ご訪問ありがとうございます。北海道産Pieris属3種の形態比較論文partⅠ掲載の論文集がようやく発刊されました。PC訪問者数404,948-2016.11.30時点


by yoda-1

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新の記事

月刊むし2016-4月号の案内
at 2017-03-20 23:07
2016年12月の行事、推薦図書
at 2016-11-30 04:12
2016.10月22日・23..
at 2016-10-16 06:44
ウラキンシジミ♀雌のアオキ型..
at 2016-07-10 20:40
2016年7月の推薦図書(7..
at 2016-07-06 05:17
ウラギンヒョウモンを探して
at 2016-07-02 00:09
2016年4-6月の推薦図書
at 2016-06-22 06:44
ようやくのフジミドリ♂雄・開..
at 2016-05-30 05:07
この一月間(4月・5月)の活..
at 2016-05-23 04:08
ギンイチモンジセセリなど 埼..
at 2016-04-14 21:53

以前の記事

2017年 03月
2016年 11月
2016年 10月
more...

記事ランキング

検索

ファン

外部リンク

虫のしわざ観察ガイド

虫のしわざ観察ガイド
著者:新開孝
価格:1,944円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


世界のタテハチョウ図鑑

世界のタテハチョウ図鑑
著者:手代木求
価格:32,400円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


ずかんさなぎ

ずかんさなぎ
著者:鈴木知之
価格:2,894円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


◆訪問者カウンター
(設置2011.2.17)
無料


無料

無料

i2i管理
MyRSS
▼ブログ村ランキング参加中▼
/
↑たくさんの昆虫ブログをご覧になれます
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
↑たくさんの野鳥ブログをご覧になれます

◆蝶関係団体
a0146869_13204580.jpg
a0146869_311626.jpg
山口むしの会
群馬の蝶を語る会

◆外部ブログ
青森の蝶たち
てふのネイチャー写心
自然散策雑記帳
デジカメ私流
stroll
北信に舞う蝶たち
Hirokou's Field Notes
虫むしクラブ、蝶、トンボ図鑑
LOVE-BIRDS.NET
Kaze's Photo Blog
受け身の園芸
Akakkoko's自然大好き
暖蝶寒鳥
美撮りに夢中!
四季おりおり
蝶の観察記録-十勝蝶の覚書new
ごん太のブログ
「鳥撮りおやじ」の日記
月夜のくろねこ
Soceer-Boyの写真館
母袋の駱駝山
浅間山麓の蝶
My Favorite Butterflies of Japan
my蝶あるばむ
北の安曇野PHOTO DIARY
a piece of photo work
naoggio写真日記
自然からのたより
あぜみちのチョウチョ日記
Field Notebook
ホタルの独り言
markeeのシマフクブログ2nd
江田慧子の研究ブログ
アキノ隊員の鱗翅体験
そうだ沖縄に行こう!
案山子
Papilio Paradise
里山の蝶と花

フォロー中のブログ

一寸の虫にも五分の魂
シニアネットとともに
登山道の管理日記
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
自然大好き
SHORE BIRDS ...
蝶・チョウ・ゆっくり歩き...
鳥蝶ビデスコ
TSUCHIYA BLOG
フィールドノート
RICKPHOTO Blog
四季彩散歩
葛西臨海公園・鳥類園Ⅱ
生きもの写真家 安田 守...
おてんとうの ちょっとええ感じ
MU's Diary
夫婦でバードウォッチング
小畔川日記
やんばるの風
探蝶逍遥記
蝶&鳥日記 2
Life with Bi...
My Berkeley ++
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
 写道
安曇野の蝶と自然
NATURE DIARY
タイの自然と風景
八重山の自然誌
Yamyam町一丁目
テトだもん!
嗚呼っっ 今日も証拠画像...
鳥平の自然だより(動物編)
N_BIRDERの野鳥b...
ORIXA's BIRD !
Birding
蝶・旅の友
くわがた散歩道
Lycaenidaeの蝶...
麻呂犬写真館  *mam...
Sippo☆のネイチャー...
花蝶風月
蝶と蜻蛉の撮影日記
北海道の野鳥探索/mar...
風任せ自由人
蝶狂人@蝶と里山の浪漫紀行
ヒメオオの寄り道
仲良し夫婦de蝶ブログ
タヒチ ランギロア島暮ら...
ぶらり探蝶記
ひらひら探検隊
Shinne`s pho...
ごっちの鳥日記
蝶・花・山~自然の色使い
くま次郎の”やんばる日記”
NPO法人 日本チョウ類...
自然の中に出かけて・・・
蝶撮日記
たかがヤマト、されどヤマト
花鳥撮三昧
ケンケン&ミントの鳥撮り...
蝶超天国
レンズ越しの I Lov...
ぽん太の昆虫ブログ 1
ポータルぢゃないチョウの...
蝶散歩
ぷんたのかあさん Pho...
秩父の蝶
庭日和
超蝶
徒然なるままに  
みき♂の虫撮り友人帖
三鷹の狸のてふてふ交遊録
華蝶の夢
不思議の森の迷い人
世に倦む日日
チョウ!お気に入り
Butterfly & ...
farfalle e u...
ねこきちの自然散策雑記帳

カテゴリ

全体
☆識別検討室☆
図鑑・図書
香港の蝶
香港の野鳥【工事中断中】
☆台湾の蝶
☆探蝶記一般
蝶リスト
☆探鳥記一般
☆蛾
☆トンボ
☆ハチ・アブ
☆セミ・カメムシなど(半翅目)
☆カマキリ・バッタなど
☆甲虫
☆祝☆
☆旅ブログへのリンク
☆展示会等
☆腹部形状差
☆卵・タマゴ・eggs
☆幼虫・イモムシ・蛹
★ゼフ飼育
☆山野草
アイノミドリシジミ
アオタテハモドキ
アオスジアゲハ
アオバセセリ
アカシジミ
アカセセリ
アカタテハ
アカボシゴマダラ
アカマダラ
アゲハ
アサギマダラ
アサヒヒョウモン
アサマイチモンジ
アサマシジミ
アマミウラナミシジミ
イシガケチョウ
イチモンジセセリ
イチモンジチョウ
ウスイロオナガシジミ
ウスイロコノマチョウ
ウスイロヒョウモンモドキ
ウスキシロチョウ
ウスバキチョウ
ウスバシロショウ
ウラキンシジミ
ウラギンスジヒョウモン
ウラギンヒョウモン
ウラギンシジミ
ウラクロシジミ
ウラゴマダラシジミ
ウラジロミドリシジミ
ウラジャノメ
ウラナミアカシジミ
ウラナミシジミ
ウラナミジャノメ
ウラミスジシジミ
エゾシロチョウ
エゾスジグロシロチョウ
エゾミドリシジミ
エゾヒメシロチョウ
エルタテハ
オオイチモンジ
オオウラギンスジヒョウモン
オオウラギンヒョウモン
オオゴマシジミ
オオゴマダラ
オオシロモンセセリ
オオチャバネセセリ
オオヒカゲ
オオミスジ
オオミドリシジミ
オオムラサキ
オオモンシロチョウ
オオルリシジミ
オキナワビロードセセリ
オナガアゲハ
オナガシジミ
カバイロシジミ
カバマダラ
カラスアゲハ
カラスシジミ
カラフトセセリ
カラフトタカネキマダラセセリ
カラフトヒョウモン
カラフトルリシジミ
キアゲハ
キタアカシジミ
キタキチョウ
キタテハ
キバネセセリ
ギフチョウ
キベリタテハ
キマダラセセリ
キマダラモドキ
キマダラルリツバメ
キリシマミドリシジミ
ギンイチモンジセセリ
ギンボシヒョウモン
クジャクチョウ
クモガタヒョウモン
クモマツマキチョウ
クモマベニヒカゲ
未分類
クロアゲハ
クロコノマチョウ
クロシジミ
クロセセリ
クロツバメシジミ
クロヒカゲモドキ
クロマダラソテツシジミ
クロミドリシジミ
ゴイシシジミ
コキマダラセセリ
コジャノメ
コチャバネセセリ
コツバメ
コノハチョウ
コヒオドシ
コヒョウモン
コヒョウモンモドキ
ゴマシジミ
ゴマダラチョウ
コムラサキ
サカハチチョウ
サトキマダラヒカゲ
シータテハ
ジャコウアゲハ
ジャノメチョウ
ジョウザンシジミ
ジョウザンミドリシジミ
シルビアシジミ
シロオビアゲハ
シロオビヒメヒカゲ
スギタニルリシジミ
スジグロシロチョウ
スジグロチャバネセセリ
スジボソヤマキチョウ
スミナガシ
タカネキマダラセセリ
タカネヒカゲ
ダイセツタカネヒカゲ
ダイミョウセセリ
チャバネセセリ
チャマダラセセリ
チョウセンアカシジミ
ツバメシジミ
ツマキチョウ
ツマグロキチョウ
ツマジロウラジャノメ
ツマベニチョウ
ツマムラサキマダラ
テングチョウ
トラフシジミ
ナガサキアゲハ
ナミエシロチョウ
バナナセセリ
ハヤシミドリシジミ
ヒオドシチョウ
ヒカゲチョウ
ヒサマツミドリシジミ
ヒメアカタテハ
ヒメイチモンジセセリ
ヒメウスバシロチョウ
ヒメウラナミジャノメ
ヒメキマダラヒカゲ
ヒメギフチョウ
ヒメキマダラセセリ
ヒメシジミ
ヒメシロチョウ
ヒメジャノメ
ヒメチャマダラセセリ
ヒメヒカゲ
ヒョウモンチョウ
ヒロオビミドリシジミ
フタオチョウ
フタスジチョウ
フジミドリシジミ
ベニシジミ
ベニモンカラスシジミ
ヘリグロチャバネセセリ
ホシチャバネセセリ
ホシミスジ
ホソオチョウ
ホソバセセリ
ミズイロオナガシジミ
ミスジチョウ
ミドリシジミ
ミドリヒョウモン
ミナミキチョウ
ミヤマカラスアゲハ
ミヤマカラスシジミ
ミヤマシジミ
ミヤマシロチョウ
ミヤマセセリ
ミヤマモンキチョウ
ムモンアカシジミ
ムラサキシジミ
ムラサキツバメ
メスアカミドリシジミ
メスグロヒョウモン
モンキアゲハ
モンキチョウ
モンシロチョウ
ヤマキチョウ
ヤマキマダラヒカゲ
ヤマトシジミ
ヤマトスジグロシロチョウ
リュウキュウアサギマダラ
リュウキュウウラボシシジミ
リュウキュウウラナミジャノメ
リュウキュウヒメジャノメ
リュウキュウミスジ
リュウキュウムラサキ
リンゴシジミ
ルーミスシジミ
ルリシジミ
ルリタテハ
コゲラ
トモエガモ
ライチョウ
★ヒメウタイムシクイ
★チャキンチョウ
★マヒワ
★エゾビタキ
★タゲリ
★サバクヒタキ
★オオマシコ
★ハギマシコ
★オジロビタキ
★コミミズク
★キガシラシトド
★ベニマシコ
★ヤマシギ
★トラツグミ
★クロジ
★アカハシハジロ
★カヤクグリ
★キレンジャク
★ギンムクドリ
★ウソ
★タゲリ
★カラフトムシクイ
★ハチジョウツグミ
★ヒレンジャク
★コクマルガラス
★ルリビタキ
★アオジ
★エナガ
☆コサメビタキ
★ジョウビタキ
★ヤマガラ
☆セキレイ科
☆カモ科
☆ツル科
☆ムクドリ科
☆ムナグロ科
☆シギ科
☆カラス科
☆カイツブリ科
☆カモメ科
☆ヒタキ科
☆ツグミ科
☆キツツキ科
☆アトリ科
☆シジュウカラ科
☆ホオジロ科
☆ウグイス科
☆タカ科
☆レンジャク科
☆ハヤブサ科
☆モズ科
☆チドリ科
☆コウノトリ科
☆ハト科
☆トキ科
☆サギ科
☆ヒヨドリ科

タグ

(48)
(38)
(37)
(34)
(26)
(25)
(25)
(25)
(23)
(23)
(21)
(21)
(21)
(20)
(20)
(19)
(19)
(19)
(18)
(18)

最新のトラックバック

ウラジロミドリシジミ
from ホタルの独り言
白馬のゼフィルス
from ホタルの独り言
越冬クロコノマチョウ
from Field Notebook.
「フィールドガイド 日本..
from Field Notebook.
多摩動物公園-昆虫生態園
from Field Notebook.
花はなぜ美しいのか?
from 哲学はなぜ間違うのか?

ライフログ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ブログジャンル

自然・生物

画像一覧

カテゴリ:ウラキンシジミ( 5 )

ウラキンシジミ♀雌のアオキ型 2016.7.10群馬県

本日は、家内とゼフィーを連れて、群馬県の高所に。
着くと、昨年もお会いした方が、観察会を開いていて、ウラキンシジミが降りているからどうぞとのこと。
#1・#2 ウラキンシジミ♀雌
a0146869_20192220.jpg
a0146869_20193024.jpg
 ちょっと観察していると少し開くではないですか。ウラキンの翅表は真っ黒と思っていたものだから、橙色斑が出てきてビックリでした。
学研・標準図鑑によると、アオキ型とのこと。どの程度の比率で、この橙色斑のある個体が出てくるのか、日頃滅多に出会えないし、しかもいたとしても開翅しないので、私には全く分かりません。

#3・#4 ジョウザンミドリシジミ♂雄 09:27
a0146869_2027862.jpg
a0146869_20271417.jpg
この地では、ジョウザンがピークの感じで多数いました。

#5 メスアカミドリシジミ♂雄・バトル 10:22
a0146869_20285128.jpg
 このときはすでにバトルはメスアカミドリに引き継がれていたのですね。古い個体とまずまず新鮮個体のバトルだったようです。
メスアカ♀雌もいましたが、新鮮個体の開翅との出会いはなしでした。

ここでのヒメシジミはもう古いものが多く、ホシミスジ・ヒョウモンチョウも発生ピークのように感じました。次の2種は、出始めのようでした。(ジャノメチョウもですが、画像は割愛です)

#6 ウラギンスジヒョウモン♂雄
a0146869_20333289.jpg

#7 アカセセリ♂雄
a0146869_20334149.jpg
 新鮮個体のこの黄色さがいいですね。

#8 エゾミドリシジミ♂雄・バトル 11:37
a0146869_20353411.jpg
 この時間帯ではメスアカと思ってしまいましたが、何か淡いブルーだし、撮影して翅表の黒縁部分をみると、クリソゼフィルスではないは撮影時に確認しておりました。今よく観るとやはりエゾミドリですね。ちょうど曇りがちになったので、早めの活動開始となったようです。

参議院の投票があるので、昼過ぎには現地を離れて、帰路につきました。

この日は、懐かしい蝶友の方々に現地でお会いできて、楽しい日となりました。
多くの若者を引率されて観察会をされていた方を含めて、皆さんお世話になりました。
by yoda-1 | 2016-07-10 20:40 | ウラキンシジミ

ウラキンシジミ  雌雄の比較図  2013.7.14-15北海道28

定山渓では、ウラキンシジミもよく観察できました。
関東甲信節では、なかなか会いに行って、確実に観察できる保証はないことが多いですが、
この札幌市ではかなりの確率で観れるのではないでしょうか。

#1-3・ ウラキンシジミ♀雌・別個体 
a0146869_212685.jpg
a0146869_2128517.jpg
a0146869_21333776.jpg
 この金色に出会うと、なんとも神々しさを感じます。
#2では黒い翅表がチラ見できます。
#3は前翅基部側で擦れ始めているでしょうか。

いろいろ食樹の枝上を動き回る個体がいました。
#4-7・ ウラキンシジミ♀雌 2枚ずつ同一個体 15:05、16:40 
a0146869_21304198.jpg
a0146869_21352749.jpg
a0146869_21355079.jpg
a0146869_21361574.jpg
 産卵場所でも探していたのでしょうか。

#8-10・ ウラキンシジミ♂雄・別個体 8:24~11:09 
a0146869_21402690.jpg
a0146869_21403243.jpg
a0146869_21404033.jpg
 翌日の午前中ですが、午前中はおとなしくしているようです。

#11-12・ ウラキンシジミ♂雄  探♀雌飛翔 17:21 
a0146869_21424934.jpg
a0146869_21425871.jpg
 夕方になると、♂雄は食樹のある近くで、♀雌探しの飛翔をしているようでした。
♂雄はこのように翅表は真っ黒です。

#13・ ウラキンシジミ♀雌 飛翔 
a0146869_21471252.jpg
 ♀雌の方の翅表はやや淡くなり、茶系になってくるようです。

余談ですが、静止時には翅裏を見ることの多い蝶ですが、「ウラ・・・」の和名は多いのですが、「オモテ・・」の和名を持つ蝶を内外に知りません。
♂雄の表が真珠色であると人気の高いウラクロシジミですが、本当はオモテジロシジミとかの名称がいいのかも。これもださい感じが残るので、シンジュシジミとかでもしておけば、今のウラクロの評判よくない和名を回避できたのかもです。

ウラキンの雌雄は難しくない印象ですが、一応雌雄比較図を作成しました。
#14・ ウラキンシジミ 雌雄翅裏比較図 
a0146869_21505847.jpg
 このうち③~⑤は蝶全般に言えることで、②は他のシジミチョウでも該当することが多いでしょうか。

一般に♀雌の明るさを好む人が多いようです。
翅裏が極度に黒化するタイプから、前翅裏の亜外縁の黒斑列が完全消滅する個体とか、いろいろ斑紋異常もあって楽しい蝶みたいです。
by yoda-1 | 2013-11-21 21:54 | ★ウラキンシジミ

ウラキンシジミ  山道に溢れて。  2013.8.12岐阜県②

オオゴマシジミの舞う林道には、各種ゼフィルス類も溢れていました。
この溢れてが客観的な表現ではないですが、今回の北海道遠征を思い出しました。

#1-3・ ウラキンシジミ♂雄 
a0146869_22222875.jpg
a0146869_2223312.jpg
a0146869_22232035.jpg
 林道に入ると、さっそく一個体がお出迎えでした。

#4-5・ ウラキンシジミ♂雄 ・・・上とは別の2個体 
a0146869_22243658.jpg
a0146869_22244746.jpg
ウラキンが林道に降りてきたり、林道際の草むらにいる光景も、初体験でありました。(厳密には今期の札幌市の林道以来ですが)

そのほかのゼフです。

#6-7・ ミドリシジミ♂雄 
a0146869_22273831.jpg
a0146869_2227448.jpg
 これはハンノキを意識しない場所で出会うと、アイノミドリシジミと間違えそうです。
   (よく考えると、アイノ♂雄はこのような褐色の翅裏ではありませんが)
山地のミドリシジミは山地性のゼフであるジョウザンミドリなどよりも発生が遅いとのことで、この新鮮さなのでしょうか。といいながらもやや経時した個体もありです。

#8・ ミドリシジミ♂雄  エゾミドリシジミ♂雄?
a0146869_22543939.jpg
この個体は一見エゾミドリシジミと紛らわしい感じをもちました。
ただ後翅の白線がミドリシジミらしい内側湾曲がなく、間違った判定かもです。
追記:今見なすといくら擦れてもこの色合いでのミドリシジミはあり得ない感じです。
2本の白線の間隔があるものの、やはりエゾミドリシジミの線が一番妥当なような感じです。


次からは老個体を含むものをやや強引に識別しているので、間違いがあるかもです。

#8-11・ アイノミドリシジミ♂雄、ジョウザンミドリシジミ♀雌、オオミドリシジミ♀雌 
a0146869_22323159.jpg
a0146869_22324153.jpg
a0146869_22325834.jpg
 このうち最も新鮮な2つ目のジョウザン♀雌が、♀雌のように長い尾状突起を持ちながら、♀雌にしては大きめに感じる複眼を持つのが悩ましいです。

やはりゼフ類の識別が容易でないのはあきらかでしょうか。
この林道では水の流れる場所で、フジミドリシジミの飛来があったのに、しばし留まることがなく撮影できなくて残念でした。
いつかまたリベンジしたいです。(フジミドリ接写のために)

コヒョウモン他に続く。
by yoda-1 | 2013-08-19 22:59 | ★ウラキンシジミ

ウラキンシジミ  ♀雌のおしりはかわいい!!  2012.7.16長野県①

この連休は、火曜日もお休みをいただいて、後半は信州めぐりとなりました。
少し風邪ぎみで体調はよくなかったですが、この時季にしか狙えない目標・課題もあるので、とにかく出陣しました。
結果、目標どおりにいかないことが多かったですが、今期初の蝶も多く、それなりに充実したものとなりました。途中でメールや電話で情報をくださった方々ありがとうございました。

遠征の概要は 下段のMore★ に載せております。

それでは唯一に近い成果である新鮮・ウラキンシジミの紹介です。
すべて同じ個体で使用カメラは60D-420mm-F8.0でした。

#1-2・ウラキンシジミ♀雌
a0146869_537221.jpg
a0146869_5373146.jpg
 2mちょいはありましたが、いい高さに降りてくれました。
#1は頭部側はピンぼけですが、適度にぼけると金色具合もよい感じです。

いろいろ動くので連写しました。
#3・同上 6枚組写真 
a0146869_5393647.jpg
 420mmで撮影なので、もうピントは脚の方に固定されています。
このウラキンもなかなか開翅しないことで有名な蝶です。

葉裏に静止したので、いろいろな条件で撮影しました。
#4-6・同上 #4・強制発光、#5・露出優先(SS=1/800、ISO1000)、#6・ISO100固定(SS=1/80、三脚使用) 
a0146869_5461887.jpg
a0146869_5462891.jpg
a0146869_5463957.jpg
 60Dのタイマー撮影は2sec.モードしかないようで、三脚使用でもシャッターボタンを押した衝撃での画面揺れは止まっておりませんでした。
リモコンとか買っておかなければと痛感です。
最後の#6は画像クリックで1200×1600に拡大されますが、いつものように前翅頂部分のピントが甘いです。ここをいつもシャープに撮影できる諸先輩はすごいものです。

この後に、スーパーマクロに挑戦するもさすがにいやがって場所変えしました。
別の樹木の葉裏に止まり、葉上に登るシーンの撮影となりました。
#7-9・同上 
a0146869_552397.jpg
a0146869_5524938.jpg
a0146869_553917.jpg
 このかわいい縞々のお尻が今回のお気に入りです。

また移動を再開しました。
#10-11・同上 
a0146869_5545410.jpg
a0146869_5552860.jpg
 動いているシーンの連写もなかなか楽しいです。
ここで静止したので、撮り収めにしました。

#12-13・同上 後翅スリスリ 
a0146869_5564085.jpg
a0146869_5565487.jpg
 基本真っ黒の翅表が少し見れました。
YODAの場合、この個体で満足してしまい、次の個体探しはやっておりません。
(といいながら、♂雄も撮影したかったです)


★この場所での他の蝶(ヒョウモン類は除く)
#14-15・カラスシジミ♂雄 
a0146869_5591169.jpg
a0146869_5592125.jpg
 少し遠いのですが、昨年に続きこの場所でカラスシジミに遇えました。
カラスシジミとはよく言ったもので、飛んでいるときはもう真っ黒な飛翔体に感じますが、蝶の中でもその飛翔の俊敏さもピカ一でしょう。
いつか間近で撮影したい蝶の一つです。

#16-17・ウラゴマダラシジミ 
a0146869_603219.jpg
a0146869_604492.jpg
 う~ん。この蝶には今年よく遇いますが、いつかは新鮮個体の開翅に巡り会いたいです。

#18ー20・オオミスジ♂雄 (#18とそれ以降は別個体) 
a0146869_625384.jpg
a0146869_63933.jpg
a0146869_631929.jpg
 #18はカラスシジミの栗の木で、今期初見でした。
#19-20は、この場所を離れる際に道路にいた個体です。当初ミスジチョウかと思いましたがこれもオオミスジでした。
ミミズへの口吻活動は初めて観察しました。

長野遠征② に続く。

More★ 信州遠征の概要
by yoda-1 | 2012-07-18 06:06 | ★ウラキンシジミ

ウラキンシジミ  ♀雌の方が綺麗だったとは。  2011.7.24長野県

あっというまにこの貴重な7月も終わりかけております。

先週末日曜日のファイナルイベントは、未見のウラキンシジミを見つけることでした。
ウラキンの活動波夕方とのころで、食樹のトネリコ周辺でお休みのことが多いとのこと。

#1ー3・ウラキンシジミ♀雌・・・生涯所見 
a0146869_6132571.jpg
a0146869_6134094.jpg
a0146869_6135394.jpg
 #1,2が7D-280mmで、#3が撮影位置を高くして、GH1-105mmによる撮影です。
#2はカメラ側で勝手にWBを迷っていますが、肉眼ではやはり#1,3の印象でした。まずまずの破損の少ない個体で、大満足の初見となりました。

#4・ウラキンシジミ♂雄 7D-280mm
a0146869_6144360.jpg
 ♂雄の方は発生が早い分、擦れ具合も進行している感じですが、もともと♀雌よりは褐色味が強いそうです。(金色が弱い)

#5・トラフシジミ・夏型 7D-280mm
a0146869_615260.jpg
 ごく新鮮でしたが、この時期ゼフでないとがっかりして観察されてしまうことが多いようで・・・。

#6・カラスシジミ GH1-105mm
a0146869_6151772.jpg
 ヒノキの小枝に留まったものを、強引に下に引っ張っての撮影でした。
その分、画質がよくないので、リベンジが必要ですが、YODA自身09年以来の出会いなので、これもうれしいものでした。

#7・カラスシジミ 7D-280mm原画
a0146869_6175294.jpg
 こちらの個体はクリの方に留まっていました。損傷も進んでいるので、トリミングなしで紹介です。

#8・メスアカミドリシジミ♀雌 7D-280mm
a0146869_6192773.jpg
 撮影当時は何を撮影したのかよく分かりませんでした。
自宅で画像検証して、後翅肛角部の橙色斑の感じから、一時はようやくエゾミドリシジミに遇えた、少し前後翅の中室端条紋が目立つ個体だけど・・・とか思いました。
でも冷静に考えるとメスアカミドリシジミの♀雌の方みたいです。
手持ちの検索図鑑ではこの辺の紛らわしいものを、オオミドリシジミ属6種(クロミドリ、オオミドリ、ジョウザン、エゾ、ハヤシ、ヒロオビ)の比較図しかなく、間違えるところでした。
今みると、学研・標準図鑑p.125に的確な比較図がありました。 
メスアカの♀雌はまだ遠目に見ているだけなので、いつかその特徴ある翅表を間近に撮影してみたいです。

#9・ホシミスジ たぶん♀雌 7D-280mm原画
a0146869_6184081.jpg
 この場所ではまったりとホシミスジが休止中でした。

#10・オオウラギンスジヒョウモン2♂+ジガバチ 7D-229mm
a0146869_6185549.jpg
 ヨツバヒヨドリの場所ではこのオオラギン以外にも、トラフシジミも吸蜜に来ていました。

この場所も、蝶相豊かで、八ヶ岳山麓も素晴らしいですね。

使用カメラ:
・望遠系 Canon EOS7D+EF70-200mmF4-IS-USM+1.4×使用=98~280mm
・マクロ系 Panasonic GH-1+Sigma MACRO105mmF2.8 EX DG
by yoda-1 | 2011-07-29 06:19 | ★ウラキンシジミ