です。
ミヤマカラスアゲハとカラスアゲハの♀の綺麗な個体に遇うのは、蝶見を始めてからの念願の一つです。どちらも♂は、吸水場面とかで撮影は容易だと思いますが、♀は吸蜜に来る個体を期待するにしても、なかなかボロでない個体に遇えなかったのです。
あの「群馬の蝶を語る会」のアサギマダラ・マーキング会の帰路で、群蝶会のAさんと一緒に歩いた場所で、遇ったミヤマカラスアゲハ♀の紹介です。

写真1☆ ミヤマカラスアゲハ♀・夏型 半開翅・吸蜜@ブットレア16:07
(EOS7D+70-200F4+×1.4 147mm 1/1600 F8-0.0EV ISO3200 切り出し)
a0146869_5361024.jpg
 奥行きがあって、後ろの方はピントがよくないですが、左右対称性のよさで掲載です。

写真2☆ 同上・ミヤマカラスアゲハ♀・夏型 小開翅・吸蜜@ブットレア16:07 7D 202mm 1/1600 F8-0.0EV ISO3200
a0146869_5363985.jpg
 この外来のブットレアですが、小さい花が集合しているので、吸蜜で止まる時間も長くなっていいですね。

写真3☆ 同上・ミヤマカラスアゲハ♀・夏型 小開翅・吸蜜@ブットレア16:07 7D 202mm 1/1600 F8-0.0EV ISO1600切り出し
a0146869_537175.jpg
 ミヤマカラスアゲハの特徴である後翅裏の白帯も顕著です。

写真4☆ 同上・ミヤマカラスアゲハ♀・夏型 半開翅・吸蜜@ブットレア16:08 7D 223mm 1/1600 F8-0.0EV ISO3200
a0146869_538085.jpg
 このようなぶら下がりで背景が抜けているといい感じになるようですが、姿勢がいまいちのようでもあります。
両後翅の尾状突起の付け根にある欠損が目立ちます。尾状突起そののがなくなるよりいいですね。これもバード・ビークなのでしょうか?

写真5☆ 同上・ミヤマカラスアゲハ♀・夏型 半開翅・吸蜜@ブットレア16:08 7D 208mm 1/1600 F8-0.0EV ISO2500
a0146869_5383177.jpg
 いい感じで、片方の翅表に正対できました。

写真6★ 同上・ミヤマカラスアゲハ♀・夏型 半開翅・吸蜜@ブットレア16:08 7D 208mm 1/1600 F8-0.0EV ISO2000切り出し
***画像クリックで拡大画像へ***
a0146869_5384823.jpg


写真7☆ 同上・ミヤマカラスアゲハ♀・夏型 小開翅・吸蜜@ブットレア16:11 7D 208mm 1/1600 F8-0.0EV ISO2500
a0146869_5395325.jpg
 アゲハチョウ類撮影のときに、この立ち姿勢も感じよいと思います。

写真8☆ カラスアゲハ♂ 半開翅・吸蜜@ブットレア16:15 7D 215mm 1/2000 F8-0.0EV ISO2500
a0146869_5405147.jpg
 ミヤマ♀に比較すると、一回り小さいカラスアゲハが参戦してきました。
余り鮮明ではありませんが、比較のため掲載です。
前翅表亜外縁の明色帯が、ミヤマのように線状にならないのが、カラスアゲハです。
色合いが青いのはこれが♂の方だからでしょう。

写真9☆ 同上・カラスアゲハ♂ 半開翅・吸蜜@ブットレア16:15 7D 215mm 1/2000 F8-0.0EV ISO2000
a0146869_5521297.jpg
 ミヤマと違って、前翅裏の白帯は上方に広がり、後翅裏の白帯は存在しません。
ミヤマも西日本には後翅裏の白帯を欠く個体もいるので、後翅裏の白帯での判別は要注意らしいです。
このカラスアゲハの♀の新鮮個体に会える日を夢見ています。

ミヤマカラスアゲハは、ヒガンバナでの吸蜜シーン撮影、春型♀個体に遇うのが次の課題です。
より完璧な春型♀に遇うのも、今後の楽しみの一つであることは言を待ちません。
by yoda-1 | 2010-10-02 05:49 | ミヤマカラスアゲハ

ミヤマカラスアゲハ 春型るんるん気分。 2010.6.5長野県

先週末の土曜日の長野県で出会ったミヤマカラスアゲハ♂、日曜日の富山県で目撃した♀の紹介です。

写真1☆ ヤマネ? 11:14
(EOS7D+70-200F4+×1.4 280mm 1/2000 F9 ISO3200 RAW現像で明るさ補正)
a0146869_633114.jpg
 かわいい小動物がいましたが、すぐに隠れてしまったところを強引に撮影しました。

写真2☆ ミヤマカラスアゲハ♂ 飛翔11:24 7D 98mm 1/2000 F9 ISO1000 切り出し
a0146869_643417.jpg
 ミヤマの飛来に春型をちゃんと撮影した経験のないYODAは色めきます。

写真3☆ ミヤマカラスアゲハ♂ 飛翔11:25 7D 98mm 1/2000 F9 ISO1000 切り出し
a0146869_645632.jpg
 いかにも林道を飛行中の雰囲気なのでアップです。

写真4☆ 同上個体 半開翅・吸水11:25 7D 280mm 1/2000 F9 ISO2500 切り出し
a0146869_65244.jpg
 ひゃ~。近くに止まってくれました。

写真5☆ 同上個体 開翅・吸水11:25 7D 280mm 1/2000 F9 ISO2000
a0146869_665427.jpg
 開翅画像も撮影できてさらに興奮し、あまりの綺麗さに感動します。

写真6★ 同上個体 開翅・部分拡大画像11:25 7D 280mm 1/2000 F9 ISO2000 切り出し
a0146869_671176.jpg
 写真5の一つ前の画像から切り出しました。マクロ撮影でないので、詳細描写は今一歩ですが、まずまずのピントでよかったです。

写真7☆ 同上個体 開翅・吸水飛翔11:25 7D 280mm 1/2000 F9 ISO2000
a0146869_681214.jpg
 少し場所替えしますが、これは着地直前の画像になりました。

写真8★ 同上個体 開翅・吸水11:25 7D 280mm 1/2000 F9 ISO1250
a0146869_684643.jpg
 今回のベストショットでしょうか。

写真9☆ 同上個体 開翅・吸水11:25 7D 250mm 1/2000 F9 ISO2000切り出し
a0146869_693154.jpg
 前翅の輝きがなくなる角度でもありましたが、ところどころに星屑のように輝いているのが興味深いです。
この後自分の身体を少し移動させて「標本画像」にトライしましたが、これが最後の撮影でこの後飛び去ってしまいました。

組写真10☆ ミヤマカラスアゲハ♀ 2010.6.6富山県・・・生涯初見
(EOS7D+70-200F4+×1.4 147mm 1/2000 F9 ISO500 切り出し・4枚組)
a0146869_695745.jpg
 現地ではカラスアゲハ系と分かり、近くで吸水してくれないかなと思いながらの飛翔証拠画像にトライしました。
輝きが少ないので、当初カラスアゲハと思いましたが、撮影後に、カメラの液晶を見てミヤマ♀にビックリです。
はじめて見たという興奮とともに、♀なのでまずは吸水してくれなくて当然だったと思い、
次回は吸蜜シーンに遭遇したいと念じました。
でもこの画像の♀は、飛翔中に口吻を伸ばしたままですが、こんなものなのでしょうか?
by yoda-1 | 2010-06-09 23:54 | ミヤマカラスアゲハ