ご訪問ありがとうございます。北海道産Pieris属3種の形態比較論文partⅠ掲載の論文集がようやく発刊されました。PC訪問者数404,948-2016.11.30時点


by yoda-1

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新の記事

月刊むし2016-4月号の案内
at 2017-03-20 23:07
2016年12月の行事、推薦図書
at 2016-11-30 04:12
2016.10月22日・23..
at 2016-10-16 06:44
ウラキンシジミ♀雌のアオキ型..
at 2016-07-10 20:40
2016年7月の推薦図書(7..
at 2016-07-06 05:17
ウラギンヒョウモンを探して
at 2016-07-02 00:09
2016年4-6月の推薦図書
at 2016-06-22 06:44
ようやくのフジミドリ♂雄・開..
at 2016-05-30 05:07
この一月間(4月・5月)の活..
at 2016-05-23 04:08
ギンイチモンジセセリなど 埼..
at 2016-04-14 21:53

以前の記事

2017年 03月
2016年 11月
2016年 10月
more...

記事ランキング

検索

ファン

外部リンク

虫のしわざ観察ガイド

虫のしわざ観察ガイド
著者:新開孝
価格:1,944円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


世界のタテハチョウ図鑑

世界のタテハチョウ図鑑
著者:手代木求
価格:32,400円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


ずかんさなぎ

ずかんさなぎ
著者:鈴木知之
価格:2,894円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


◆訪問者カウンター
(設置2011.2.17)
無料


無料

無料

i2i管理
MyRSS
▼ブログ村ランキング参加中▼
/
↑たくさんの昆虫ブログをご覧になれます
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
↑たくさんの野鳥ブログをご覧になれます

◆蝶関係団体
a0146869_13204580.jpg
a0146869_311626.jpg
山口むしの会
群馬の蝶を語る会

◆外部ブログ
青森の蝶たち
てふのネイチャー写心
自然散策雑記帳
デジカメ私流
stroll
北信に舞う蝶たち
Hirokou's Field Notes
虫むしクラブ、蝶、トンボ図鑑
LOVE-BIRDS.NET
Kaze's Photo Blog
受け身の園芸
Akakkoko's自然大好き
暖蝶寒鳥
美撮りに夢中!
四季おりおり
蝶の観察記録-十勝蝶の覚書new
ごん太のブログ
「鳥撮りおやじ」の日記
月夜のくろねこ
Soceer-Boyの写真館
母袋の駱駝山
浅間山麓の蝶
My Favorite Butterflies of Japan
my蝶あるばむ
北の安曇野PHOTO DIARY
a piece of photo work
naoggio写真日記
自然からのたより
あぜみちのチョウチョ日記
Field Notebook
ホタルの独り言
markeeのシマフクブログ2nd
江田慧子の研究ブログ
アキノ隊員の鱗翅体験
そうだ沖縄に行こう!
案山子
Papilio Paradise
里山の蝶と花

フォロー中のブログ

一寸の虫にも五分の魂
シニアネットとともに
登山道の管理日記
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
自然大好き
SHORE BIRDS ...
蝶・チョウ・ゆっくり歩き...
鳥蝶ビデスコ
TSUCHIYA BLOG
フィールドノート
RICKPHOTO Blog
四季彩散歩
葛西臨海公園・鳥類園Ⅱ
生きもの写真家 安田 守...
おてんとうの ちょっとええ感じ
MU's Diary
夫婦でバードウォッチング
小畔川日記
やんばるの風
探蝶逍遥記
蝶&鳥日記 2
Life with Bi...
My Berkeley ++
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
 写道
安曇野の蝶と自然
NATURE DIARY
タイの自然と風景
八重山の自然誌
Yamyam町一丁目
テトだもん!
嗚呼っっ 今日も証拠画像...
鳥平の自然だより(動物編)
N_BIRDERの野鳥b...
ORIXA's BIRD !
Birding
蝶・旅の友
くわがた散歩道
Lycaenidaeの蝶...
麻呂犬写真館  *mam...
Sippo☆のネイチャー...
花蝶風月
蝶と蜻蛉の撮影日記
北海道の野鳥探索/mar...
風任せ自由人
蝶狂人@蝶と里山の浪漫紀行
ヒメオオの寄り道
仲良し夫婦de蝶ブログ
タヒチ ランギロア島暮ら...
ぶらり探蝶記
ひらひら探検隊
Shinne`s pho...
ごっちの鳥日記
蝶・花・山~自然の色使い
くま次郎の”やんばる日記”
NPO法人 日本チョウ類...
自然の中に出かけて・・・
蝶撮日記
たかがヤマト、されどヤマト
花鳥撮三昧
ケンケン&ミントの鳥撮り...
蝶超天国
レンズ越しの I Lov...
ぽん太の昆虫ブログ 1
ポータルぢゃないチョウの...
蝶散歩
ぷんたのかあさん Pho...
秩父の蝶
庭日和
超蝶
徒然なるままに  
みき♂の虫撮り友人帖
三鷹の狸のてふてふ交遊録
華蝶の夢
不思議の森の迷い人
世に倦む日日
チョウ!お気に入り
Butterfly & ...
farfalle e u...
ねこきちの自然散策雑記帳

カテゴリ

全体
☆識別検討室☆
図鑑・図書
香港の蝶
香港の野鳥【工事中断中】
☆台湾の蝶
☆探蝶記一般
蝶リスト
☆探鳥記一般
☆蛾
☆トンボ
☆ハチ・アブ
☆セミ・カメムシなど(半翅目)
☆カマキリ・バッタなど
☆甲虫
☆祝☆
☆旅ブログへのリンク
☆展示会等
☆腹部形状差
☆卵・タマゴ・eggs
☆幼虫・イモムシ・蛹
★ゼフ飼育
☆山野草
アイノミドリシジミ
アオタテハモドキ
アオスジアゲハ
アオバセセリ
アカシジミ
アカセセリ
アカタテハ
アカボシゴマダラ
アカマダラ
アゲハ
アサギマダラ
アサヒヒョウモン
アサマイチモンジ
アサマシジミ
アマミウラナミシジミ
イシガケチョウ
イチモンジセセリ
イチモンジチョウ
ウスイロオナガシジミ
ウスイロコノマチョウ
ウスイロヒョウモンモドキ
ウスキシロチョウ
ウスバキチョウ
ウスバシロショウ
ウラキンシジミ
ウラギンスジヒョウモン
ウラギンヒョウモン
ウラギンシジミ
ウラクロシジミ
ウラゴマダラシジミ
ウラジロミドリシジミ
ウラジャノメ
ウラナミアカシジミ
ウラナミシジミ
ウラナミジャノメ
ウラミスジシジミ
エゾシロチョウ
エゾスジグロシロチョウ
エゾミドリシジミ
エゾヒメシロチョウ
エルタテハ
オオイチモンジ
オオウラギンスジヒョウモン
オオウラギンヒョウモン
オオゴマシジミ
オオゴマダラ
オオシロモンセセリ
オオチャバネセセリ
オオヒカゲ
オオミスジ
オオミドリシジミ
オオムラサキ
オオモンシロチョウ
オオルリシジミ
オキナワビロードセセリ
オナガアゲハ
オナガシジミ
カバイロシジミ
カバマダラ
カラスアゲハ
カラスシジミ
カラフトセセリ
カラフトタカネキマダラセセリ
カラフトヒョウモン
カラフトルリシジミ
キアゲハ
キタアカシジミ
キタキチョウ
キタテハ
キバネセセリ
ギフチョウ
キベリタテハ
キマダラセセリ
キマダラモドキ
キマダラルリツバメ
キリシマミドリシジミ
ギンイチモンジセセリ
ギンボシヒョウモン
クジャクチョウ
クモガタヒョウモン
クモマツマキチョウ
クモマベニヒカゲ
未分類
クロアゲハ
クロコノマチョウ
クロシジミ
クロセセリ
クロツバメシジミ
クロヒカゲモドキ
クロマダラソテツシジミ
クロミドリシジミ
ゴイシシジミ
コキマダラセセリ
コジャノメ
コチャバネセセリ
コツバメ
コノハチョウ
コヒオドシ
コヒョウモン
コヒョウモンモドキ
ゴマシジミ
ゴマダラチョウ
コムラサキ
サカハチチョウ
サトキマダラヒカゲ
シータテハ
ジャコウアゲハ
ジャノメチョウ
ジョウザンシジミ
ジョウザンミドリシジミ
シルビアシジミ
シロオビアゲハ
シロオビヒメヒカゲ
スギタニルリシジミ
スジグロシロチョウ
スジグロチャバネセセリ
スジボソヤマキチョウ
スミナガシ
タカネキマダラセセリ
タカネヒカゲ
ダイセツタカネヒカゲ
ダイミョウセセリ
チャバネセセリ
チャマダラセセリ
チョウセンアカシジミ
ツバメシジミ
ツマキチョウ
ツマグロキチョウ
ツマジロウラジャノメ
ツマベニチョウ
ツマムラサキマダラ
テングチョウ
トラフシジミ
ナガサキアゲハ
ナミエシロチョウ
バナナセセリ
ハヤシミドリシジミ
ヒオドシチョウ
ヒカゲチョウ
ヒサマツミドリシジミ
ヒメアカタテハ
ヒメイチモンジセセリ
ヒメウスバシロチョウ
ヒメウラナミジャノメ
ヒメキマダラヒカゲ
ヒメギフチョウ
ヒメキマダラセセリ
ヒメシジミ
ヒメシロチョウ
ヒメジャノメ
ヒメチャマダラセセリ
ヒメヒカゲ
ヒョウモンチョウ
ヒロオビミドリシジミ
フタオチョウ
フタスジチョウ
フジミドリシジミ
ベニシジミ
ベニモンカラスシジミ
ヘリグロチャバネセセリ
ホシチャバネセセリ
ホシミスジ
ホソオチョウ
ホソバセセリ
ミズイロオナガシジミ
ミスジチョウ
ミドリシジミ
ミドリヒョウモン
ミナミキチョウ
ミヤマカラスアゲハ
ミヤマカラスシジミ
ミヤマシジミ
ミヤマシロチョウ
ミヤマセセリ
ミヤマモンキチョウ
ムモンアカシジミ
ムラサキシジミ
ムラサキツバメ
メスアカミドリシジミ
メスグロヒョウモン
モンキアゲハ
モンキチョウ
モンシロチョウ
ヤマキチョウ
ヤマキマダラヒカゲ
ヤマトシジミ
ヤマトスジグロシロチョウ
リュウキュウアサギマダラ
リュウキュウウラボシシジミ
リュウキュウウラナミジャノメ
リュウキュウヒメジャノメ
リュウキュウミスジ
リュウキュウムラサキ
リンゴシジミ
ルーミスシジミ
ルリシジミ
ルリタテハ
コゲラ
トモエガモ
ライチョウ
★ヒメウタイムシクイ
★チャキンチョウ
★マヒワ
★エゾビタキ
★タゲリ
★サバクヒタキ
★オオマシコ
★ハギマシコ
★オジロビタキ
★コミミズク
★キガシラシトド
★ベニマシコ
★ヤマシギ
★トラツグミ
★クロジ
★アカハシハジロ
★カヤクグリ
★キレンジャク
★ギンムクドリ
★ウソ
★タゲリ
★カラフトムシクイ
★ハチジョウツグミ
★ヒレンジャク
★コクマルガラス
★ルリビタキ
★アオジ
★エナガ
☆コサメビタキ
★ジョウビタキ
★ヤマガラ
☆セキレイ科
☆カモ科
☆ツル科
☆ムクドリ科
☆ムナグロ科
☆シギ科
☆カラス科
☆カイツブリ科
☆カモメ科
☆ヒタキ科
☆ツグミ科
☆キツツキ科
☆アトリ科
☆シジュウカラ科
☆ホオジロ科
☆ウグイス科
☆タカ科
☆レンジャク科
☆ハヤブサ科
☆モズ科
☆チドリ科
☆コウノトリ科
☆ハト科
☆トキ科
☆サギ科
☆ヒヨドリ科

タグ

(48)
(38)
(37)
(34)
(26)
(25)
(25)
(25)
(23)
(23)
(21)
(21)
(21)
(20)
(20)
(19)
(19)
(19)
(18)
(18)

最新のトラックバック

ウラジロミドリシジミ
from ホタルの独り言
白馬のゼフィルス
from ホタルの独り言
越冬クロコノマチョウ
from Field Notebook.
「フィールドガイド 日本..
from Field Notebook.
多摩動物公園-昆虫生態園
from Field Notebook.
花はなぜ美しいのか?
from 哲学はなぜ間違うのか?

ライフログ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ブログジャンル

自然・生物

画像一覧

カテゴリ:アオバセセリ( 7 )

アオバセセリ ようやく♀雌に遇える。 2014.6.22沖縄32

沖縄2014の蝶の締めくくりは、アオバセセリになります。

これは同行者の方が発見したもので、いると言われた径を移動していると、
葉裏に隠れているのがすぐに見つかりました。

#1-4・アオバセセリ♀雌 
a0146869_10113097.jpg
a0146869_10113754.jpg
a0146869_10114524.jpg
a0146869_10115484.jpg
 最後の画像では、オオシオカラトンボとの体格比較です。

翅表を撮影すべく、望遠飛翔やパスト連写となりました。
#5・同上♀雌 ・・・望遠飛翔 
a0146869_10134557.jpg
 うまく撮影できなくても、同じような場所に何度も戻ってきてくれます。

#6-7・同上♀雌 ・・・パスト連写 
a0146869_10145444.jpg
a0146869_1015091.jpg
 パスト連写ではなかなかしっとりと撮影できないものの、しめしめでありました。
実はこの画像で、♀雌を確信しました。本州ではたまたまでもありますが、なかなか♀雌に遇えずに今回が初見となりました。

静止時の翅裏画像からの♀雌の特徴である後脚・頸節にある毛束具合は、よく撮影できていなかったので、翅表画像だけでの雌雄比較になりました。

#8・アオバセセリ 雌雄翅表比較図 
a0146869_10181788.jpg
 翅裏画像も後脚の毛束以外に違いを見出そうとして、徒労に終わりました。♀雌は後翅が長めになるとか、前翅外縁が♀雌の方が丸みがあるようでありますが、本当に難解でした。

蛾に続く。(種名識別に時間を要しそう)
by yoda-1 | 2014-09-28 10:21 | アオバセセリ

アオバセセリ スミナガシとのバトル。  2014.5.10群馬県

スミナガシのいるピークでは、同じようにアオバセセリがいて、テリ張りしていました。

拠点からの周囲警戒飛翔を繰り返しながら、たまに疲れるのか休止しておりました。
#1-5・ アオバセセリ♂雄 休止@拠点(ベース) 
a0146869_692622.jpg
a0146869_695395.jpg
a0146869_610174.jpg
a0146869_610844.jpg
a0146869_6135342.jpg
 余り長時間ではないので、素早い撮影が求められます。

周囲警戒飛翔を望遠で狙いました。
#5-7 ・同上アオバセセリ  テリ張り飛翔 
a0146869_6122583.jpg
a0146869_61243100.jpg
a0146869_613463.jpg
 なかなかピントが合いません。

この最後の#7以降を一枚の画像にまとめました。
#8・ アオバセセリ♂雄 テリ張り飛翔(5枚の画像合成)・・・画像クリックで1500×1000へ。
a0146869_615594.jpg
 全体の画角はオリジナルのままですが、飛翔位置を予測しても、なかなかどんぴしゃの位置には来ないものですね。

このアオバセセリは自分のテリトリーを飛翔する他の蝶にも容赦ありませんでした。
#9-11・ アオバセセリ × スミナガシ のバトル 
a0146869_6203230.jpg
a0146869_6203740.jpg
a0146869_6205375.jpg

#12-16 同上バトル ・・・バトルの場所は逆光位置へと移動していきました。
a0146869_6212423.jpg
a0146869_6213035.jpg
a0146869_6213713.jpg
a0146869_6214452.jpg
a0146869_621516.jpg

#17 同上バトル ・・・テリトリから消えるまでしっかり追尾です。
a0146869_622138.jpg
 この場ではスミナガシが追われましたが、スミナガシがテリ張りを決めている場所では、アオバセセリが追われることもあったような気がします。

お互い同じ食草として、アワブキを活用しており、幼虫時代から縄張り争いをしていたのかもしれません(笑)

この山道をモンキアゲハが通過した際も追尾しました。
#18 アオバセセリ→モンキアゲハ の追尾飛翔 
a0146869_6292420.jpg
 とにかく飛ぶものはすべて追尾するというのは何か意味があることなのかと不思議になります。

見たことはないですが、テリ張り中のオオムラサキは小鳥も追尾飛翔するとか。
どこか近くで見ているであろう♀雌に、飛翔能力の優秀さをアピールしたいからなのでしょうか??
まさか♀雌と間違えての追尾ではないと思いますが。

こうやってこのピークでは必ずアオバン♂雄には遇えるのですが、私の観たいのは♀雌個体です。
翌日は日光市までいくも、アオバンの姿なく玉砕しました(涙)
by yoda-1 | 2014-05-12 06:23 | アオバセセリ

アオバセセリ  たまにはウツギ以外もいいではないか。  2012.5.19埼玉県

標題は、ウツギでのアオバセセリをなかなか観察できないYODAの遠吠えです。(笑)

あちこちのミツバウツギ、ヒメウツギを訪問して、花はもう盛りを過ぎておりました。
ウスバシロチョウは飛び交っておりますが、他にコミスジがいて、サカハチチョウもほとんどいません。
アゲハチョウ類も満開のツツジの方がいいみたいでした。
2年前も観察できたこのトチノキで待つのがよいと判断し、昼食を取りながら待っていると、徳望のアオバンがやってきました。

#1ー4・アオバセセリ♂雄 吸蜜@トチノキ 13:03-04 
a0146869_21435548.jpg
a0146869_21442556.jpg
a0146869_21443846.jpg
a0146869_2144514.jpg
 遅い訪問でもまずまず綺麗な♂雄個体に満足できました。
近くの花穂にホッピングするので、飛翔を狙いますが、なかなかよい姿勢で写りません。

しばらくするとどこかにいなくなります。

その間もいろいろなチョウが飛来してきました。
余り綺麗な絵になっていないのですが、紹介です。
#5-7・オナガアゲハ♂雄、アオスジアゲハ、カラスアゲハ♂雄 吸蜜@トチノキ 13:06-09 
a0146869_21522880.jpg
a0146869_21525380.jpg
a0146869_2153316.jpg
  実は午前中、このトチノキに止まっていたミヤマカラスアゲハ♀雌を撮影です。ピントが合っているか恐くてまだチェックしていません。

またアオバンがやってきました。先の個体とは肛角斑の中の黒点形状が違い、別個体のようです。
#8-10・アオバセセリ♂雄 吸蜜@トチノキ 13:36-37 
a0146869_223295.jpg
a0146869_2231075.jpg
a0146869_2232846.jpg
 こちらの方が鮮度も少しよいみたいです。
基本飛翔狙いで、SS=1/2000、F8.0に固定しているので、画像がだいたいISO3200(EOS7Dのマニュアル撮影時の上限値)になっており、画質が少し粗目なのが少し残念です。
吸蜜時も動きが多いので、どのような設定が理想なのか、また来期の課題です。

#11・クモガタヒョウモン♂雄 13:38 
a0146869_228979.jpg
 
クモガタちんは、吸蜜せずに何度かこのトチノキを横切りました。

#12・アオバセセリ♂雄  吸蜜飛翔(3枚の合成画像)@トチノキ 13:41 ・・・画像クリックで拡大へ。
a0146869_2292323.jpg
 まずまずの飛翔画像になりました。
飛び去るときよりは、どの花に来るか当たりを付けての待ち伏せ撮影の方が、アオバンも飛翔を緩める最中なので、撮影しやすい感じです。
(とは後から感じることで、当時は夢中でパシャパシャしております)
by yoda-1 | 2012-05-20 22:12 | アオバセセリ

アオバセセリ  かつてなく大きく開翅です。  2011.6.19山梨県

先々週末の山梨紀行で、ウラクロシジミの道路側での観察を邪魔をしたアオバセセリの紹介です。

今期、アオバセセリは飛翔時のものが多かったので、少し古くなっている感じの個体ではありますが、主役紹介となります。

#1-3・アオバセセリ♂ テリ張り@クズの葉上12:59-13:02-7D・280mm原画、縦切り出し、268mm原画
a0146869_5521010.jpg
a0146869_552287.jpg
a0146869_5524385.jpg
 この精悍さには、いつもながらしびれます。

#4-5・同上アオバセセリ♂ 吸蜜@ウツギ13:03-04-7D・280mm原画、246mm
a0146869_553514.jpg
a0146869_5531849.jpg
#4のように背景が全く黒いのも面白いと思いました。

#6・同上アオバセセリ♂ 開翅・日光浴@葉上13:06-7D・280mm
a0146869_5533685.jpg
日頃あんまり開翅しないですが、このくらいまでは開翅することがたまにあるようです。
この角度でしばらく(数秒間)日光浴していました。

同行のbanyanさんによると、このウラクロシジミの場所には例年はいないそうで、今年はアオバセセリの当地で発生が遅かったのではないかとのことです。

#7・ハエトリグモとハエ @YODAの腕上
a0146869_5535920.jpg
 ウラクロを待つ間に、ヘムレンさんのためにハエトリグモを呼びました。
すると、YODAの常時綺麗な腕にハエも来るではないですか。ハエトリが本領を発揮するのではと、周囲の注目を集めましたが、捕獲シーンはそのそぶりも全くなしです。
ハエトリ全種が、本当にハエを獲るのか、そうでないような気がしてきましたが、・・・。
そもそもハエを捕獲している画像を見たことがないことに気がつきました。
ヘムレンさん、ハエを捕獲しているハエトリグの画像、よろしく御願いします(笑)

#8・スミナガシ たぶん♀ 休止@葉上14:56
a0146869_655775.jpg
ウラクロの舞う渓流で、ひっそりと休止していました。確か、ご一緒だったnaoggioさんが発見でしたでしょうか。
スミナガシ♀の画像は、今期どうしても撮影しなくてはいけないのですが、誰がいい場所をご存じないでしょうか?

使用カメラ:・望遠系 Canon EOS7D+EF70-200mmF4-IS-USM+1.4×使用=98~280mm
・コンデジ RICOH CX5
(デジイチでの撮影は、Jpeg+RAWが基本ですが、画像が暗い場合や、白飛びを軽減する際にRAW現像を活用しております。まだ、RAW現像で色合いを追求するほどの段階に来ておりません)  
by yoda-1 | 2011-06-30 05:58 | アオバセセリ

アオバセセリ  テリ張り飛翔で目が回る。  2011.5.14群馬県

スミナガシが多数テリ張りしていた小山の頂上では、これまた各所でアオバセセリがぶんぶん飛翔していました。
あまり、画像としての観賞価値はないですが、ぶんぶん丸の飛翔時の画像紹介です。

◆望遠飛翔
#1-2・アオバセセリ テリ張り飛翔14:21-7D・98mm 
a0146869_6283759.jpg
a0146869_6291387.jpg
 当然ピント合わせの余裕はないので、置きピンエリアに来たらパシャパシャです。
いや来たらでは遅く、来そうにになったらためらわずパシャパシャです。
この二枚は連写時のもので、#1ではよくピントがあい、次の1/8秒後のショットではさすがに焦点が甘くなっています。

#3・アオバセセリ テリ張り飛翔14:29-7D・98mm 
a0146869_6292788.jpg
 だいたいは、なかなかピントが合いません。

いろいろ撮影にトライして再び最初の位置で、スミナガシを撮影していると、この地をホームグランドのようにされている「花蝶風月」のbuttflowさんが駆けつけてくれました。
この山頂の様子をいろいろ伺いながら、一緒に再度巡ってみることにしました。
YODAはレンズを広角に切り替えて、このアオバの飛翔を捉えたいと臨みますが、まずうまい具合にレンズに近づいてくれることがなく広角飛翔撮影の難しさを実感しました。

◆広角飛翔
#4-6・アオバセセリ テリ張り飛翔15:55原画、16:03-07-7D・31mm・・・#4と#5,6は別個体。
a0146869_63163.jpg
a0146869_6314128.jpg
a0146869_6315542.jpg
#4は左隅に写っていましたが、もう少しでピントが合う感じでした。(本体は抜けが悪く、見づらいですが、例示優先で掲載です)
#5,6は拡大するとぼけていますが、飛翔の雰囲気は出ています。(同様に、#6は抜けていなくて失礼します)
飛翔が素早いだけに、近くに来ると画面に入れるもの大変だし、そもそもなかなか接近してこないし、これは撮影に辛抱強さが要求されます。

反対側の観察場所に戻りながら、レンズは再び望遠ズーム98-280mmに切り替えです。

#7・アオバセセリ テリ張り飛翔16:26-7D・98mm 
a0146869_6321597.jpg
 どうしても後ろ向きの画像での撮影が多くなります。

#8・同上アオバセセリ テリハリ飛翔・5枚合成16:26-7D・98mm・・・画像クリックで拡大へ。
a0146869_632282.jpg
たまたま横方向に移動中だったので、連写5枚全部でまずまずのピントが被写体に来ていました。
連写速度が1/8秒程度のはずなので、被写体位置の間隔がこの程度になる感じでした。
画像クリックされると2000×728サイズでご覧いただけます。

そのうちこの個体は一日の飛び疲れを癒すように、たまに休止するようになりました。
#9-11・同上アオバセセリ 休止@葉上16:30,31、37-7D・280mm
a0146869_6333669.jpg
a0146869_6335197.jpg
a0146869_634416.jpg
 特に#10は、目の前に止まってくれて感激しました。♂の後ろ脚に毛束が写っています。

開翅の大きめの画像がないので、やはりウツギとかでの吸蜜シーンを狙うしかありません。
今週末撮影機会のあることを祈ります。

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
ただ今のランキング@にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています。一日一回のポチッによる皆様の励まし、よろしくお願いします。
・望遠系 Canon EOS7D+EF70-200mmF4-IS-USM+1.4×使用=98~280mm
・広角系 Canon EOS7D+Sigma DC 17-70mm F2.8-4MACRO OS HSM=17~70mm 
 
by yoda-1 | 2011-05-19 06:35 | アオバセセリ

アオバセセリ 翅表も青かった。 2010.5.22埼玉県その2

先週末の埼玉を巡る探蝶その2では、セセリチョウの仲間を紹介です。

当日訪問した第三ポイントで、このトチノキの花にはいろいろ蝶が来ているねと、
ヒメオオさんとチェックしに下車して行ってみると、早々に一匹のアオバが来てくれました。

写真1☆ アオバセセリ♂ 吸蜜@トチノキ12:54
(EOS7D+70-200F4+×1.4 280mm 1/2000 F5.6-0.3EV ISO1250 切り出し)
a0146869_3551462.jpg
 翅裏の緑味は、光線の当たり具合で違ってくるようです。

写真2☆ 同上個体12:55 7D 229mm 1/2000  F6.3-0.3EV ISO800 切り出し
a0146869_3564441.jpg
 さっそく開翅してくれました。というか、羽ばたきながら花間をホッピングしているので、
秒約8コマの7D連写では、開翅状態の方が多くなりました。

写真3☆ 同上個体12:55 7D 229mm 1/2000  F6.3-0.3EV ISO800 切り出し
a0146869_357422.jpg
 好きな姿勢なのですが、手前の花が被っているのが残念です。少し翅がぶれているので、
1/4000の世界で撮影してもよかったかもです。

写真4☆ 同上個体13:00  7D 280mm 1/2000  F5.6-0.3EV ISO1000 切り出し
a0146869_3572544.jpg
 撮影位置からほどよい距離で、あちこちに飛び回りました。
しかし、トチノキの花は豪華です。ところどころで、スギタニルリシジミの幼虫がいるような気がしました。

写真5☆ 同上個体13:01  7D 254mm 1/2000  F5.6-0.3EV ISO2000 切り出し
a0146869_3581861.jpg
 この位置で全開翅の画像になればよかったのですが。羽ばたく回数は秒どの程度なのでしょうか?
翅全開時にシャッターのタイミングが合いませんでした。
この後しばらくしていなくなり、次の個体を期待しましたが、来ませんでした。
近場の第四ポイントの山の中のまだ満開状態のウツギで待ちましたが、ここでも遇えず。
今季、これで2匹目(=生涯目撃がたったの2匹)なので、まだまだ遇いたいです。

それではその他のセセリチョウの紹介です。
どちらも、今期初見でした。

写真6☆ コチャバネセセリ 開翅・地面チェック10:31 北本自然観察公園
(DMC-GH1+Leica DG Macro-Elmarit 45mm F2.8 ASPH 1/125 F5.6-0.3EV  ISO100)
a0146869_41242.jpg
 この腹部形状は♂なのでしょうか。

写真7☆ 同上個体 半開翅・側面10:32 GH1 1/160  F5.6-0.3EV  ISO100
a0146869_414284.jpg
 よく見ると、金色鱗粉はまぶされていて綺麗ですよね。

写真8☆ 同上個体 閉翅・地面チェック10:34  GH1 1/60  F10-0.3EV  ISO200
a0146869_4246.jpg
 翅裏の黒い支脈模様も綺麗です。個体が新鮮すぎるのか、光線の具合なのか、本来翅裏にもある数個の白斑が目立っていません。

写真9☆ コチャバネセセリ 開翅・吸蜜@ハルジオン11:53 7D 280mm 1/2000  F6.3-0.3EV ISO2000 切り出し
a0146869_422589.jpg
 これは当日の第三ポイントにいた個体。ここで、maximiechanさんが綺麗なカラスアゲハ♀を修められました。うらやましい限りです。

写真10☆ ダイミョウセセリ 開翅12:43 7D 280mm 1/2000  F6.3-0.3EV ISO2000 切り出し
a0146869_424468.jpg
 これも第三ポイントの奥にいた個体。関東型では後翅の白斑列が弱くなり、消滅かかすかに認識できる個体になるそうですが、
この個体は、新鮮なこともあって痕跡?がはっきりしています。
by yoda-1 | 2010-05-24 22:43 | アオバセセリ

アオバセセリ 厚化粧・豪華衣装の芸能人 2010.5.15入間郡その1

この土曜日に初見のアオバセセリで感激したので、白馬村その4の前に、そちらの方を先に紹介します。

写真1☆ アオバセセリ♀ 吸蜜@ウツギ12:33
(EOS7D+70-200F4+×1.4 280mm 1/500 F10-0.3EV ISO800 切り出し)
  *画像クリックで拡大します(以下同様)
a0146869_0155134.jpg
 当日、同伴した家内が何か来たよと教えてくれました。
なんと、生涯初見のアオバではないですか。

写真2☆ 同上個体12:34 7D 280mm 1/400 F10-0.3EV ISO800 切り出し
a0146869_0161444.jpg
 正面から見ても、下でスカートが広がっているようでチャーミングです。
このウツギは道横河川のものなので、どの画像もカメラ下向きで撮影したものです。

写真3☆ 同上個体12:34 7D 280mm 1/2000 F6.3-0.3EV ISO640 切り出し
a0146869_0163050.jpg
 これはchochoensisさんのブログによると、♀のようです。

写真4☆ 同上個体12:34 7D 280mm 1/2000 F5.6-0.3EV ISO1250 切り出し
a0146869_0165026.jpg
 これが翅裏が一番明るくなりました。図鑑の標本ではもっとと緑色が入っているのですが、
えらく青いままなのですね。何か理由があるのでしょうか?

アサギマダラは今季初でした。
写真5☆ アサギマダラ♀ 飛翔12:16 7D 161mm 1/2000  F5.6-0.3EV ISO3200 切り出し
a0146869_017960.jpg
 南方から渡ってきている個体なのでしょうか?

写真6☆ 同上個体・飛翔12:16 7D 161mm 1/2000  F5.6-0.3EV ISO1250 切り出し
a0146869_0172975.jpg
  暗かったので、RAW画像現像で露出補正すると、虫食いだらけになりました。

写真7☆ オナガアゲハ♂ 開翅・吸蜜@ウツギ13:42 7D 208mm 1/320  F10-0.3EV ISO3200 切り出し
a0146869_0175862.jpg
  当地訪問時より飛んでばかりいたオナガですが、ようやく吸蜜してくれる個体がいました。
なかなかfanseabさんのブログのようにはいきません。

写真8☆ 同上個体 翅裏・吸蜜@ウツギ13:43 7D 280mm 1/400  F10-0.3EV ISO3200 切り出し
a0146869_0181439.jpg
 なかなか♀に遇えないのですよね。

確かに、アオバセセリは被写体として何か衣装の派手な芸能人を撮っているような感じで、
一筋縄でいかない分、魅力があるように思います。
YODAも群れ飛ぶ様を見てみたいです。
(入間郡その2サカハチチョウ、その3トラフシジミとする予定です。)
by yoda-1 | 2010-05-16 00:19 | アオバセセリ