ご訪問ありがとうございます。月刊むし誌上で「近縁種識別」の記事を年に4回ぐらい掲載しています。PC訪問者数445,933-2017.6.4時点


by yoda-1

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新の記事

最近の活動と月刊むし記事案内
at 2017-06-19 22:30
最近の活動と2017年春の推..
at 2017-06-04 14:07
月刊むし2016-4月号の案内
at 2017-03-20 23:07
2016年12月の行事、推薦図書
at 2016-11-30 04:12
2016.10月22日・23..
at 2016-10-16 06:44
ウラキンシジミ♀雌のアオキ型..
at 2016-07-10 20:40
2016年7月の推薦図書(7..
at 2016-07-06 05:17
ウラギンヒョウモンを探して
at 2016-07-02 00:09
2016年4-6月の推薦図書
at 2016-06-22 06:44
ようやくのフジミドリ♂雄・開..
at 2016-05-30 05:07

以前の記事

2017年 06月
2017年 03月
2016年 11月
more...

記事ランキング

検索

ファン

外部リンク

虫のしわざ観察ガイド

虫のしわざ観察ガイド
著者:新開孝
価格:1,944円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


世界のタテハチョウ図鑑

世界のタテハチョウ図鑑
著者:手代木求
価格:32,400円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


ずかんさなぎ

ずかんさなぎ
著者:鈴木知之
価格:2,894円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


◆訪問者カウンター
(設置2011.2.17)
無料


無料

無料

i2i管理
MyRSS
▼ブログ村ランキング参加中▼
/
↑たくさんの昆虫ブログをご覧になれます
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
↑たくさんの野鳥ブログをご覧になれます

◆蝶関係団体
a0146869_13204580.jpg
a0146869_311626.jpg
山口むしの会
群馬の蝶を語る会

◆外部ブログ
青森の蝶たち
てふのネイチャー写心
自然散策雑記帳
デジカメ私流
stroll
北信に舞う蝶たち
Hirokou's Field Notes
虫むしクラブ、蝶、トンボ図鑑
LOVE-BIRDS.NET
Kaze's Photo Blog
受け身の園芸
Akakkoko's自然大好き
暖蝶寒鳥
美撮りに夢中!
四季おりおり
蝶の観察記録-十勝蝶の覚書new
ごん太のブログ
「鳥撮りおやじ」の日記
月夜のくろねこ
Soceer-Boyの写真館
母袋の駱駝山
浅間山麓の蝶
My Favorite Butterflies of Japan
my蝶あるばむ
北の安曇野PHOTO DIARY
a piece of photo work
naoggio写真日記
自然からのたより
あぜみちのチョウチョ日記
Field Notebook
ホタルの独り言
markeeのシマフクブログ2nd
江田慧子の研究ブログ
アキノ隊員の鱗翅体験
そうだ沖縄に行こう!
案山子
Papilio Paradise
里山の蝶と花

フォロー中のブログ

一寸の虫にも五分の魂
シニアネットとともに
登山道の管理日記
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
自然大好き
SHORE BIRDS ...
蝶・チョウ・ゆっくり歩き...
鳥蝶ビデスコ
TSUCHIYA BLOG
フィールドノート
RICKPHOTO Blog
四季彩散歩
葛西臨海公園・鳥類園Ⅱ
生きもの写真家 安田 守...
おてんとうの ちょっとええ感じ
MU's Diary
夫婦でバードウォッチング
小畔川日記
やんばるの風
探蝶逍遥記
蝶&鳥日記 2
Life with Bi...
My Berkeley ++
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
 写道
安曇野の蝶と自然
NATURE DIARY
タイの自然と風景
八重山の自然誌
Yamyam町一丁目
テトだもん!
嗚呼っっ 今日も証拠画像...
鳥平の自然だより(動物編)
N_BIRDERの野鳥b...
ORIXA's BIRD !
Birding
蝶・旅の友
くわがた散歩道
Lycaenidaeの蝶...
麻呂犬写真館  *mam...
Sippo☆のネイチャー...
花蝶風月
蝶と蜻蛉の撮影日記
北海道の野鳥探索/mar...
風任せ自由人
蝶狂人@蝶と里山の浪漫紀行
ヒメオオの寄り道
仲良し夫婦de蝶ブログ
タヒチ ランギロア島暮ら...
ぶらり探蝶記
ひらひら探検隊
Shinne`s pho...
ごっちの鳥日記
蝶・花・山~自然の色使い
くま次郎の”やんばる日記”
NPO法人 日本チョウ類...
自然の中に出かけて・・・
蝶撮日記
たかがヤマト、されどヤマト
花鳥撮三昧
ケンケン&ミントの鳥撮り...
蝶超天国
レンズ越しの I Lov...
ぽん太の昆虫ブログ 1
ポータルぢゃないチョウの...
蝶散歩
ぷんたのかあさん Pho...
秩父の蝶
庭日和
超蝶
徒然なるままに  
みき♂の虫撮り友人帖
三鷹の狸のてふてふ交遊録
華蝶の夢
不思議の森の迷い人
世に倦む日日
チョウ!お気に入り
Butterfly & ...
farfalle e u...
ねこきちの自然散策雑記帳

カテゴリ

全体
☆識別検討室☆
図鑑・図書
香港の蝶
香港の野鳥【工事中断中】
☆台湾の蝶
☆探蝶記一般
蝶リスト
☆探鳥記一般
☆蛾
☆トンボ
☆ハチ・アブ
☆セミ・カメムシなど(半翅目)
☆カマキリ・バッタなど
☆甲虫
☆祝☆
☆旅ブログへのリンク
☆展示会等
☆腹部形状差
☆卵・タマゴ・eggs
☆幼虫・イモムシ・蛹
★ゼフ飼育
☆山野草
アイノミドリシジミ
アオタテハモドキ
アオスジアゲハ
アオバセセリ
アカシジミ
アカセセリ
アカタテハ
アカボシゴマダラ
アカマダラ
アゲハ
アサギマダラ
アサヒヒョウモン
アサマイチモンジ
アサマシジミ
アマミウラナミシジミ
イシガケチョウ
イチモンジセセリ
イチモンジチョウ
ウスイロオナガシジミ
ウスイロコノマチョウ
ウスイロヒョウモンモドキ
ウスキシロチョウ
ウスバキチョウ
ウスバシロショウ
ウラキンシジミ
ウラギンスジヒョウモン
ウラギンヒョウモン
ウラギンシジミ
ウラクロシジミ
ウラゴマダラシジミ
ウラジロミドリシジミ
ウラジャノメ
ウラナミアカシジミ
ウラナミシジミ
ウラナミジャノメ
ウラミスジシジミ
エゾシロチョウ
エゾスジグロシロチョウ
エゾミドリシジミ
エゾヒメシロチョウ
エルタテハ
オオイチモンジ
オオウラギンスジヒョウモン
オオウラギンヒョウモン
オオゴマシジミ
オオゴマダラ
オオシロモンセセリ
オオチャバネセセリ
オオヒカゲ
オオミスジ
オオミドリシジミ
オオムラサキ
オオモンシロチョウ
オオルリシジミ
オキナワビロードセセリ
オナガアゲハ
オナガシジミ
カバイロシジミ
カバマダラ
カラスアゲハ
カラスシジミ
カラフトセセリ
カラフトタカネキマダラセセリ
カラフトヒョウモン
カラフトルリシジミ
キアゲハ
キタアカシジミ
キタキチョウ
キタテハ
キバネセセリ
ギフチョウ
キベリタテハ
キマダラセセリ
キマダラモドキ
キマダラルリツバメ
キリシマミドリシジミ
ギンイチモンジセセリ
ギンボシヒョウモン
クジャクチョウ
クモガタヒョウモン
クモマツマキチョウ
クモマベニヒカゲ
未分類
クロアゲハ
クロコノマチョウ
クロシジミ
クロセセリ
クロツバメシジミ
クロヒカゲモドキ
クロマダラソテツシジミ
クロミドリシジミ
ゴイシシジミ
コキマダラセセリ
コジャノメ
コチャバネセセリ
コツバメ
コノハチョウ
コヒオドシ
コヒョウモン
コヒョウモンモドキ
ゴマシジミ
ゴマダラチョウ
コムラサキ
サカハチチョウ
サトキマダラヒカゲ
シータテハ
ジャコウアゲハ
ジャノメチョウ
ジョウザンシジミ
ジョウザンミドリシジミ
シルビアシジミ
シロオビアゲハ
シロオビヒメヒカゲ
スギタニルリシジミ
スジグロシロチョウ
スジグロチャバネセセリ
スジボソヤマキチョウ
スミナガシ
タカネキマダラセセリ
タカネヒカゲ
ダイセツタカネヒカゲ
ダイミョウセセリ
チャバネセセリ
チャマダラセセリ
チョウセンアカシジミ
ツバメシジミ
ツマキチョウ
ツマグロキチョウ
ツマジロウラジャノメ
ツマベニチョウ
ツマムラサキマダラ
テングチョウ
トラフシジミ
ナガサキアゲハ
ナミエシロチョウ
バナナセセリ
ハヤシミドリシジミ
ヒオドシチョウ
ヒカゲチョウ
ヒサマツミドリシジミ
ヒメアカタテハ
ヒメイチモンジセセリ
ヒメウスバシロチョウ
ヒメウラナミジャノメ
ヒメキマダラヒカゲ
ヒメギフチョウ
ヒメキマダラセセリ
ヒメシジミ
ヒメシロチョウ
ヒメジャノメ
ヒメチャマダラセセリ
ヒメヒカゲ
ヒョウモンチョウ
ヒロオビミドリシジミ
フタオチョウ
フタスジチョウ
フジミドリシジミ
ベニシジミ
ベニモンカラスシジミ
ヘリグロチャバネセセリ
ホシチャバネセセリ
ホシミスジ
ホソオチョウ
ホソバセセリ
ミズイロオナガシジミ
ミスジチョウ
ミドリシジミ
ミドリヒョウモン
ミナミキチョウ
ミヤマカラスアゲハ
ミヤマカラスシジミ
ミヤマシジミ
ミヤマシロチョウ
ミヤマセセリ
ミヤマモンキチョウ
ムモンアカシジミ
ムラサキシジミ
ムラサキツバメ
メスアカミドリシジミ
メスグロヒョウモン
モンキアゲハ
モンキチョウ
モンシロチョウ
ヤマキチョウ
ヤマキマダラヒカゲ
ヤマトシジミ
ヤマトスジグロシロチョウ
リュウキュウアサギマダラ
リュウキュウウラボシシジミ
リュウキュウウラナミジャノメ
リュウキュウヒメジャノメ
リュウキュウミスジ
リュウキュウムラサキ
リンゴシジミ
ルーミスシジミ
ルリシジミ
ルリタテハ
コゲラ
トモエガモ
ライチョウ
★ヒメウタイムシクイ
★チャキンチョウ
★マヒワ
★エゾビタキ
★タゲリ
★サバクヒタキ
★オオマシコ
★ハギマシコ
★オジロビタキ
★コミミズク
★キガシラシトド
★ベニマシコ
★ヤマシギ
★トラツグミ
★クロジ
★アカハシハジロ
★カヤクグリ
★キレンジャク
★ギンムクドリ
★ウソ
★タゲリ
★カラフトムシクイ
★ハチジョウツグミ
★ヒレンジャク
★コクマルガラス
★ルリビタキ
★アオジ
★エナガ
☆コサメビタキ
★ジョウビタキ
★ヤマガラ
☆セキレイ科
☆カモ科
☆ツル科
☆ムクドリ科
☆ムナグロ科
☆シギ科
☆カラス科
☆カイツブリ科
☆カモメ科
☆ヒタキ科
☆ツグミ科
☆キツツキ科
☆アトリ科
☆シジュウカラ科
☆ホオジロ科
☆ウグイス科
☆タカ科
☆レンジャク科
☆ハヤブサ科
☆モズ科
☆チドリ科
☆コウノトリ科
☆ハト科
☆トキ科
☆サギ科
☆ヒヨドリ科

タグ

(48)
(38)
(37)
(34)
(26)
(25)
(25)
(25)
(23)
(23)
(21)
(21)
(21)
(20)
(20)
(19)
(19)
(19)
(18)
(18)

最新のトラックバック

ウラジロミドリシジミ
from ホタルの独り言
白馬のゼフィルス
from ホタルの独り言
越冬クロコノマチョウ
from Field Notebook.
「フィールドガイド 日本..
from Field Notebook.
多摩動物公園-昆虫生態園
from Field Notebook.
花はなぜ美しいのか?
from 哲学はなぜ間違うのか?

ライフログ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ブログジャンル

自然・生物

画像一覧

カテゴリ:ツマキチョウ( 7 )

ツマキチョウ  手乗りで楽しむ。 2014.4.5埼玉県その2

4/5の続きです。

トラフシジミを探しながらも、まずは発生しているというツマキチョウをちょっと撮影しようと、その場所へ移動です。今年もやたら元気に♂雄たちが飛び交っておりました。
#1・ツマキチョウ♂雄 
a0146869_20314144.jpg

ちょいっと場所移動してツマキチョウを追っていると、まあささんが同年代同性のご友人とこちらに向かって来ました。
その方は、なんと「ぷんたかあさんのPhoto徒然草」のぷんたかあさんではありませんか。Canonのデジイチ2台(望遠ズームと、100mmマクロ)で撮影されており、かなり本格的であることに納得です。
しばし歓談後に一緒に行動して、ベニシジミの方へ移動してみると、ツマキチョウが気温の低さにいやけがさして休憩しておりました。

#2・ツマキチョウ♂雄 
a0146869_2033261.jpg
 真横の唐草模様がよく撮影できないので、指の方へ移動してもらうことにしました。

#3-4・ 同上ツマキチョウ♂雄  ・・・・#3は画像クリックで横1600ピクセルに。
a0146869_2152964.jpg
 
a0146869_20422922.jpg
 しばらくじっとしてくれるかと思いきや、2枚目のように翅を広げて飛び去りました。

ベニシジミの場所では、終齢幼虫や卵を食草に探してみるものの、全く見つかりませんでした。
#5-7・ ベニシジミ♂雄 ・・・#5と#6-7は別個体 
a0146869_20455469.jpg
a0146869_204684.jpg
a0146869_20463280.jpg
 この辺の正面顔も♀雌も撮影しての比較画像にしたかったところですが、♀雌の姿なしでした。

ツマキチョウを見に行く前には、コツバメ♂雄がアセビにいました。
#8・ コツバメ♂雄 ・・・・パスト連写の合成画像 
a0146869_20492447.jpg
 晴天だと、もっと翅表のブルーが出たようにも思いますが、他の方々の翅表の方が鮮やかでした。

先週の日曜日に産卵を確認して撮影したコツバメの卵は、まだ孵化しておりませんでした。
#9・ コツバメ・卵・・・・産卵後6日目 
a0146869_2052514.jpg
 この週は寒くて、孵化に日数がかかるようです。

終盤では、ねこきちさんが御神木と呼ぶコナラで、オオミドリシジミの卵探しでしたが、見つかったのはミズイロオナガシジミの卵で、一部に孵化した後のものもありました。
それを確認して、途中のコナラの新芽の芽吹いている場所で、オオミドリシジミかミズイロオナガの幼虫を探しますが、そんなに簡単でありませんでした。

最初のトラフシジミのポイントに戻ると、「蝶の玉手箱」のcactussさんがいらしゃっていて、先ほどトラフシジミを見て開翅も撮影したとのことに、しばしその場所で再来を待つことにしました。

でも、肝心のトラフシジミはその後出現してくれませんでした。
今年はまた昨年以上に個体数が少ないようです。
でもその中で前日に、cactussさんはトラフシジミの交尾を撮影できたそうで、もう日ごろの行いの差を感じるしかありませんでした・・・泣き笑。。

ご一緒させていただいた皆様、お世話になりました。
by yoda-1 | 2014-04-09 21:04 | ツマキチョウ

ツマキチョウ  異種追尾シーン  2013.4.10埼玉県

4/10の2つめの話題は、遅まきながらツマキチョウ・今季所見であったのです。

#1-3・ ツマキチョウ♂雄 
a0146869_102547100.jpg
a0146869_10255569.jpg
a0146869_1026924.jpg
 3つ目の翅表撮影でありながら、翅裏の唐草模様?(雲間模様かな)の見える光線具合にあこがれますが、なかなかそのようなものを撮影できません。

ここにスジグロシロチョウ♂雄がちょっかいを出しに来ました。
#4-5・ 同上ツマキチョウ♂雄←スジグロシロチョウ♂雄 
a0146869_10291986.jpg
a0146869_10293368.jpg
 ほどなくスジグロは誤認識に気づいたのか、飛び去っていきました。
#5では、♂雄も交尾拒否のように腹部を立てることがあるようなないよな・・・。

ツマキチョウは、吸密を邪魔されて気分を害し、今度はスジグロシロチョウ♂雄を追うようにしました。

#6-8・ ツマキチョウ♂雄によるスジグロシロチョウ♂雄追尾シーン・・・すべて複数枚の合成 
a0146869_10322467.jpg
a0146869_10325394.jpg
a0146869_1033116.jpg
 最後の画像など、どっちら追尾しているか分からない感じもあるので、矢印で追尾状態を示し、単線で個体自体の移動を示すように書き込んでいます。
(#8など横1400ピクセルでアップしましましたが、今の独立して画像ウインドウを出さない仕組みでは端から端まで観れないだけで、なんともストレスがたまりますね。個人的にはなんとも不便な画像表示方法の改造になっております。 こんなヒマがあるのであれば、カテゴリ編集を早く簡便にしてくれないかな・・・)

これは小柄なツマキがスジグロを追っているシーンですが、もちろん逆のケースでツマキがスジグロに追われるシーンも多々観察できました。
基本チョウの視力は余りよくなくて、同種の♀雌かもということで、必死に追っては確かめているのですかね。
自分の縄張りに、同性が来てのテリ張り的なことではないように感じました。

スジグロシロチョウもモンシロチョウも紫外線域が見えて、日本の♀雌は紫外線を反射しているとのことですが、紫外線を反射していることが伴侶捜しの絶対条件ではないというのがYODAの持論です。
by yoda-1 | 2013-04-13 10:45 | ツマキチョウ

ツマキチョウ  憧れの交尾シーン。  2011.5.8埼玉県

GW最終日でのツマキチョウの交尾シーンの紹介です。

当日、ヒメオオさんと一緒に埼玉県中西部で探蝶していると、chochoensisさんが来られていろいろ教わった訳ですが、最後のポイントでお別れした後に、我々二人が車の側でランチしていると、そこはツマキチョウの発生場所であることを認識です。


#1・ツマキチョウ♂ 吸蜜@野草12:03-7D・280mm 
a0146869_5261161.jpg
 左側後翅に羽化不全のある個体でした。

しばらくて、Nさんとmaximiechanさんも合流してきて、ムカシトンボの観察とかになりました。
ムカシトンボがなかなか出てこない状況になったので、探蝶に切り替えると、接写させてくれる♀個体がいました。

#2・ツマキチョウ♀ 吸蜜@たんぽぽ13:23-7D・280mm 
a0146869_5262218.jpg
 全開翅の画像にトライするも、なかなかそのチャンスがなく駄目でした。

この♀個体がやがてランチ場所に飛翔していくと、つかさず#1の♂個体の追跡が始まりました。

#3組写真・ツマキチョウ 求愛飛翔13:36-7D・124mm(⑧のみ266mm) 
a0146869_5263613.jpg
①13:36:02 逃げる♀と追う♂。
②③13:36:09-10 ♂が先回りに成功です。
④13:36:11 ♀に♂が来たことをアピールするかのようなポーズで、シロチョウ科ではよくみられる光景でしょうか。
⑤⑥13:36:15 求愛を受け入れることにしたのか、側にあるヒノキ?の葉先に止まる♀
⑦⑧13:16:18-27 しばらく周囲を飛ぶ♂個体です。

#4-5・ツマキチョウ 交尾成立13:36-38-7D・280mm 
a0146869_5265544.jpg
a0146869_527866.jpg
♂が♀の側に留まると同時に交尾が成立した模様です。
♂の羽化不全の翅で、交尾の腹端はよく見えません。

さまざまに、撮影大会となりました。

#6・ツマキチョウ 交尾@ヒノキ13:40-7D・261mm原画 
a0146869_5272533.jpg
逆光状態で。

#7・ツマキチョウ 交尾@ヒノキ13:49-7D・254mm原画 
a0146869_5273749.jpg
順光状態で、望遠系カメラで。

#8・ツマキチョウ 交尾@ヒノキ13:53-GH1-105mm 
a0146869_5274958.jpg
マクロ系カメラで。

#9・ツマキチョウ 交尾@ヒノキ14:03-GH1-105mm原画 
a0146869_528283.jpg
 わずかに開翅して雌雄の前翅先端模様がかすかに見えます。

#10・ツマキチョウ 交尾終了@ヒノキ14:13-GH1-105mm 
a0146869_5282183.jpg
 お疲れさまでした。
この後先に♂が飛び出し、しばらくして♀が飛び出しましたが、なんとその♀にまた♂が求愛してしまい、みんなで苦笑しました。
♀はしっかり交尾拒否のポーズをとり、逆に観察した交尾シーンでの交尾は無事に完了したものと確信できました。

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
ただ今のランキング@にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています。一日一回のポチッによる皆様の励まし、よろしくお願いします。
・望遠系 Canon EOS7D+EF70-200mmF4-IS-USM+1.4×使用=98~280mm
・マクロ系 Panasonic GH-1+Sigma MACRO105mmF2.8 EX DG
by yoda-1 | 2011-05-14 05:28 | ツマキチョウ

ツマキチョウ  ♀の開翅画像は白く飛び。  2011.4.24

いや~。もう四月も終わりかけていますね。
コツバメが遊んでくれた埼玉県北部(と言っても群馬県に近い)での残りの蝶を、
ツマキチョウから紹介します。

昨年のクモマツマキチョウ(クモツキ)のいる渓流での思い出は、クモツキ♀と(ヤマト)スジグロシロチョウの識別が飛翔していると難しいというものでした。
何度も見て経験を積むと、飛翔の違いが分かるようになるのかもしれません。

今回出逢ったツマキチョウ♀は、それは小さめでスジグロよりは、より頻繁に翅を上下させているように感じました。と当時に、クモツキの飛翔に近いのではと感じたのです。
ツマキもクモウキも、どちらも同じAnthocharis属なので、飛翔の感じが類似していることはありうることかも知れないです。

#1-#3・ツマキチョウ♀ 吸蜜@イチゴ類?09:51 
a0146869_353291.jpg
a0146869_3534195.jpg
a0146869_3535121.jpg
 吸蜜しながらもパタパタしていたのですが、全開翅の画像が光の当たり具合がよくないのか、白飛びしているような感じになって残念でした。(#3=SS1/800で動体ブレではなさそう)
(再度、シロチョウを狙うときは、露出マイナス補正の必要性を自覚です)

#4・ツマキチョウ♂ 吸蜜@ムラサキケマン11:15 
a0146869_354364.jpg
 ♂もいましたが、敏感に逃げてしまいゆっくり撮影できません。
撮影が容易でない分、取り組みがいのある蝶なのでしょう。

◆スジグロシロチョウ
#5・スジグロシロチョウ♂ 吸蜜イチゴ類(クサイチゴ?)11:03
a0146869_3545023.jpg
  雄は今期初撮影。
これもなかなかうまく開翅画像をとらせてくれません。
翅表の擦り傷はどのような経緯なのか、興味を惹きますが、このような擦れキズのはっきりした蝶を他でも余り見ないような気もします。

#6-7・スジグロシロチョウ雌 飛翔・吸蜜@たんぽぽ11:53-54-7D・280mm、193mm 
a0146869_355574.jpg
a0146869_3551753.jpg
 なんとか春型♀の翅表画像になりそうではあります。
#6の方はズバピンでないものの、#7の方もあるし、不十分なサンプル画像であったヤマトとの比較検討図で、スジグロ春型♀の翅表画像を差し替えできそうです。

スジグロもヤマトスジグロシロチョウも今期、翅裏の画像ストックを増やしたいので、この連休に頑張ってみたいです。(本当に肩脈の発達に有意差があるのかどうか)

◆その他のチョウ。
#8・ハヤブサ 上空旋回9:39-7D・420mm・・・ヤチョウです。 
a0146869_3554466.jpg
 現地上空でつがいで気持ちよく滑空しておりました。
トビのようにゆっくり飛ぶハヤブサは、初めて見ました。(経験が浅いだけですが)

#9・アカタテハ♀ 産卵@イラクサ科?・アカソかな?? 10:38-7D・280mm 
a0146869_355578.jpg
 これより古い感じの個体もいて、アカタテハの産卵ラッシュでした。

#10・コミスジ 吸蜜@たんぽぽ10:58-7D・263mm・・・今期初見 
a0146869_3561285.jpg
 他の方々もブログアップされていて、同じような初見時期になりました。

#11・ミヤマセセリ♀ 休止@枯葉11:06-7D・280mm 
a0146869_3562494.jpg
 白い斑紋のヒラヒラが目の前を横切って、止まりました。
やはり、ミヤマセセリは♀の方が綺麗な感じがします。

#12・トラフシジミ♀ 休止@葉上10:48-7D・280mm・・・パスト連写画像付き。
a0146869_357712.jpg
 もう十分暖かいので、開翅しそうもなく、コンデジのパスト連写で翅表証拠画像をおさえることに。

実は、この場所でのこの時期の探蝶は初めてでしたが、コツバメ、キタキチョウと併せて今回の紹介となり、まずまずの多様性に満足しました。
(他にテングチョウ、ルリシジミもいました)

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
ただ今のランキング@にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています。一日一回のポチッによる皆様の励まし、よろしくお願いします。
・望遠系 Canon EOS7D+EF70-200mmF4-IS-USM+1.4×使用=98~280mm
         同上+EF300mmF4-IS-USM+1.4×使用=420mm
・コンデジ Casio FH100
by yoda-1 | 2011-04-27 23:57 | ツマキチョウ

ツマキチョウ  コツバメと共に今季初見です。  2011.3.27埼玉県北部  

当方の自治会において、輪番制でYODAも5年ぶりぐらいに役が回ってきました。次年度地区の班長になるので、本日の午前中には今年度の自治会役員の方々と次年度チームが集まって、次年度予算の話し合いがありました。
昼になると、どうも昨日よりは暖かい感じなので、ヒメオオさんにTELすると、コツバメを撮影している最中だとのことで、そちらに急行することにしました。

1時間20分ぐらいかかりますが、「ヒメオオの寄り道」のヒメオオさんはまだ当地にいてくれました。
その場所にはもうコツバメがいなくなっていましたが、代わりにツマキチョウが飛来してきました。

#1-5・ツマキチョウ♂ 13:27-30 
a0146869_1924368.jpg
a0146869_1925236.jpg
a0146869_193239.jpg
a0146869_1931175.jpg
a0146869_1932514.jpg
 現地には2♂ぐらいがいた感じですが、まだまだ発生初期のようです。
(これはという飛翔画像が多いですが、初見ということでご容赦を・・)

ツマキチョウを追っている際に、ヒメオオさんより「田舎太郎のフォト日記」の田舎太郎さんを紹介されました。いつかはお会いしたかったので、うれしい出会いでした。
田舎太郎さんにコツバメ撮影場所を伺って、その場所へ移動すると、YODAはどこにいるのかよく分かりませんでしたが、家内がしっかり見つけました。
YODAが望遠系で数コマの後に、じっくりマクロ系レンズで撮影しようとすると、すばやく飛んで戻らなくなりました。

#6・コツバメ 13:46原画 
a0146869_1934854.jpg
 リベンジが必要なのは言うまでもありません。
(他の方々はしっかり撮影できていてうらやましいです)

その後、終わりかけには、桶川市のNさんとも合流できて、いろいろ探しますが、次のコツバメには遇えないまま、まだ帰っていない冬鳥撮影で自分を慰めました。

#7・シロハラ 14:33原画 
a0146869_1935955.jpg
 エノキの下はほじくらないで欲しいものです(笑)

#8-9・ジョウビタキ♂ 14:34 
a0146869_194992.jpg
a0146869_1941966.jpg
a0146869_1944129.jpg
 左眼になにか軽い傷でもあるのでしょうか?
視力はあるようなので、無事に北の方へ渡って欲しいですね。

ヒメオオさん、田舎太郎さん、Nさん、御世話になりました。

この後、家内は途中で買い物して、一緒にホームセンターの子犬を見に行きました。
値引きしてあるけど、一回8千円のワクチン代は別途負担とか。2回終えてそれだけで1万6千円になっている個体もいたりしますが、一匹10万円前後の大きな買い物には違いありません。
家内は、前のシベリアンハスキーが死んで1年以上経つので、次を飼いたくて仕方ないのです。

#10・ハクモクレン 17:40 
a0146869_194517.jpg
 自宅のネズミの額の庭に植えているハクモクレンです。
花期はごく短いですが、今年は寒いので、花びら期間も長めでしょうか。

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています。一日一回のポチッによる皆様の励まし、よろしくお願いします。
by yoda-1 | 2011-03-27 19:06 | ツマキチョウ

ツマキチョウ ♀の産卵シーン激写 2010.5.29長野県その3

先週土曜日の長野編その3では、クロツポイントでみたツマキチョウ♀の紹介です。

写真1☆ ツマキチョウ♀ 産卵@ミヤマハタザオ11:11
(EOS7D+70-200F4+×1.4 229mm 1/2000 F6.3-0.3EV ISO320 切り出し)
a0146869_5422866.jpg
 クロツポイントでしきりに産卵行動を繰り返していました。

写真2☆ 同上個体 産卵飛翔11:12 7D 202mm 1/2000 F5.6-0.3EV ISO320 切り出し
a0146869_5503928.jpg
 食草にピントを合わせていればあとは連写しまくりです。

写真3☆ 同上個体 産卵@ミヤマハタザオ11:12 7D 208mm 1/4000 F5.6-0.3EV ISO640 切り出し
a0146869_552239.jpg
 1/4000の高速シャッターにも挑戦です。その分ISOが変化して高感度撮影になりました。

写真3-1☆ 同上画像等倍切り出し 
a0146869_5524347.jpg
 シャッター速度優先で絞りによる被写界深度はないですが、よく複眼にピントが来ています。
腹部端が写っているとさらによかったですが。

写真4☆ 同上個体 産卵飛翔11:13 7D 108mm 1/4000 F5.6-0.3EV ISO640 切り出し
a0146869_553598.jpg
 何回も何回もアタックしていました。

写真5☆ モンシロチョウ♀ 開翅・休止@ツメレンゲ11:20 7D 280mm 1/640 F9-0.3EV ISO200 切り出し
a0146869_5534074.jpg
 これはクロツにあげないと言っていました。

写真6☆ キバネツノトンボ 休止11:10 7D 263mm 1/2000 F5.6-0.3EV ISO500 切り出し
a0146869_5535310.jpg
 これも遠くから飛翔画像を撮るために、ヒメオオさんに接近してもらいましたが、飛び立ったときはもうタイミングを逃していました。キャノンさん。7Dにもパスト連写機能を付けてください(笑)

写真7☆ パラグライダーの空
a0146869_5541519.jpg
山の上では、上昇気流を楽しんでいる人間蝶がたくさんいました。
by yoda-1 | 2010-06-01 05:54 | ツマキチョウ

ツマキチョウ 裏の模様が綺麗でした。 2010.4.17埼玉県

 今日、土曜日は朝雪が積もっていてビックリです。
41年ぶりに遅いものだとか。昼に向けて晴れてくるので、アセビのある例の場所に行ってみることに。朝が冷えすぎていると可能性もないのか、アセビの場所にはトラフもコツバメもなしでした。でも、ツマキチョウやアゲハを観れてよかったです。

写真1☆ ツマキチョウ♂ 吸蜜@タンポポ13:01
(EOS7D+70-200F4+×1.4 280mm 1/500 F10 ISO200 切り出し)
a0146869_5161595.jpg
 アセビポイントの近くに、それらしき個体が飛来してきました。記念すべき今季初見なので、アップです。
トラフもコツバメも来そうにないので、下の河川沿いエリアに移動します。

写真2☆ ツマキチョウ♀ 休止@???13:30 7D 280mm 1/400 F10 -0.3EV ISO250 切り出し
a0146869_5164315.jpg
 下のダイコンバナ(ショカツサイ)のある場所に移動すると、♀の方もいました。しばらくこの♀を戯れます。

写真3☆ ツマキチョウ♀ 休止13:36
(DMC-GH1+Sigma105mmマクロF2.8 1/160 F13 0.0EV ISO200)
a0146869_5182128.jpg
 写真2の樹木から下草へ移動したので、つかさずマクロ撮影へ。
触覚部分が葉の向こう側なのは少し残念でしたが、モデルに言っても通じません。

写真3-1☆ 同上・切り出し
a0146869_5185193.jpg
 なんとか、鱗粉だし出来たでしょうか。(是非拡大でしてご覧ください)

写真4☆ 同上個体・翅表 休止13:38 7D 280mm 1/800 F10 -0.3EV ISO250 切り出し
a0146869_519167.jpg
 ♀の開翅画像が撮れると思いきや、スジグロシロチョウの♂がちょっかいを出しに来ました。
もちろん禁断の恋は成就しません。

写真5☆ マミジロハエトリ 捕食中13:56 DMC-GH1 1/160 F13 0.0EV ISO320 切り出し
a0146869_52043100.jpg
 なにか、カゲロウの仲間でしょうか。一度捕獲シーンを見てみたいです。

写真6☆ ツマキチョウ♂ 吸蜜@???13:58 7D 280mm 1/1000 F9 -0.3EV ISO200 切り出し
a0146869_521991.jpg
 褄黄といいながら、かなりオレンジではないでしょうか。

写真7☆ 同上個体13:59 7D 280mm 1/1000 F9 -0.3EV ISO200 切り出し
a0146869_521384.jpg
 しかし、ツマキチョウの前翅はえらく尖っています。

写真8☆ ツマキチョウ♂ 吸蜜@カントウタンポポ?14:33 7D 280mm 1/640 F10 -0.3EV ISO200 切り出し
a0146869_5224840.jpg
 この個体(or画像)では、黄色らしく発色しています。
褄の黄色~朱色具合には、個体差があるのでしょうか?
しかしタンポポも種類が多くて・・、この名称で合っているのかどうか自信なしです。

写真9☆ 同上個体14:34  DMC-GH1 1/250 F13 -0.3EV ISO100 切り出し
a0146869_523142.jpg
 やはり、望遠で撮るよりはマクロレンズで接近して撮影した方がどうも鮮明な感じです。

写真10☆ ヒメウラナミジャノメ 休止15:08  DMC-GH1 1/160 F13 -0.3EV ISO160 切り出し
a0146869_5233179.jpg
 これも今季初見を記念してアップです。

しかし、夜に雪が降って、午前中の天候がよくなく朝の気温とかが極端に低いと、昼近くから晴れてきてもトラフシジミやコツバメは全く活動してくれないのでしょうか?
でも他の蝶で遊べたので満足の一日でした。(同行の家内は後半より車中で読書にいそしみましたが)(続く)
by yoda-1 | 2010-04-18 05:23 | ツマキチョウ