ご訪問ありがとうございます。月刊むし誌上で「近縁種識別」の記事を年に4回ぐらい掲載しています。PC訪問者数445,933-2017.6.4時点


by yoda-1

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新の記事

最近の活動と月刊むし記事案内
at 2017-06-19 22:30
最近の活動と2017年春の推..
at 2017-06-04 14:07
月刊むし2016-4月号の案内
at 2017-03-20 23:07
2016年12月の行事、推薦図書
at 2016-11-30 04:12
2016.10月22日・23..
at 2016-10-16 06:44
ウラキンシジミ♀雌のアオキ型..
at 2016-07-10 20:40
2016年7月の推薦図書(7..
at 2016-07-06 05:17
ウラギンヒョウモンを探して
at 2016-07-02 00:09
2016年4-6月の推薦図書
at 2016-06-22 06:44
ようやくのフジミドリ♂雄・開..
at 2016-05-30 05:07

以前の記事

2017年 06月
2017年 03月
2016年 11月
more...

記事ランキング

検索

ファン

外部リンク

虫のしわざ観察ガイド

虫のしわざ観察ガイド
著者:新開孝
価格:1,944円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


世界のタテハチョウ図鑑

世界のタテハチョウ図鑑
著者:手代木求
価格:32,400円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


ずかんさなぎ

ずかんさなぎ
著者:鈴木知之
価格:2,894円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


◆訪問者カウンター
(設置2011.2.17)
無料


無料

無料

i2i管理
MyRSS
▼ブログ村ランキング参加中▼
/
↑たくさんの昆虫ブログをご覧になれます
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
↑たくさんの野鳥ブログをご覧になれます

◆蝶関係団体
a0146869_13204580.jpg
a0146869_311626.jpg
山口むしの会
群馬の蝶を語る会

◆外部ブログ
青森の蝶たち
てふのネイチャー写心
自然散策雑記帳
デジカメ私流
stroll
北信に舞う蝶たち
Hirokou's Field Notes
虫むしクラブ、蝶、トンボ図鑑
LOVE-BIRDS.NET
Kaze's Photo Blog
受け身の園芸
Akakkoko's自然大好き
暖蝶寒鳥
美撮りに夢中!
四季おりおり
蝶の観察記録-十勝蝶の覚書new
ごん太のブログ
「鳥撮りおやじ」の日記
月夜のくろねこ
Soceer-Boyの写真館
母袋の駱駝山
浅間山麓の蝶
My Favorite Butterflies of Japan
my蝶あるばむ
北の安曇野PHOTO DIARY
a piece of photo work
naoggio写真日記
自然からのたより
あぜみちのチョウチョ日記
Field Notebook
ホタルの独り言
markeeのシマフクブログ2nd
江田慧子の研究ブログ
アキノ隊員の鱗翅体験
そうだ沖縄に行こう!
案山子
Papilio Paradise
里山の蝶と花

フォロー中のブログ

一寸の虫にも五分の魂
シニアネットとともに
登山道の管理日記
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
自然大好き
SHORE BIRDS ...
蝶・チョウ・ゆっくり歩き...
鳥蝶ビデスコ
TSUCHIYA BLOG
フィールドノート
RICKPHOTO Blog
四季彩散歩
葛西臨海公園・鳥類園Ⅱ
生きもの写真家 安田 守...
おてんとうの ちょっとええ感じ
MU's Diary
夫婦でバードウォッチング
小畔川日記
やんばるの風
探蝶逍遥記
蝶&鳥日記 2
Life with Bi...
My Berkeley ++
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
 写道
安曇野の蝶と自然
NATURE DIARY
タイの自然と風景
八重山の自然誌
Yamyam町一丁目
テトだもん!
嗚呼っっ 今日も証拠画像...
鳥平の自然だより(動物編)
N_BIRDERの野鳥b...
ORIXA's BIRD !
Birding
蝶・旅の友
くわがた散歩道
Lycaenidaeの蝶...
麻呂犬写真館  *mam...
Sippo☆のネイチャー...
花蝶風月
蝶と蜻蛉の撮影日記
北海道の野鳥探索/mar...
風任せ自由人
蝶狂人@蝶と里山の浪漫紀行
ヒメオオの寄り道
仲良し夫婦de蝶ブログ
タヒチ ランギロア島暮ら...
ぶらり探蝶記
ひらひら探検隊
Shinne`s pho...
ごっちの鳥日記
蝶・花・山~自然の色使い
くま次郎の”やんばる日記”
NPO法人 日本チョウ類...
自然の中に出かけて・・・
蝶撮日記
たかがヤマト、されどヤマト
花鳥撮三昧
ケンケン&ミントの鳥撮り...
蝶超天国
ぽん太の昆虫ブログ 1
ポータルぢゃないチョウの...
蝶散歩
ぷんたのかあさん Pho...
秩父の蝶
庭日和
超蝶
徒然なるままに  
みき♂の虫撮り友人帖
三鷹の狸のてふてふ交遊録
華蝶の夢
不思議の森の迷い人
世に倦む日日
チョウ!お気に入り
Butterfly & ...
farfalle e u...
ねこきちの自然散策雑記帳

カテゴリ

全体
☆識別検討室☆
図鑑・図書
香港の蝶
香港の野鳥【工事中断中】
☆台湾の蝶
☆探蝶記一般
蝶リスト
☆探鳥記一般
☆蛾
☆トンボ
☆ハチ・アブ
☆セミ・カメムシなど(半翅目)
☆カマキリ・バッタなど
☆甲虫
☆祝☆
☆旅ブログへのリンク
☆展示会等
☆腹部形状差
☆卵・タマゴ・eggs
☆幼虫・イモムシ・蛹
★ゼフ飼育
☆山野草
アイノミドリシジミ
アオタテハモドキ
アオスジアゲハ
アオバセセリ
アカシジミ
アカセセリ
アカタテハ
アカボシゴマダラ
アカマダラ
アゲハ
アサギマダラ
アサヒヒョウモン
アサマイチモンジ
アサマシジミ
アマミウラナミシジミ
イシガケチョウ
イチモンジセセリ
イチモンジチョウ
ウスイロオナガシジミ
ウスイロコノマチョウ
ウスイロヒョウモンモドキ
ウスキシロチョウ
ウスバキチョウ
ウスバシロショウ
ウラキンシジミ
ウラギンスジヒョウモン
ウラギンヒョウモン
ウラギンシジミ
ウラクロシジミ
ウラゴマダラシジミ
ウラジロミドリシジミ
ウラジャノメ
ウラナミアカシジミ
ウラナミシジミ
ウラナミジャノメ
ウラミスジシジミ
エゾシロチョウ
エゾスジグロシロチョウ
エゾミドリシジミ
エゾヒメシロチョウ
エルタテハ
オオイチモンジ
オオウラギンスジヒョウモン
オオウラギンヒョウモン
オオゴマシジミ
オオゴマダラ
オオシロモンセセリ
オオチャバネセセリ
オオヒカゲ
オオミスジ
オオミドリシジミ
オオムラサキ
オオモンシロチョウ
オオルリシジミ
オキナワビロードセセリ
オナガアゲハ
オナガシジミ
カバイロシジミ
カバマダラ
カラスアゲハ
カラスシジミ
カラフトセセリ
カラフトタカネキマダラセセリ
カラフトヒョウモン
カラフトルリシジミ
キアゲハ
キタアカシジミ
キタキチョウ
キタテハ
キバネセセリ
ギフチョウ
キベリタテハ
キマダラセセリ
キマダラモドキ
キマダラルリツバメ
キリシマミドリシジミ
ギンイチモンジセセリ
ギンボシヒョウモン
クジャクチョウ
クモガタヒョウモン
クモマツマキチョウ
クモマベニヒカゲ
未分類
クロアゲハ
クロコノマチョウ
クロシジミ
クロセセリ
クロツバメシジミ
クロヒカゲモドキ
クロマダラソテツシジミ
クロミドリシジミ
ゴイシシジミ
コキマダラセセリ
コジャノメ
コチャバネセセリ
コツバメ
コノハチョウ
コヒオドシ
コヒョウモン
コヒョウモンモドキ
ゴマシジミ
ゴマダラチョウ
コムラサキ
サカハチチョウ
サトキマダラヒカゲ
シータテハ
ジャコウアゲハ
ジャノメチョウ
ジョウザンシジミ
ジョウザンミドリシジミ
シルビアシジミ
シロオビアゲハ
シロオビヒメヒカゲ
スギタニルリシジミ
スジグロシロチョウ
スジグロチャバネセセリ
スジボソヤマキチョウ
スミナガシ
タカネキマダラセセリ
タカネヒカゲ
ダイセツタカネヒカゲ
ダイミョウセセリ
チャバネセセリ
チャマダラセセリ
チョウセンアカシジミ
ツバメシジミ
ツマキチョウ
ツマグロキチョウ
ツマジロウラジャノメ
ツマベニチョウ
ツマムラサキマダラ
テングチョウ
トラフシジミ
ナガサキアゲハ
ナミエシロチョウ
バナナセセリ
ハヤシミドリシジミ
ヒオドシチョウ
ヒカゲチョウ
ヒサマツミドリシジミ
ヒメアカタテハ
ヒメイチモンジセセリ
ヒメウスバシロチョウ
ヒメウラナミジャノメ
ヒメキマダラヒカゲ
ヒメギフチョウ
ヒメキマダラセセリ
ヒメシジミ
ヒメシロチョウ
ヒメジャノメ
ヒメチャマダラセセリ
ヒメヒカゲ
ヒョウモンチョウ
ヒロオビミドリシジミ
フタオチョウ
フタスジチョウ
フジミドリシジミ
ベニシジミ
ベニモンカラスシジミ
ヘリグロチャバネセセリ
ホシチャバネセセリ
ホシミスジ
ホソオチョウ
ホソバセセリ
ミズイロオナガシジミ
ミスジチョウ
ミドリシジミ
ミドリヒョウモン
ミナミキチョウ
ミヤマカラスアゲハ
ミヤマカラスシジミ
ミヤマシジミ
ミヤマシロチョウ
ミヤマセセリ
ミヤマモンキチョウ
ムモンアカシジミ
ムラサキシジミ
ムラサキツバメ
メスアカミドリシジミ
メスグロヒョウモン
モンキアゲハ
モンキチョウ
モンシロチョウ
ヤマキチョウ
ヤマキマダラヒカゲ
ヤマトシジミ
ヤマトスジグロシロチョウ
リュウキュウアサギマダラ
リュウキュウウラボシシジミ
リュウキュウウラナミジャノメ
リュウキュウヒメジャノメ
リュウキュウミスジ
リュウキュウムラサキ
リンゴシジミ
ルーミスシジミ
ルリシジミ
ルリタテハ
コゲラ
トモエガモ
ライチョウ
★ヒメウタイムシクイ
★チャキンチョウ
★マヒワ
★エゾビタキ
★タゲリ
★サバクヒタキ
★オオマシコ
★ハギマシコ
★オジロビタキ
★コミミズク
★キガシラシトド
★ベニマシコ
★ヤマシギ
★トラツグミ
★クロジ
★アカハシハジロ
★カヤクグリ
★キレンジャク
★ギンムクドリ
★ウソ
★タゲリ
★カラフトムシクイ
★ハチジョウツグミ
★ヒレンジャク
★コクマルガラス
★ルリビタキ
★アオジ
★エナガ
☆コサメビタキ
★ジョウビタキ
★ヤマガラ
☆セキレイ科
☆カモ科
☆ツル科
☆ムクドリ科
☆ムナグロ科
☆シギ科
☆カラス科
☆カイツブリ科
☆カモメ科
☆ヒタキ科
☆ツグミ科
☆キツツキ科
☆アトリ科
☆シジュウカラ科
☆ホオジロ科
☆ウグイス科
☆タカ科
☆レンジャク科
☆ハヤブサ科
☆モズ科
☆チドリ科
☆コウノトリ科
☆ハト科
☆トキ科
☆サギ科
☆ヒヨドリ科

タグ

(48)
(38)
(37)
(34)
(26)
(25)
(25)
(25)
(23)
(23)
(21)
(21)
(21)
(20)
(20)
(19)
(19)
(19)
(18)
(18)

最新のトラックバック

ウラジロミドリシジミ
from ホタルの独り言
白馬のゼフィルス
from ホタルの独り言
越冬クロコノマチョウ
from Field Notebook.
「フィールドガイド 日本..
from Field Notebook.
多摩動物公園-昆虫生態園
from Field Notebook.
花はなぜ美しいのか?
from 哲学はなぜ間違うのか?

ライフログ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ブログジャンル

自然・生物

画像一覧

カテゴリ:モンシロチョウ( 4 )

モンシロチョウ  交尾ラッシュ  2012.10.13栃木県県央

それでは10/13(土)の河川敷でのシロチョウ科の紹介ですが、
交尾シーンが多数観察できたモンシロチョウを主役にします。

#1-3・モンシロチョウ雌♀(2)、雄♂
a0146869_6415989.jpg
a0146869_6421614.jpg
a0146869_6423756.jpg
モンシロチョウは誠に逞しい蝶だと感じますね。
まだ卵の撮影もしていないので、そろそろ民家の畑にお邪魔しないといけないかも。
なかなか近くに所有者がいなくて挨拶できないこも多いですが、昆虫撮ってます!! みたいな感じでうろうろする分を大目にみてくれることも多いでしょうか。
基本。畦からの撮影で、我慢できずに畝間の溝部分に入っても目的を達成したら、すぐに出るのがよいでしょう。

#4-8・モンシロチョウ交尾、交尾飛翔・・・確か#8のみ別カップル
a0146869_643234.jpg
a0146869_6431076.jpg
a0146869_6433840.jpg
a0146869_6435741.jpg
a0146869_644714.jpg
モンシロチョウは基本雄♂主導の交尾飛翔ですが、状況で雌♀主導のときもあるみたいです。
これらの翅裏の黄色みが強い方が雌♀です。
たまにモンキチョウと間違えそうな黄色みの強い個体もいますよね。

◆キタキチョウ
#9-10・キタキチョウ雄♂・秋型、雄♂・飛翔(別個体)
a0146869_6454715.jpg
a0146869_647624.jpg
#9の側に蛹の抜け殻があったので、羽化直かと思いましたが、拡大してみて縁毛がさほど新鮮でないので、たまたま一緒になっただけみたいです。

◆ツマグロキチョウ
#11-12・ツマグロキチョウ秋型・飛翔(別個体)
a0146869_646865.jpg
a0146869_6472316.jpg
この地には多いのですが、キタキチョウとの動体識別は難しいですね。
少し小柄なのですが、小さいキタキチョウもいるし、前翅頂のとがり具合とか斑紋の入り具合も、ヒラヒラ飛んでいるとよく分かりません。

◆モンキチョウ
#13・モンキチョウ雄♂
a0146869_6475172.jpg
なんの変哲もない画像ですが、青空と黄色とその縁のピンクが綺麗で、ついつい撮影してしまいます。
by yoda-1 | 2012-10-24 18:39 | モンシロチョウ

モンシロチョウ  交尾拒否を初めて観察。 2011.10.16埼玉県

秋の個体数が多くて旬な蝶の最終回です。

モンシロチョウの交尾拒否のシーンを初めて観察しました。
これまでシロチョウ科では、スジグロシロチョウ、モンキチョウでは何度もあるのですが、身近なモンシロチョウはなかなかこれ主体に撮影することがなく、その目撃機会を失っていたようです。

#1・モンシロチョウ♀雌←♂雄 交尾拒否 広角画像 
a0146869_7371745.jpg
 ほんと、体育祭には最適の天気だったのですが・・・。

#2ー7・モンシロチョウ♀雌←♂雄 交尾拒否 望遠画像・原画 
a0146869_7374342.jpg
a0146869_7381435.jpg
a0146869_7382938.jpg
a0146869_7384421.jpg
a0146869_7391574.jpg
a0146869_7393489.jpg
 ♀雌は腹部を立てて、拒否の姿勢をするのですが、♂雄はすぐにはあきらめません。
だとしたら、腹部を立てようがどうしようが無視するのが一番のような気がしてきます。
下手に飛び上がると、♂雄の求愛追跡が始まって大変であります。

#8・モンシロチョウ♀雌←♂雄 交尾拒否 切り出し4枚組・・・画像クリックで拡大へ。 
a0146869_740082.jpg
 他のショットを拡大してみると♀雌の腹端を開いて♂雄に見えるようにしている感じです。
・・・・「ほら見て、あなたの精子を受け入れる余裕がないでしょう!!」
という♀雌の声が聞こえてきました。

#9・モンシロチョウ♀雌←♂雄 交尾拒否 
a0146869_7401899.jpg
 ピントはいまいちですが、並んだ画像なので紹介です。
♀雌の腹端を見て、余地のないことが♂雄に認識できるのかどうか・・・。謎です。

次は休止している♂雄に別の♂雄が求愛してきました。
#10・モンシロチョウ♂雄←♂雄 異性誤認シーン 切り出し6枚組 
a0146869_823135.jpg
 同性であることを早めに気がついた模様です。
よくモンシロチョウには人には見えない領域の紫外線が見えて、異性を識別しているという話題が紹介されますが、翅の角度が浅いと紫外線も目立たないのでしょうか。画像は、一回目の確認で諦めずに、もう一度開翅を待って確認している感じです。
(追記:上記は紛らわしい表現になっていますが、紫外線を反射するのは♀雌の方で、♂雄の翅は紫外線を吸収する機構が特別に発達しているそうです。)

この紫外線認識ですが、他のシロチョウ科はどうなっているのか、いつも気になります。

◆他の蝶たち
#11・ツマグロヒョウモン♀雌 
a0146869_7413871.jpg
 よく見ると褄には白色部分もありますが、黒の面積が多いので褄黒で納得です。
♂雄はぜんぜん黒くないので、正確にはメスツマグロヒョウモンです。(笑)

#12・ベニシジミ♀雌 
a0146869_7415280.jpg
 撮影時に基部のオレンジ幻光を狙っています。そろそろベニシジミの主役登場をしないといけないのですが・・。

#13・ツバメシジミ♂雄 
a0146869_7421176.jpg
 もう眼の覚める感じのブルーの新鮮個体は難しいのか、最終化があるのか、今後に期待したいです。

#14・ウラナミシジミ 
a0146869_7422986.jpg
 秋色いっぱいに。

#15・ヤマトシジミ♂雄 
a0146869_7424313.jpg
 日陰部分で強引に撮影したら背景が真っ黒に。

#16・キタテハ♂雄 16:30
a0146869_7431055.jpg
 夕方に近くなって、蝶たちも休止モードになってきたので、帰ることにしたら、堤防道路上で塒入り前の日光浴をするヒメアカタテハ♂雄・♀雌を見つけて、前回の紹介になりました。

狙いのミヤマシジミの姿はありませんでしたが、普通種と遊ぶ秋の一日は、天気もよく気持ちよいものでした。

   
by yoda-1 | 2011-10-22 07:43 | モンシロチョウ

モンシロチョウ  交尾飛翔は誰のせい?  2011.4.16神奈川県

先週土曜日の秦野市でのハイキングで、下山時に菜穂花畑があり、
そこにモンシロチョウの交尾体がいました。
身近な蝶だけに、YODA自身も5回目ぐらいの目撃例でした。

#1・モンシロチョウ 交尾飛翔・♂飛翔15.39 
a0146869_1255341.jpg
例によって望遠レンズで飛翔を狙います。

うまくピントが合っていたので、まとめて紹介です。

#2・モンシロチョウ 交尾飛翔・6枚組15:39 
a0146869_1256495.jpg
シロチョウ科の場合、交尾飛翔では♂誘導、♂♀どちらか、♀誘導の種類に分かれるようですが、このモンシロチョウは過去の画像を見ても、すべて♂誘導でありました。

#3・モンシロチョウ 交尾 15:40 
a0146869_12562220.jpg
飛翔に疲れたところを撮影です。
これも望遠で画像トリミングしていますが、ハイキングの連れが遥か先に移動しているので、さらに接近しての撮影はあきらめました。
左の雌個体の複眼がよく露出しておらずに、なんとも締まりのない画像になりました。

人間や外敵が刺激することがない限り、同じ場所で精子嚢の受け渡しを行うのでしょうが、モンシロちゃん刺激してごめんなさい。

◆膜翅目(ハチ・アリの仲間)
#4・クマバチ 飛翔9:17 
a0146869_12563752.jpg
前回のブログでも登場しましたが、今回は正面側からの画像です。
空中ホバリングして、実際に小さい虫を捕獲しているのでしょうか??
撮影にだけ霧中になっている証拠ですね。

#5-6・コンボウハバチの仲間 休止@葉上10:25 
a0146869_12565289.jpg
a0146869_1257351.jpg
 手許の図鑑では種名特定できずでした。この棍棒状の触角は強烈です。

#7・クロヤマアリ  巣の周囲14:15 
a0146869_12571386.jpg
悪いハイキング仲間が、頂上で巣穴上の石をはぐる悪行をしました。(笑)
石をその場に戻してあげました。

#8・キアシナガバチ 吸水@柵上15:51 
a0146869_12573258.jpg
 今から巣作りを始める越冬女王バチでしょうか。民家境界柵上の濡れている部分をしきりに舐めていました。


#9・エノキの若葉 9:08 
a0146869_1257433.jpg
 これは蝶の幼虫にとっても食べ時です。最近徐々に蝶の食草を覚えていっているのですが、葉がないと難しいですよね。

#10・ハナモモ他 15:10 
a0146869_12575548.jpg
 下山時の里の情景その2。この色合いがヤマトの春でしょうか。

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
ただ今のランキング@にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています。一日一回のポチッによる皆様の励まし、よろしくお願いします。
by yoda-1 | 2011-04-22 12:58 | モンシロチョウ

モンシロチョウ  早くも恋の季節  埼玉県2011.3.19-20

この連休の初日・中日で今季はじめてのモンシロチョウでした。
越冬体ではなく、今年羽化の新成虫はモンシロチョウが初めてでした。
(モンキチョウを地元でやっと中日に観察できたので)

写真1☆ モンシロチョウ♂ 閉翅・休止@野菜12:40 2011.3.19埼玉県北部
(EOS7D+70-200F4+1.4× 208mm 1/500 F8-0.0EV ISO200 切り出し)
a0146869_23503999.jpg
 羽化間もないのか、翅脈が少しよれよれです。

写真2☆ 同上モンシロチョウ♂ 半開翅・休止@野菜12:45
 7D 280mm 1/2000 F8.0 ISO800切り出し
a0146869_2351079.jpg
 後ろに回って左右対称画像を狙うも、モンシロも敏感に逃げまくります。

組写真3☆ モンシロチョウ 求愛飛翔12:55
 7D 98mm 1/2000 F8.0 ISO1250切り出し・2枚組
a0146869_4101742.jpg
 そのの場で2匹の追尾飛翔もありました。
画像を見ると、天気もよく、蝶自体の白飛びが激しいですが、追われる個体の前翅先端の暗所部がクッキリしていることより、これは求愛飛翔でよさそうです。
モンシロチョウは確か紫外線域で雌雄の翅表の反射波長が顕著に違い、それでもって雄は雌を識別しているとか言われているので、♂のスクランブル発進も早いのかも知れません。

写真4☆ モンシロチョウ♂  半開翅・吸蜜@野草12:57
 7D 280mm 1/2000 F8.0 ISO400切り出し
a0146869_23513940.jpg
 たぶん追尾していた♂の当事者です。
結局この場の当該時間帯では、2♂1♀が観察できた感じです。

初日は♀個体は不鮮明な飛翔画像だけでしたが、翌日の中日で、自宅近所を散策すると吸蜜中の♀がいました。
写真5-7☆ モンシロチョウ♀ 吸蜜@ヒメオドリコソウ10:40-43 2011.3.20さいたま市
 7D 280mm 1/2000 F8.0 ISO800・500・1000切り出し
a0146869_23522771.jpg
a0146869_2352364.jpg
a0146869_23524547.jpg
 ♂に比較して斑紋がしっかり顕著で、中室部分など前翅基部が薄く黒くなってきます。

写真8-9☆ モンシロチョウ 求愛飛翔11:54 2011.3.20蓮田市
 7D 108mm 1/2000 F8.0 ISO500等倍切り出し
a0146869_2353279.jpg
a0146869_23531084.jpg
 追われている個体は斑紋・模様からあきらかに♀個体ですが、追っている個体も黒斑がしっかりしていて♀のように見えますが、写真4の♂個体もそうだったように、前翅表の斑紋が淡くても、前翅裏ではクッキリする♂個体もあるようです。本画像の追尾♂もそのタイプなのでしょう。

写真10☆ モンシロチョウ♂ 休止・半開翅@野菜畑12:15 蓮田市
 7D 108mm 1/2000 F8.0 ISO640切り出し
a0146869_23532156.jpg
 田園地帯にぽつりとある野菜畑(キャベツ・ブロッコリーなど)では、♂個体が一匹だけいて、♀の羽化・飛来を待っているのかのようでした。
(撮影である程度、追ってもおなじ畑から離れることがありませんでした)
この個体の場合、前翅裏の2黒斑は後翅に隠れてはいますが、平均的な目立ち方なのかもしれません。
これを機に、もっといろいろ観察しないといけないと反省しています。

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています。一日一回のポチッによる皆様の励まし、よろしくお願いします。
by yoda-1 | 2011-03-20 23:54 | モンシロチョウ