ご訪問ありがとうございます。月刊むし誌上で「近縁種識別」の記事を年に4回ぐらい掲載しています。PC訪問者数512,525-2017.12.04時点


by yoda-1

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

最新の記事

祝図鑑掲載と保全協会の展示会案内
at 2017-12-04 05:19
セセリチョウの触角雌雄差研究..
at 2017-10-28 14:05
活動近況と鱗翅学会関東支部・..
at 2017-09-29 02:51
最近の活動と月刊むし記事案内
at 2017-06-19 22:30
最近の活動と2017年春の推..
at 2017-06-04 14:07
月刊むし2016-4月号の案内
at 2017-03-20 23:07
2016年12月の行事、推薦図書
at 2016-11-30 04:12
2016.10月22日・23..
at 2016-10-16 06:44
ウラキンシジミ♀雌のアオキ型..
at 2016-07-10 20:40
2016年7月の推薦図書(7..
at 2016-07-06 05:17

以前の記事

2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
more...

記事ランキング

検索

ファン

外部リンク

虫のしわざ観察ガイド

虫のしわざ観察ガイド
著者:新開孝
価格:1,944円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


世界のタテハチョウ図鑑

世界のタテハチョウ図鑑
著者:手代木求
価格:32,400円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


ずかんさなぎ

ずかんさなぎ
著者:鈴木知之
価格:2,894円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


◆訪問者カウンター
(設置2011.2.17)
無料


無料

無料

i2i管理
MyRSS
▼ブログ村ランキング参加中▼
/
↑たくさんの昆虫ブログをご覧になれます
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
↑たくさんの野鳥ブログをご覧になれます

◆蝶関係団体
a0146869_13204580.jpg
a0146869_311626.jpg
山口むしの会
群馬の蝶を語る会

◆外部ブログ
青森の蝶たち
てふのネイチャー写心
自然散策雑記帳
デジカメ私流
stroll
北信に舞う蝶たち
Hirokou's Field Notes
虫むしクラブ、蝶、トンボ図鑑
LOVE-BIRDS.NET
Kaze's Photo Blog
受け身の園芸
Akakkoko's自然大好き
暖蝶寒鳥
美撮りに夢中!
四季おりおり
蝶の観察記録-十勝蝶の覚書new
ごん太のブログ
「鳥撮りおやじ」の日記
月夜のくろねこ
Soceer-Boyの写真館
母袋の駱駝山
浅間山麓の蝶
My Favorite Butterflies of Japan
my蝶あるばむ
北の安曇野PHOTO DIARY
a piece of photo work
naoggio写真日記
自然からのたより
あぜみちのチョウチョ日記
Field Notebook
ホタルの独り言
markeeのシマフクブログ2nd
江田慧子の研究ブログ
アキノ隊員の鱗翅体験
そうだ沖縄に行こう!
案山子
Papilio Paradise
里山の蝶と花

フォロー中のブログ

一寸の虫にも五分の魂
シニアネットとともに
登山道の管理日記
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
自然大好き
SHORE BIRDS ...
蝶・チョウ・ゆっくり歩き...
鳥蝶ビデスコ
TSUCHIYA BLOG
フィールドノート
RICKPHOTO Blog
四季彩散歩
葛西臨海公園・鳥類園Ⅱ
生きもの写真家 安田 守...
おてんとうの ちょっとええ感じ
MU's Diary
夫婦でバードウォッチング
小畔川日記
やんばるの風
探蝶逍遥記
蝶&鳥日記 2
Life with Bi...
My Berkeley ++
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
 写道
安曇野の蝶と自然
NATURE DIARY
タイの自然と風景
八重山の自然誌
Yamyam町一丁目
テトだもん!
嗚呼っっ 今日も証拠画像...
鳥平の自然だより(動物編)
N_BIRDERの野鳥b...
ORIXA's BIRD !
Birding
蝶・旅の友
くわがた散歩道
Lycaenidaeの蝶...
麻呂犬写真館  *mam...
Sippo☆のネイチャー...
花蝶風月
蝶と蜻蛉の撮影日記
北海道の野鳥探索/mar...
風任せ自由人
蝶狂人@蝶と里山の浪漫紀行
ヒメオオの寄り道
仲良し夫婦de蝶ブログ
タヒチ ランギロア島暮ら...
ぶらり探蝶記
ひらひら探検隊
Shinne`s pho...
ごっちの鳥日記
蝶・花・山~自然の色使い
くま次郎の”やんばる日記”
NPO法人 日本チョウ類...
自然の中に出かけて・・・
蝶撮日記
たかがヤマト、されどヤマト
花鳥撮三昧
ケンケン&ミントの鳥撮り...
蝶超天国
ぽん太の昆虫ブログ 1
ポータルぢゃないチョウの...
蝶散歩
ぷんたのかあさん Pho...
秩父の蝶
庭日和
超蝶
徒然なるままに  
みき♂の虫撮り友人帖
三鷹の狸のてふてふ交遊録
華蝶の夢
不思議の森の迷い人
世に倦む日日
チョウ!お気に入り
Butterfly & ...
farfalle e u...
ねこきちの自然散策雑記帳

カテゴリ

全体
☆識別検討室☆
図鑑・図書
香港の蝶
香港の野鳥【工事中断中】
☆台湾の蝶
☆探蝶記一般
蝶リスト
☆探鳥記一般
☆蛾
☆トンボ
☆ハチ・アブ
☆セミ・カメムシなど(半翅目)
☆カマキリ・バッタなど
☆甲虫
☆祝☆
☆旅ブログへのリンク
☆展示会等
☆腹部形状差
☆卵・タマゴ・eggs
☆幼虫・イモムシ・蛹
★ゼフ飼育
☆山野草
アイノミドリシジミ
アオタテハモドキ
アオスジアゲハ
アオバセセリ
アカシジミ
アカセセリ
アカタテハ
アカボシゴマダラ
アカマダラ
アゲハ
アサギマダラ
アサヒヒョウモン
アサマイチモンジ
アサマシジミ
アマミウラナミシジミ
イシガケチョウ
イチモンジセセリ
イチモンジチョウ
ウスイロオナガシジミ
ウスイロコノマチョウ
ウスイロヒョウモンモドキ
ウスキシロチョウ
ウスバキチョウ
ウスバシロショウ
ウラキンシジミ
ウラギンスジヒョウモン
ウラギンヒョウモン
ウラギンシジミ
ウラクロシジミ
ウラゴマダラシジミ
ウラジロミドリシジミ
ウラジャノメ
ウラナミアカシジミ
ウラナミシジミ
ウラナミジャノメ
ウラミスジシジミ
エゾシロチョウ
エゾスジグロシロチョウ
エゾミドリシジミ
エゾヒメシロチョウ
エルタテハ
オオイチモンジ
オオウラギンスジヒョウモン
オオウラギンヒョウモン
オオゴマシジミ
オオゴマダラ
オオシロモンセセリ
オオチャバネセセリ
オオヒカゲ
オオミスジ
オオミドリシジミ
オオムラサキ
オオモンシロチョウ
オオルリシジミ
オキナワビロードセセリ
オナガアゲハ
オナガシジミ
カバイロシジミ
カバマダラ
カラスアゲハ
カラスシジミ
カラフトセセリ
カラフトタカネキマダラセセリ
カラフトヒョウモン
カラフトルリシジミ
キアゲハ
キタアカシジミ
キタキチョウ
キタテハ
キバネセセリ
ギフチョウ
キベリタテハ
キマダラセセリ
キマダラモドキ
キマダラルリツバメ
キリシマミドリシジミ
ギンイチモンジセセリ
ギンボシヒョウモン
クジャクチョウ
クモガタヒョウモン
クモマツマキチョウ
クモマベニヒカゲ
未分類
クロアゲハ
クロコノマチョウ
クロシジミ
クロセセリ
クロツバメシジミ
クロヒカゲモドキ
クロマダラソテツシジミ
クロミドリシジミ
ゴイシシジミ
コキマダラセセリ
コジャノメ
コチャバネセセリ
コツバメ
コノハチョウ
コヒオドシ
コヒョウモン
コヒョウモンモドキ
ゴマシジミ
ゴマダラチョウ
コムラサキ
サカハチチョウ
サトキマダラヒカゲ
シータテハ
ジャコウアゲハ
ジャノメチョウ
ジョウザンシジミ
ジョウザンミドリシジミ
シルビアシジミ
シロオビアゲハ
シロオビヒメヒカゲ
スギタニルリシジミ
スジグロシロチョウ
スジグロチャバネセセリ
スジボソヤマキチョウ
スミナガシ
タカネキマダラセセリ
タカネヒカゲ
ダイセツタカネヒカゲ
ダイミョウセセリ
チャバネセセリ
チャマダラセセリ
チョウセンアカシジミ
ツバメシジミ
ツマキチョウ
ツマグロキチョウ
ツマジロウラジャノメ
ツマベニチョウ
ツマムラサキマダラ
テングチョウ
トラフシジミ
ナガサキアゲハ
ナミエシロチョウ
バナナセセリ
ハヤシミドリシジミ
ヒオドシチョウ
ヒカゲチョウ
ヒサマツミドリシジミ
ヒメアカタテハ
ヒメイチモンジセセリ
ヒメウスバシロチョウ
ヒメウラナミジャノメ
ヒメキマダラヒカゲ
ヒメギフチョウ
ヒメキマダラセセリ
ヒメシジミ
ヒメシロチョウ
ヒメジャノメ
ヒメチャマダラセセリ
ヒメヒカゲ
ヒョウモンチョウ
ヒロオビミドリシジミ
フタオチョウ
フタスジチョウ
フジミドリシジミ
ベニシジミ
ベニモンカラスシジミ
ヘリグロチャバネセセリ
ホシチャバネセセリ
ホシミスジ
ホソオチョウ
ホソバセセリ
ミズイロオナガシジミ
ミスジチョウ
ミドリシジミ
ミドリヒョウモン
ミナミキチョウ
ミヤマカラスアゲハ
ミヤマカラスシジミ
ミヤマシジミ
ミヤマシロチョウ
ミヤマセセリ
ミヤマモンキチョウ
ムモンアカシジミ
ムラサキシジミ
ムラサキツバメ
メスアカミドリシジミ
メスグロヒョウモン
モンキアゲハ
モンキチョウ
モンシロチョウ
ヤマキチョウ
ヤマキマダラヒカゲ
ヤマトシジミ
ヤマトスジグロシロチョウ
リュウキュウアサギマダラ
リュウキュウウラボシシジミ
リュウキュウウラナミジャノメ
リュウキュウヒメジャノメ
リュウキュウミスジ
リュウキュウムラサキ
リンゴシジミ
ルーミスシジミ
ルリシジミ
ルリタテハ
コゲラ
トモエガモ
ライチョウ
★ヒメウタイムシクイ
★チャキンチョウ
★マヒワ
★エゾビタキ
★タゲリ
★サバクヒタキ
★オオマシコ
★ハギマシコ
★オジロビタキ
★コミミズク
★キガシラシトド
★ベニマシコ
★ヤマシギ
★トラツグミ
★クロジ
★アカハシハジロ
★カヤクグリ
★キレンジャク
★ギンムクドリ
★ウソ
★タゲリ
★カラフトムシクイ
★ハチジョウツグミ
★ヒレンジャク
★コクマルガラス
★ルリビタキ
★アオジ
★エナガ
☆コサメビタキ
★ジョウビタキ
★ヤマガラ
☆セキレイ科
☆カモ科
☆ツル科
☆ムクドリ科
☆ムナグロ科
☆シギ科
☆カラス科
☆カイツブリ科
☆カモメ科
☆ヒタキ科
☆ツグミ科
☆キツツキ科
☆アトリ科
☆シジュウカラ科
☆ホオジロ科
☆ウグイス科
☆タカ科
☆レンジャク科
☆ハヤブサ科
☆モズ科
☆チドリ科
☆コウノトリ科
☆ハト科
☆トキ科
☆サギ科
☆ヒヨドリ科

タグ

(48)
(38)
(37)
(34)
(26)
(25)
(25)
(25)
(23)
(23)
(21)
(21)
(21)
(20)
(20)
(19)
(19)
(19)
(18)
(18)

最新のトラックバック

ウラジロミドリシジミ
from ホタルの独り言
白馬のゼフィルス
from ホタルの独り言
越冬クロコノマチョウ
from Field Notebook.
「フィールドガイド 日本..
from Field Notebook.
多摩動物公園-昆虫生態園
from Field Notebook.
花はなぜ美しいのか?
from 哲学はなぜ間違うのか?

ライフログ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ブログジャンル

自然・生物

画像一覧

カテゴリ:キタキチョウ( 7 )

キタキチョウ  蛹は豆の実にそっくり!!  2013.9.22栃木県①

☆トップ画像  ・・・・豆の実?に留まるキタキチョウ♂雄
a0146869_451985.jpg
 画像を時系列で紹介し、最初の画像が主題と無関係の場合は、ここに便宜的にタイトル・主題の画像を置くようにします。(トップ画像はよくタイトルと一緒に表示されるので)
本文中で再登場しての説明になります。

先週の連休中日は、家内がヒガンバナを観に行きたいというので、栃木県の名所を訪問することにしました。
ところが東北道は下りの緊急工事があって渋滞中で、下の道で行く羽目になりました。
やはり高速道路で時間節約できるのは有り難いことだと痛感した日でもありました。

#1・ ヒメアカタテハ♀雌   埼玉県蓮田市 
a0146869_455547.jpg
 朝自宅から出かけようとすると、門扉脇で自然発生しているニラの花に来ておりました。
春に観るのは希で、秋にはいやでも目に付く感じは、なにかイチモンジセセリに近いのかも。

#2・ ゼフィー @車中 
a0146869_493390.jpg
 この日は連れて行けとかなりせがむので、ゼフィーも同乗でありました。
この12月で3歳になります。

#3-4・ ヒガンバナ 
a0146869_413038.jpg
a0146869_413815.jpg
 ここはシダ類の緑色と競演していていい感じです。
しかし日照のよい場所と日陰になりやすい場所での鮮度差が激しい印象でした。

#5-6・ カラスアゲハ♂雄・別個体 
a0146869_4143344.jpg
a0146869_4144369.jpg
 二つめの個体は♂雄にしてはかなり新鮮に思いましたが、なんともせわしく移動していき、まともに撮影させてくれませんでした。
下のクロアゲハよりも黒い印象のアゲハ蝶なのは間違いありません。
(そう言えば、逆のケースですが、カラスアゲハの解説ページにクロアゲハを掲載している図鑑がありましたね)

#7-8・ クロアゲハ♂雄 
a0146869_417943.jpg
a0146869_4171737.jpg
 確かクロアゲハの雄はまだヒガンバナで撮影していないと思い、観察路伝いにかなり追っかけての撮影でした。
ちょっと吸蜜したかと思うと、あとはどうも探♀雌飛翔をしているような感じで、誠に慌ただしい印象でした。
やっと撮影できると思ってファンダーを覗くと、新鮮個体ではないことにやや落胆しました。
まあ、この出会いがいつも期待通りでないところに探蝶趣味の醍醐味があるのでしょうね。

このヒガンバナ名所を後にして、毎年ツマグロキチョウを観察する場所に移動です。
いつものツマグロキチョウが飛び交う民家ではカワラケツメイの枯れ草状態のものはあるものの、ツマグロキチョウの姿がありません。
どうしたことか少しショックでありました。
その近所を少し散策です。

#9・ メスグロヒョウモン♀雌 
a0146869_4253693.jpg
 この時季のごく普通種がなぐさめにYODAの目前に留まりました。産卵活動を期待するもの、どこかに飛んでいきました。

キタキチョウが数個体群れている場所に行き当たりました。
最初はマメ科植物の実に留まっているように見えました。
#10・ 蛹に留まるキタキチョウ♂雄と別の♂雄 ・・・・=トップ画像
a0146869_451985.jpg
 これは羽化してくる♀雌を待っているシーンだとは直観しましたが、それにしては蛹はよく豆の鞘に擬態していますよね。

#11・ キタキチョウ・蛹 
a0146869_4331795.jpg
なにか複数あることで、さらにマメの実が成っている感じです。この辺複数個体で連携して擬態するような感じが面白いです。

#12ー14・ キタキチョウ♂雄 ・・・蛹の成った場所を飛び交うシーン 
a0146869_4401574.jpg
a0146869_4402592.jpg
a0146869_4403462.jpg
 まだまだ羽化しないのかと、品定め飛翔をしている感じです。
しかし、雌雄の判断を付けて接近しているのか、間違えて♂雄の蛹に留まって羽化を待つ失態はないのかどうか、どうも気になります。♀雌の蛹からは微妙なフェロモンが出ているのかも。

#15・ キタキチョウ・複数個体 
a0146869_4434291.jpg
 これは蛹の成っている豆の木の下方で、どうも♀雌個体に寄り添う2♂雄の姿みたいです。
奥の♀雌はじっとしているだけで、♂雄には関心がない模様でした。♂雄の方も強引に交尾を迫るわけでもなく、♀雌がその気になるのを待っているのか、いい匂いなので、側にいるだけで安らぐのか、今度インタビューしてみたいです。(笑)

ツマグロキチョウを求めて、また移動しました。
「褄黒の弱いツマグロキチョウ」 に続く。

たった数時間前には、湘南のアオバトを紹介しました。  →こちら  です。
by yoda-1 | 2013-09-27 04:50 | キタキチョウ

雌雄☆ キタキチョウ  外形からの雌雄判別  2012.10月中旬-栃木県

栃木県の那須塩原市には、ミヤマシジミもいるはずだと河川敷を攻めますが、
下の画像に観るように、コマツナギはまずまずあるものの、その姿なしでした。
そこではカワラケツメイは見当たらす、ツマグロキチョウもいません。
もともと分布図上も那須塩原市の西半分にはいないようです。(そもそも食草=棲息でないのはご存じの通りですが)

仕方ないので、キタキチョウをじっくり撮影することにしまいた。
この場所はセイタカアワダチソウとコマツナギがまばらに混生いている、やや異様な場所でした。

#1-2・羽化後まもない秋型・♀雌、隣で休む夏型・♂雄 
a0146869_20272217.jpg
a0146869_20273292.jpg
 どちらも朝露に濡れていますが、推測するに、前日羽化した♀雌に、この夏型・♂雄が交尾して、交尾を終了して隣で一夜を明かした状態なのかもです。
個人的に、ここまで翅裏斑点の濃い個体は見たことがありません。

#3-4・キタキチョウ♂雄・夏型 
a0146869_20311243.jpg
a0146869_20312521.jpg
 #4の腹端に見えますが、この個体は体液を腹端から出しておりました。
おしっこは毎日一回はあるのか、ちょっと気になります。

#5-10・キタキチョウ♂雄・別個体 
a0146869_2037556.jpg
a0146869_20383585.jpg
a0146869_20401255.jpg
a0146869_20404758.jpg
a0146869_20495740.jpg
a0146869_20392382.jpg
#5-夏型、
#6-秋型:透過画像で性標が分かります。
#7-秋型:前翅前縁の切欠が珍しいと思いました。
#8-夏型;右上に頭部を拡大表示していますが、♂雄は複眼が大きいですね。
#9-秋型:翅に葉影が入っております。
#10-夏型(中間型):前翅の暗色部が後退している個体は夏型と秋型の中間とされますが、
  この辺の模様は連続的に変化するようですね。

#11・キタキチョウ♀雌・秋型  
a0146869_20474630.jpg
 ♀雌は先の#1の個体とこれしか撮影しておりませんでした。

折角なので、♀雌-#1、#11、♂雄-#3、#9の4個体を使用して、雌雄差の研究です。

#12-14・キタキチョウ 翅裏雌雄比較図Ⅱ、比較表、頭部複眼比較図 
a0146869_20531553.jpg
a0146869_0564853.jpg
a0146869_20534097.jpg

頭部複眼比較図は、比較に使用している個体のものです。

慣れてくると、この複眼の多さ大きさで雌雄判定ができそうではあります。
この複眼の大きさが♂雄の方が大きめであることや比較図における翅長が♀雌で長くなることは蝶一般に指摘されていることです。

比較図Ⅰ(キチョウ属類似3種の翅裏比較図)は  →こちら を参照ください。
後翅前縁部の第8室の形状が見える場合はここも有力は識別点です。
by yoda-1 | 2012-10-14 20:57 | キタキチョウ

キタキチョウ  産卵ラッシュ  2012.9.2栃木県①

この日曜日は、土曜日は東信地区だったので、栃木県の方へ小遠征しました。
前回、8/7に訪問して、その後基本3種(シルビアシジミ、ツマグロキチョウ、ミヤマシジミ)がどのような状況であるか、少し心配でありました。
結果その3種は最初の訪問場所では、どれも見当たらなかったのですが、キタキチョウ・アゲハの産卵があったので紹介します。

#1-3キタキチョウ  産卵@メドハギ
a0146869_7372.jpg
a0146869_734260.jpg
a0146869_74697.jpg
図鑑でも食草として、このメドハギが真っ先に登場しますが、いろいろ食性は幅広いのはご存じのとおりです。
#3は蝶本体が欠けているのですが、雌♀腹部形状のサンプルとして紹介です。

#4-6・キタキチョウ・別個体+産卵卵
a0146869_752573.jpg
a0146869_755483.jpg
a0146869_764388.jpg
産卵中はいろいろと飛翔画像が撮影しやすいのは指摘するまでもありません。
これも#5の画像は胴部へのピントがやや甘いのですが、雌♀の形状例で紹介です。

ツマグロキチョウは昨年たくさん見れたと思いましたが、食草のカワラケツメイもたくさんあるのに、その姿なしでした。
同時にこの春は観察できたミヤマシジミ(食草:コマツナギ)も見当たりません。

#7-10・アゲハ♀雌 産卵+卵 @サンショウ類
a0146869_775556.jpg
a0146869_781574.jpg
a0146869_712438.jpg
a0146869_7122494.jpg
アゲハが産卵していたので、卵も撮影すると、新旧の卵があったみたいです。(二つ目の#8の中央に新卵一つ・その両端に白い卵がそれぞれ一つずつ写っています)
#9が産みたてで黄色く、#10は時間経過して、卵内部で初齢幼虫が形成されている感じです。

#11-12・アゲハ♀雌・別個体 
a0146869_7131717.jpg
a0146869_7133875.jpg
 #11が産卵シーンをつかまえた個体で、#12は近くを飛翔していた別個体。
この時期、アゲハ雌♀はかなり黄色っぽいです。

#13・ヒメアカタテハ♀雌 
a0146869_7145396.jpg
ヒメアカタテハも近くのヨモギに産卵していましたが、こちらはうまく卵発見にいたりませんでした。

次の場所に転戦すると、基本3種のうち、次のツマグロキチョウとミヤマシジミが観察できました。

#14・ツマグロキチョウ♂雄・秋型 
a0146869_7161344.jpg
もう秋型になってくるのですね。
今年はたぶんこのポイントが、ツマグロフィーバーの場所になるのでしょうか。
(以降は、次回に紹介します)

#15・虹
a0146869_717181.jpg
この日はいつ雨になるか分からない天気だったので、傘を持ってので撮影でした。
帰路ではところどころに虹がかかっていました。
 
by yoda-1 | 2012-09-03 12:34 | キタキチョウ

キタキチョウ  秋型♀雌の飛翔  2012.4.15埼玉県⑥

この土日は急用が入って、活動ができなくて寂しい思いをしておりますが、連休ももうすぐですね。

4/15の最終回として、シロチョウ類の紹介です。

#1-4・キタキチョウ♀雌 飛翔 12:46 
a0146869_8203840.jpg
a0146869_8205599.jpg
a0146869_8211291.jpg
a0146869_8212728.jpg
 確か、キタキチョウもYODAの秋型♀雌表画像が小さく紹介されているはずですが、この#3の方がいいのかも。
と言ってももう差し替えはできません。
#4はピントが甘いですが、♀雌の腹部の特徴が伺えます。

#5・スジグロシロチョウ 休眠 14:59 
a0146869_826376.jpg
 午後3時もなってきて、気温も下がると、蝶たちはどこで夜を明かすか塒を探すようです。
この近くで、ツマキチョウ♂雄も樹上休眠に入る個体がいたものの、あまり綺麗な構図で撮影できませんでした。(休眠というとなにか冬眠みたいに長期の意味合いも生じますが、塒入りの意味です)

#6・モンシロチョウ♂雄 開翅15:02 
a0146869_8301891.jpg
 モンシロチョウだけはまだまだ活動する気十分に思えました。
by yoda-1 | 2012-04-22 08:33 | キタキチョウ

キタキチョウ 生まれたての秋型♂雄  2011.10.23埼玉県

実は、先週日曜日の成果でうれしかったのは、キタキチョウの♂雄の性標を写すことができたことでした。

イモムシフォレスでの探索開始時に、切り出した樹木の幹にで吸水するキタキチョウの飛来がありました。

#1-2・キタキチョウ♀雌♂雄(訂正2011.12)・夏型  
a0146869_624365.jpg
a0146869_6341829.jpg
 まずは夏型の♀雌が飛来してきました。翅表の黄色の濃さは微妙ですが、この腹部形状は♀雌のようです。

#3-4・キタキチョウ♂雄・秋型 
a0146869_6244051.jpg
a0146869_6245984.jpg
 #3で右の♀雌はすでに吸水開始状態で、そこに♂雄が飛来してきてしばらく♀雌のまわりをヒラヒラしました。
#4にみるように♂雄もすぐに吸水体勢に入りました。
実は、このときYODAはどちらも♂雄と思っていたのですが、自宅で画像整理すると、最初の個体は♀雌のようです。特に#4の画像で感じる黄色の淡さでもそう感じます。
(#1の個体は、後翅裏の前縁部の検証で♂雄と判明しました。つまりどちらも♂雄でした。
ここに訂正します。2011.12下旬)

#5・キタキチョウ たぶん♀雌 
a0146869_6252328.jpg
 これはその近くのセンダングサで吸蜜する個体ですが、この黄色味の淡さは♀雌のように思います。

みんなとイモムシを探して、次の場所に移動する直前に、羽化直と思われる個体が、地面を歩き始めたので、これはシメシメと、撮影しました。
#6-7・キタキチョウ♂雄 開翅 
a0146869_6254452.jpg
a0146869_626556.jpg
 少しパタパタしていので、翅の動きは止まっていないのですが、日頃開翅しない蝶なので貴重な瞬間です。
#7で♂雄も羽化直は結構ふっくらした腹部です。それは未使用の精子囊が詰まっているから当然でしょう。

#8-10・同上キタキチョウ♂雄 閉翅 
a0146869_6262661.jpg
a0146869_6265266.jpg
a0146869_627127.jpg
 #8・新鮮であるせいもありますが、♂雄はかように翅表も翅裏も鮮やかな黄色です。
#9★引き出しに示すように、♂雄には前翅裏中室下部にこのような白い性標を持ちます。ここは狙ってもなかなか撮影許可がおりない部分かもです。
#10・この♂雄の腹端のディテールが写っているのも収穫でした。この下向きに割れている部分で♀雌の腹端を包む感じなるのかな・・?? 交尾中のその部分を直接見ていないでよく分かりません。

たぶん慣れてくると黄色味の濃淡で雌雄識別が可能になるかもしれませんが、この♂雄の性標や腹部形状がキタキチョウの雌雄判別に役に立つことを次回紹介します。

#11・キタキチョウ♂雄 2010.4.17嵐山町 
a0146869_628224.jpg
 撮影時に透過させると、♂雄の性標部分に少し影を感じます。

#12・キタキチョウ♀雌 2010.11.3蓮田市 
a0146869_6304754.jpg
 これは色の淡さもありますが、性標が見えないので♀雌。

#13・キタキチョウ・交尾 2010.7.31松本市 
a0146869_6311775.jpg
 雌雄の黄色味の違いがよく分かりますが、下の♂雄にかすかに性標部分も確認できます。

#14・キタキチョウ♂雄 飛翔 2010.10.2日光市 
a0146869_6314246.jpg
 これは翅表が透けていないですが、腹端の下向き部分と腹部の膨らみが中央でピークになる形状で♂雄です。

#15・キタキチョウ♂雄 飛翔 2011.9.17下関市 
a0146869_6315846.jpg
 これは腹部形状も性標もどちらも確認できます。(画質はよくないのですが、事例のため紹介です)

#16・キタキチョウ♀雌 飛翔 2011.3.19嵐山町 
a0146869_6321836.jpg
 越冬の♀雌個体ですが、♀雌らしい淡さです。
斜めの画像ですが、腹部は後半に膨らみのピークが来て、腹端では卵を出す部分が横向きに見える感じです。

#17・キタキチョウ♀雌 飛翔 2011.4.24埼玉県神川町 
a0146869_6323599.jpg
 これも斜め後方上部からの撮影の腹部ですが、#5と同様です。

#18・キタキチョウ♀雌→♂雄 飛翔 2011.10.9日光市 
a0146869_6325425.jpg
 これは腹部を真横で捉えることができました。
これで、#2の個体が♀雌であることも納得できます。
このように膨らみピークが後半にきて、腹端は♂雄に比較して少しぶつ切りのイメージになります。
 ◆訂正(2012.2.3 これは♂雄の方でした。♂雄の方は♀雌ほどに腹端が分離した形状にならずに、大きく斜め下向きにカットされるイメージでしょうか。

ホモ・サピエンスの女性もお尻部分が大きくなるように、キタキチョウの♀雌も腹端側に膨らんでいる感じでしょうか。(追記2012.2.3:これはむしろ♂雄の方でした。♂雄は腹部の上部付け根が直線的で、♀雌では上に丸みが強いという傾向はありそうです)
by yoda-1 | 2011-10-29 06:33 | キタキチョウ

キタキチョウ  夏型・秋型混生期かな。  2011.10.9栃木県

クモガタヒョウモンの多い場所では、いつもキタキチョウの観察も忘れないようにしています。

まずはこの地の8月時訪問のキタキチョウ画像(再掲)です。

#1・キタキチョウ♂雄・夏型2匹 2011.8.16 
a0146869_21364942.jpg
 夏型はこのように前翅外縁部の黒斑がハッキリしています。

今回目撃のキタキチョウの紹介です。
#2-3・キタキチョウ♀雌・夏型 2011.10.9 
a0146869_21371687.jpg
a0146869_21373470.jpg
 この腹部形状は♀雌のようです。色合いの黄色の薄さも♀雌です。

#4-5・キタキチョウ♂雄 中間型、秋型 
a0146869_21374821.jpg
a0146869_213822.jpg
 #5の秋型はかように前翅外縁の黒斑が後退します。#4は中間型と呼ばれるようです。
誕生する季節で、紋様の変化があるのは蝶ウォッチングの楽しみの一つでしょうか。

#6・キタキチョウ 秋型 
a0146869_21382063.jpg
 秋型のようですが、翅裏画像からの雌雄判別はまだ手に負えません。

たぶん、この時期に発生する秋型は関東の低標高地ではこのまま越冬せずに、次化(これらの個体の子孫)が越冬する秋型となるのでしょう。
成虫越冬した秋型個体の今期撮影分はこちらです。

この日は移動中にアサギマダラとの出会いもありました。
#7・アサギマダラ♂雄 
a0146869_21384451.jpg
 かなり損傷しておりましたが、一匹で寂しそう。

#8-9・アサギマダラ♀雌 
a0146869_2139331.jpg
a0146869_21391617.jpg
 こちらはまずまずの個体でした。マーキングは見当たりません。
これも別の場所で一匹だけでしたが、南下もせずにこの当たりでの産卵活動をするのかも。
アサギマダラは大規模に南下するものの、適当な場所で南下をやめてしまう個体も多いのではと想像します。
よくブログで、移動する蝶で、春から夏は南の沖縄方面などから飛来してくるように記載する人がいますが、この次期の長距離北上の事例は少しはあるものの、けっこう近い場所で生まれた個体が多いかもしれないですね。

この日は、蝶に近い蛾の代名詞であるイカリモンガも多数観れました。
#10-11・イカリモンガ 
a0146869_21395776.jpg
a0146869_21401275.jpg
 この蛾のイカリ紋を撮影するのが課題ですが、なかなか綺麗な翅表画像になりません。

#12・イカリモンガ♀雌 
a0146869_21404142.jpg
 移動中寄った場所ですが、まあよくみると前翅裏でもイカリ紋があるではないですか。
しかし、やはり翅表であのオレンジのイカリ紋をしっかり撮影したいです。

#13・紅葉 
a0146869_21405921.jpg
 いよいよ始まりますね。でも今年は旅費が残っていないので、近場で我慢です。

◆連休3日目
この日は来週に迫る地元体育祭の準備と、自宅のマリンタンクの水替えでした。
#14・ツマグロヒョウモン♀雌 
a0146869_21411398.jpg
 自宅近所で。相手する時間がなくてごめんでした。

#15・イラガの幼虫 `水替え用バケツ 
a0146869_21412637.jpg
 水槽の水替え用に庭に放置の塩ビバケツの掃除をしていると、こいつが。
へたに触ってしまう寸前でした・・・。

#16・マリンタンク 水替え後 
a0146869_21414011.jpg
 2000年1月の設置。
無脊椎はほとんどが★に。タマイタダキイソギンチャクが10年くらい生きていたのですが、余りに無精なキーパーにあの世にいきました。
海水魚も外敵がないと、10年ぐらいは長生きできそうです。 
by yoda-1 | 2011-10-11 21:41 | キタキチョウ

キタキチョウ  雌雄の微妙な濃淡さを感じる。  2011.4.24埼玉県

日曜日の埼玉県北部では、キタキチョウも飛び交っていたので、撮影を試みました。
結果は♀の方はまずまずでしたが、♂は結構敏捷で余りこれはという画像が得られませんでした。

・キタキチョウ  Eurema mandarina 食草:各種マメ科。
 長らく南西諸島にいるキチョウ(ミナミキチョウ)E.hecabe と同種とみられていたのが、最近別種と判定され、E.hecabeで登録されている名義標本がミナミキチョウの方だったため、
従来の図鑑にある(キチョウ、E.hecabe)のセットが尊重され、キチョウの和名をそちらの方で、日本国内で大多数の人が話題にするキチョウの方が、いちいち「キタ」を付ける形になったようです。

一度付けると、和名もなかなか変更したくないのは少し片意地な感じがしないでも。
(前にも記載しましたが、よくいるクロマダラソテツシジミを、単に「ソテツシジミ」にして欲しいです)

◆♀個体
#1-#4・キタキチョウ♀ 10:29-30-7D・98mm、176mm 
a0146869_22531994.jpg
a0146869_2253286.jpg
a0146869_22533671.jpg
a0146869_22534531.jpg
 休止時・吸蜜時に開翅しないので、翅表撮影は飛び出しか飛翔時を狙うしかありません。
#2,3はRAWに戻って補正していますが、翅表の白飛び状態は解消できなかった感じです。やはり明色系の蝶は、露出マイナス補正での撮影が肝心であるようです。

#5・キタキチョウ♀・別個体 11:08-98mm 
a0146869_22535983.jpg


◆♂個体 ・・・どの画像もいま一歩でしたが。
#6-#7・キタキチョウ♂ 11:10-7D・98mm 
a0146869_2254225.jpg
a0146869_22543251.jpg

#8・キタキチョウ♂(別個体)11:10-7D・98mm 
a0146869_22544982.jpg
 
このように♂の方がはるかに黄色で、図鑑でも雄は鮮黄色、雌は淡黄色と記載されています。
でも標本図鑑では、結構近い色合いをしています。
フィールドでキチョウを多数見慣れてくると、この黄色の濃淡差で、雌雄の判断ができるようになります。

◆交尾画像 これは、2009.9.13撮影(栃木県)です。
#9・キタキチョウ 交尾12:53-GH1-105mm 
a0146869_2255264.jpg
 キタキチョウもモンシロチョウと同じく、♂主導の交尾だそうです。

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
ただ今のランキング@にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています。一日一回のポチッによる皆様の励まし、よろしくお願いします。
・望遠系 Canon EOS7D+EF70-200mmF4-IS-USM+1.4×使用=98~280mm
・マクロ系 Panasonic GH-1+Sigma MACRO105mmF2.8 EX DG
by yoda-1 | 2011-04-26 22:55 | キタキチョウ