ご訪問ありがとうございます。北海道産Pieris属3種の形態比較論文partⅠ掲載の論文集がようやく発刊されました。PC訪問者数404,948-2016.11.30時点


by yoda-1

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新の記事

月刊むし2016-4月号の案内
at 2017-03-20 23:07
2016年12月の行事、推薦図書
at 2016-11-30 04:12
2016.10月22日・23..
at 2016-10-16 06:44
ウラキンシジミ♀雌のアオキ型..
at 2016-07-10 20:40
2016年7月の推薦図書(7..
at 2016-07-06 05:17
ウラギンヒョウモンを探して
at 2016-07-02 00:09
2016年4-6月の推薦図書
at 2016-06-22 06:44
ようやくのフジミドリ♂雄・開..
at 2016-05-30 05:07
この一月間(4月・5月)の活..
at 2016-05-23 04:08
ギンイチモンジセセリなど 埼..
at 2016-04-14 21:53

以前の記事

2017年 03月
2016年 11月
2016年 10月
more...

記事ランキング

検索

ファン

外部リンク

虫のしわざ観察ガイド

虫のしわざ観察ガイド
著者:新開孝
価格:1,944円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


世界のタテハチョウ図鑑

世界のタテハチョウ図鑑
著者:手代木求
価格:32,400円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


ずかんさなぎ

ずかんさなぎ
著者:鈴木知之
価格:2,894円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


◆訪問者カウンター
(設置2011.2.17)
無料


無料

無料

i2i管理
MyRSS
▼ブログ村ランキング参加中▼
/
↑たくさんの昆虫ブログをご覧になれます
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
↑たくさんの野鳥ブログをご覧になれます

◆蝶関係団体
a0146869_13204580.jpg
a0146869_311626.jpg
山口むしの会
群馬の蝶を語る会

◆外部ブログ
青森の蝶たち
てふのネイチャー写心
自然散策雑記帳
デジカメ私流
stroll
北信に舞う蝶たち
Hirokou's Field Notes
虫むしクラブ、蝶、トンボ図鑑
LOVE-BIRDS.NET
Kaze's Photo Blog
受け身の園芸
Akakkoko's自然大好き
暖蝶寒鳥
美撮りに夢中!
四季おりおり
蝶の観察記録-十勝蝶の覚書new
ごん太のブログ
「鳥撮りおやじ」の日記
月夜のくろねこ
Soceer-Boyの写真館
母袋の駱駝山
浅間山麓の蝶
My Favorite Butterflies of Japan
my蝶あるばむ
北の安曇野PHOTO DIARY
a piece of photo work
naoggio写真日記
自然からのたより
あぜみちのチョウチョ日記
Field Notebook
ホタルの独り言
markeeのシマフクブログ2nd
江田慧子の研究ブログ
アキノ隊員の鱗翅体験
そうだ沖縄に行こう!
案山子
Papilio Paradise
里山の蝶と花

フォロー中のブログ

一寸の虫にも五分の魂
シニアネットとともに
登山道の管理日記
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
自然大好き
SHORE BIRDS ...
蝶・チョウ・ゆっくり歩き...
鳥蝶ビデスコ
TSUCHIYA BLOG
フィールドノート
RICKPHOTO Blog
四季彩散歩
葛西臨海公園・鳥類園Ⅱ
生きもの写真家 安田 守...
おてんとうの ちょっとええ感じ
MU's Diary
夫婦でバードウォッチング
小畔川日記
やんばるの風
探蝶逍遥記
蝶&鳥日記 2
Life with Bi...
My Berkeley ++
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
 写道
安曇野の蝶と自然
NATURE DIARY
タイの自然と風景
八重山の自然誌
Yamyam町一丁目
テトだもん!
嗚呼っっ 今日も証拠画像...
鳥平の自然だより(動物編)
N_BIRDERの野鳥b...
ORIXA's BIRD !
Birding
蝶・旅の友
くわがた散歩道
Lycaenidaeの蝶...
麻呂犬写真館  *mam...
Sippo☆のネイチャー...
花蝶風月
蝶と蜻蛉の撮影日記
北海道の野鳥探索/mar...
風任せ自由人
蝶狂人@蝶と里山の浪漫紀行
ヒメオオの寄り道
仲良し夫婦de蝶ブログ
タヒチ ランギロア ナヴ...
ぶらり探蝶記
ひらひら探検隊
Shinne`s pho...
ごっちの鳥日記
蝶・花・山~自然の色使い
くま次郎の”やんばる日記”
NPO法人 日本チョウ類...
自然の中に出かけて・・・
蝶撮日記
たかがヤマト、されどヤマト
花鳥撮三昧
ケンケン&ミントの鳥撮り...
蝶超天国
レンズ越しの I Lov...
Bird Focus
ぽん太の昆虫ブログ 1
ポータルぢゃないチョウの...
蝶散歩
ぷんたのかあさん Pho...
秩父の蝶
庭日和
超蝶
徒然なるままに  
みき♂の虫撮り友人帖
三鷹の狸のてふてふ交遊録
華蝶の夢
不思議の森の迷い人
世に倦む日日
チョウ!お気に入り
Butterfly & ...
farfalle e u...
ねこきちの自然散策雑記帳

カテゴリ

全体
☆識別検討室☆
図鑑・図書
香港の蝶
香港の野鳥【工事中断中】
☆台湾の蝶
☆探蝶記一般
蝶リスト
☆探鳥記一般
☆蛾
☆トンボ
☆ハチ・アブ
☆セミ・カメムシなど(半翅目)
☆カマキリ・バッタなど
☆甲虫
☆祝☆
☆旅ブログへのリンク
☆展示会等
☆腹部形状差
☆卵・タマゴ・eggs
☆幼虫・イモムシ・蛹
★ゼフ飼育
☆山野草
アイノミドリシジミ
アオタテハモドキ
アオスジアゲハ
アオバセセリ
アカシジミ
アカセセリ
アカタテハ
アカボシゴマダラ
アカマダラ
アゲハ
アサギマダラ
アサヒヒョウモン
アサマイチモンジ
アサマシジミ
アマミウラナミシジミ
イシガケチョウ
イチモンジセセリ
イチモンジチョウ
ウスイロオナガシジミ
ウスイロコノマチョウ
ウスイロヒョウモンモドキ
ウスキシロチョウ
ウスバキチョウ
ウスバシロショウ
ウラキンシジミ
ウラギンスジヒョウモン
ウラギンヒョウモン
ウラギンシジミ
ウラクロシジミ
ウラゴマダラシジミ
ウラジロミドリシジミ
ウラジャノメ
ウラナミアカシジミ
ウラナミシジミ
ウラナミジャノメ
ウラミスジシジミ
エゾシロチョウ
エゾスジグロシロチョウ
エゾミドリシジミ
エゾヒメシロチョウ
エルタテハ
オオイチモンジ
オオウラギンスジヒョウモン
オオウラギンヒョウモン
オオゴマシジミ
オオゴマダラ
オオシロモンセセリ
オオチャバネセセリ
オオヒカゲ
オオミスジ
オオミドリシジミ
オオムラサキ
オオモンシロチョウ
オオルリシジミ
オキナワビロードセセリ
オナガアゲハ
オナガシジミ
カバイロシジミ
カバマダラ
カラスアゲハ
カラスシジミ
カラフトセセリ
カラフトタカネキマダラセセリ
カラフトヒョウモン
カラフトルリシジミ
キアゲハ
キタアカシジミ
キタキチョウ
キタテハ
キバネセセリ
ギフチョウ
キベリタテハ
キマダラセセリ
キマダラモドキ
キマダラルリツバメ
キリシマミドリシジミ
ギンイチモンジセセリ
ギンボシヒョウモン
クジャクチョウ
クモガタヒョウモン
クモマツマキチョウ
クモマベニヒカゲ
未分類
クロアゲハ
クロコノマチョウ
クロシジミ
クロセセリ
クロツバメシジミ
クロヒカゲモドキ
クロマダラソテツシジミ
クロミドリシジミ
ゴイシシジミ
コキマダラセセリ
コジャノメ
コチャバネセセリ
コツバメ
コノハチョウ
コヒオドシ
コヒョウモン
コヒョウモンモドキ
ゴマシジミ
ゴマダラチョウ
コムラサキ
サカハチチョウ
サトキマダラヒカゲ
シータテハ
ジャコウアゲハ
ジャノメチョウ
ジョウザンシジミ
ジョウザンミドリシジミ
シルビアシジミ
シロオビアゲハ
シロオビヒメヒカゲ
スギタニルリシジミ
スジグロシロチョウ
スジグロチャバネセセリ
スジボソヤマキチョウ
スミナガシ
タカネキマダラセセリ
タカネヒカゲ
ダイセツタカネヒカゲ
ダイミョウセセリ
チャバネセセリ
チャマダラセセリ
チョウセンアカシジミ
ツバメシジミ
ツマキチョウ
ツマグロキチョウ
ツマジロウラジャノメ
ツマベニチョウ
ツマムラサキマダラ
テングチョウ
トラフシジミ
ナガサキアゲハ
ナミエシロチョウ
バナナセセリ
ハヤシミドリシジミ
ヒオドシチョウ
ヒカゲチョウ
ヒサマツミドリシジミ
ヒメアカタテハ
ヒメイチモンジセセリ
ヒメウスバシロチョウ
ヒメウラナミジャノメ
ヒメキマダラヒカゲ
ヒメギフチョウ
ヒメキマダラセセリ
ヒメシジミ
ヒメシロチョウ
ヒメジャノメ
ヒメチャマダラセセリ
ヒメヒカゲ
ヒョウモンチョウ
ヒロオビミドリシジミ
フタオチョウ
フタスジチョウ
フジミドリシジミ
ベニシジミ
ベニモンカラスシジミ
ヘリグロチャバネセセリ
ホシチャバネセセリ
ホシミスジ
ホソオチョウ
ホソバセセリ
ミズイロオナガシジミ
ミスジチョウ
ミドリシジミ
ミドリヒョウモン
ミナミキチョウ
ミヤマカラスアゲハ
ミヤマカラスシジミ
ミヤマシジミ
ミヤマシロチョウ
ミヤマセセリ
ミヤマモンキチョウ
ムモンアカシジミ
ムラサキシジミ
ムラサキツバメ
メスアカミドリシジミ
メスグロヒョウモン
モンキアゲハ
モンキチョウ
モンシロチョウ
ヤマキチョウ
ヤマキマダラヒカゲ
ヤマトシジミ
ヤマトスジグロシロチョウ
リュウキュウアサギマダラ
リュウキュウウラボシシジミ
リュウキュウウラナミジャノメ
リュウキュウヒメジャノメ
リュウキュウミスジ
リュウキュウムラサキ
リンゴシジミ
ルーミスシジミ
ルリシジミ
ルリタテハ
コゲラ
トモエガモ
ライチョウ
★ヒメウタイムシクイ
★チャキンチョウ
★マヒワ
★エゾビタキ
★タゲリ
★サバクヒタキ
★オオマシコ
★ハギマシコ
★オジロビタキ
★コミミズク
★キガシラシトド
★ベニマシコ
★ヤマシギ
★トラツグミ
★クロジ
★アカハシハジロ
★カヤクグリ
★キレンジャク
★ギンムクドリ
★ウソ
★タゲリ
★カラフトムシクイ
★ハチジョウツグミ
★ヒレンジャク
★コクマルガラス
★ルリビタキ
★アオジ
★エナガ
☆コサメビタキ
★ジョウビタキ
★ヤマガラ
☆セキレイ科
☆カモ科
☆ツル科
☆ムクドリ科
☆ムナグロ科
☆シギ科
☆カラス科
☆カイツブリ科
☆カモメ科
☆ヒタキ科
☆ツグミ科
☆キツツキ科
☆アトリ科
☆シジュウカラ科
☆ホオジロ科
☆ウグイス科
☆タカ科
☆レンジャク科
☆ハヤブサ科
☆モズ科
☆チドリ科
☆コウノトリ科
☆ハト科
☆トキ科
☆サギ科
☆ヒヨドリ科

タグ

(48)
(38)
(37)
(34)
(26)
(25)
(25)
(25)
(23)
(23)
(21)
(21)
(21)
(20)
(20)
(19)
(19)
(19)
(18)
(18)

最新のトラックバック

ウラジロミドリシジミ
from ホタルの独り言
白馬のゼフィルス
from ホタルの独り言
越冬クロコノマチョウ
from Field Notebook.
「フィールドガイド 日本..
from Field Notebook.
多摩動物公園-昆虫生態園
from Field Notebook.
花はなぜ美しいのか?
from 哲学はなぜ間違うのか?

ライフログ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ブログジャンル

自然・生物

画像一覧

カテゴリ:☆カマキリ・バッタなど( 5 )

チョウセンカマキリ  こんなに明快な違いがあるとは。 2013.12.1埼玉県

先週末日曜日に、カマキリ2種を見ました。
それはオオカマキリとチョウセンカマキリですが、この場所のチョウセンカマキリはやけに小さく感じますが、どちらも♀雌個体で、体力が続くまで産卵を続行するのでしょう。

#1-3・ オオカマキリ♀雌・卵鞘 
a0146869_21164366.jpg
a0146869_21193039.jpg
a0146869_21194746.jpg
 ちょうどアゲハの蛹のついているカラタチの横の株にしました。
そしてカラタチのいくつかの株には卵鞘がところどころにありました。

まあ折角なので、また捕まえての撮影です。
#4-5・ 同上カマキリ♀雌 
a0146869_21204752.jpg
a0146869_21205940.jpg
 日頃はもっと強く暴れるはずが、弱々しい印象を持ちました。

#6-7・ チョウセンカマキリ♀雌 
a0146869_21224170.jpg
a0146869_21224863.jpg
 コナラの幹にいるのをねこきちさん発見です。
初見時はオオカマキリを見た後なのか、本当に小さく感じます。コカマキリと呼びたくなりますが、たぶん本家コカマキリの方が小さいのでしょう。
いっそのこと、中型の白鷺をチュウサギと呼ぶように、チュウカマキリという和名にして欲しかったです。(笑)
しかし、昆虫の和名には「チュウ」を使用することはないように思いますが、どうなのでしょう?
昔よくダイサギをオオサギと言って間違えましたが、チュウサギがいるからダイサギなのですね。しかしコサギをショウサギと呼ぶことはありせません。つまり「オオ・○・コ」の日本語に中に対応する語彙がないのが、昆虫の名称に中型を表現するものがない根源なのでしょう。(YODAの嫌いな並も、何か並なのか不明ですし、正式和名にはまず使用されていないと思います)

#8-10・ 同上チョウセンカマキリ♀雌 
a0146869_21294493.jpg
a0146869_21295714.jpg
a0146869_2130990.jpg
 こちら掴まえると、鎌が指に絡まり痛いこと。元気いっぱいでした。

#11・ 同上チョウセンカマキリ♀雌 
a0146869_21312846.jpg
 腹端とかも細部も撮影して、元の場所に戻しました。
♀雌だったので、周囲に卵鞘がないかどうか探しましたが、見つからす。チョウセンカマの卵鞘は未見のままです。

今回の両種♀雌の頭部を撮影したので、新たに頭部を比較図を作成してみました。
#12・ オオカマキリ×チョウセンカマキリ 頭部比較図Ⅱ 
a0146869_2133887.jpg
 なんで今までこんな簡単な違いに気がつかなかったのかも思い。
これでうまく頭部を頭頂もよく見えるアングルで撮影すれば、両種の識別はうまくできそうです。
(数多く観察すると、紛らわしい個体もいるのかも)

その他の昆虫を少し紹介です。
#13-14・ キイロテントウ 
a0146869_21353976.jpg
a0146869_21354572.jpg
 普通種なのでしょうが、初めて撮影したような気がします。
テントウムシは本当の眼と、デザイン上の眼としょっちゅう場所が違っていますが、何かメリットがあるのでしょうね。たぶんですが、眼を狙って捕食してくる天敵がいるとか。

#15-17・ ハチの仲間 
a0146869_2136336.jpg
a0146869_21363719.jpg
a0146869_21364312.jpg
 昨晩に本ブログをアップする予定が、このアリバチに似ている感じのハチの種名を調べている内に、寝ておりました(笑)

誰か、ハチ目のコンプリヘンシブな図鑑を出してくれないものですかね。
種数が多くて、まだ和名のないものをいるのでしょうが、そこをなんとか。
by yoda-1 | 2013-12-05 21:39 | ☆カマキリ・バッタなど

コカマキリ  小さなギャング。 2013.10.19蓮田市

昨日は、余りよい天気でもなかったですが、昼間は外に出ないと勿体ない気がして、自宅近所を散歩でした。
すると、真っ先に逢いたかったコカマキリの姿がありました。

#1-3・ コカマキリ♂雄 
a0146869_17335673.jpg
a0146869_1734279.jpg
a0146869_1734731.jpg
 後翅は黒く、前脚の腕部分には海賊のような紋章があるし、正面顔はなにかカマキリ夫人のような狡猾さが漂うし…。
この個性も捨てがたいカマキリです。

#4-5・ 同上コカマキリ♂雄 
a0146869_17362069.jpg
a0146869_17363391.jpg
 腹端を下面側から撮影すると尾毛が1本しか見えないので、上面側からも撮影しました。
かなり見え方も違うので、今後腹端上面も撮影していかないと・・・・。
見えない尾毛は途中で切れていました。でも小さな尾突起があるので、♂雄と分かります。

#6-7・ 同上コカマキリ♂雄 
a0146869_17411858.jpg
a0146869_17412551.jpg
 リリースしてフィールド画像の撮影でした。
このギャング面にかかわらず、かなり臆病で、オオカマキリの威圧感は感じられませんでした。

蝶も普通種を少し撮影です。
#8-9・ キタテハ♂雄、 イチモンジセセリ・求愛 
a0146869_18262536.jpg
a0146869_18263312.jpg
 キタテハは♂雄だと思いましたが、たまに判定が不安になります(笑)
イチモンジセセリは撮影者から右後方が♂雄の方ですが、かように雌雄で複眼の大きさが違います。
たぶんすべての蝶がこのような傾向にありますね。
♀雌を探す運命の♂雄は大きな複眼が必要です。
チャバネセセリも見かけましたが、紹介画像にならずでした。

久々に、帰化種(駆除をあきらめた外来生き物をこう呼ぶらしい)セイタカアワダチソウに吸蜜している双翅目を撮影です。
#10-11・ ツマグロキンバエ♂雄、キゴシハナアブ♀雌 
a0146869_18324681.jpg
a0146869_18325389.jpg
 コンデジのZR1000で撮影ですが、便利になりましたです。(キゴシはややブレていますが)
このカシオのZR1000ですが、サードパーティの充電器がダメになり、追加注文しました。 ZR1000はUSB接続の本体充電ですが、そのケーブルが行方不明でがんす。しかし、充電器別売(正規品はやけに高額です)とは余り推奨できない感じです。

双翅目の雌雄は複眼の離れ具合で判断できます。
上記2種の異性画像を2008年10月の埼玉県撮影分で紹介します。
#12-14・ ツマグロキンバエ♀雌、キゴシハナアブ♂雄・♀雌 
a0146869_18354485.jpg
a0146869_18355713.jpg
a0146869_20225971.jpg
 上記2枚の異性と比較して、複眼が詰まるのが♂雄で、離れるのが♀雌です。(キゴシは雌を重ねて紹介です)
結果として双翅目も♂雄の方の複眼が大きいことになります。
2008年と言えば、デジカメでの蝶鳥撮影デビューの年ですが、あの頃も懐かしいですね。
by yoda-1 | 2013-10-20 18:39 | ☆カマキリ・バッタなど

ウスバカマキリ  これはお洒落な。 2013.10.13栃木県①

この三連休は天気が良いですね。
初日は歯医者他の用事があって、午後は自宅周辺を回ったのみですが、エノキ若木のほぼ半数に、アカボシゴマダラの幼虫が見つかります。
自宅のプランターのカタバミにはヤマトシジミの卵がよく見つかります。うまく幼虫も観察したいものですが。

昨日中日は、栃木県へ遠征でした。
かねがねSippo☆さんからいると教えてもらっていた未見のウスバカマキリに逢うためです。
といいながら、当地ではツマグロキチョウを必死に撮影しており、そろそろウスバカマキリの多い場所に移動しようかと思って車に戻るときに、ひょっとその姿を現しました。

いろいろディテールを撮影するために、痛い思いをして捕獲しての撮影でした。
#1-4・ ウスバカマキリ♀雌 ・・・最後の#4が発見当時の姿です。 
a0146869_7185493.jpg
a0146869_7192178.jpg
a0146869_7193291.jpg
a0146869_7194096.jpg
 生涯初見ですが、昨年からずっと探してはいたので、感激しました。
前脚基部の模様がユニークですね。黒いリング状の模様では内部が白色です。(本個体はさほどリングになっていませんが)
ここが全く黒い個体もあるのだとか。 それぞれリング紋型、黒色紋型と呼ぶそうです。
正面顔も、これまで見てきたカマキリの中で一番温和な感じがします。
体色は淡い緑色で、これが和名の由来みたいです。(もちろん褐色個体もいますが)

#5-6・ カマキリの腹端 #5・ウスバカマキリ♀雌(今回撮影)、#6・チョウセンカマキリ♂雄(2013.10.6埼玉県撮影)  
a0146869_8111629.jpg
a0146869_8112640.jpg
雌雄どちらも尾毛を持つのですが、♀雌は産卵器を持ち、♂雄は2つめの尾毛(尾突起)を持っている印象になります。
この尾毛にはどのような機能があるのでしょうか? 哺乳類の尻尾が何故あるのかとは別のような気もしますが、尾角の別名称もなんとなく理解できます。

ウスバカマキリを解放して、自然な状態での撮影です。
#7-10・ 同上ウスバカマキリ♀雌 
a0146869_7334666.jpg
a0146869_7335190.jpg
a0146869_7335974.jpg
a0146869_734793.jpg
 オオカマキリと違って、撮影者をぎっと睨んでくることがありません。かなりシャイな感じでした。

この後は、シルビアシジミ保護地にいくも、特に成果なし。
そこでランチにして、ウラミスジランドの方へゼフの卵探しに転戦しました。

ゼフ林に入る前にオオカマキリを観察しました。
#11・ オオカマキリ♂雄とジョロウグモ  ・・・絞り解放とかで撮影すべきでした。 
a0146869_7385331.jpg
 なんと蜘蛛を狙っているではありませんか。
これはすごい格闘シーンになるかもと観察していると、オオカマの方の足場がゆらぎ下に落ちる感じになって、その衝撃に蜘蛛も驚きますが、対戦はお預けとなりました。

#12-13・ 同上オオカマキリ♂雄 
a0146869_7413897.jpg
a0146869_7414565.jpg
 オオカマはぎっと睨み返すので、撮影も様になる感じです。
子供時分だったら、このオオカマをわざと蜘蛛の巣に投げたりしたのでしょうね。(笑)


◆カマキリの同類食い ・・・・2008.11.15川崎市
 このときはフィールド探索ではなく、携帯しか持参しておらず、以下の画像記録になります。

#14-15・ ハラビロカマキリを捕食するオオカマキリ 
a0146869_754621.jpg
a0146869_7541217.jpg
a0146869_7541728.jpg
 オオカマキリがそっと近づいて、先制攻撃でハラビロを襲った構図です。
食べ終わるまでなんと3時間でしたが、もう全部食べてしまうのは行儀よい感じでもありますね。

カマキリ関係で検索すると動画サイトにいろいろ掲載されており、食うか食われるかの世界はなんとも厳しいものだと実感します。
by yoda-1 | 2013-10-14 08:01 | ☆カマキリ・バッタなど

ようやくのチョウセンカマキリ♂雄  2013.10.6埼玉県②

サトキマランドでは過去にオオカマキリは観ていたものの、まさかチョウセンカマキリもいるとは思いませんでした。

#1ー3・ チョウセンカマキリ♂雄 
a0146869_0581627.jpg
a0146869_0583439.jpg
a0146869_0585196.jpg
 見つけて接近すると前脚を伸ばして、なにかに植物の一部のように擬態するかのようでした。
それでも接近して、いろいろなポーズで撮影です。
前脚の付け根や後翅の色合いを確認するために捕まえようとすると、これまたさすがに逃げようとしたので、こちらも必死に捕まえての撮影でした。

#4-5・ 同上チョウセンカマキリ♂雄 
a0146869_124826.jpg
a0146869_0574471.jpg
 チョウセンカマキリの前脚付け根はこのように鮮やかな朱色で、後翅は透明部の多い淡さです。

#6・ 同上チョウセンカマキリ♂雄 
a0146869_142056.jpg
 解放する前に、全身のポロポーション計測用に地面で撮影しました。

お疲れ様でした。これでももうYODAもカマキリ普通種を手で捕まえて痛いを思いをすることから解放されそうです。(笑)

この日は帰り際に本種に遇い、その前にオオカマキリに遇ったので、本チョウセンカマキリはえらく小さく感じました。
#7-9・ オオカマキリ♂雄 
a0146869_184595.jpg
a0146869_185376.jpg
a0146869_19724.jpg
 アゲハ類の幼虫・蛹を探したカラタチにいました。

これを含めて、両種の頭部比較図を雌雄で作り直しました。
#10-11・ オオカマキリ×チョウセンカマキリ 雌雄頭部比較図 
a0146869_113364.jpg
a0146869_113113.jpg
 この比較点①の平行度が強いのがオオカマキリで、下に細くなるように見えるのがチョウセンカマキリではないかと予想しています。

皆さんも是非、カマキリの正面顔を撮影してみてください。

この日はハラビロカマキリもいました。
#12-14・ ハラビロカマキリ 
a0146869_1162798.jpg
a0146869_1163443.jpg
a0146869_1164280.jpg
 これは♀雌なのでしょうが、ふと♂雄を観たことがあるのか不安です。

#15-16・ ハラビロカマキリ・卵囊  ・・・・正式には「卵鞘らんしょう」と呼ぶらしい。 
a0146869_1182525.jpg
a0146869_1183279.jpg
 先の成虫の近くにあったので、その子の卵かもしれません。
無数の子供が来春に羽化して、生殖のできる大きさに成長できるのはわずかなのでしょう。

でもその次世代に命を繋げることに不平もいわずに懸命に生きている姿は、宿命とはいえ美しい自然の姿のように感じます。
by yoda-1 | 2013-10-10 01:22 | ☆カマキリ・バッタなど

カマキリとバッタ類  2013.9.28埼玉県・東京都②

この時季、河川敷では各種バッタ類が観察できるので、他に被写体がないときに誠にありがたい昆虫です。
その前に、YODAにはチョウセンカマキリの♂雄を撮影して、「オオカマキリ×チョウセンカマキリ」の比較検証の不完全さを補強する必要がありました。
なにしろ「オオカマキリ」だけで検索しても、かなり上に当方のブログ記事がきているし、当方のブログの人気記事ランキングでもこの時季はほぼ首位をキープしております。
より説得力を持つように、急ぐ必要があったのです。
でもこの日も肝心のチョウセンカマキリには遇えませんでした。

以下オオカマキリ♂雄2個体とコカマキリを撮影順に紹介です。
#1-2・ オオカマキリ♂雄 さいたま市 
a0146869_5191981.jpg
a0146869_5192923.jpg
 クズの荒地で発見です。
遭遇すると、お互いについつい篤い視線を交歓します。(笑)
一応、前脚の付け根が朱色(チョウセンカマキリの特徴)でないことを確認し、正面顔をサンプリングでした。
いつまでたっても、カマキリの鎌は痛いです。

#3-6・ オオカマキリ♂雄 荒川河川敷・都内 
a0146869_5235958.jpg
a0146869_5241229.jpg
a0146869_5242787.jpg
a0146869_5251973.jpg
 おおチョウセンカマがいたかと思ったのも束の間、オオカマキリの特徴をしっかり確認しました。
オオカマでは後翅が濃く、前脚の付け根はかように黄色でがんす。
頭部の額部の中央線は細いのです。

#7・ コカマキリ 荒川河川敷・都内 
a0146869_5281820.jpg
 本種はよく雌雄差を認識していないので、しっかり画像サンプリングしようと接近しましたが、素早く逃げられました。

◇バッタ類  荒川河川敷・都内
 ごく普通種ばかりのようです。

★バッタ科
#8・ コバネイナゴ・雌雄 
a0146869_532955.jpg
この辺の種類は恋愛関係の男女はすべてこのおんぶスタイルになるのでしょうか?
人間の世界と大違いでありやす。

#9-10・ ツチイナゴ♀雌 
a0146869_5343496.jpg
a0146869_5344677.jpg
 イナゴの仲間は、丸っこい感じが多くてかわいいですね。複眼もなにか物悲しい感じがあります。

#11・ トノサマバッタ♀雌 
a0146869_5375887.jpg
 大きなバッタは全部本種で間違いないような・・・・。関東の平地ではですが?

#12-13・ クルマバッタモドキ ♀雌、♂雄 
a0146869_5393966.jpg
a0146869_5395013.jpg
 なんという保護色でしょうか。しかも表情がカメレオンみたいにユニークです。
後翅は綺麗だろうと、数回パスト連写で飛翔を狙いましたが、うまく撮影できずでした。リベンジを決意です。

★オンブバッタ科
#14・ オンブバッタ・雌雄   
a0146869_541417.jpg
 元祖オンブ状態が好きなバッタです。
図鑑によると最近「ヒメオンブバッタ」が新種と認識されたとか。両種はすごく似ていて、よく見つけ出したものだと感心します。

★ツユムシ科
#15. ツユムシ たぶん♀雌 
a0146869_551589.jpg
a0146869_552740.jpg
 直翅目では本種の個体数が多かったです。

他にコオロギ(コオロギ科)の鳴き声もありましたが、さすがに探し出しての撮影はありません。
図鑑をみると、他にいろいろな科があり、直翅目も奥が深いのを実感します。

この河川敷公園では、アオメアブも目立ちました。
#16-17・ アオメアブ♂雄、♀雌 
a0146869_5571111.jpg
a0146869_5572061.jpg
 なんともメタリックグリーンの複眼が目立ちます。
捕獲している昆虫はそれぞれ、ツユムシ、セイヨウミツバチのようです。
一度、カマキリVSムシヒキアブ の決闘を観察してみたいです。
カマキリも小さいうちは、アブの獲物になっていることと想像します。

次回は、オオカマキリ×チョウセンカマキリの比較図Ⅱです。 
by yoda-1 | 2013-10-04 06:02 | ☆カマキリ・バッタなど