ご訪問ありがとうございます。月刊むし誌上で「近縁種識別」の記事を年に4回ぐらい掲載しています。PC訪問者数445,933-2017.6.4時点


by yoda-1

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新の記事

最近の活動と月刊むし記事案内
at 2017-06-19 22:30
最近の活動と2017年春の推..
at 2017-06-04 14:07
月刊むし2016-4月号の案内
at 2017-03-20 23:07
2016年12月の行事、推薦図書
at 2016-11-30 04:12
2016.10月22日・23..
at 2016-10-16 06:44
ウラキンシジミ♀雌のアオキ型..
at 2016-07-10 20:40
2016年7月の推薦図書(7..
at 2016-07-06 05:17
ウラギンヒョウモンを探して
at 2016-07-02 00:09
2016年4-6月の推薦図書
at 2016-06-22 06:44
ようやくのフジミドリ♂雄・開..
at 2016-05-30 05:07

以前の記事

2017年 06月
2017年 03月
2016年 11月
more...

記事ランキング

検索

ファン

外部リンク

虫のしわざ観察ガイド

虫のしわざ観察ガイド
著者:新開孝
価格:1,944円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


世界のタテハチョウ図鑑

世界のタテハチョウ図鑑
著者:手代木求
価格:32,400円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


ずかんさなぎ

ずかんさなぎ
著者:鈴木知之
価格:2,894円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


◆訪問者カウンター
(設置2011.2.17)
無料


無料

無料

i2i管理
MyRSS
▼ブログ村ランキング参加中▼
/
↑たくさんの昆虫ブログをご覧になれます
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
↑たくさんの野鳥ブログをご覧になれます

◆蝶関係団体
a0146869_13204580.jpg
a0146869_311626.jpg
山口むしの会
群馬の蝶を語る会

◆外部ブログ
青森の蝶たち
てふのネイチャー写心
自然散策雑記帳
デジカメ私流
stroll
北信に舞う蝶たち
Hirokou's Field Notes
虫むしクラブ、蝶、トンボ図鑑
LOVE-BIRDS.NET
Kaze's Photo Blog
受け身の園芸
Akakkoko's自然大好き
暖蝶寒鳥
美撮りに夢中!
四季おりおり
蝶の観察記録-十勝蝶の覚書new
ごん太のブログ
「鳥撮りおやじ」の日記
月夜のくろねこ
Soceer-Boyの写真館
母袋の駱駝山
浅間山麓の蝶
My Favorite Butterflies of Japan
my蝶あるばむ
北の安曇野PHOTO DIARY
a piece of photo work
naoggio写真日記
自然からのたより
あぜみちのチョウチョ日記
Field Notebook
ホタルの独り言
markeeのシマフクブログ2nd
江田慧子の研究ブログ
アキノ隊員の鱗翅体験
そうだ沖縄に行こう!
案山子
Papilio Paradise
里山の蝶と花

フォロー中のブログ

一寸の虫にも五分の魂
シニアネットとともに
登山道の管理日記
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
自然大好き
SHORE BIRDS ...
蝶・チョウ・ゆっくり歩き...
鳥蝶ビデスコ
TSUCHIYA BLOG
フィールドノート
RICKPHOTO Blog
四季彩散歩
葛西臨海公園・鳥類園Ⅱ
生きもの写真家 安田 守...
おてんとうの ちょっとええ感じ
MU's Diary
夫婦でバードウォッチング
小畔川日記
やんばるの風
探蝶逍遥記
蝶&鳥日記 2
Life with Bi...
My Berkeley ++
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
 写道
安曇野の蝶と自然
NATURE DIARY
タイの自然と風景
八重山の自然誌
Yamyam町一丁目
テトだもん!
嗚呼っっ 今日も証拠画像...
鳥平の自然だより(動物編)
N_BIRDERの野鳥b...
ORIXA's BIRD !
Birding
蝶・旅の友
くわがた散歩道
Lycaenidaeの蝶...
麻呂犬写真館  *mam...
Sippo☆のネイチャー...
花蝶風月
蝶と蜻蛉の撮影日記
北海道の野鳥探索/mar...
風任せ自由人
蝶狂人@蝶と里山の浪漫紀行
ヒメオオの寄り道
仲良し夫婦de蝶ブログ
タヒチ ランギロア島暮ら...
ぶらり探蝶記
ひらひら探検隊
Shinne`s pho...
ごっちの鳥日記
蝶・花・山~自然の色使い
くま次郎の”やんばる日記”
NPO法人 日本チョウ類...
自然の中に出かけて・・・
蝶撮日記
たかがヤマト、されどヤマト
花鳥撮三昧
ケンケン&ミントの鳥撮り...
蝶超天国
ぽん太の昆虫ブログ 1
ポータルぢゃないチョウの...
蝶散歩
ぷんたのかあさん Pho...
秩父の蝶
庭日和
超蝶
徒然なるままに  
みき♂の虫撮り友人帖
三鷹の狸のてふてふ交遊録
華蝶の夢
不思議の森の迷い人
世に倦む日日
チョウ!お気に入り
Butterfly & ...
farfalle e u...
ねこきちの自然散策雑記帳

カテゴリ

全体
☆識別検討室☆
図鑑・図書
香港の蝶
香港の野鳥【工事中断中】
☆台湾の蝶
☆探蝶記一般
蝶リスト
☆探鳥記一般
☆蛾
☆トンボ
☆ハチ・アブ
☆セミ・カメムシなど(半翅目)
☆カマキリ・バッタなど
☆甲虫
☆祝☆
☆旅ブログへのリンク
☆展示会等
☆腹部形状差
☆卵・タマゴ・eggs
☆幼虫・イモムシ・蛹
★ゼフ飼育
☆山野草
アイノミドリシジミ
アオタテハモドキ
アオスジアゲハ
アオバセセリ
アカシジミ
アカセセリ
アカタテハ
アカボシゴマダラ
アカマダラ
アゲハ
アサギマダラ
アサヒヒョウモン
アサマイチモンジ
アサマシジミ
アマミウラナミシジミ
イシガケチョウ
イチモンジセセリ
イチモンジチョウ
ウスイロオナガシジミ
ウスイロコノマチョウ
ウスイロヒョウモンモドキ
ウスキシロチョウ
ウスバキチョウ
ウスバシロショウ
ウラキンシジミ
ウラギンスジヒョウモン
ウラギンヒョウモン
ウラギンシジミ
ウラクロシジミ
ウラゴマダラシジミ
ウラジロミドリシジミ
ウラジャノメ
ウラナミアカシジミ
ウラナミシジミ
ウラナミジャノメ
ウラミスジシジミ
エゾシロチョウ
エゾスジグロシロチョウ
エゾミドリシジミ
エゾヒメシロチョウ
エルタテハ
オオイチモンジ
オオウラギンスジヒョウモン
オオウラギンヒョウモン
オオゴマシジミ
オオゴマダラ
オオシロモンセセリ
オオチャバネセセリ
オオヒカゲ
オオミスジ
オオミドリシジミ
オオムラサキ
オオモンシロチョウ
オオルリシジミ
オキナワビロードセセリ
オナガアゲハ
オナガシジミ
カバイロシジミ
カバマダラ
カラスアゲハ
カラスシジミ
カラフトセセリ
カラフトタカネキマダラセセリ
カラフトヒョウモン
カラフトルリシジミ
キアゲハ
キタアカシジミ
キタキチョウ
キタテハ
キバネセセリ
ギフチョウ
キベリタテハ
キマダラセセリ
キマダラモドキ
キマダラルリツバメ
キリシマミドリシジミ
ギンイチモンジセセリ
ギンボシヒョウモン
クジャクチョウ
クモガタヒョウモン
クモマツマキチョウ
クモマベニヒカゲ
未分類
クロアゲハ
クロコノマチョウ
クロシジミ
クロセセリ
クロツバメシジミ
クロヒカゲモドキ
クロマダラソテツシジミ
クロミドリシジミ
ゴイシシジミ
コキマダラセセリ
コジャノメ
コチャバネセセリ
コツバメ
コノハチョウ
コヒオドシ
コヒョウモン
コヒョウモンモドキ
ゴマシジミ
ゴマダラチョウ
コムラサキ
サカハチチョウ
サトキマダラヒカゲ
シータテハ
ジャコウアゲハ
ジャノメチョウ
ジョウザンシジミ
ジョウザンミドリシジミ
シルビアシジミ
シロオビアゲハ
シロオビヒメヒカゲ
スギタニルリシジミ
スジグロシロチョウ
スジグロチャバネセセリ
スジボソヤマキチョウ
スミナガシ
タカネキマダラセセリ
タカネヒカゲ
ダイセツタカネヒカゲ
ダイミョウセセリ
チャバネセセリ
チャマダラセセリ
チョウセンアカシジミ
ツバメシジミ
ツマキチョウ
ツマグロキチョウ
ツマジロウラジャノメ
ツマベニチョウ
ツマムラサキマダラ
テングチョウ
トラフシジミ
ナガサキアゲハ
ナミエシロチョウ
バナナセセリ
ハヤシミドリシジミ
ヒオドシチョウ
ヒカゲチョウ
ヒサマツミドリシジミ
ヒメアカタテハ
ヒメイチモンジセセリ
ヒメウスバシロチョウ
ヒメウラナミジャノメ
ヒメキマダラヒカゲ
ヒメギフチョウ
ヒメキマダラセセリ
ヒメシジミ
ヒメシロチョウ
ヒメジャノメ
ヒメチャマダラセセリ
ヒメヒカゲ
ヒョウモンチョウ
ヒロオビミドリシジミ
フタオチョウ
フタスジチョウ
フジミドリシジミ
ベニシジミ
ベニモンカラスシジミ
ヘリグロチャバネセセリ
ホシチャバネセセリ
ホシミスジ
ホソオチョウ
ホソバセセリ
ミズイロオナガシジミ
ミスジチョウ
ミドリシジミ
ミドリヒョウモン
ミナミキチョウ
ミヤマカラスアゲハ
ミヤマカラスシジミ
ミヤマシジミ
ミヤマシロチョウ
ミヤマセセリ
ミヤマモンキチョウ
ムモンアカシジミ
ムラサキシジミ
ムラサキツバメ
メスアカミドリシジミ
メスグロヒョウモン
モンキアゲハ
モンキチョウ
モンシロチョウ
ヤマキチョウ
ヤマキマダラヒカゲ
ヤマトシジミ
ヤマトスジグロシロチョウ
リュウキュウアサギマダラ
リュウキュウウラボシシジミ
リュウキュウウラナミジャノメ
リュウキュウヒメジャノメ
リュウキュウミスジ
リュウキュウムラサキ
リンゴシジミ
ルーミスシジミ
ルリシジミ
ルリタテハ
コゲラ
トモエガモ
ライチョウ
★ヒメウタイムシクイ
★チャキンチョウ
★マヒワ
★エゾビタキ
★タゲリ
★サバクヒタキ
★オオマシコ
★ハギマシコ
★オジロビタキ
★コミミズク
★キガシラシトド
★ベニマシコ
★ヤマシギ
★トラツグミ
★クロジ
★アカハシハジロ
★カヤクグリ
★キレンジャク
★ギンムクドリ
★ウソ
★タゲリ
★カラフトムシクイ
★ハチジョウツグミ
★ヒレンジャク
★コクマルガラス
★ルリビタキ
★アオジ
★エナガ
☆コサメビタキ
★ジョウビタキ
★ヤマガラ
☆セキレイ科
☆カモ科
☆ツル科
☆ムクドリ科
☆ムナグロ科
☆シギ科
☆カラス科
☆カイツブリ科
☆カモメ科
☆ヒタキ科
☆ツグミ科
☆キツツキ科
☆アトリ科
☆シジュウカラ科
☆ホオジロ科
☆ウグイス科
☆タカ科
☆レンジャク科
☆ハヤブサ科
☆モズ科
☆チドリ科
☆コウノトリ科
☆ハト科
☆トキ科
☆サギ科
☆ヒヨドリ科

タグ

(48)
(38)
(37)
(34)
(26)
(25)
(25)
(25)
(23)
(23)
(21)
(21)
(21)
(20)
(20)
(19)
(19)
(19)
(18)
(18)

最新のトラックバック

ウラジロミドリシジミ
from ホタルの独り言
白馬のゼフィルス
from ホタルの独り言
越冬クロコノマチョウ
from Field Notebook.
「フィールドガイド 日本..
from Field Notebook.
多摩動物公園-昆虫生態園
from Field Notebook.
花はなぜ美しいのか?
from 哲学はなぜ間違うのか?

ライフログ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ブログジャンル

自然・生物

画像一覧

カテゴリ:クロツバメシジミ( 9 )

クロツバメシジミ  今年の新成虫続々。 2014.4.19群馬県・埼玉県

◇トップ画像  春の里山の彩 
a0146869_8314853.jpg


この土曜日は天気もよく、tef-teffさんとの打ち合わせもあったので、群馬県南部から秩父市を回ってきました。
クロツバメシジミを両県で発生を確認し、群馬県南部のスギタニルリシジミの場所では、越冬キベリタテハとも遇えて、道中の春の新芽新緑・サクラ類・ツツジ類・花桃類の彩にもすごく癒されました。

3回に分けての紹介で、今回はクロツバメシジミです。

◆群馬県南部
#1-3・ クロツバメシジミ♂雄 
a0146869_8153891.jpg
a0146869_8154778.jpg
a0146869_816330.jpg
 陽気に飛び交っていたので、最初の個体はすぐに発見できました。

#6-9・ クロツバメシジミ♂雄 
a0146869_832196.jpg
a0146869_8324014.jpg
a0146869_8324637.jpg
a0146869_8325632.jpg
 クロツの翅表は基本茶系の黒色だと思いますが、光線具合でいろいろになるものまた楽しみたいです。

#10・ クロツバメシジミ ♂雄同士の追尾飛翔 
a0146869_836079.jpg
 結構擦れた個体が多く、発生開始は5日前前後でしょうか?

#11・ クロツバメシジミ♂雄 
a0146869_837079.jpg
 一通りチェックして♀雌は発見できずでした。
これからの発生なのでしょうか。

◆秩父市
まずは、昨年11月の卵の写真から紹介です。
#12-13・ クロツバメシジミ 卵@ツメレンゲ  2013.11.03 
a0146869_8401847.jpg
a0146869_8403852.jpg
 図鑑によると幼虫越冬なので、この後孵化して、幼虫でじっとあの大雪に耐えたことになります。

今回訪問すると、各段階の蛹が散見できました。
#14・ クロツバメシジミ・蛹(3枚組) 
a0146869_8465471.jpg
 右の黒さはもう今日4/20にでも羽化しそうです。(寒すぎて無理かも)

#15-17・ クロツバメシジミ♂雄 
a0146869_8485799.jpg
a0146869_8491421.jpg
a0146869_8492219.jpg
 成虫がいないにも寂しいので、上の方まで探すと、一個体を確認できました。
2枚目・3枚目はEF24-70mmのマクロモードをファインダーでピント合わせしたものですが、見事にピンボケを量産しました。逃げられても仕方ないので、ライブ拡大モードでピント合わせしないと駄目みたいです。

クロツは、年に3回から、暖地では4,5回発生するとのことなので、いつでも遇えますが、季節型がない感じなのも、焦って撮影する必要のない蝶ではあるのでしょう。

スギタニルリシジミに続く。
by yoda-1 | 2014-04-20 08:55 | クロツバメシジミ

クロツバメシジミ  止まらない羽化  2011.12.18埼玉県

秩父でのクロツバメシジミの羽化が止まらない。
本来の幼虫越冬モードにならずに、この毎朝の氷点下の気温に係わらず、毎日のように蛹が羽化しているとのことです。

因みに秩父市のyahoo天気(=気象庁)での記録は下記のようになっています。
#1・秩父の天気(最高・最低気温)2011.11月~12月19日
a0146869_5262688.jpg
 11月にも最低気温が氷点下の日がありますが、12月では12月10日以降が氷点下になっているようで、撮影日当日はー5℃でありました。
現地では、「秩父の蝶」のtef-teffさんがこまめに温度・湿度を記録されています。

#2・ツメレンゲ 
a0146869_5271487.jpg
 まだまだ元気のようでした。

#3・クロツバメシジミ・蛹 
a0146869_5275277.jpg
 各蛹はtef-teffさんの研究で、番号が振られており、50個以上がモニターされていました。
これは管内にあるので、モニター番号を逃れた蛹群です。

#4ー6・クロツバメシジミ・終齢幼虫 13:34
a0146869_5283578.jpg
a0146869_529362.jpg
a0146869_529221.jpg
 正午過ぎで暖かいのか、元気に動き回っていました。

#7・クロツバメシジミ・前蛹 
a0146869_530661.jpg
 こちらは最近蛹化モードに入った感じです。

#8・クロツバメシジミ・成虫 12:32
a0146869_5305712.jpg
 tef-teffさんによると、前日羽化した個体が、ほぼ同じ場所にいたとのことになるそうです。
寒くて飛翔活動などできなかった模様です。

#9ー12・クロツバメシジミ・当日羽化個体 12:44-54
a0146869_5321817.jpg
a0146869_5325631.jpg
a0146869_5332218.jpg
a0146869_533427.jpg
 これはその日に羽化した個体で、蛹の近くでじっとしていました。たまに日差しに日光浴する開翅行動がありました。
#10-12は強引に前玉はずしレンズで撮影したものです。
#9は画素等倍切り出し(640×640)で、他はトリミングなしの原画(5184×3456→1000×666にリサイズ)です。

通常図鑑でもクロツバメシジミの発生は暖地でも11月までであり、長野県の高標高地では9月が最終化になるそうです。越冬態は幼虫で、食草の茎の中に食い込むか、近くの落ち葉に入り込むそうです。

ここの発生場所に特有なことと言えば、間近に街路灯があり、夜も結構明るいとのことです。
ひょっとして、活動している幼虫は人工照明の影響により季節の短日化を感知できないまま、これだけ寒くなっても越冬モードに入ることがなく、羽化を繰り返しているのかもしれません。
さすがにこの気温では、成虫の活動が鈍るようで、少し憐れな感じもしますが、蛹が氷点下マイナス4℃とかにさらされても、健全に羽化するそのパワーに小蝶の逞しさを見せつけられた思いです。

貴重な観察機会も、連日のtef-teffさんの観察努力のお陰であります。
ありがとうございました。 
by yoda-1 | 2011-12-20 05:36 | クロツバメシジミ

クロツバメシジミ  念願の羽化直ぶよぶよ体に逢える。 2011.11.13埼玉県

先輩方の秩父クロツ(クロツツバメシジミ)の羽化直体の報告が続いていたので、YODAも是非その画像を撮りたいものだと、この日曜日は家族の制止を振り切って秩父方面え遠征しました。

YODAは現地に8:20に到着ですが、そこには、「てくてく写日記」のbanyanさん、「蝶の玉手箱」のcactussさん、「風任せ自由人」のmaximiechanさんがすでに羽化しそうな蛹を監視しておりました。
前日のbanyanさんの予想は、8:30と9:30の羽化予報でしたが、監視している蛹はなかなか羽化しません。

#1-2・クロツバメシジミ 9:36、9:50 
a0146869_6261658.jpg
a0146869_6282570.jpg
 天気のよい日だったので、成虫が9時半前後に飛び始めました。

#3・クロツバメシジミ 蛹 9:36 
a0146869_6292517.jpg
 cactussさんウォッチの蛹で、一時はヒビ割れが生じ始めたかとおもいきや、当日の羽化予定でなかったようです。
この一画には、羽化後の抜け殻から前蛹までさまざまなステージの蛹がまだたくさんありました。

実はちょうど9:30にmaximiechanさんが監視外の羽化個体を下の方で発見し、すでにかなり伸長していました。(9時頃の羽化では推定されます)
その個体はなぜか地方巡業の役割を担っておりました。

#4・クロツバメシジミ♂雄(当日羽化個体)@ツメレンゲ(ステージ) 10:15 
a0146869_630964.jpg
 ♂雄の貴重な翅裏画像になりました。

#5・同上クロツバメシジミ♂雄 @ツメレンゲ(ステージ) 10:39 
a0146869_6302914.jpg
 別のツメレンゲでしばらく撮影していると、本画像の左奥の場所で別の羽化個体がいました。
これもmaximiechanさんが発見ですが、この場所での撮影を4人がかりでしばらくしていながら、何故気が付かないのだと、少し苦笑いになりました。

#6-7・クロツバメシジミ♂雄(羽化個体その2)@ツメレンゲ 10:27-35 
a0146869_6305826.jpg
a0146869_631141.jpg
 YODAとしては念願のぶよぶよ体の撮影ができて嬉しかったです。
本個体はツメレンゲの根元の方で羽化して、ここまでよじ登って伸長中だった模様。10時ちょい過ぎの羽化だったのでしょうか。
四人で必死に羽化シーンを狙っていたのですが、そのすぐ近いでは少なくとも伸長前の小さい翅をもった個体が地上付近のツメレンゲの先端にいたのでした。
う~ん、これだけの精鋭が揃っていてもそのような場面に遭遇するのは難しいものですね。羽化候補の蛹監視に集中したこともあったのでしょうが、羽化直を捉える難しさを再認識です。

#8・クロツバメシジミ♂雄 吸蜜@ツメレンゲ 10:41 
a0146869_6314286.jpg
 前回の訪問時は11/3の文化の日でしたが、10日の経過でさほど開花が進んでいない印象を持ちました。

もう羽化もないだろうと、banyanさんに続けて、YODAもこの場所を11時前に移動することにしました。

皆さん、大変御世話になりました。


羽化シーンを早々に撮影しての予定が崩れたので、ヒメキマダラヒカゲ幼虫の再観察は諦めて、秩父ミューズパークの紅葉を見にいきました。

#9・イチョウ @秩父ミューズパーク 
a0146869_6321575.jpg
 初訪問でその広さ(長さ)にビックリですが、かなり落葉済みでした。

#10-12・キタキチョウ♂雄 飛翔 #10-CX5、#11-12-EOS7D+EF300mmF4.0+1.4× 
a0146869_6323036.jpg
a0146869_633866.jpg
a0146869_6332858.jpg
 当然ながら、420mmレンズではほとんどピンぼけになります。
この場所でマーク付き個体を探しましたが、目撃した2個体はマークなしでした。

#13-14・メタセコイヤの紅葉 
a0146869_6335559.jpg
a0146869_634168.jpg
 若いご夫婦がお子さんとのショットを紅葉背景に撮影しておりました。
YODA家もこのようなときもあったのかなと少ししみじみと感慨にふけました。

その後埼玉県のサトキマランドに寄って、自力での幼虫探し特訓でした。
しかし自力ではサトキマダラヒカゲの幼虫は見つからず、前回撮影し忘れたイチモンジチョウの幼虫、よく写っていなかったコムラサキの幼虫はなんとか発見です。

#15-16・ウラギンシジミ♀雌 @ススキ類 
a0146869_6344784.jpg
a0146869_635589.jpg
 水辺の周囲をひらひらしていた個体を撮影ですが、枯れたススキ類の上では結構保護色のように思いました。  

主役のクロツは幼虫越冬だそうですが、キタキチョウもウラギンシジミも成虫越冬です。
ご存じのように越冬中のウラギンシジミの観察は容易ですが、キタキチョウはどこにいるのやら状態でしょうか。
by yoda-1 | 2011-11-14 06:38 | クロツバメシジミ

クロツバメシジミ・後編  新鮮個体の縁毛は長い。  2011.11.3埼玉県

後編では、普通に見れば黒い翅表の個体と幼虫・蛹の紹介です。

#1-4・クロツバメシジミ♂雄 
a0146869_2053229.jpg
a0146869_20533448.jpg
a0146869_20535167.jpg
a0146869_2054971.jpg
 この腹部の長さと細さで、♂雄のように思いました。
前回、翅表の色が茶色だったり緑色だったりしたの紹介しましたが、普通に撮影すれば、このしっとりした黒さが持ち味のシジミチョウです。
ツバメの名称が付きますが、本家ツバメシジミのように尾状突起はさほど長くなく、後翅の長い縁毛に埋もれる感じです。

#5-7・クロツバメシジミ たぶん♂雄 
a0146869_20593123.jpg
a0146869_20595548.jpg
a0146869_2103439.jpg
 この個体はYODAに向かって飛んできた個体ですが、口吻活動はありませんでした。
カメラのストラップに留まったので、望遠用カメラをはずしての撮影になりました。
#7の側面画像での後翅縁毛の長いこと。新鮮個体だからなのか、少しは個体差もあるのか。縁毛も光線具合によりますが、基本茶色味があるようです。

次回田舎の下関市に帰省の折は、別亜種もこんな感じなのか、しっかり見ないといけません。
(クロツは、国内で3亜種に分類されるそうで、ここで紹介しているのは東日本亜種。中国四国産は西日本亜種で、九州・下関市の朝鮮半島側の個体が、朝鮮半島亜種にされています。-学研・標準図鑑より) 

◆幼虫~蛹
生態系列で紹介します。
#8-9・クロツバメシジミ 終齢幼虫(別個体) 
a0146869_211529.jpg
a0146869_2112849.jpg
 どちらも蛹化する場所を探して移動中でした。特に#9では、蟻がたかっています。
#8はダンダラさんの奥様発見、#9はbanyanさん発見です。

#10・クロツバメシジミ 前蛹 
a0146869_2115351.jpg
 まだまだ新鮮な緑色をしていました。

#11-15・クロツバメシジミ 蛹 
a0146869_2122479.jpg
a0146869_2124382.jpg
a0146869_213455.jpg
a0146869_2133798.jpg
a0146869_2144365.jpg
 一応明色から暗色の順に掲載しました。
#14・15で終齢幼虫時の頭部が側に残っているようです。
黒くなるほど、羽化の近さを感じさせますが、黒い蛹には抜け殻が残っていて、明るめの個体に残っていなかったのは、単なる偶然なのか、少し気になります。
たぶん、蛹化した場所の壁面の傾斜度による違いなのでしょう。

#16・クロツバメシジミ @ツメレンゲ 
a0146869_217104.jpg
 やはりツメレンゲにいる成虫が一番かわいいです。
by yoda-1 | 2011-11-05 21:07 | クロツバメシジミ

クロツバメシジミ・前編  念願の埼玉産がツメレンゲで。  2011.11.3埼玉県

この文化の日は、かねてより諸先輩が紹介済みであった県内のクロツバメシジミ(以下、クロツ)に遇いたくて、秩父方面に家内とゼフィーを連れて出陣しました。

当地で蛹などを撮影していると、「小畦川日記」のダンダラさんご夫婦がお見えになり、続けて「てくてく写日記」のbanyanさんも申し合わせたように来られました。
これはいい機会と、周辺で散歩している家内を呼んで、ダンダラさんの奥さんに紹介しました。もちろん、YODAの家内に将来、ダンダラさんの奥さんのように蝶を撮影するたしなみを身につけてもらう深慮があります(笑)
その思いは家内にバレバレですが、目下愛犬ゼフィーの世話でなかなかそうならない状況です。

さて、昨日は天気予報の期待どおりには晴れ間が少なく、期待の羽化シーンなどはありませんでしたが、開花の始まったツメレンゲ(クロツの食草)での吸蜜シーンもあり、久々のクロツに感激したYODAでした。蛹などの画像は後編での紹介にして、今回は成虫中心で紹介します。

#1・クロツバメシジミ♂雄 12:19 
a0146869_6194331.jpg
 天気が曇りで少し肌寒いので成虫の観察は無理そうかなというところへ、晴れ間が出てくるにつれて、成虫も飛び交うようになってきました。

#2・クロツバメシジミ♀雌? 日光浴@ツタ類の紅葉 12:45 
a0146869_62022.jpg
 なかなかツメレンゲに飛来してきません。これはbanyanさんの撮影に便乗です。

#3・クロツバメシジミ♀雌? 12:45 
a0146869_6202598.jpg
 これはすぐ近くで開翅してくれて、光線具合で緑が載った翅表画像です。
みんなで誰の緑が一番かのコンテスト状態になりました。
冬鳥季節の始まりで、YODAはEOS7D+300mm+1.4×の420mm状態での撮影になっていますが、近すぎて、F8の撮影では被写界深度も浅い感じです。

#4-7・クロツバメシジミ♂雄 吸蜜@ツメレンゲ 12:46 
a0146869_6204323.jpg
a0146869_6205869.jpg
a0146869_6211170.jpg
a0146869_621233.jpg
 ようやく念願の飛来がありました。
#5では翅裏模様の透け画像になっています。#7は光線によって翅表模様の変化する様子を3枚組にまとめました。(#7は特別に横1.6kピクセルにしていますので、お時間のある方は画像クリックしてみてください)
やはり、クロツは日差しがあってこそ楽しめますね。

#8・クロツバメシジミ♂雄 日光浴@ツメレンゲ 12:53 
a0146869_6225147.jpg
 ふたたび前翅の緑光り画像です。これは少し遠い個体なので、#3よりはボケが少ないです。


このあと、banyanさんが「秩父の蝶」のtef_teffさんと待ち合わせて、ヒメキマダラヒカゲの幼虫観察にいくというので、YODAは実際にお会いするよい機会なので参加させていただきました。
ダンダラさんご夫婦もご一緒で、秩父の紅葉を観賞しながらの移動になりました。

#9・ゼフィー @車内 
a0146869_6231125.jpg
 移動中のゼフィーです。

#10-11・紅葉 @秩父 
a0146869_6232698.jpg
a0146869_623405.jpg
 徐々に色づきはじめている模様です。

中津峡へは昨年11月中旬に紅葉を楽しみました。→旅行記2010.11.14

今回の場所をご教示くださったtef_teffさんには感謝あるのみで、実際にお会いできて大変光栄でした。またダンダラさんご夫婦と久々にご一緒できて、今期いろいろ御世話になっているbanyanさんにも、その旺盛な観察行動に便乗されていただき、ありがとうございました。
by yoda-1 | 2011-11-04 06:23 | クロツバメシジミ

クロツバメシジミ  許し難い年齢差婚  2011.5.5群馬県

連休後半の探蝶での詳細報告その4では、今期初見のクロツバメシジミです。

当地を訪問するなり、ごく新鮮な♀個体がいて、しめしめです。
近づくと飛んで場所替えするのを、なんとか綺麗なマクロ画像にしたいと追跡していると、二回りは年齢差のある古びた♂が絡んできました。
彼は親の承諾もなしに、強引に結婚を迫りました。

#1・組写真 クロツバメシジミ♀←♂ 求愛行動10:41:54~42:37-7D・98mm
a0146869_6364643.jpg
①②・突然の♂の乱入。YODAの娘はいやがって飛びます。
③④⑤・♂は娘を見失うことなく追跡しました。娘はもっと若い男がいいと行って逃げました。
⑥・「まあいいじゃないか」と娘に挨拶する♂。
⑦・「ちょっと考えさせて」と娘は歩いていきましたが・・・。
⑧・♂が後ろ向きになったかと思うと、もう結婚していました!!
本当、親の承諾もなしに、許し難い二回りは年齢差のある結婚でしたが、じっくり記念撮影することにしました。

#2・クロツバメシジミ 交尾10:44-GH1-105mm 
a0146869_637374.jpg
 本当に娘は羽化直のような天衣無縫さです。

#3・クロツバメシジミ 交尾10:49-FH100 
a0146869_6375028.jpg
 空部分のある広角画像をさらにトリミングしても、知っている人にとってもはバレバレでしょうか。

#4・クロツバメシジミ 休止@岩上10:52-GH1-105mm 
a0146869_6382081.jpg
 他の個体も観察できました。

#5-6・クロツバメシジミ♀ 産卵飛翔・産卵10:57-7D・98mm,10:59-7D・280mm原画 
a0146869_6383877.jpg
a0146869_6385339.jpg
 食草のツメレンゲで産卵に忙しい♀もいました。

#7・クロツバメシジミ 交尾11:13-GH1-105mm 
a0146869_639187.jpg
 先ほどのカップルですが、もう30分経過です。
どの程度時間をかけるものか、観察したい気持ちを我慢して、次の目的地へ移動しました。
交尾終了の♀がどのくらい時間をおいて産卵開始となるのかも、YODAの勉強課題です。

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
ただ今のランキング@にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています。一日一回のポチッによる皆様の励まし、よろしくお願いします。
・望遠系 Canon EOS7D+EF70-200mmF4-IS-USM+1.4×使用=98~280mm
・マクロ系 Panasonic GH-1+Sigma MACRO105mmF2.8 EX DG
・コンデジ Casio FH100
 
by yoda-1 | 2011-05-13 06:42 | クロツバメシジミ

クロツバメシジミ  ツメレンゲでの産卵シーン  2010.11.7群馬県

・・・お知らせ★「識別・ヒョウモン×コヒョウモン」を改訂しました
この日曜日は、天気も曇りだったので自宅で画像整理を進める予定でしたが、
パソコンを見ている内に、群蝶会の展示会にいきたくなりました。

関越道を群馬県の方へ入ると、なんとなく天気がよくなってきたので、
気がついたら、クロツバメシジミの場所に着きました。
前回は複数の採集者と遭遇して、ちゃんとまだいるのか自分の眼で確かめたい気持ちもありました。

写真1☆ クロツバメシジミ 休止@崖地11:36 7D-420mm 1/2000 F8.0 ISO3200原画
a0146869_7251023.jpg
 崖場にまずまずの個体数でした。新鮮な個体もいて、この先2週間ぐらいは十分に観察できるのではないでしょうか?

写真2☆ クロツバメシジミ♀ 半開翅・食草チェック@ツメレンゲ11:46 7D-420mm 1/640 F10.0-0.3EV ISO640縦切り出し
a0146869_7252873.jpg
 ツメレンゲの場所では、少し老体ですが♀が活動の最中でした。

写真3☆ 同上クロツバメシジミ♀ 半開翅・食草チェック@ツメレンゲ11:46 7D-420mm 1/640 F10.0-0.3EV ISO640縦切り出し
a0146869_7254262.jpg
 後翅翅表がいい感じに輝きます。

写真4☆ 同上クロツバメシジミ♀ 閉翅・産卵@ツメレンゲ11:47 7D-420mm 1/640 F10.0-0.3EV ISO640切り出し
a0146869_7255928.jpg
 そのうちツメレンゲの花部分に産卵を始めました。

写真5☆ 同上クロツバメシジミ♀ 閉翅・産卵@ツメレンゲ11:47 7D-420mm 1/800 F10.0-0.3EV ISO200縦切り出し
a0146869_7261111.jpg
 シジミチョウの♀にしてこの腹部の長さは新鮮な驚きでした。食草との関係で、♀も長い腹部が必要なことがあるようです。(ヒメシロチョウも独自の産卵ポーズで、腹部が長いですが)

写真6☆ オツネントンボ♀ 休止@草12:02 GH1-105mm 1/160 F10 ISO320原画
a0146869_7262428.jpg
 しばらく別個体を探し、新鮮なクロツを見るも撮影できない場所に逃げました。この越冬する予定のイトトンボを撮影して、群蝶会の展示会会場に急ぎました。

◆群蝶会 展示会
写真7☆ 久保田さんの作品
a0146869_726373.jpg
 YODAもこのような飛翔画像を撮影できるようになりたいです。

写真8☆ 増田さんの作品
a0146869_72649100.jpg
 赤色と黄緑色の海の中で、目の覚めるような印象。来年のヒガンバナが待ち遠しくなります。

写真9☆ 山崎さん撮影・伏島さんパネル作成によるゴイシシジミの観察記録
   ***画像クリックで拡大します。
a0146869_727485.jpg
 このプロポーズのシーンがなかなか撮影できないものだと思います。
シジミチョウの♂が一般に長い腹部を持つのは、このように腹部を曲げて腹端を複眼で見ながら、♀の腹端に合わせるためだと思います。短いと曲げにくいことが想像されます。

群蝶会の方とは、アサギマダラ・マーキング会以来の再会で、いろいろと歓談したかったのですが、自宅に車を戻す時刻が迫り、やむなく挨拶程度でその場を去りました。
buttfflowさん撮影の赤白カタクリでのギフチョウ吸蜜シーンの絵はがき、廣田さんの蝶の版画の絵はがきを記念にいただきました。

◆蓮田市
写真10☆ ヤマトシジミ 休止@枯れ草15:42 7D-420mm 1/640 F10.0 ISO3200RAW編集・切り出し
a0146869_7272126.jpg
 帰宅後近所で西日に休止モードに入る蝶たちを撮影しました。

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
↑参加してみたした。 皆様の励まし、よろしくお願いします。

a0146869_311626.jpg

by yoda-1 | 2010-11-10 07:27 | クロツバメシジミ

クロツバメシジミ  群馬での初撮影  2010.10.16群馬県

一週間遅れの報告になりすが、群馬県でのクロツバメシジミは初めてだったので、紹介します。

昨年はこの場所近傍を探しまくったのですが、12月にあったチョウ類保全協会のシンポジウムで詳しい方にお伺いしていたポイントでした。ヒメオオさんを誘っての訪問なので、果たしているのかどうか、場所が合っているのかどうか、少し不安になりながらの訪問でした。

写真1☆ クロツバメシジミ♂ 開翅・休止@枯れ草10:08
(EOS7D+70-200F4+×1.4 280mm 1/2000 F8-0.0EV ISO2500 切り出し)
a0146869_1922624.jpg
 早々に新鮮な個体がいてよかったです。
接写しようにも、すぐに崖の上の方へ飛んでいきました。
他に個体が溢れている感じでもないので、柿の木に群れているキタテハをしばらく撮影することにしました。

写真2☆ アカタテハ 半開翅・吸汁@柿の実10:09 7D 161mm 1/2000 F8 ISO1250
a0146869_1925610.jpg
 無数のキタテハの中で紅一点でした。

写真3☆ キタテハ 開翅・吸汁@柿の実10:10 7D 161mm 1/2000 F8 ISO3200
a0146869_1932965.jpg
 余りのキタテハ集結ぶりにビックリでした。後日単独紹介予定です。

写真4☆ クロツバメシジミ♂ 半開翅・休止@崖場10:18 
(DMC-GH1+Sigma105mmマクロF2.8 1/160 F8-0.0EV ISO200)
a0146869_1935467.jpg
 少し擦れている感じの♂。
このマクロ系で使用しているPanasonicのカメラは軽いのがいいですね。
マイクロフォーザースなので、フォーサーズ用のSigmaレンズをアダプターリングを嵌めての使用です。なので、オートフォーカスになっていませんし、レンズ内手ぶれ補正機能もありません。
マイクロフォーサーズ用では45mmのレンズをこのSigma105mmが故障したときに購入していますが、これは近すぎて蝶の方が逃げてしまうので逃げる昆虫撮影用としては汎用性がありません。
マイクロフォーサーズも利用者が増えて、交換レンズも多様になることを願っています。

写真5☆ 同上クロツバメシジミ♂ 半開翅・休止@崖場10:21 7D 280mm 1/2000 F8 ISO2000
a0146869_1941131.jpg
 この個体もだんだん遠くに行ってしまいなかなか接写できませんでした。

写真6☆ クロツバメシジミ♀? 半開翅・休止@崖場10:34 GH1-105mm 1/160 F13 ISO250
a0146869_194241.jpg
 右後翅の尾状突起が損傷しているようです。前翅の広がり具合は♀のようですが、腹部の感じは微妙です。
一般にシジミチョウの仲間は、交尾の際に腹部を曲げて♀の腹端に狙いを付けるために♂個体の方が長い(翅との相対比較で)ように思いますが、クロツの場合もその傾向が少しある感じです。
この画像の個体は♂のような長さですが、個体差がありますからね。

写真7☆ クロツバメシジミ♂ 半開翅・休止@枯れ草10:47 GH1-105mm 1/160 F13 ISO250縦切り出し
a0146869_1944572.jpg
 再びまずまず新鮮な♂個体。

写真8☆ 同上クロツバメシジミ♂ 小開翅・休止@崖場10:49 GH1-105mm 1/160 F13 ISO160切り出し
a0146869_1952159.jpg
 追跡するも、これが翅裏画像の限界でした。

写真9☆ 同上クロツバメシジミ♂ 半開翅・休止@枯れ草10:54 GH1-105mm 1/160 F10 ISO125
a0146869_1955569.jpg
 この画像の後に、これまた崖上に飛来していきました。

写真10☆ ツマグロヒョウモン♀ 半開翅・吸蜜@ヒャクニチソウ11:02 7D 280mm 1/400 F8.0+0.7EV ISO400縦切り出し
a0146869_1971585.jpg
 崖上の様子を見にいった帰りの民家・畑部分で新鮮なツマグロの方へピントを合わせて撮影です。
キアゲハの方が遠方なのですが、ツマグロがほぼ同じ大きさに写っている感じです。

写真11☆ キタテハ 吸汁@柿の実11:03 7D 113mm 1/160 F8.0+0.7EV ISO400縦切り出し
a0146869_1973295.jpg
 採集者により観察できるクロツはほとんどいなくなったので、再び柿の木のキタテハへ。
この採集者の方は、当初♀1匹だけ採集させてくださいとか言っていたものの、ネットをふるい始めると止まらなくなり、結局♂個体4~5個体採集した模様です。肝心の♀が捕獲できなかったので、今週当たりまた行っているのかもです。後半2人目の採取者も来ていましたが、一人目が取り尽くした感じで、少し憮然とした様子でした。
このように目の前にいる個体はすべて採集しないと気が済まない採集者がいるので、希少種保存の観点からも、「採集禁止」の方向に流れていくのでしょうね。
日本では、庶民が趣味として昆虫採集する伝統は長いものがありますが、これからの自然観察の流れは、より多くの人が観れるように、「採集はしない」のが大きな方向になっているように思います。
by yoda-1 | 2010-10-24 19:07 | クロツバメシジミ

クロツバメシジミ タキシードの子役俳優。 2010.5.29長野県その2

この土曜日の長野県遠征その2では、生涯初見であったクロツバメシジミ(クロツ)です。
思えば、昨年の秋ぐらいに下仁田方面で自力で探そうとして、地元の道路を急いでいたときに、すごく久々にspeedy ticket をもらう羽目になった曰く付きの未見種でした。
田舎の見通しのよい道路で、加速しても安全上危なくない状況の道路が実は違反対策上は一番危ないのです。
・YODA 「こんな場所、制限時速40kmに設定してある方がおかしいですね」
・地元の警察 「ここは 正面衝突の事故とかよくあって、危ない場所なので」
・YODA 「スピードの出し過ぎで発生ですか?いつの話ですか?」
・地元の警察 「いや、片方のいねむりが原因ですが・・。もう10年以上前ですが」
最初から、「ここはよくひかかるので張っています。制限速度を50km/hrにすると、ほとんど罰金が取れなくなるので、わざと40のままにしております」と言ってくれた方があきらめもつきスッキリしますよね。
このようにこの蝶に遇うための先行投資が大きかったので、ここでクロツが乱舞していると、ああ遇いたかったのはこの子達かと感慨もひとしおでした。


写真1☆ クロツバメシジミ 飛翔10:59
(EOS7D+70-200F4+×1.4 280mm 1/2000 F5.6-0.3EV ISO250)
a0146869_5585910.jpg
 記念すべき初撮影時に飛ばれてしまいました。(腹部形状は♀のように思いますが自信なしです。)

写真2☆ クロツ♂ 半開翅側面・休止11:01
(DMC-GH1+Leica DG Macro-Elmarit 45mm F2.8 ASPH 1/60 F13-0.3EV  ISO160)
a0146869_60336.jpg
 翅表が撮影角度によって黒の地色がビロード表面の感じで変化していきます。

写真3☆ 同上個体 半開翅側面・休止11:01 GH1 1/60 F13-0.3EV  ISO125)
a0146869_603183.jpg
 これは前翅表が少し茶系に見えるシーンです。

写真4☆ 同上個体 半開翅側面上方・休止11:01 GH1 1/60 F13-0.3EV  ISO100)
a0146869_605930.jpg
 茶系色が前翅端に追いやられ、濃い茶系色に染まっている状況です。

写真5☆ クロツ たぶん♂ 半開翅上方・休止@石上11:05  GH1 1/60 F13-0.3EV  ISO125)
a0146869_613480.jpg
 黒に近い焦げ茶色。後翅後縁当たりの翅表の繊毛が個体の新鮮さを表している印象を受けました。

写真6☆ クロツの撮影風景11:07
a0146869_615230.jpg
同行のヒメオオさんはこんなに近づいて接写しています。ではなくて、7D望遠系レンズの高速連写で飛翔画像を撮ろうと、ヒメオオさんに飛翔開始をクロツに伝言していただきました。でも完全に無視されている状況の画像です(笑)
この後、触れそうになってようやく飛びますが、それが予期しないときで、もうシャッターは間に合いません。今から思えば素直にコンデジのパスト連写にすべきでした。 

写真7☆ クロツ♂ 休止@ツメレンゲ(食草)11:22 7D 280mm 1/400 F9-0.3EV ISO200切り出し
a0146869_621636.jpg
 翅裏と翅表の様子が同時に分かる姿勢が好きですね。あれほど先輩諸氏に学んだ事前の段取りが足りなくて、食草の上の枯れ茎が残念です。

写真8☆ たぶん同上個体 開翅・休止11:23 GH1 1/60 F13-0.3EV ISO100
a0146869_623688.jpg
 後翅後縁付近の銀色斑がアクセントになっています。西日本ではこの広がりがもっと長くなっているとか。
図鑑にYODAの田舎の下関産もあったので、今度機会があればよく探してみたいです。 

写真9☆ クロツ♂ 小開翅側面・休止@石上11:24  GH1 1/80 F13-0.3EV ISO100
a0146869_625663.jpg
 後翅裏に亜外縁部分の斑点付近に、瑠璃色の鱗粉がまぶしてあります。
翅裏の鱗粉マクロ画像を撮っていないことに気付き、接近しますが45mmマクロレンズでは接近し過ぎで飛ばれてばっかり。
早く治療中の105mmマクロレンズが退院してきて欲しいものです。(もう修理に出して2週間以上)

写真10☆ クロツ♂(たぶん同上) 小開翅側面・休止@枯れ葉上11:26 7D 254mm 1/2000 F6.3-0.3EV ISO500
a0146869_631678.jpg
 望遠系レンズで狙うも、とても拡大に耐えるものになりませんでした。
これは♀でしょうという画像もないので、早々にリベンジが必要です。

小型のシジミチョウにしては裏の斑紋もクッキリして、短めの尾状突起とか、とにかくかわいい蝶でした。
by yoda-1 | 2010-05-31 06:03 | クロツバメシジミ